ゆのきちです。

 

インターネットの普及によって、各個人が簡単にネットで商品を販売する事が可能な時代になりました。

 

俗に言う「ネット販売」の事ですね。

 

そして、インターネットで商品を販売している人、すなわちネット販売をしている人には、

 

・ネット販売でお小遣い稼ぎをしている人

・ネット販売を本業にして生計を立てている人

・ネット販売を趣味でやっている人

 

などなど、様々な種類が存在しています。

 

また、ネット販売をしているのはそのような個人だけでなく、誰もが知るような大企業までネット販売をしていたりします。

 

そんな様々な人が取り組んでいるネット販売ですが、本日は、

 

これからインターネットで「何かの商品」を販売をしてみようと考えている人は、まず最初はどうやって販売したらいいのか?

 

そんなテーマで進めていきたいと思います。

 

要するに、「ネット販売の始め方」というものを解説していく内容になります。

 

それでは早速いってみましょう。

 

インターネットで商品を販売するには、どうしたらいいか?

 

まず、インターネットで商品を販売していくにあたり、

 

・プラットフォームでの販売

・ネットショップでの販売

 

という2種類の販売方法に大きく分ける事ができます。

 

「プラットフォーム」というのは、ヤフオクやアマゾン、メルカリや楽天、Yahooショッピングなどの、いわゆる「商品を販売するための売り場」のようなものになります。

 

それに対して、ここでいう「ネットショップ」というのは、楽天やYahooショッピング等には出店しない、「自前のお店」の事になります。

 

そして、まだネット販売の経験がなく、これからネット販売を始めようと考えているならば、

 

プラットフォームでの販売

 

という方法がおすすめです。

 

これからその理由を解説していきます。

 

どうして、ネット販売を始めるには、プラットフォームでの販売から開始するのか?

 

この理由は簡単なもので、

 

プラットフォームでの販売は、自分で集客をする必要もなく、お客さんからの信頼を得るのも比較的簡単だから

 

というものになります。

 

これらを掘り下げてみたいと思います。

 

プラットフォームは自分で集客する必要がない

 

これがなぜかと言うと、プラットフォームが自分の代わりに集客をしてくれているからです。

 

というのも、ヤフオクやアマゾンに限らず、ネットで商品を販売するようなプラットフォームは、自分が集客を一切しなくても、そのプラットフォーム自体がすでに集客をしてくれています。

 

ですから、そこにはすでにたくさんのお客さんが集まっているわけです。

 

プラットフォームは、出品者の商品が売れるたびに、その金額の一定額の割合の手数料をもらうビジネスモデルで運営しており、商品が売れれば売れるほどプラットフォームに利益が入るので、そのプラットフォームとしても、集客には非常に力を入れているという事なんです。

 

ですので、

 

そのすでにお客さんの集まっている「売り場」に、自分の商品を出品するだけで、自分が集客をしなくても、勝手にお客さんのアクセスが集まる

 

というわけです。

 

これをネットではなく、現実の世界で例えると、繁盛しているデパートのレストランフロアに新しく飲食店を出店するようなものとお考えください。

 

そのデパートには、すでに一定数のお客さんが来店しているわけですから、自分で宣伝(集客)しなくても、ある程度のお客さんはその飲食店に来店してくれるはずですね。

 

そんな感じで、プラットフォームでの販売は集客の事を考えなくても良いので、商品を売る事だけに専念する事が可能です。

 

これなら、ネット販売をこれから始めていくような人でも、お客さん集めを考える必要がなく、商品を売る事だけにひとまず専念できるので、ネット販売に取り組みやすいはずです。

 

その逆に、自分でネットショップを開くとなった場合、その集客は全て自分で行う必要があります。

 

特に、ネットショップをオープンした直後なんかは、

 

砂漠のど真ん中にお店を出した

 

と言っても、過言ではないくらいです。

 

そのくらい、お客さんというのはそのネットショップの存在自体に気づかないわけです。

 

そして、どんなにネットショップの集客に慣れていても、新しくショップをオープンすると、一定数のお客さんが来店するようになるまで、早くても1ヶ月~2ヶ月はかかると言われています。

 

そのため、最初の1ヶ月~2ヶ月は、売上自体も上がる可能性は低いわけですね。

 

ネットショップの集客に慣れていてもそのくらいの時間がかかるわけですから、これからネット販売を開始しようとする人にとっては、一定数のお客さんを集客できるようになるまで、それ以上の時間がかかる可能性は非常に高いと思います。

 

そうなると、中々モチベーションも続きにくいはずですから、ネット販売自体を挫折してしまう可能性だってあるはずです。

 

そんな理由からも、

 

