ゆのきちです。

 

本日も、「輸入転売で稼げる商品を探す方法」について、講義を進めていきたいと思います。

 

なお、前回の記事:「輸入転売で稼げる商品をリサーチする方法その1 カテゴリーリサーチ 」では、「ebay仕入れ→ヤフオク転売」で儲かる商品を、「カテゴリーリサーチ」という方法で探すための講義をしました。

 

それに対して今回は、

 

「キーワードリサーチ」という方法で「ebay仕入れ→ヤフオク転売」で儲かる商品を探す方法を解説していく

 

という内容の講義になります。

 

それでは早速いってみましょう。

 

輸入転売で稼げる商品をリサーチする方法:キーワードリサーチ

 

まず、前回解説した「カテゴリーリサーチ」というリサーチ方法は、オークファンの商品カテゴリを絞り込みながら儲かる商品を見つけていく、という方法でしたが、この「キーワードリサーチ」はそれに対して、

 

「ebay」から仕入れて「ヤフオク」で転売し儲かる商品(価格差のある商品)を、オークファンに特定のキーワードを入力して直接見つけていく

 

という方法になります。

 

そのため、「儲かる商品を見つけやすいキーワード」を把握している場合は、儲かる商品を見つけるスピードに関して言えば、このキーワードリサーチに軍配が上がります。

 

ただし、輸入ビジネス未経験者の方や、初心者の方で、

 

「儲かる商品を見つけやすいキーワードを知らない、もしくはその把握している数が少ない」

 

という状態であれば、まずはカテゴリーリサーチをメインに商品リサーチをした方が、儲かる商品は見つける効率が良いです。

 

カテゴリーリサーチはそもそも、「どんな商品が儲かるのか、見当すら付かない」という状態でも稼げる商品を探せるよう、カテゴリを絞り込みながら商品を一つずつ調べていく方法だからです。

 

>カテゴリリサーチの方法はこちら

 

そして、そのカテゴリーリサーチを重ねて、稼げる商品を見つけていくと、「儲かる商品リスト」なるものが蓄積されていくはずです。

 

その儲かる商品リストの商品の「ブランド名」や、それらに多く含まれているキーワードがそのまま、「儲かる商品を見つけやすいキーワード」になってくるわけです。

 

そのキーワードをもとに、このキーワードリサーチをしていくのがおすすめの流れですね。

 

ただし、最初はどうしてもカテゴリーリサーチでリサーチしないといけないという決まりは、もちろんありません。

 

人には向き不向きがありますので、初心者の方でもキーワードリサーチの方が稼げる商品を見つけやすいという方もいるからです。

 

しかし、やはりそのキーワードリサーチには、「儲かる商品を見つけやすいキーワード」が必要になってきます。

 

そのため、この記事でその「儲かる商品を見つけやすいキーワード」の一部を特別に紹介していきますので、このキーワードリサーチに興味がある方は、ぜひそのまま読み進めて頂ければと思います。

 

では、少し前置きが長くなってしまいましたが、キーワードリサーチの方法を画像を使いながら解説していきます。

 

オークファンに特定のキーワードを入力し、儲かる商品を直接見つけていく

 

まずは、オークファンにアクセスします。

 

http://aucfan.com

 

 

上記の赤枠で囲まれた検索窓に、「儲かる商品を見つけやすいキーワード」を入力し、輸入転売で稼げる商品を探していく流れになります。

 

「でも、儲かる商品を見つけやすいキーワードって、どんなキーワードなんですか?」

 

そんなお声が聞こえてきそうですので、特別にそれをお伝えしたいと思います。

 

このキーワードは、以下の二つの種類があります。

 

・輸入商品だと連想できるキーワード

・輸入転売で稼ぎやすいブランドのブランド名

 

これだけだと分からないと思いますので、具体的に掘り下げてみます。

 

輸入商品だと連想できるキーワード

 

まず、輸入転売で稼げる商品のそもそもの大前提として、「輸入商品である」という事が言えます。

 

ですので、まずはオークファンの落札結果の中から「輸入商品」を見つけていく必要があります。

 

そして、それを見つけるためには、「輸入商品だと連想できるキーワード」を入力すればいいわけです。

 

一例を挙げてみると、

 

・日本未発売

・日本未入荷

・海外限定

・輸入

・日本語説明書

・アメリカ

・USA

 

などのキーワードです。

 

輸入転売をしているプレイヤーは、実際に商品を販売する際、上記のようなキーワードを商品タイトルに付けて販売している場合が多いです。

 

それらを探すために、上記のようなキーワードで検索していくわけですね。

 

なお、他にもまだまだ輸入商品だと連想できるキーワードはありますので、ご自身でも考えみてください。

 

輸入転売で稼ぎやすいブランドのブランド名

 

このキーワードは、その文字通り、ebayから仕入れてヤフオクで転売して利益が出るブランドのブランド名の事です。

 

そのブランド名をキーワードにしてオークファンに入力し、稼げる商品を見つけていくというわけですね。

 

「でも、そもそも、どんな商品(ブランド)が儲かるかが分からないからこそリサーチするのに、儲かる商品を探すために儲かるブランド名を入力するって、なんか矛盾してないですか?」

 

そう考えられる方もいるかと思います。

 

確かに、このキーワードでキーワードリサーチをするには、リサーチする前から稼げるブランドを把握している必要がありますね。

 

ですので、本来であれば、カテゴリーリサーチ等の方法で商品リサーチを重ね、「稼げるブランド」を把握した状態で、そのブランド名をキーワードに商品リサーチをする事で、そのブランド関連で稼げる商品をすぐに見つける事ができるわけです。

 

ただし、この記事を読んでくださっている読者さんは、

 

「輸入転売では、どんな商品(ブランド)が稼げるのか?」

 

という、「そもそも」の部分を知りたくて稼げる商品の探し方を求めている方が多くいらっしゃるはずです。

 

そのため、今回は特別に「輸入転売ビジネスで儲かるブランド」の「ごく一部」を公開したいと思います。

 

例えば、以下のようなブランドが、そのごく一部となります。

 

・マイセン(食器ブランド)

・フランクリンミント(ホビー)

・コカコーラ(ドリンクそのものじゃなく、その関連商品)

・ユンハンス(時計)

・リヤドロ(磁器)

・ガーミン(アウトドア)

・バディーリー(人形)

・ルイスポールセン(インテリア)

 

なお、上記はあくまで儲かるブランドの「ごく一部」であって、この他にも輸入転売で儲かるブランドというのは、何百・何千と存在しています。

 

ただし、輸入転売で稼げるブランドに共通しているのは、

 

「ルイヴィトン」や「シャネル」のような有名すぎるブランドでは「ない」

 

という事です。

 

あまりに有名すぎるブランドは、転売するにあたって商標権の問題が面倒だったり、そもそもライバルが多すぎて稼ぎにくいため、儲かるブランドとは言えません。

 

この儲かるブランドというのは、商品リサーチを重ねていくほど、情報として蓄積されていくものなので、その他の儲かるブランドに関しては、ぜひあなた自身で探してみてください。

 

なお、この記事の最後の部分で、「輸入転売で稼ぎやすいブランド」を、簡単に知る方法をお伝えしていますので、宜しければこの記事はそのままお読みになってくださいね。

 

では、これから実際にキーワードリサーチを実演しながら解説していくのですが、今回は「コカコーラ」のキーワードを使い、稼げる商品を見つけていきます。

 

オークファンの検索窓に、『コカコーラ』と入力し、虫メガネの検索ボタンをクリック。

 

 

↓↓

 

 

検索結果が表示されましたが、赤枠の「ヤフオクの落札件数」が4,184件と多いので、さらに絞り込んでいきます。

 

以下のように、『価格で絞り込む』の最低価格に「10000」円、最高価格に「10000」円と入力し、『検索』をクリック。

 

 

↓↓

 

 

これで、ヤフオクの落札件数が408件まで絞り込まれました。

 

このくらいの落札件数であれば、儲かる商品も探しやすいはずです。

 

価格帯を絞り込んだ理由としては、安すぎる商品と高すぎる商品を除外するためです。

 

1万円以下の商品を転売しても、仕入れ値や送料を考えると、一度の取引ではあまり利益が出ません。

 

10万円以上の高い商品だと、仕入れ値もそれ相応に高くなる傾向があるので、リスク的な点から考えても、資金力がある方以外は、あまりおすすめできません。

 

それを踏まえて、輸入転売で効率良く稼ぐために、ヤフオクでの販売価格が1万円~10万円に絞り込んだというわけですね。

 

ちなみに、前回記事のカテゴリーリサーチ編でもお話ししていますが、一度の転売で得られる利益が5000円以上の商品をリサーチするのが望ましいです。

 

なお、商品によっては、サイズや重量が大きく、海外からの送料が高くついてしまうような商品もあります。

 

そのような場合は、最低価格を15000円や20000円に設定するなど、臨機応変に対応してください。

 

さて、落札価格で商品を絞り込んだ後は、検索結果をソート(並び替え)していきます。

 

右上の赤枠のプルダウンで、『入札の多い順』に設定してください。

 

そうすると、以下のように、入札件数の多い順番で落札結果が表示されます。

 

 

この検索結果を上から順に見て「輸入商品」を探し、その輸入商品が「ebay」にあるかどうかをチェックしていきます。

 

ただ、この検索結果の中には、「輸入商品じゃないもの」も含まれています。

 

「輸入商品じゃないもの」と明らかに分かるものは、スルーしていきましょう。

 

その方が、儲かる商品を素早く見つけることができるからです。

 

ちなみに、リサーチに慣れてくると商品タイトルや商品画像を見ただけで、「その商品が輸入商品かどうか」をすぐに判断できるようになってきます。

 

ただしリサーチに慣れていない最初のうちは、検索結果を上から一つずつチェックしていく方が、儲かる商品の見逃しがないのでおすすめです。

 

今回は、ゆのきちの判断で、以下の商品をピックアップしていきます。

 

 

上記の商品をクリック。

 

↓↓

 

 

続いて上記の商品が、「ebay」にあるかどうかをチェックしていきます。

 

ebayのトップページの検索窓に、

 

「coca cola coin box」

 

と入力し、検索してみます。

 

この時の、ebayで入力する検索キーワードのコツですが、「ブランド名」+「商品の種類」or「型番」を入力することです。

 

今回はブランド名が「coca cola」、商品の種類が「coin box(貯金箱)」なので、上記のようなキーワードで検索することにしました。

 

このebayでの検索キーワードの選定も、慣れてくるとスムーズにできるようになってきます。

 

 

↓↓

 

 

検索結果を見る感じ、上記の赤枠で囲んだ二つの商品が、オークファンで調べた商品と同じようです。

 

これで、「ebayにその商品があるかどうか」はクリアできました。

 

次に、ebayとオークファンで「価格差」があるかを見ていきます。

 

ちなみに、上段の赤枠の商品は、事前に調べたところ、商品本体のみで「箱」が付属していなかったので、下段の赤枠の商品をピックアップして価格差を調べたいと思います。

 

オークファンの落札結果で調べた商品は、本体と箱のセットの出品だったので、それと同じ状態の商品じゃないと、価格差を調べても意味がないからですね。

 

 

↓↓

 

 

商品価格が「5,093円」、日本までの送料が「6,062円」ですので、合計金額は「11,155円」になります。

 

オークファンでの価格が17,500円でしたので、転売すれば6000円程度の利益が出る計算になります。

 

