ゆのきちです。

 

生活費や学費などを稼ぐためにアルバイトをされている大学生の方も多いと思います。

 

居酒屋で働いたり、ティッシュ配りしたり、カフェで働いてみたりと、アルバイトの種類は様々ですが、ちょっとそれを見ていて毎回思うのが、

 

『アルバイトなんかするより、転売でお金を稼いだ方がよっぽど稼げるし、効率良いのに・・・』

 

という事です。

 

という事で、本日はその辺りを掘り下げていきながら、実際にあなたにも転売で稼いでもらう為の方法をお伝えしていきます。

大学生はバイトするより転売ビジネスした方がよっぽど稼げる件。

転売というのは、一言で言うと

 

「安く仕入れて、高く売る」

 

というビジネスの事ですね。

 

例えばですが、500円で仕入れた古着を、ヤフオクで2000円で売って、1500円の利益を得る、といったものです。

 

ただ、「転売」と聞くと、「それって違法なんじゃない?」というイメージをお持ちの方も中にはいらっしゃるようですが、転売は全くもって違法ではありません。

 

なぜなら、先ほども申し上げたように転売は「安く仕入れて、高く売る」というビジネスなのですが、そういったビジネスは世の中の多くの企業が実際に行っているものだからです。

 

街のスーパーマーケットだって、結局は「問屋」なり「工場」なりから商品を安く仕入れてきて、そこに利益を上乗せして高く売っているわけですから、それも広い意味では「転売」にあたります。

 

ですから、「転売」という行為自体には違法性は全くありません。

 

しかしながら転売が違法というイメージを持たれがちなのは、一部の悪質な転売業者がニュースなどで取り沙汰される事があるからだと思います。

 

チケットを不当に買い占めて転売したり(ダフ屋行為)、賞味期限切れの廃棄食品を業者がスーパーなどに横流し(転売)したりと、そういった悪質な行為を行う業者が存在するというだけであり、転売自体は違法ではないのです。

 

で、それを踏まえた上で、どうしてアルバイトよりも転売の方がお金を稼げるのか?という点をまずは解説していきます。

転売は、バイトするよりもはるかに稼げるし効率が良い

例えば、アルバイトで月に5万円を稼ごうとする場合、時給1000円のアルバイトであれば、「50時間」働く必要があります。

 

ただ、実働時間が50時間なだけであって、そのバイト先に向かう交通時間や、バイト先での休憩時間などのお金が発生しない時間もありますので、実働50時間で5万円を稼ぐためには、「70時間~80時間」程度の時間は取られているはずです。

 

大学生で学業が忙しいなか、70時間~80時間程度をアルバイトに割くのは楽な事ではないと思いますし、それだけ時間を割いても得られる金額は5万円なのです。

 

ちょっとしんどい気もしますね。

 

ただ、もしアルバイトではなく「転売」というビジネスに取り組んだ場合に同じ5万円を稼ぐなら?

 

これは結論から言うと、アルバイトよりも遥かに楽で効率が良いです。

 

というのも、転売で5万円を稼ぐ場合、例えばの話で、

 

5000円の利益が出る商品を10個仕入れて、10個売る

or

10000円の利益が出る商品を5個仕入れて、5個売る

 

というだけの話だからです。

 

私の推奨する転売は、基本的にはネットで仕入れて、ネットで販売するものなので、

 

・稼げる商品探し→30分

・商品の仕入れ→5分

・ネットに商品出品→10分

・発送作業(売れた後)→10分

 

という感じで時間をかけたとすると、1つの商品をさばくのに、

 

30 + 5 + 10 + 10 = 55

 

たったの55分、およそ1時間しかかかりません。

 

これが5000円の利益が出る商品なら、5万円稼ぐためには、「1時間×10商品=10時間」で済みますし、10000円の利益が出る商品ならその半分の5時間だけで済むのです。

 

まあ、全部が全部、順調に進むとは限りません。

 

ですので、百歩譲ってその2倍の時間がかかったとしても、バイトで5万円を稼ぐために割いた時間の「70時間~80時間」と比べれば、その差は歴然です。

 

しかも、ネットを駆使した転売であれば完全に在宅でできるので、バイト先の人間関係などに悩む必要すらありません。

 

大学生であれば学業がとても大切だと思うので、そういったストレスを溜める事なく勉学に励む事ができます。

 

さらに、「転売」はバイトに比べてお金を稼ぐに必要な時間も半分以下で済むので、勉学に打ち込める時間も増えますよね。

 

まあ、大学生の方の中でも、「もっとお金が欲しい!」と思う方もいらっしゃるはずなので、そういった場合はアルバイトにかけていた時間をそのまま転売に丸々つぎ込む事で、バイトとは比べものにならないくらいの金額を稼げる可能性だってあります。

 

ただし、これを聞いても転売をまだやった事がない人からすると、

 

「1つの商品で5000円とか1000円の利益って出せるの?」

「そんな簡単に稼げるものなの?」

 

なんて思うかもしれませんが、正しいやり方で転売に取り組む事ができれば、月に5万円や10万円なんて、初月から稼いでいく事だって普通に可能です。

 

じゃあ、どういうやり方で取り組めばいいの?と思うかもしれませんので、一応それにふさわしい答えをお伝えしたいと思います。

 

その答えというのが、実は私の無料メルマガ講座を受講する事だったりするんです。

ゆのきちの無料メルマガ講座で「輸入転売」の全てを学んでください

私がお伝えしているのは、転売の中でも「輸入転売」という、海外から仕入れて日本で売るという、お金の稼ぎ方です。

 

海外から仕入れるといっても、グーグル自動翻訳という優れた翻訳機能を利用する事で、英語力なんてなくても普通に稼ぐ事ができます。

 

かくいう私も、今でも英語力はゼロですが(笑)、それでも月収200万円ほどの金額であれば毎月安定して稼いでいますので、英語力は本当に関係ないと思います。

 

必要なのはやる気だけ。

 

この無料メルマガ講座では私の全てのノウハウを1通ずつお伝えしていくため、そのやる気さえあれば、あなたも私と同じような金額を稼げるようになる可能性は十分にあるのです。

 

>ゆのきちの無料メルマガ講座はこちら

 

今なら、メルマガ登録特典として、「輸入転売の教科書」「稼げるブランド100選」を無料でプレゼントしていますので、その教科書とその稼げるブランドリストを活用する事で、その瞬間から利益を出していく事も可能。

 

輸入転売未経験の方でも、ゼロから収入を生み出していけるように作り込んだ講座と特典になっているので、興味があればぜひメルマガの方に登録してみてください。

 

>ゆのきちの無料メルマガ講座はこちら

 

大学生が在学中に輸入転売を始めて、気づけば就職の必要すら必要がなくなるくらい稼いでしまい、卒業と同時に起業されたというケースも結構多いです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

という事で、本日のお題である、

 

大学生はバイトするより転売ビジネスした方がよっぽど稼げる件。

 

についての解説は以上となります。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found