ネット販売をこれから開始するならば、まずはプラットフォームで販売するべき

 

という事が言えます。

 

プラットフォームであれば、すでにお客さんが集まっているので、

 

ネット販売開始初日に商品が売れた

 

というケースも、珍しくありません。

 

それを考えると、やはりインターネットで商品を販売するには、まずは最初はプラットフォームで売るべきなんですね。

 

さらに、プラットフォームはお客さんの信頼を得るのも比較的簡単

 

このようなメリットも、プラットフォーム販売にはあります。

 

なぜかというと、プラットフォームを運営しているのは、ある程度の「知名度のある会社」がほとんどなので、そのプラットフォームに来店したお客さんとしても、安心して買い物をしやすいんですね。

 

もし、ネットで買った商品でトラブルがあったとしても、

 

そのプラットフォームが保証してくれるだろう

 

という心理的な安心もお客さんにあるでしょうし、実際にそうやって保証をしているプラットフォームがほとんどだからです。

 

もちろん、ヤフオクやアマゾン等の有名なプラットフォームでも、「怪しいお店」というものは実際に存在しています。

 

ただし、そのようなお店は「そもそも日本語がおかしい」というようなお店だったり、「商品説明が矛盾している」というようなお店がそのほとんどです。

 

ですから、ある程度の常識の範囲内で丁寧に商品ページを作成すれば、その信頼というものは問題なく得られるはずです。

 

そのプラットフォームが後ろ盾のような形になるので、ある程度の商品ページであれば、自前のネットショップよりも信頼されやすいんですね。

 

これが自前のネットショップの場合だと、そのショップはいわば「見ず知らず」のお店なわけですから、お客さんからすると、

 

「このお店から商品を買っても大丈夫か?」

「何かトラブルがあったら、きちんと対応してくれるのか?」

 

という心理が働きやすくなり、それを払拭(ふっしょく)させて安心して購入までつなげるのに、それなりのスキルや労力が必要になってきます。

 

それを考えても、これからネット販売を始めるような方であれば、

 

プラットフォームで販売していくべき

 

という事が言えます。

 

プラットフォームでの販売は集客をする必要がなく、そのプラットフォームが後ろ盾になる事でお客さんの信用も得やすいわけですから、ネットショップに比べて売上が立つのも早いですし、商品を得るのも簡単なはずです。

 

まさに、プラットフォームでの販売はネット販売の未経験者の方にピッタリだと思います。

 

では、ネットショップに挑戦する必要はないのか?

 

ここまでこの記事をお読みになったなら、もしかすると、そんな疑問が浮かんでいるかもしれません。

 

ただし、一切そんな事はなく、むしろ

 

最初はプラットフォームで販売して、ゆくゆくはネットショップの販売に挑戦した方がいい

 

という事が言えます。

 

ネットショップは集客や、その信頼を得るのこそ簡単ではありませんが、一度売れる仕組みを作ると、とても稼ぎやすい販売方法だからです。

 

なぜ稼ぎやすいかと言うと、プラットフォームみたいに販売手数料は取られないので利益率は高くなりますし、「顧客リスト」が自分のものになるので、既存の顧客に対してセールスがしやすいからです。

 

ただし、やはりネットショップで商品を販売するのは難易度が高くなってくるので、

 

最初のうちはプラットフォームで販売し、ネットで商品を販売する感覚をつかんだり、そのスキルを高めつつ、将来的にネットショップに挑戦する

 

という流れが理想的です。

 

ぜひ、ゆくゆくはネットショップの販売にも挑戦できたらいいですね。

 

補足:どのプラットフォームでネット販売を始めるか?

 

最後に、これからネット販売を始めるならどのプラットフォームを選んだらいいか、という事を説明して終わりにしたいと思います。

 

ズバリ、結論から申し上げると、

 

ヤフオク!

 

を選ぶべきと言えます。

 

その理由としては、数あるプラットフォームの中でも、トップクラスの集客力を持っているからです。

 

圧倒的にユーザー数が多いので、簡単にアクセスを集める事ができます。

 

なお、集客力という観点では、アマゾンもそれに負けずとも劣らないのですが、アマゾンは出品システムがやや複雑なため、商品の出品自体が少し難しいと感じるかもしれません。

 

それに対して「ヤフオク」は、出品システムもシンプルなので、初めての方でも比較的簡単に取り組んで頂けると思います。

 

ですから、まずは「ヤフオク」でどんどん商品を販売していく事をおすすめします。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

さて、以上ここまでが、

 

これからインターネットで「何かの商品」を販売をしてみようと考えている人は、まず最初はどうやって販売したらいいのか?

 

という内容になります。

 

あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。