ゆのきちです。

 

本日は、転売ビジネスで稼いでいくために必要不可欠とも言える、「aucfan(オークファン)」というサイトの使い方を解説していきます。

 

オークファンは、各オークションサイトにて、

 

「商品の落札相場」

 

というものを一発で調べる事ができるので、転売で稼げる商品をリサーチするために、オークファンの利用は必要不可欠と言えるわけなんです。

 

商品の落札相場というのは、要するに、

 

「その商品が、いつ、いくらで落札されているのか」

 

という情報の事です。

 

その情報さえ把握できれば、あとはその落札相場よりも安く仕入れるだけで転売で利益を出せるわけですから、転売で稼ぐためにはこの落札相場を把握する事が必要になるんですね。

 

そして、本日お話ししていく内容としては、どうやって稼げる商品を見つけるのかという視点ではなく、それよりも前の段階の講義として、

 

商品の落札相場を調べる際のオークファンの使い方

 

という、いわば基礎的な内容で進めていきたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

 

オークファンの使い方を解説

 

まず、オークファンのトップページにアクセスしてください。

 

http://aucfan.com/

 

なお、オークファンのプレミアム会員にすでに登録している場合、右上のログインボタンから、プレミアム会員でログインするようにしましょう。

 

 

プレミアム会員にならなくても、商品の落札相場を調べる事は可能ですし、オークファンの使い方自体も、無料会員と比べて大きな違いはありません。

 

ただし、プレミアム会員だと、検索時に広告が非表示になったり、使える機能が多かったりするので、ビジネスでオークファンを使うのであれば、プレミアム会員になる事を強くおすすめします。

 

今回は、プレミアム会員としてログインしている状態で解説していきます。

 

それでは早速、商品の落札相場を調べていきたいと思いますが、まずオークファンのトップページの検索窓に、落札相場を調べたい商品のキーワードを入力します。

 

この記事では、「ipad air2」の落札相場を調べていきます。

 

以下のように検索窓に「ipad air2」のキーワードを入力し、虫メガネの検索ボタンをクリック。

 

 

以下のように、検索結果が表示されますが、「ipad air2」のような需要の大きな商品を検索する場合、ipad air2の本体ではなく、そのカバーやそのフィルム等の落札データまで表示されてしまいます。

 

商品名に「ipad air2」という文字が入っている商品であれば、その全ての落札結果が表示されるからです。

 

 

ただし、これでは「ipad air2」の本体の落札相場を調べるのに効率が悪いので、落札結果をipad air2の本体のみに絞り込んでいきたいと思います。

 

落札結果を絞り込む方法はいくつかありますが、今回は「落札価格」の条件を指定して、商品絞り込みます。

 

左側メニューの『価格で絞り込む』に、「10000」円を入力し、下部の検索ボタンをクリックします。

 

 

こうする事で、10000円以上の落札結果のみ表示される事になります。

 

今回は、「ipad air2」の本体の他に、カバーやフィルム等の関連商品が落札結果に表示されていたので、10000円以上の落札価格に絞り込めば、それらの関連商品は落札結果に表示されないはずと考え、10000円という絞り込みの条件に設定しました。

 

この絞り込みの条件は、当然ですがその商品によって異なってくるはずなので、臨機応変に対応してみてください。

 

さて、落札結果を絞り込んで以下のような検索結果になったところで、落札データを読み取っていこうと思います。

 

 

①ページ内平均価格

これは、その文字通りですが、オークファンの検索結果で表示された商品の平均価格を示しています。

特にそこまで重要な値ではないので、全体的な価格の平均を知る上での参考にする程度で問題ありません。

 

 

②検索期間

オークファンの検索結果の対象の期間を選択する事ができます。

デフォルトでは、最近30日分が選択されますが、過去の落札データを確認したければ、対象の期間をクリックして確認しましょう。

 

 

③各オークションごとの落札数

対象の検索期間に落札された商品の、各オークションごとの落札数の内訳になります。

上記の検索結果であれば、「ヤフオク:1,212件」「楽天オークション:26件」「モバオク:2件」という内訳になっています。

 

 

④落札数

対象の検索期間に落札された商品の総数になります。

「ヤフオク」「楽天オークション」「モバオク」で落札された商品の合計です。

 

 

⑤検索結果のソート(並び替え)

このプルダウンにて、検索結果をソート(並び替え)する事ができます。

デフォルトでは、「終了日の近い順」に設定されています。

終了日というのは、オークションが終了した日のことで、要するに「落札された日」の事になります。

なお、ここでソート可能な設定には、

 

・落札価格の安い順

・落札価格の高い順

・入札の多い順

・入札の少ない順

・終了日の近い順

・終了日の遠い順

 

上記の6つがあります。

状況に応じて、検索結果をソートしながら使いましょう。

 

 

⑥落札価格

その商品がいくらで落札されたかという、落札価格が表示されます。

商品が実際に売れた価格というのを把握する事ができるわけです。

 

 

⑦入札件数

その商品に、どのくらいの入札が入ったかが表示されます。

この入札件数は、商品の需要を知る事ができるため、非常に重要な項目です。

需要が高い商品ほど、同じ商品を自分で転売しても、売れる確率が高くなるからですね。

基本的には、入札件数が多ければ多いほど、その商品に需要がある(人気がある)という事になります。

また、入札件数が多い商品ほど、その落札価格(落札相場)はより正確なものになります。

なぜなら、極端な話ですがこの入札件数が「1件」だけだった場合、たまたま運良く、その価格で落札されたという可能性もあるからです。

ただし、この入札件数が多ければ、その分だけ、その落札価格に近しい価格帯で、その商品を欲しい人が存在するという事なので、より正確な落札相場価格になるわけです。

そのため、その商品の落札相場を調べるのであれば、より入札件数が多い商品を参考にすべきと言えます。

なお、⑤のプルダウンで検索結果を「入札件数の多い順」で並び替えをする事で、入札件数が多い商品(需要のある商品)順に並べ替える事ができます。

 

 

⑧終了日

これはオークションの終了日の事です。

要するに、その商品が落札された日の事になります。

 

以上、ここまでが、

 

商品の落札相場を調べる際のオークファンの使い方

 

という内容での解説になります。

 

転売で稼ぐためにはこの、商品の落札相場というのを調べるのが必要不可欠です。

 

商品の落札相場さえ分かれば、あとはその商品をその落札相場よりも安く仕入れてくるだけで、転売で利益を出す事が可能になるからです。

 

なお、次回の記事では、実際にオークファンを利用し、「どうやって稼げる商品を見つけていくのか」という、転売で稼げる商品の見つけ方を解説していきます。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます