転売ビジネスで成功する為に必ず押さえるべき10のポイント。

ゆのきちです。

転売というビジネスは「安く仕入れて高く売る」だけの、極めてシンプルなビジネスなのですが、時には思うような結果が出ない事もあると思います。

ただ、もしあなたが、これからお伝えしていく「10のポイント」を押さえて転売に取り組むことができたなら、高い確率で成功に近づけると思います。

というのも、私のこれまでの転売経験や、多くのコンサル生さんを指導してきて、

「転売で成功する為には共通点みたいなものがある」

という事に気付いたからであり、これを知っているかどうかで結果は大きく違ってくるという答えに辿り着いたからです。

といことで、今回の記事では、その辺りに焦点を置いてお話ししていきたいと思います。

題して、

「転売ビジネスで成功する為に必ず押さえるべき10のポイント。」

です。

それでは早速いってみましょう。

転売で稼いで成功する為に必ず押さえておきたい10のポイント。

これからお話しする10のポイントを押さえ転売に取り組む事ができれば、かなり高い確率で成功できると思っています。

私のコンサル生さんでも、このポイントをしっかりと押さえて転売をしている人は、まず例外なく大きな結果を残せているからです。

では、その10のポイントが一体どういうものかというと、下記がそれに当たります。

  1. 利益率を気にしすぎない
  2. 目利きは避ける
  3. 形式にとらわれない
  4. 商品リサーチを最優先する
  5. 商品が届いたらその日のうちに出品する
  6. テンプレートを有効活用する
  7. トレンドに敏感になる
  8. 稼いでいる出品者を模倣する
  9. 全ての作業を自分でやろうとしない
  10. 仕入れ値交渉を怠らない

この10ポイントですね。

ちなみに、便宜上「1〜10」の数字を割り振っていますが、どれが一番大事とかはなく、どれも同じくらい大事なポイントになります。

それではこの10のポイントを順番に見ていきましょう。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント1:利益率を気にしすぎない

転売をやる上で「利益率」が高いに越した事はないのですが、利益率に気にしすぎるあまり、そこに時間をかけすぎてしまっては元も子もありません。

特にリサーチ力が付いていない最初の段階から、

「利益率が○○%以上のものだけ扱おう」

というように、変に利益率に関するルールを決めてしまうのは良い事とは言えません。

なぜなら、そういった利益率が高い商品ほど中々見つけにくいものであり、そこにこだわりを持ってしまうと、仕入れる商品がかなり限られてきてしまうからです。

利益率が高い商品を求めるあまり、いつまでもそこに時間を浪費してしまうよりなら、利益率が多少低い商品でも、とにかく仕入れて転売してしまった方が儲かるというケースも多いです。

転売は数をこなすほど経験を積めますから、特にあまり稼げていない時期は、利益率にこだわるよりも、とにかく数にこだわってほしいと思います。

数をこなして経験を積めば、スキルそのものが上がっていきますので、ゆくゆくは利益率の高い商品もサクっと見つけられるようになっていくもからです。

それまでは変に利益率にこだわらず、とにかく数をこなす事を第一に考えた方がスキルの伸びしろも大きいですから、ぜひそのあたりを気を付けてみてください。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント2:目利きは避ける

ここでいう「目利き」というのは、実際の販売データに頼らずに自分の「勘」で商品を仕入れる事を指します。

通常であれば、商品の落札結果や販売実績などのデータを元に、確実に売れるであろう商品を「後出しジャンケン」的に仕入れるものですが、目利きの場合は、

『この商品は売れそうな予感がする』

『この商品はきっと流行るはずだ』

という、いわば「勘」に頼って仕入れをする事になるので、必然的に商品の売れ残りや赤字のリスクは高くなります。

まあ、「目利き」にもメリットはあって、その商品が当たればライバル不在の状態で売り抜く事も可能です。

しかしながら、目利きで利益を生み出すためにも、長年の経験やスキルがものを言いますので、実力が備わっていないうちから「目利き」をするのは、はっきり言ってギャンブルと変わりありません。初心者の目利きは大抵失敗します。

商品リサーチをしていると、

『うわ、この商品儲かりそう!まだ誰も扱ってないけど、売れそうだから仕入れてみようかな』

なんて誘惑に駆られる事もあるものですが(笑)、そこはグっと堪えてデータに基づいて堅実に仕入れをするべきです。

よっぽどの転売上級者じゃない限り、「目利き」をしてもトータル的には損をする事の方が多いですからね。

したがって、どうしても目利きで転売をしたいなら、月収100万円や200万円といった金額を稼げる実力が備わってからが無難だと思います。

その頃には資金的にも余裕があると思うので、目利きで失敗してもダメージも少ないですしね。

という事で、仕入れの際は目利きは避けて、実際のデータに忠実に仕入れをしましょう。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント3:形式にとらわれない

これは要するに、「型」にハマらずに転売をしましょうという事です。

転売で稼げていない人に限って、変に形式にとらわれているというか、言い方は悪いですが「愚直」過ぎるんですよね。

というのは、転売とはそもそも「安く仕入れて高く売る」というビジネスなので、売れるものを安く仕入れる事ができれば、やり方とか形式なんて気にする必要もないんですが、稼げていない人というのは、

「○○のマニュアル(ブログ)には、●●円の価格帯の商品で〜〜のジャンルの商品を仕入れようと書いてあったから、それ以外は仕入れない方がいいな」

という感じで、マニュアル通りじゃないと気が済まず、どうしても「型通り」にこなそうとしてしまう傾向にあります。

別に「型通り」が悪いわけではありませんが、ビジネスの目的って利益を出す事ですから、利益が出せるなら型から外れていてもいいんです。

ビジネスにおける「型」というのは、そもそも利益を出すために存在するのであって、その「型」を破っても利益が出せるのであれば、その型に固執する必要は全くありません。

稼げていない人というのは、「型」から少しでも外れてしまうことを避ける傾向にあります。その考えでは、儲けのチャンスをみすみす逃してしまう可能性もあります。

つまり形式にとらわれる人は「稼ぐ事が目的」ではなく、「型通りにビジネスをする事自体が目的」になってしまっているわけです。そんな状態では大きな結果は望めません。

ですから、まずは何よりも「結果」にフォーカスし、その過程となる「やり方(型)」はあくまでオプションだと考えるべきですね。

結果(利益)が出せるなら型から外れていても全く問題ないというわけです。

そのあたりを意識するだけで、転売の成功はググっと近くなってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント”4”:商品リサーチを最優先する

転売ビジネスで稼ぐために最も重要になってくる作業が「商品リサーチ」です。

なぜなら、転売の一連の作業の中でも、商品リサーチこそが利益に直結する作業だからです。ハッキリ言ってそれ以外の作業はあまり力を入れる必要はありません。

別に商品リサーチ以外の作業は力を抜けと言うわけではありませんが、他の事にこだわる余力があるなら、それを全て商品リサーチに注ぐべきです。

というのも、発送作業とか利益管理表の作成などに必要以上に労力を注ぎ、肝心な商品リサーチがおろそかになっている人が意外と多いんですよね。

必要以上に梱包の美しさにこだわってみたり、発送用ダンボールのデザインで悩んでみたり、利益管理表を神経質なくらい入念に記帳していたり。。(笑)

商品リサーチ以外は本当にシンプルでいいんですよ。無駄な作業にこだわる余力があるなら、商品リサーチにそれを費やすべきだと思います。

商品リサーチこそが利益に直結しますから、商品リサーチにかける労力や時間をいかに増やすかが、稼ぐ上で非常に重要だからです。

という事で、転売で大きな結果を出していきたいなら、ぜひ商品リサーチに一番力を入れて欲しいと思います。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント”5”:商品が届いたらその日のうちに出品する

これは地味に見えて、結構重要なポイントです。

なぜなら、商品の出品が早ければ早いほど、その商品が早く売れる確率が上がるからです。

商品が売れるのが早ければ、資金の回収も早まりますから、より早くその資金を次の仕入れに充てていく事ができますよね。

この積み重ねが、長い目でみると収入面に大きな差を生む事になるので、商品が届いたらグズグズせずに「即出品」するくらいのつもりでいましょう。

その日に出品してその日に売れるのと、翌日に出品して翌日に売れるのでは、一見あまり差はないように見えるかもしれませんが、そうやってノコノコと先延ばしにする癖は習慣化していくものです。

そしてその先延ばしの積み重ねがビジネスの伸びを停滞させる要因になります。

私がよくコンサル生さんにお伝えしている言葉に、

「明日やろうは馬鹿やろう」

というものがありますが、やはり「明日やろう」ではなく、「今やろう」という心掛けこそが、ビジネスを最短で成功させる秘訣になってくると思います。

ぜひ、その場ですぐ行動するよう、ビジネスに取り組んでみてください。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント”6”:テンプレートを有効活用する

ここでいう「テンプレート」というのは、お客さんとのメッセージをやり取りする際の「ひな形」の事です。

例えば、

  • 商品に質問があった時の回答メッセージ
  • 商品が売れた後に送るメッセージ
  • 入金が確認できた際に送るメッセージ
  • 発送した後に送るメッセージ
  • その他のメッセージ

などなど、他にも色々とあると思いますが、やり取りする頻度の高いメッセージに関しては、一度送ったメッセージを「ひな形」としてテキストファイルなどに保存しておくべきです。

「ひな形」さえ用意しておけば、あとは都度それをコピペする形で対応することで、日々の作業の効率がかなり良くなります。

やり取りの度にイチからメッセージを手打ちしていたようでは、お世辞にも効率が良いとは言えません。

そういった作業をいかに効率化して時間短縮し、商品リサーチなどの利益に直結する作業を増やせるかが成功の鍵になってくるので、メッセージなどはテンプレート化し、少しでも作業効率を良くできるように取り組みましょう。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント”7”:トレンドに敏感になる

トレンド(流行)に敏感になる事は、転売ビジネスで稼ぐ上でとても大切になってきます。

なぜなら、トレンドに乗った商品を転売する事で大きな利益を得られる事がたくさんあるからです。

例えば、スターウォーズの新作が上映された時は、スターウォーズ関連グッズの売上がハネ上がったり、オリンピックが開催されると、そのオリンピックの限定グッズが高値で取引されたりというような事が、本当によくあります。

確かにこれは一時的なものではありますが、トレンドに常にアンテナを張っておき、そういったトレンド商品の引き出しが多くなれば、時期ごとに様々なトレンド商品を渡り歩いて、長期的に稼ぐ事も可能です。

実際、そうやってトレンド商品だけに狙いを絞って巨額の利益を出している転売プレイヤーは結構多いですからね。

そういったトレンド情報は、雑誌やニュースなどで掴む事ができますので、そういった情報にアンテナを張り、トレンドに敏感になっておくクセを付ける事が転売で稼ぐ上で大切になってきます。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント”8”:稼いでいる出品者を模倣する

「稼いでいる出品者」を模倣する(真似する)事こそ、転売での成功の近道になってきます。

これは「モデリング」というテクニックで、転売に限らず、物事を上達させるために非常に有効な手段なのですが、やはり「稼いでいる出品者」というのは「稼いでいるなりの理由」があるわけです。

それを学ぶためにも、まずはその出品者を模倣し尽くす事が大切だと思います。

例えば、その出品者と全く同じ商品を出品してみたり、売り方などの戦略を完全にパクってみたりとかですね(笑)。

ズルいと思うかもしれませんが、真似する事は全く違法ではありませんし、むしろ”今”稼いでいるその出品者も、稼げなかった頃は自分よりも稼いでいる出品者の真似をしていたかもしれません。

ですから、兎にも角にも、まずは稼いでいる人を徹底的にパクる事から始めて欲しいと思います。

それが成功への一番の近道だと思いますので。

ちなみに、稼いでいる出品者を分析して模倣する際に、その分析を手動で行ってもいいのですが、ツールに任せた方が効率が良く、より詳細に分析できたりします。

アマゾン転売の場合だと、以下のツールあたりがそれに当たります。

>せどりアナライザー

これはアマゾンでしか利用できませんが、もしあなたがアマゾンでビジネスをしているなら、ぜひおすすめしたいツールです。

他の出品者の情報をワンクリックで丸裸にできますので、あとはその全てをパクって出品すれば、間違いなく成功への近道になります。

もし稼いでいる出品者を「徹底的」に模倣したいと思うなら、ツールを利用するのが早いですし確実ですね。

ぜひ参考にしてみてください。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント”9”:全ての作業を自分でやろうとしない

全ての作業を自分でしようとする人ほど、早いうちから収入が頭打ちになったりします。

なぜなら、自分一人ができる作業量なんて限られているからです。その全てを自分でやろうとしたら、利益を生み出すコアな作業に充てる時間が少なくなってしまいます。

ですから、ある程度転売が軌道に乗ってきたら、作業を外注さんに任せるなり、ツールに任せるなりして、商品リサーチなどのコアな作業をする時間を確保していくべきです。

では、どうやって外注さんやツールに作業を任せていくかという事ですが、もしあなたがアマゾン転売をされているなら、以下の記事が参考になると思います。

Amazon(アマゾン)転売で稼ぐには「ツール」の利用は必須?

また、もしあなたがBUYMA転売をされているようなら、商品リサーチを丸ごとツールに任せてしまうのもおすすめです。

BUYMAリサーチツール「BUYMIL(バイミル)」のレビュー

仮に転売が忙しくなってきて、商品リサーチの時間が取れなくなってきたとしても、ツールにリサーチさえ任せておけば、あなたが忙しくしている間も、あなたが寝ている間も稼げる商品をバンバン見つけ出してくれます。

そうすることで、忙しさから収入が頭打ちになってしまう事も避けられるので、商品リサーチをツールに任せるのは、かなり良い選択になってくるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

転売ビジネスで成功するために〜ポイント”10”:仕入れ値交渉を怠らない

適切なタイミングで仕入れ値交渉をしていくのは、非常に重要です。

仕入れ値を引き下げる事ができれば、その分そのまま利益がアップするからですね。

ただ、この交渉もやり方次第で、まだ仕入先との関係が浅かったり、明らかに無理な交渉をしても逆効果だったりすることもあります。

ですのでウザくなり過ぎないようにするべきですが、適切なタイミングを見計らっての「仕入れ値交渉」は怠らないようにしましょう。

すでに同じ仕入先から何度か同じ商品を仕入れていたりして、関係が深まってきたなと思ったら、適度に仕入れ値の交渉をしてみてください。

「○○個買うので、10%割引してください」

「20%の割引価格で買うには、何個まとめて買えばいいですか?」

などなど、アプローチの方法は様々ですが、こういった交渉は然るべき時に忘れずにするようにすべきです。

「仕入れ値を下げるなんて無理だ!」と思っていた仕入先が、交渉したらあっけなく仕入れ値を下げてくれるようなケースなんて、本当に山ほどありますよ。まずはダメ元で交渉してみましょう。

特に輸入転売などで、海外の仕入先を相手にしている場合、日本の業者以上よりも割引に応じてくれる可能性が高かったりしますからね。

もちろん、交渉しても仕入れ値を下げられない事もありますが、それでも損をする事はないので、とにかくまずはやってみる事が大切です。

結果的に仕入れ値交渉に成功したら儲けもんですし、断られても損をする事はないので、交渉しないほうが逆に損だと思います。

ぜひ、「仕入れ値交渉」を適切なタイミングで忘れずに行っていくようにしてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

少し長くなってしまいましたので、これまで説明してきた10のポイントを以下にまとめます。

  1. 利益率を気にしすぎない
  2. 目利きは避ける
  3. 形式にとらわれない
  4. 商品リサーチを最優先する
  5. 商品が届いたらその日のうちに出品する
  6. テンプレートを有効活用する
  7. トレンドに敏感になる
  8. 稼いでいる出品者を模倣する
  9. 全ての作業を自分でやろうとしない
  10. 仕入れ値交渉を怠らない

この10のポイントを押さえて転売に取り組めば、かなりの確率で成功できるはずです。私もこれを心がけてビジネスをしていますが、どのポイントも稼ぐ上では非常に重要だなと痛感しています。

一気に全てのポイントを守ることは難しくても、少しずつなら取り組んでいけると思いますので、焦らずコツコツと頑張ってみてください。

という事で、以上ここまでが今回のテーマである、

「転売ビジネスで成功する為に必ず押さえるべき10のポイント。」

でした。

ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です