ゆのきちです。

 

本日は、

 

輸入転売ビジネス外注化の第一歩。作業の依頼方法について。

 

というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

作業の外注を進めていく事を、「外注化」していくと一般的に呼びますが、その外注化の重要性に関しては、

 

以前の記事:なぜ、輸入ビジネスでは外注化が重要と言われるのか?

 

この上記の記事で詳しく解説していますので、必要に応じてご覧になって頂ければと思います。

 

そして今日は、輸入転売ビジネスで外注をしていく上で、それをどのように依頼するかについてお話をしていきます。

 

輸入転売において作業を一度も外注化した事がない人や、その経験が少ない人は、おそらく

 

外注化が重要ってのは分かったけど、そもそも誰にどうやって作業をお願いしたらいいの?

 

という疑問をお持ちになっている可能性も、少なくないと思います。

 

ですので今日は、

 

「一度も作業を外注した事がない」

「外注した経験はあるけど、その方法が合っているかが不安」

 

これらのような人でも、外注化をスムーズに進めていけるようになる事を目的とし、それを解説していきます。

 

それでは早速いってみましょう。

 

輸入転売ビジネス外注化の第一歩。作業の依頼方法について。

 

まず作業の外注の第一歩目としてどのように依頼していくかをお話しする前に、

 

誰に依頼するか

 

という点を押さえておく事が重要になってきます。

 

なぜなら、誰に依頼するかで、その依頼の方法やその進め方が大きく変わってくるからです。

 

そして、この「誰に」というのは主に、

 

・身内(友人含む)

・外部

 

この2種類に分ける事ができます。

 

ここでいう「身内」というのは、ご自身の家族や、ご自身の友人や知り合いなど、要するに普段から交流のある人の事を指します。

 

それに対して、ここでいう「外部」というのは、主に「外注先のマッチングサイト」といわれる所で募集する「外注さん」の事を指しています。

 

作業の外注を引き受けてくれる人を、この業界では主に「外注さん」と呼んでいます。

 

そして話を戻しますが、あなたが「初めて作業を外注をする」というのであれば、

 

まずは、身内の方に作業を外注する(依頼する)

 

というのがおすすめです。

 

これがなぜかと言うと、そもそも外注をするにあたり、

 

自分がしてきた作業を、相手も同じようにできるようにそれを教えていく

 

という必要があります。

 

そして、人に作業の仕方を教えるという事に慣れていない最初のうちは、思った以上にそれに苦戦する可能性が高いです。

 

ですので、まずは気易くコミュニケーションの取れる、身内の方に作業をお願いしてみて、人に作業を教える感覚をつかんでいく。

 

その流れが、外注を進めていく上でも、自然な流れになってくるからです。

 

そして、人に作業を教えたり、それを任せていく事に慣れてきた時点で、あらためて「外部」の方に作業を外注していくのがいいと思います。

 

もちろん、そのまま「身内」の方にずっと作業を外注するのもいいのです。

 

ただし、「外部」の人達の方が、より専門的なスキルや知識を持っている可能性が高く、その方が作業を外注していく上でも、有利な場合が多いです。

 

というよりも、「外注先のマッチングサイト」で外部の人を募集して作業を外注するわけですから、せっかくであればそのようなレベルの高い方を選ぶべき、というのが実際のところです。

 

そしてここまでお話をすると、

 

「でも身内に、作業を外注できる人なんていません!」

 

もしかしたらあなたがそう思ってしまう可能性も、少なからずあると思います。

 

でも、身内の方に手伝ってくれる方がいなくても安心してください。

 

実際に、ゆのきちがそうだったからです(笑)

 

作業を外注できる身内なんて居ませんでしたので、最初から見ず知らずの「外部」の人に作業を外注していました。

 

そしてその経験を踏まえ、外注を身内ではなく、外部の人にお願いするときの方法と、その”コツ”をお伝えします。

 

どのように外部の人に外注を依頼するか

 

これは、この記事の前半でもお話しましたが、

 

「外注先のマッチングサイトで募集する」

 

という形で、その作業の外注を依頼していきます。

 

外注先のマッチングサイトというのは、

 

・@SOHO

・ランサーズ

・クラウドワークス

 

このあたりが有名です。

 

そして上記の中の、どのサイトを利用して「外注さん」を募集していけば良いのか?

 

という事ですが、個人的にどれを利用しても問題ないですし、大差もないと思います。

 

これらの3つはどれも、ある程度の知名度があるサイトなので、外注さんを募集しても、それなりに人は集まりますし、それらの質もあまり変わりないからです。

 

ですので、利用してみて使いやすいと感じるサイトを利用すればいいと思います。

 

ちなみに余談ですが、ゆのきちは外注さんを募集する際、ランサーズを利用していますのでそれも参考にしてみてくださいね。

 

さて、あとは自分の好みの外注先マッチングサイトで外注さんを募集していくわけです。

 

具体的な募集の仕方は、各サイトによっても違ってきますし、それらのサイトでそれぞれ詳しく募集の仕方が解説されていますので、ここではそれを省略します。

 

ただし、外注さんを募集する上でのコツがあるので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

 

外注さんを募集する際のコツ

 

これはコツというよりかは、守っておいて欲しいポイントでもあります。

 

それが何かというと、

 

「外注さんを決める際は、必ず面接をしてから決める」

 

という事です。

 

面接といっても、必ずしも対面である必要はなく、スカイプの通話で十分です。

 

そしてなぜ面接をするかというと、実際に会話をしてみないと、

 

・相手のコミュニケーション能力

・相手の人柄

 

などが分からないからです。

 

あなたにも、「メールでやり取りしてた人が、実際に会ってみたら印象が全然違った」なんて経験は一度くらいあるのではないでしょうか?

 

文章だけのやり取りだけでなく、実際に話してみたからこそ分かる事もあるわけです。

 

そしてこの「コミュニケーション能力」や「人柄」というのは、その人との関係が長く続いていけば続いていくほど、重要になってくる要素です。

 

ですので、実際にスカイプで通話しながら、それらの要素に問題がなさそうかを判断していく事が重要なんですね。

 

そして、そのように面接までして決めた外注さんであれば、トラブルが起こる確率も低いですし、その関係性も続けやすいはずです。

 

このような理由から、外注さんを決める際は、文章だけのやり取りだけでその人を判断せず、きちんと面接をした上で決めていきましょう。

 

実際にゆのきちが外注さんを募集する時も、募集者全員とそれぞれ一回ずつ面談をし、その上で外注さんを決める事を徹底しています。

 

そうやって決めた外注さんとは、今も長く関係が続いていますし、とても良い仕事をしてくださっています。

 

ぜひ、以上を踏まえた上で、外注化を進めてみてください。

 

まとめ

・輸入転売ビジネスで作業の外注を依頼していく際、「身内」に依頼する場合と、「外部」に依頼する場合がある。

 

・外注自体が初心者の場合
→最初は「身内」の方に作業の外注を依頼し、外注するという事に慣れてきた時点で、「外部」の人に依頼していくのがおすすめ。

 

・作業の外注を「外部」に依頼する場合、「外注先のマッチングサイト」を利用する。

 

・「外注先のマッチングサイト」で有名なものは、「@SOHO」「ランサーズ」「クラウドワークス」の3点になり、そのどれを利用しても大差がないため、好みで決めて問題ない。

 

・実際に、外注先のマッチングサイトで外注さんを決める場合、必ず「面接」をして会話をしてから決める。
→スカイプでの面接で問題ない。実際に会話をしてみないと、相手のコミュニケーション能力や人柄がつかみにくいため。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が、本日の内容となります。

 

次回の記事では、今回の作業の依頼方法を学んだ上で、「数ある作業の中でも、具体的にどの作業から外注していけばいいか?」という内容で解説していきます。

 

ぜひ次回の記事も期待してください。

 

最後までお読みください、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます