ゆのきちです。

 

このブログはおかげさまで、転売の情報を求める人など、様々な方々に目を通して頂いていますが、その中でも結構多いと感じた読者様は、

 

「転売の初心者や未経験の方々」

 

でした。

 

というのも、私宛に頂くお便りで割と多かったのが、

 

『転売やった事ないんですけど、何から始めたらいいですか?』

『まだ転売を始めたばかりの初心者なのですが、今後どのようにビジネスを進めていけばいいのでしょうか?』

 

という類のものだったんですね。

 

てっきり私としては、転売上級者の方がご自身の知識などをさらにブラッシュアップされるためにこのブログをご活用されているケースが8割~9割だと思い込んでいたんですが、実はそうでもなかったようです。(笑)

 

どうやら転売初心者の方も、結構な割合でこのブログをご活用されているみたいなんです。

 

ですので、本日はそういった転売初心者や未経験の読者様向けの内容という事で、

 

「転売の初心者や未経験者は何から手を付け、どう進めていけば良いか?」

 

というテーマで講義を進めていきます。

 

それでは早速いってみましょう。

転売の初心者や未経験者は何から手を付け、どう進めていけば良いか?

 

転売をしていく上で何から手を付けたら良いかという事ですが、まずそもそもの話で、転売には大きく分けて、

 

・輸入転売

・国内転売(せどり)

 

この2種類が存在します。

 

2つとも販売先は国内ですが、その商品を海外から仕入れるのが輸入転売で、国内から仕入れるのが国内転売(せどり)です。

 

このように、転売に取り組んでいくにしても、輸入転売と国内転売の2種類の選択肢があるわけですね。

 

で、その上で、最初はこのどちらに手を付けていったら良いのかという話をするならば、

 

「輸入転売だろうが国内転売だろうが、どちらでも良い」

 

というのがその答えになってきます。

 

というのは、輸入転売も国内転売も、どちらも初心者でも普通に利益を出せるくらい稼ぎやすいビジネスモデルであり、実際にどちらを選んで取り組んでいったとしても稼ぐことが出来るからです。

 

なので、別にどっちに手を付けてもいいんですが、転売初心者や未経験の方が特に結果を出しやすい傾向にあるのは、

 

「輸入転売」

 

という感じですね。

 

なぜなら、国内転売に比べて、輸入転売はライバルが少ない傾向にありますし、どちらかというと輸入転売の方がより大きな価格差を取りやすいというのがその理由です。

 

そのため、これから転売を始めていくという状況であれば、まずは輸入転売を選ぶのを私はおすすめしています。

 

『でも、英語できないけど、それでも輸入転売できるの?』

 

なんて声も聞こえてきそうですが、Googleの無料の自動翻訳機能を使って翻訳した程度の英語で、問題なく輸入転売は取り組んでいけますので、そこは心配しなくても良いかなと思います。

 

英語が必要というデメリットよりも、輸入転売の方がライバルが少なくて稼ぎやすいというメリットの方が大きいかなと私は思っていますので、その英語という部分を加味してもやはり輸入転売がおすすめという感じですね。

 

とはいえ、もしあなたがすでに国内転売を始めていて、国内転売で難なく稼げているようであれば、無理にこれから輸入転売にシフトチェンジする必要は全くありません。

 

というのも、どんなビジネスにも向き不向きがあるからです。

 

ですから、人によっては国内転売の方が稼ぎやすいという場合も当然あるので、すでに国内転売をやっていて、それで結果が出ているのであれば、それが向いているという事です。

 

そのような場合は、そのまま国内転売を続けていって問題ないと思います。

 

ただ、まだ転売をやった事がなくて、これから始めていこうというのであれば、まずは比較的結果の出しやすい傾向にある輸入転売をやってみるのがおすすめですね。

 

もし、それで思うように結果を出すことができなければ、その時点で国内転売に挑戦していけばいいだけの話ですから。

 

という事で、その「輸入転売」に手を付けてビジネスを進めていく場合の進め方ですが、そちらに関しては、以下の記事を起点にして全て解説しています。

 

>輸入転売スタートアップ講座

 

これから輸入転売を進めていくというのであれば、上記の記事を参考にしてみて頂ければと思います。

 

で、逆にここからは、あなたが「国内転売」の方に手を付けて転売を進めていくとした場合、どうやって進めていけば良いかを説明していきますね。

国内転売はどのように進めていったら良いか?

