転売ビジネスでは「返品(返金)保証」は付けるべきか?

 

ゆのきちです。

転売ビジネスでは、大きく分けて以下の2種類の売り手が存在します。

  • 返品(返金)保証を付けている
  • 返品(返金)保証を付けていない

これの意味するところは

「お客さんの一方的な都合でも返品に応じるような保証を付けているか否か」

あり、どちらのスタンスで転売ビジネスをしていくかは当然その人それぞれで異なるわけです。

もちろん届けた商品が「不良品」であった場合、法律的に返品に応じる必要があるわけですが、今回はそのような場合ではなくて、

『届いた商品が、なんか気に入らない・・』
『イメージと違う・・・』
『届いたけど、やっぱり不要になった』

というように、お客さんの一方的な都合に対しても、返品に応じるような保証を付けるべきなのかという事について、言及していきたいと思います。

それでは参ります。

転売ビジネスでは「返品(返金)保証」は付けるべきか?

これは結論から申し上げると「返品保証は付けるべき」というのが私の考えになります。

つまり、

『どんな理由であれ、その商品がお気に召さない場合、ご返品いただければ、商品代金を全額ご返金します』

というような保証を、あらかじめお客さんに対して掲げた上で転売ビジネスをしていくべきという事ですね。

なぜなら、そうした方が単純に「売上(利益)がアップする」からです。

というのも、転売ビジネスって基本的にネットを介して商品を販売するので、お客さんからすれば商品の実物をチェックするのが難しいという性質があります。

要するに、お客さんは購入に対して少なからず「不安」を抱えている可能性が高いという事です。

だからこそ、そういったお客さんに安心して買ってもらえるように、「返金保証」を掲げて転売ビジネスをする事で結果的に注文数(売上)が増えるわけです。

これは、マーケティングの世界では「リスクリバーサル」と呼ばれている戦略であり、顧客側のリスクを売り手側が請け負う事で、売上を伸ばす事が可能になります。

『でも、そんな事して返品が殺到したらどうするんですか?』

なんて声も聞こえてきそうですが、その心配は不要だと思います。

というのも、返品保証を取り入れたからといって、実際に返品を申し出てくる人は決して多くないからです。

返品保証を付けたところで、実際の返品率なんてたかが知れているもの

どんな種類の商品を扱っているかにもよりますが、返金保証をつけた場合の平均的な返品率としては2〜3%程度というデータもあります。私は返金保証を付けてビジネスをしていますが、確かに2〜3%程度の返品率に収まっていると言う感じです。

つまり、平均的な返品率を加味すると、せいぜい100品に2~3品程度しか返品には至らないということです。

この数字をどう見るかは、人それぞれだと思いますが、この返品率は全くもって支障ない範囲だと思います。

なぜなら実際に返品に至る件数よりも、返品保証を取り入れる事でアップする売上金額の方が、よっぽど大きいからです。

返品保証を取り入れるだけで、売上が10%~20%程度アップするのなんてザラにありますからね。

売上が10%~20%アップすれば、普段の売上額にもよりますが、返品分の金額なんて余裕でペイして、むしろ利益的にはかなりプラスに傾くはずです。

それに、もし仮に返品保証を取り入れる事で返品が殺到して赤字になってしまうくらいなら、そもそも扱っている商品に問題がある可能性が高いと考えるようにしましょう。

その場合、そのような商品でビジネスをすべきではないという事ですから、その商品は扱わない方がいいと思います。

お客さんが返品をしようと思わないような、本当に満足できる商品を提供していく事が、長い目で見てより大きな利益をもたらす事になっていくからです。

そもそもの話で、よっぽど劣悪な商品でない限り、頻繁に返品されるなんて事はまずないと思いますけどね。

というのも、私たち人間は、その商品を手にすると「保有効果」という心理効果が働いて、そのものの価値を実際よりも高く見積もろうという習性があるからです。

つまり、一度その商品を手にしてしまうと、なかなか手放そうと思わなくなるという事。

なので、よっぽどひどい商品じゃない限りは、返品が殺到するなんて事はまず起こりませんので、そのあたりはご安心ください。

それでも返品が殺到して、商売にならないくらい返品が続くようであれば、そもそもその商品は売るべきではないという事なので、そうなった時は潔く、その商品には見切りをつけるようにしましょう。

という事で、転売ビジネスの売上をアップさせるためにも、

「返品保証は付けるべき」

というのが私の意見になります。

「返金保証します」という旨を、お客さんに対して表示するだけで済む話なので、導入自体は非常に簡単かつ楽にも関わらず、その効果は絶大ですからね。

ただ、ここまでの話はあくまで「新品」の商品を転売する時の話であって、ここで一つ付け加えるならば、

中古品の転売をしているのであれば、返品保証を付けるかどうかは慎重に判断する必要がある

という事です。

中古品の転売を行う場合、返品保証を付けるかどうかの判断は慎重に。

新品の商品を転売するのであれば、返品保証を掲げる事でお客さんの不安を取り除き、売上アップに繋げる事ができるというお話をしました。

ただ、これが中古品の転売の場合、返品保証を付けるか否かは慎重に判断する必要があります。

というのも、中古品はコンディション状況一つとっても、各個人でその感じ方や捉え方が変わってくるからです。

要するに、お客さんの商品イメージと実際の商品にギャップが生まれやすくなるので、新品商品の転売に比べて、お客さんが返品を申し出てくる可能性も高くなる傾向にあるわけです。

まあ、中古品の転売でも、商品説明文にコンディションを嘘偽りなく記載し、コンディションに見合った適正な価格で販売しているのであれば、返品保証を付けても問題ないとは思います。

ただやはり、中古品を転売する際、商品説明を”盛りがち”な人ほど、安易に返品保証を付けない方が無難です。
(というよりは、そもそも商品説明を盛らずに書くべきなのですが・・・)

商品説明が実物とかけ離れているほど、当然ながらお客さんのイメージと実際の商品にギャップが生まれやすくなりますので、返品保証を付ける事による、返品が多発するリスクは必然的に高くなるからです。

あとは、どんなに商品説明を正確に書いたとしても、その商品によっては、商品コンディションを完璧に伝えるのが難しいようなケースもあります。

写真と文章だけでは、その全てを伝えきれないような商品ですね。

アンティーク商品あたりは、特にそういう商品が多い傾向にありますが、そういった場合は返品保証を付けるかどうかは、慎重に判断してみてください。

もちろん、返品を保証した方がその商品は売れやすくなるため、売上は上がる事にはなるのですが、それによって返品が多くなってしまうようでは、元も子もありませんので。

ぜひ参考にしてみてください。

という事で、ここまでが、

「転売ビジネスでは「返品(返金)保証」は付けるべきか?」

というテーマに関する私の見解でした。

返品保証を付ける事によるメリットと、そこから考えらるリスクを考慮しながら、判断していって欲しいと思います。

ちなみに私の場合、新品商品を転売する際には必ず返品保証を付けています。中古品の場合は、ケースバイケースといった感じですね。

以上参考までに。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です