あとはこの商品を仕入れるかどうかの最終判断ですが、

 

過去の落札実績と落札価格

 

を精査し、判断していきます。

 

この精査の方法は、前回の記事:「輸入転売で稼げる商品をリサーチする方法その1 カテゴリーリサーチ」の、「4、価格差があったら、オークファンを精査し仕入れ判断」の項目以降で解説していますので、そちらをご覧になってください。

 

なお、【カテゴリーリサーチ】も【キーワードリサーチ】も、儲かる商品を探す流れは基本的にほぼ同じです。

 

唯一の違いとして、

 

カテゴリーリサーチは「カテゴリーを絞り込みながら儲かる商品を見つけていく」

 

という事に対して、

 

キーワードリサーチは「儲かる商品を見つけやすいキーワードを直接入力して、商品を見つけていく」

 

というように、オークファンで「儲かる商品の候補」を絞り込む方法が違うだけです。

 

その商品を絞り込んだ後の、ebayでの同じ商品の探し方や、仕入れ判断というのは、全く同じものになります。

 

ぜひこの記事を参考にして、あなたの輸入転売ビジネスに役立ててみてくださいね。

 

なお、今後さらに儲かる商品を見つけていくために、リサーチの際に毎回やっておくべき小技をお伝えします。

 

リサーチの度に、「出品者ID」をメモする癖をつけよう

 

出品者IDというのは、以下の部分の事です。

 

 

オークファンでリサーチしていて、輸入商品で儲かりそうな商品を発見した場合、必ずこの「出品者ID」をエクセル等にメモする癖をつけましょう。

 

別の記事で解説する、「出品者IDリサーチ」という、「儲かる輸入商品を根こそぎリサーチする方法」を実践する際に、この出品者IDを利用するからです。

 

むしろ、輸入商品を転売しているような「輸入転売プレイヤー」を発見した時点で、その商品が儲かる儲からないに関わらず出品者IDだけでもメモするような意識で作業するくらいが、ちょうど良いかもしれません。

 

出品者IDの情報は、あればある分だけ越した事はないからです。

 

優秀な輸入転売プレイヤーの出品者IDを知る事ができれば、まさにそのIDこそが「お金のなる木」と言っても過言ではありません。

 

その優秀なプレイヤーと同じ商品を転売する事ができるからです。

 

ぜひ、この出品者IDは必ずメモしておくようにしましょう。

 

最後に:「輸入転売で稼ぎやすいブランド」を、簡単に知る方法

 

キーワードリサーチの際に、稼げるブランド名をキーワードにし儲かる商品を探すためには、当然ですが、「輸入転売で稼ぎやすいブランド」を把握しておく必要があります。

 

この記事の前半にお約束した通り、その「輸入転売で稼ぎやすいブランド」を簡単に知る方法をお伝えし、本日の講義を終了したいと思います。

 

そのブランドを簡単に知る方法というのは、

 

ゆのきちの無料メルマガに登録する

 

というだけのものです。

 

なぜなら、ゆのきちは現在も輸入転売の第一線でプレイヤーとしてビジネスを行っているため、「輸入転売で稼ぎやすいブランド」のリストを大量に抱えています。

 

また、これからもビジネスを進めていくと、さらにそのリストは増えていくでしょう。

 

そのため、無料メルマガに登録してくれた読者さん限定で、その稼ぎやすいブランドを定期的にお伝えしていこうと思います。

 

ですので、メルマガに登録するだけで、定期的にそのような稼げるブランド名を簡単に知ることができます。

 

あとはそのブランド名をキーワードにしてオークファンでリサーチすれば、儲かる商品も簡単に見つけていけるはずです。

 

もちろん、登録も購読も無料です。

 

ぜひ、この機会に稼げる情報をゲットしてみてください。

 

>ゆのきちの無料メルマガ登録はこちらから

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます