ゆのきちです。

 

私はこうしてこのブログで転売の情報を発信するかたわら、転売ビジネスの収入だけでも月収200万円程の利益を出し続けています。

 

『月収200万円?おいおい、嘘もたいがいにしろよ?』

 

なんて疑いたくなる気持ちも良く分かりますので(ある意味、疑わない方が危ない。笑)、その実績が信じられないようでしたら、以下のメルマガ講座でその稼ぎ方の全てをお伝えしていますので、そちらからその全てをご確認ください。

 

>ゆのきちの無料メルマガ講座はこちら

 

で、お話を戻しますが、その転売の中でも私がメインに取り組んでいるのが、「輸入転売」なのですが、輸入転売だけではなく、国内転売でも稼いできた実績があります。

 

というわけで、自分で言うのもアレですが、転売で生計を立てている私は言わば「転売のプロフェッショナル」と言えるわけで、本日はこのブログをお読みくださっているお礼として、

 

「転売で稼ぐためのコツ」

 

というものを特別に伝授していこうと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

転売のプロが伝授する、転売で稼ぐためのコツとは?

やはり稼いでいく為にはそのコツをいかにおさえるかが重要になってきます。

 

習い事でも何でもそうですが、一旦コツを掴んでしまえば後は上達も早いですよね。

 

で、ここからが本題です。

 

転売で稼ぐためのコツというのはいくつかあるのですが、その中でも私が最も大切だと思うのが、以下の3つのコツです。

 

1、自分が興味のある商品をメインに扱う

2、マニュアルにとらわれ過ぎない

3、転売で一度でも利益の出た商品は忘れずにリスト化しておく

 

こんな感じですね。

 

転売でサクっと結果を出している人は、ほぼ共通して上記のコツを心得ている傾向にあります。

 

では、これらを一つずつ掘り下げてご説明していきましょう。

 

1、自分の興味のある商品をメインに扱う

 

転売には、当然ですが「稼げるジャンル」と「稼げないジャンル」の商品が存在しまして、もちろん「稼げるジャンル」の商品を扱うのが大切なのですが、それと同じくらい大切なのが、

 

「自分が興味のある商品」

 

をメインに扱うということです。

 

「ただ稼げる」だけではなく、自分が興味のある商品を扱う事が大切になってきます。

 

というのは、いくら稼げるジャンルの商品だからと言っても、自分が興味のある商品じゃないと、そもそも転売自体が「おっくう」になる傾向にあると思います。

 

1ミリも興味のない商品のリサーチって、決して楽ではないはずですし、むしろ人によっては「苦痛」ですらあるはずです。

 

少なくとも、私はそういう商品をリサーチして転売するのは「苦痛」ですね。

 

そういったストレスが積み重なっていくと、やがて転売が面白く無くなってきたり、モチベーションが上がらなくなったりと、稼ぐ意欲がなくなる可能性すらあります。

 

それに比べ、「自分が興味のある商品」であれば、リサーチをしていても楽しいはずですし、売る事も楽しめるはずですので、より稼ぐ意欲が湧いてくるものです。

 

そうやって楽しめる方が、ビジネスにも打ち込めるはずですし、その方がより稼ぎが伸びていくのは言うまでもないと思います。

 

「好きこそものの上手なれ」という「ことわざ」もあるくらいですからね。

 

そういった意味で、

 

「自分が興味のある商品」

 

をメインに扱いましょうという事です。

 

私自身、転売で扱う商品は昔から自分が好きな商品、興味がある商品がほとんどでした。

 

そうする事でビジネスも苦痛ではありませんでしたし、何より楽しめてビジネスに取り組む事が出来たので、それがこうして稼げるようになった一つの要因かなと思っています。

 

一時期、「稼げるから」という理由で1ミリも興味のない商品を扱っていた時もありましたが、リサーチの段階ですでに苦痛で、そう長くは続かなかった経験があります。

 

やはり嫌なものは、どう転んでも嫌ですからね。

 

ですから、転売で扱う商品は「稼げる」という事も当然大切なんですが、「自分がその商品に興味があるか、その商品が好きか」という点もぜひ大切にしてみてください。

 

それが楽しく転売を続けていく秘訣にもなりますし、楽しく続けていく事が上達への道でもあるからです。

 

では次です。

 

2、マニュアルにとらわれ過ぎない

 

マニュアルにとらわれ過ぎないというのが転売で稼ぐための「コツ」なわけですが、これは要するに、

 

「一つの転売方法に固執しない」

 

という事です。

 

どういう事かというと、まずそもそも転売で稼げていない人に共通している点として、

 

「愚直すぎる」

 

というものがあります。

 

「くそ真面目」というか、少し言い方は悪いですが、「頭が固い」んですよね。

 

そもそもの話ですが、「転売」というビジネスは「安く仕入れて、高く売る」だけの事ですから、それが出来るなら「どこからどう仕入れて、どこでどう売ろうが」全くもって問題ないわけです。

 

にも関わらず、

 

「これ儲かりそうだな。でもマニュアルとは違うやり方だから、これを転売するのは止めておこう」

 

なんて、変な固定観念に縛られているというか、臨機応変な対応ができない人は共通して稼げて「いない」という印象です。

 

極端な話、自宅の近くのスーパーで売られている「ある商品」が儲かるなら、それをスーパーで大量に買って売ればいいだけの話ですよね?

 

それで儲かるなら、何もわざわざマニュアル通りに小難しく転売する必要なんてさらさらありません。

 

しかしながら、ほとんどの人は、

 

「○○○のブログには、ebayで売られている10,000円~30,000円の価格帯の商品を仕入れて、ヤフオクに出品しようって書いてあるし。あ、それに壊れにくい商品にすべきって書いてあるから、それ以外の商品はスルーしよう」

 

というように、その目の前のマニュアルに束縛されすぎている傾向にあるんですよね。

 

でも、転売で一番大事なのは、「安く仕入れて、高く売る」事ですよね?

 

それができるのならば、何もebayから仕入れる必要もありませんし、ヤフオクで売る必要もありません。

 

近くのスーパーで仕入れて、メルカリ(フリマアプリ)で売るのが儲かるなら、そうすればいいんです。

 

結局、転売のマニュアルやブログに書かれている稼ぐための情報というのも、

 

「こうしたら儲かりやすい」

 

というように、確率論的に一番効率的なものが書かれているだけなので、それを全て鵜呑みにする必要なんてないんです。

 

それよりも儲かる方法が身近にあるなら、そっちを優先すべきです。

 

まあ、今回の例のスーパーで仕入れたりというのは極端な話ですが、転売で稼ぐイメージとしてはまさにそんな感じだと覚えておいてください。

 

「どこからどう仕入れ、どこでどう売るか」なんてマニュアルやノウハウは二の次で、一番大事なのは「安く仕入れて、高く売る」という事なわけです。

 

その「安く仕入れて、高く売る」という目的がブレないようにしましょう。

 

ですから、例えば私はこのブログでは、「ebay仕入れ→ヤフオク転売」の商品リサーチをするなら、

 

「10,000円~100,000円の価格帯の商品をリサーチしましょう」

 

と記事には書いていますが、それを必ず守る必要はないという事です。

 

あくまでそういった価格帯の方が儲かる商品が見つりやすいというだけで、そのリサーチの過程で全く別の価格帯にて儲かる商品が見つかったなら、そっちを仕入れてみるのも全然ありですね。

 

以上が、「マニュアルにとらわれ過ぎない」という事の意味です。

 

マニュアル通りに行うのがビジネスの目的ではなく、利益を出すのがビジネスの目的ですからね。

 

それが達成できるなら、一つのやり方に固執する必要すらないのです。

 

転売で結果を出している人は、そういったマニュアルにとらわれ過ぎていないというか、良い意味でビジネスに対して「遊び心」があります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

では、次です。

 

3、転売で一度でも利益の出た商品は忘れずにリスト化しておく

 

これ、以外と出来ていない人が多い傾向にあります。

 

転売して実際に利益が出た商品というのは、また同じように利益を出せる可能性が高いにも関わらず、です。

 

もちろん、その商品を扱うライバルが増える事で、一時的に利益が出なくなる可能性もありますし、もしくは今後二度と利益が出せない事もあります。

 

しかしながら、特に一時的なライバルの増加によって儲からなくなった商品に関しては、一定期間空けてから転売すると、また利益を出せる事もよくあります。

 

しかもそういうタイミングって、忘れた頃にやってくるものなんですよね。

 

だからこそ、そのように一度でも利益を出せた商品を「リスト化」しておき、商品リサーチに行き詰まった時にいつでもそれを取り出せるようにしておく事が、実はかなり重要だったりします。

 

その方が明らかに商品リサーチの効率も良いですから、稼ぐためには重要ですよね。

 

ちなみにこの「リスト化」は私自身も徹底していますし、転売で稼いでいるビジネス仲間も徹底している事です。

 

プラットフォーム(ヤフオク、BUYMA、アマゾン等の販路のこと)では、自身の販売履歴を遡って確認する事ができるので、それを見れば過去に利益を出した商品も分かるのですが、それでも別途そういった商品を「リスト化」しておく事をおすすめします。

 

というのも、プラットフォームでの販売履歴っていちいち確認するのも面倒ですし、基本的にそれを確認するにはオンラインに繋ぐ必要があるので、結構手間だったりするんですよね。

 

ですので、エクセルファイルあたりにそういう実際に利益の出た商品をリスト化し、いつでもそれを取り出せるようにしておくべきです。

 

ただ、商品数が多くなりすぎるとそのリストも膨大なものになってしまうので、期間ごとにファイルを分けるとか、商品カテゴリごとにファイルを分けるなど、ちょっとした工夫をしつつ管理してみてください。

 

なお、それでも全ての商品をリスト化するのが面倒であれば、特に「おいしい商品」を中心にリスト化すればいいと思います。

 

利益「額」や利益「率」がとりわけ高い商品などですね。

 

そのあたりはご自身で色々と調整してみてください。

 

いずれにしろ、そういった「実際に利益の出た商品リスト」なるものを抱えておく事で、転売のリサーチ効率もググっと変わってきますので、稼ぐためにはまさにそれをしておく事が「コツ」になってきます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

以上、ここまでが、

 

「転売で稼ぐためのコツ」

 

という内容での講義でした。

 

今回お話した「コツ」は、すぐにでも実践できるものになっているはずですので、ぜひあなたもトライしてもらえると嬉しいです。

 

あなたのビジネス成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます