せどりや国内転売に「古物商許可証」は必要なのか?

 

ゆのきちです。

 

国内で仕入れた「中古品」を転売するなら、基本的に「古物商許可証」が必要だという事を、以前に以下の記事で説明させて頂きました。(※海外から中古品を仕入れる輸入転売は古物商はそもそも不要)

 

対象の記事:「ヤフオク転売が違法にならないためのポイントとは?」

 

で、この記事を見た読者の方から、

 

『古物商が必要っていうのは、本当に本当なんですか?』

『古物商を取らなくても国内転売で中古品を売る方法ってありますか?』

『古物商を取るのが面倒なのでそのまま国内転売やっていますが、これってやばかったりしますか?』

 

というような質問が、結構な割合で届いていたりします。(笑)

 

やはり古物商許可証を取るとなると面倒なイメージが強いのか、

 

『面倒だから古物商は取得したくない。でも国内転売はやりたい。何か良い方法はないの?』

 

という悩みを抱えている方が多いみたいなんですね。

 

という事で、「その件、他のせどらー/転売ヤーはどうしてるのか?」という実情を踏まえながら、その「抜け穴」的なものに迫りたいと思います。

 

せどりや国内転売に「古物商許可証」は必要なのか?

 

まず、結論的なものから言うと、以前の記事でも説明した通り、

 

「国内から仕入れた中古品を転売するには古物商許可証が必要」

 

という決まりは、「一応」存在します。

 

なぜ「一応」なのかはこれからお話していくとして、実際に警視庁のHPを見ると、以下のような記載があります。

 

引用元:警視庁HP(古物商許可・届出の確認)

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/kobutsu/kobutsu/kakunin.html

 

  • 古物を買い取って売る。
  • 古物を買い取って修理等して売る。
  • 古物を買い取って使える部品等を売る。
  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  • 古物を別の物と交換する。
  • 古物を買い取ってレンタルする。
  • 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
  • これらをネット上で行う。

上記は、古物商許可が必要です。

 

  • 自分の物を売る。
    (自分で使っていた物、使うために買ったが未使用の物のこと。
    最初から転売目的で購入した物は含まれません。)
  • 自分の物をオークションサイトに出品する。
  • 無償でもらった物を売る。
  • 相手から手数料等を取って回収した物を売る。
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
  • 自分が海外で買ってきたものを売る。
    (他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含まれません。)

上記は、古物商許可は必要ありません。

 

この記載を見ると、「自分の物を売る。」という場合には古物商許可が必要「ない」との事ですが、その下のカッコ内の補足には、

 

最初から転売目的で購入した物は含まれません。

 

としっかり記載があり、これは結局のところ、

 

「”自分の物”を売るには古物商許可証は必要ないけど、その”自分の物”というのは、転売目的で購入した物は該当しませんよ。」

 

という事であり、要するに、

 

「転売目的で購入した物を売るには、古物商許可証が必要」

 

という事が述べられているわけです。

 

ですから、せどりや国内転売に取り組むには、やはり古物商許可証が必要だったりするんですね。

せどりや国内転売で中古品を扱うなら古物商許可証が必要という決まりは、「一応」存在する。

 

ここまで説明した通り、せどりや国内転売で「中古品」を多少なりとも転売していくなら、古物商許可証が必要だというのは事実です。

 

実際、警視庁のHPの先ほどとは別のページでも、

 

引用元:警視庁HP(古物営業法FAQ)

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/kobutsu/kobutsu/faq.html

 

自分で使っていた物をオークションで売りたいと思いますが許可は必要ですか?

A

自分で使用していたものも中古品ですので古物には該当しますが、自己使用していたもの、自己使用のために買ったが未使用のものを売却するだけの場合は、古物商の許可は必要ありません。しかし、自己使用といいながら、実際は、転売するために古物を買って持っているのであれば、許可を取らなければなりません。

 

 

という記載があります。

 

つまり、中古品転売をするならば、「一応」はそういう決まりが存在しているわけなんです。

 

で、なぜ「一応」なのかというと、それをお話するためにも、ここで他のせどらーや転売ヤーの実情に迫りたいと思います。

せどらーや転売ヤーの実情。彼らはみな、古物商許可証を取得しているのか?

 

実情として、「せどり」や「国内転売」をやっているような人が、この古物商許可証を取得しているかというと、

 

「取得していないケースが大半」

 

というのが実際のところだったりします。

 

感覚的には、「大半」というよりむしろ「9割近く」の人は古物商許可証を取得していないという実情かと思います。

 

「せどらー」や「転売ヤー」の9割以上が古物商許可証「なし」で中古品を転売しているという事ですね。

 

そして実際、それによる摘発などの例があるかと言えば、「摘発はほぼないに等しい」という状況です。

 

一応、古物商許可証を持たずに国内の中古品を転売した場合、

 

「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」

 

という罰則があるみたいですが、個人レベルでビジネスをしている「せどらー」や「転売ヤー」がこのような罰則を受けたというケースは、私は一度も聞いた事がありません。

 

で、そのあたりをネットでくまなく調べてみたのですが、2012年に「チケット転売」で摘発されたというケースがたった1件出てきただけです。

 

さらに言えば、2012年以降も「せどらー」や「転売ヤー」は増え続けているにも関わらず、それ以降は摘発例が見当たらない状態です。

 

そのような事から、極端な話、この古物商許可証に関する法律は

 

「あってないようなもの」

 

という事が言えると思います。

 

それこそが、私がこのような決まりが「”一応”はある」と言っている理由です。

せどりや国内転売における「古物商許可証」の抜け穴。

 

ここまでお話した理由から、「古物商許可証」は法律で必要とされているものの、実際には「あってないようなもの」になっているという事は、認識いただけたかと思います。

 

一応、法律で定められているので、それを違反すると罰則があるわけですが、実際に摘発されたケースは「ほぼないに等しい」というわけですね。

 

まあ、だからと言って、

 

「古物商許可証は取らなくていいですよ」

 

なんて事は、立場上、声を大にして言えるわけでもなく、また法律で決められている以上は、そんな事を私がブログに堂々と書く事はできない事はご理解ください。(笑)

 

ただ、あくまで個人的な見解を言うなれば、せどりや国内転売で中古品をガンガン転売している人がいたとしても、

 

・せどりや転売目的でそれを行っているのか?

・ただ趣味の範囲で不用品を処分しているだけなのか?

 

を区別する事は、まず難しいと思います。

 

前者なら違反で、後者なら法律的にも全く問題なしなわけですが、それを立証する事はかなり難しいはずです。

 

そもそも傍目から見たらそんな事は判断できませんし、

 

「自分用に買ったものを、不要になったので処分しているだけです。」

 

と言い張ってしまえば、もはやそれまでだったりします。

 

つまり、真実がどうであれ、一度そういう主張を突き通したなら、それを嘘かどうか立証するのは極めて困難になるわけです。

 

そのあたりはまさに「グレーゾーン」になっているわけで、そういう「抜け穴」的なものが「実質」存在してしまうという事。

 

警察側もそういうグレーゾーンがあるのは理解していて、そこをやり合っても堂々めぐりになってラチがあかない事も分かっていますから、個人レベルで「せどり」や「国内転売」をしている人を摘発する事は、よほどの事がない限りありません。

 

実際、古物商許可証を持たずに中古品転売を繰り返しているせどらーや転売ヤーの摘発が「ほぼ皆無」という現実が、それを物語っていますね。

結論として、古物商許可証は取得したほうが良いのか?

 

ここまでの内容をお読みいただき、古物商許可証は取得した方が良いのか、そうでないのかは、ご自身で判断して頂ければと思います。

 

ただ、やはり厳密に言えば「法律」で古物商許可証の取得が定められているので、古物商許可証を取得する事自体に「損」はないかと思います。

 

それが面倒というなら・・・

 

それはご自身の判断にお任せします(笑)

 

まあ、ぶっちゃけた話、私自身も過去には古物商許可証を持たずに転売してきた時代がありますが、正直なんの変哲もありませんでした。

 

今でこそ、せどりや国内転売の利益がかなりの規模になってきて、法人化もしているのでようやく古物商許可証を取得した感じですね。

 

そのあたりを参考にしてもらえればと思います。

 

まあ、古物商許可証は取得するための費用として「19000円」が必要になりますので、その費用が全く苦にならなければ取得しておいた方がいいと思いますが、もし仮にそのくらいの費用を、

 

「金銭的に厳しい・・」

 

と感じて、それが古物商許可証取得の「足かせ」になっているのであれば、まだあまり稼げていない状態かと思うので、

 

『そんな個人レベルの不用品処分のような転売が果たして摘発されると思いますか?』

 

というのが私の率直な意見です。(笑)

 

だったら、兎にも角にも「しっかり稼げるようになる」という事の方が、古物商許可証の取得よりも優先度が高い気がするのは、私だけでしょうか・・。笑

 

という事で、本日の内容は以上となります。

 

この内容を踏まえた上で、古物商許可証の取得に関してはそれぞれご自身で判断して欲しいと思います。

 

本日の内容があなたのビジネスの参考になれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

>>せどり講座一覧はこちら

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です