 

国内転売は、国内から仕入れて国内で販売していく手法ですが、そのやり方の中でも、特に初心者の方が結果を出していきやすいのは、

 

・国内卸サイト仕入れ→アマゾン販売

・国内卸サイト仕入れ→ヤフオク販売

・アマゾン仕入れ→ヤフオク販売

・ヤフオク仕入れ→アマゾン販売

 

この4つだと私は思います。

 

実際、転売未経験者にも国内転売を指導してきた経験から言っても、やはりこの4つが結果を出しやすい傾向にあるからです。

 

ちなみに、「国内卸サイト」でのイチオシは「ネッシー」ですね。

 

・ネッシー
http://www.netsea.jp/

 

ネッシーから仕入れをする為には会員登録をする必要がありますが、その登録さえしてしまえば普通に個人でも仕入れ可能だったりします。

 

ネッシーに会員登録をしたら、アマゾンやヤフオクで売れている商品で、なおかつネッシーから仕入れ可能で、利益の出せる商品を探していくような形でリサーチをしていきます。

 

最初はそういった商品を見つけるのは難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると徐々にそのような稼げる商品を見つけられるようになるものです。

 

なので、慣れるまでは多少の我慢が必要ですね。

 

しかし、それを乗り越えると、結構サクサクと稼げるようになりますから、まずはそのような形でリサーチをし、転売に取り組んでみてください。

 

また、国内卸サイト以外を利用する国内転売であれば、

 

・アマゾン仕入れ→ヤフオク販売

・ヤフオク仕入れ→アマゾン販売

 

この2つが転売未経験の方や初心者でも稼ぎやすいと、私は思います。

 

これも経験上から言って間違いないですね。

 

ちょっと意外に思うかもしれませんが、実は全く同じ商品にも関わらず、ヤフオクとアマゾンで価格差のある商品って結構眠ってるんですよね。

 

これは単純にマーケットが違うからであり、当然といえば当然の事です。

 

例えば、最寄りのスーパーと隣町のスーパーでは、同じ牛乳とか卵でも、価格に違いがありますよね?

 

まあ、そのようにスーパーとかのケースだと、価格の差はそこまで大きくありませんが、マーケットが違うだけで、全く同じものでも価格差があるというのは、いわば当然の事なわけです。

 

これはもちろん、ヤフオクとアマゾンの間でも全く同じ事が言えるわけで、商品の中には、全く同じ商品にも関わらず、ヤフオクとアマゾンで価格に20%~30%程度の価格の開きがある事もあります。

 

なので、そういった商品を狙って、その価格差を利益としてゲットしていくわけですね。

 

これも、商品リサーチには慣れが必要ですが、慣れてくると意外とサクサクと稼げる商品を見つけられるようになります。

 

なぜなら、ヤフオクもアマゾンも、同じ商品同士は同じ商品画像を使っていたり、商品タイトルが酷似しているケースが多いからです。

 

ですので、慣れてくると、同じ商品同士で価格差のある商品というのも、一目でサクっと見つけられるようになっていくわけです。

 

それに慣れるまでは、多少歯を食いしばって頑張ってみて欲しいと思います。

 

まあ、資金的に若干でも余裕があるのであれば、いきなり商品リサーチツールを買ってしまった方が結果が出るのも早いんですけどね。

 

国内転売で言えば、こちらのツールとかです。

 

>サヤ取りせどらー最終バージョン

 

このツールに関して言えば、「国内ネットショップ仕入れ→アマゾン販売」という、リサーチをしづらいマーケット間の価格差のある商品を見つけ出してくれるものになります。

 

「国内ネットショップ仕入れ→アマゾン販売」も普通に稼げるやり方なのですが、ちょとリサーチが面倒というデメリットがあるんです。

 

しかし、ツールを利用すればツールが自動でリサーチをしてくれますから、ツールを使うのならば、取り組んでいく価値は十分にあると思います。

 

まあ、いずれにしろ、こういった商品リサーチツールを使う事で、リサーチが不慣れだったり苦手だったりしても、ツールが自動で稼げる商品をガンガン見つけてきてくれますので、リサーチに苦労する事はまずないはずです。

 

価格も1万円台で買えるツールがほとんどなので、そのくらいの余裕があるのであれば、最初からツールを買ってしまった方が結果が出るのが早いのは間違いありません。

 

そして、そうして国内転売を始めて、数万円でも利益を出せるようになったら、その利益を「ノウハウ」などに投資した方が、稼ぎのスピードはさらに早くなります。

 

要するに、その利益で国内転売向けの教材を購入し、その教材のノウハウ通りにビジネスを進めていくという事です。

 

なぜなら、そういった教材に記されている「すでにうまくいっている型」通りにビジネスをしていく事で、無駄な回り道や、不必要な失敗を避ける事ができるからです。

 

ちなみに、国内転売向けの教材の中でもおすすめできると感じた数少ない教材は、

 

>せどりインサイダー

>セドクエ

 

この2つになります。

 

本来ならば、転売を始める前の段階からその教材を手にしておき、ゼロからその教材通りに転売を進めるのがベストです。

 

その方が、そうする事で一切の無駄なく転売を進めていく事ができるからです。

 

しかし、どうしてもお金がないという状態であれば、まずは自力で国内転売で利益を出し、その利益を購入費用に充てるのが良いと思います。

 

そのような流れで国内転売を進めていけば、国内転売でも月収100万円といった大きな金額も十分に稼いでいく事ができますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

という事で、本日の内容は以上です。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます