ゆのきちです。

 

転売の経験を活かした情報発信講座という事で、本日は3回目の講義になります。

 

第1回:情報発信とはどんなビジネス?転売の経験を活かしてブログで稼ぐ。

第2回:転売の経験を活かし情報発信。どうやって始めるか?使うブログは?

 

前回の第2回の講座では、情報発信をするなら「ブログ」を利用して発信しましょうとお伝えしました。

 

そこで本日は、ブログで情報を発信していく際に、

 

何を発信すべきか?(どのような記事を書いていくべきか?)

 

という事を解説していく講義になります。

 

この発信していく情報の方向性を間違えると、的外れなブログ(収益を期待できないブログ)になってしまいかねません。

 

もしあなたが、転売の経験やスキルなどを活かして情報発信をしていこうと思っているなら、必見の内容です。

 

それでは早速いってみましょう。

転売からの情報発信。何を発信する?どのような記事を書くべきか?

 

これは結論からザックリ言ってしまうと、

 

価値のある情報を発信する(価値のある記事を書く)

 

という事に尽きます。

 

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

では、具体的に価値のある情報とはどういうものかというと、

 

人の悩みや疑問を解決できる情報

 

になります。

 

人は自分の悩みや疑問を解決してくれた人に対して信頼を覚えるものだからです。

 

以前の記事でもお伝えしましたが、ブログで情報を発信するのは、自分の事を信頼してくれるファンを増やすためであり、そのようなファンを増やすために必須なのが、

 

人の悩みや疑問を解決できる情報(価値のある情報)を発信する

 

というわけですね。

 

つまり、ブログには「価値のある記事」を書いていくべきなのです。

 

で、今回は転売の経験を活かして情報発信していくというコンセプトになるので、そのような情報発信をしていく場合、そのブログに書いていく記事は、

 

転売する上で起こりうる悩みや疑問を解決できる記事

 

が適切なものになります。

転売する上で起こりうる悩みや疑問とは?

 

これは挙げていけばキリがないのですが、大きく分けると以下のような感じになってきます。

 

・どうすれば今よりも稼げるようになるか?

・各種サイトの登録方法。

・どんな方法が稼げるか?

・どうやって転売を始めるか?

・どんな教材やツールがおすすめか?

 

このような感じですね。

 

転売をしていく上で起こりうる悩みや疑問は、それこそ無数にあると思いますが、どれも大元を辿れば上に挙げたどれかに含まれてきます。

 

ですので、転売の経験を活かして情報発信をしていく場合、このような悩みや疑問を解決する事を前提に考え、それに付随した情報などを逐次発信していくべきなのです。

 

そうする事で、あなたが情報を発信しているブログは価値を帯び、そこに集まったユーザーはあなたの記事を見て、

 

「このブログはためになる」

「この情報発信者は信頼できそうだ」

 

というような感情を抱き、あなたのファンになってくれるようになります。

 

ブログでの情報発信を営利目的で行う上で、そうやってあなたのファンを増やせば増やすほど、あなたは有利にビジネスを進める事ができるのです。

 

何度もお伝えしていますが、やはり信頼している人が推奨する教材やツールというのは、そうじゃない人が推奨する教材やツールよりも、買ってもらいやすいですからね。

 

そういうわけで、せっかくの転売の経験を活かして情報発信をするならば、ぜひ価値のある情報を発信していって欲しいと思います。

 

価値の与えられない情報をいくら発信しても、あなたが芸能人でない限り、そのブログからはファンが生まれる事はありません。

 

少し厳しいようですが、私たち一般人がブログなどのメディアで情報発信をする場合、その情報に価値がなければ、ビジネスの場では勝負にならないのです。

 

ぜひそのあたりを意識して情報発信をして欲しいと思います。

 

なお、ここまで、「どんな情報を発信するか?(どんな記事を書くか)」という事を解説してきましたが、それとは逆に、

 

「書いてはいけない記事」

 

というものも存在します。

 

これは特に、この転売業界の情報発信者がやってしまいがちなミスなのですが、そのような記事を書いていても、情報発信で稼げるようにはなりません。

 

では、書いてはいけない記事とは、どんな記事なのか?

 

それに関しては、ここまで少し長くなってしまいましたので、次回の講義で解説していきます。

 

次回の講義:情報発信ブログで書くべきでない記事とは?こんな記事を書いても稼げない。

 

ぜひ、次回の講義も読んでみてくださいね。

 

という事で本日は以上です。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

>情報発信ビジネス講座一覧へ

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found