BUYMA(バイマ)が副業に向いている3つの決定的な理由。

 

ゆのきちです。

 

このブログでBUYMA(バイマ)の情報を発信しているからなのか、読者の方から比較的よく頂くご質問に、

 

『BUYMAに興味があるんですが、副業でも取り組めますか?』

『BUYMA転売って副業でも稼げるのでしょうか?』

 

というものがあります。

 

つまり、「バイマでの転売は副業に向いているのか?」という類の質問なのですが、これに関する答えは、

 

「はい、向いています。というよりも、”かなり”向いています。」

 

なんですが、そんな主張をいきなり述べたところで、あまりピンとこないかもしれませんので、本日はそのBUYMA(バイマ)が「副業に向いている3つの決定的な理由」をお話ししていこうと思います。

 

BUYMA(バイマ)が副業に向いている3つの決定的な理由。

 

先ほども申し上げたように、バイマは副業に向いているため、サラリーマンの方などで忙しい方にも、非常におすすめな副業(お金の稼ぎ方)の一つです。

 

その理由はこれからお話ししていくとして、一応先にお断りしておきますが、バイマは副業に向いているからといって、決して本業に向いていないわけではありません。

 

それこそ、BUYMA(バイマ)を本業にしてガッツリ稼ぎながら生計を立てている人もいるので、バイマは本業として取り組んでも、全く問題ないビジネスという事です。

 

BUYMA →副業に向いている」というのは、そういう意味だという事を踏まえて頂いた上で、これからそのバイマが副業に向いている3の理由をお話しします。

 

で、早速ですが、その3つの理由というのが以下になります。

 

・顧客単価が高いため、労力が少なくて済む

・無在庫販売ができるため、リスクなく取り組んでいける

・成果が出るのが早いため、モチベーションを維持しやすい

 

では順番に見ていきましょう。

BUYMAが副業に向いている理由その1:顧客単価が高いため、労力が少なくて済む

 

転売のできるプラットフォーム(販路)って、何もバイマだけではなく、アマゾンやヤフオク、メルカリなどなど様々ありますが、その中でも特にバイマは顧客単価が高いんですよね。

 

というのも、基本的にBUYMA(バイマ)は海外ブランド品を扱いますから、商品単価(顧客単価)が4万円とか5万円とか当たり前なんです。

 

そうすると必然的にお客さん一人当たりの利益が1万円とか2万円になってくるので、例えば月に30万円を稼ぎたければ、月に15人~30人程度のお客さんを相手にすれば普通に達成できるラインになります。

 

しかしこれがバイマ以外のプラットフォームになると、顧客単価が2000円とか3000円とかもザラだったりするので、同じ30万円を稼ぐにも作業量がかなり多くなる傾向にあります。

 

副業で取り組むなら、やはり時間が限られているので、同じ30万円を稼ぐにも、30人のお客さんと100人のお客さんを相手にするのを比べたら、絶対に前者の方がいいわけです。

 

それこそがBUYMAが副業に向いている理由の一つ目になります。

BUYMAが副業に向いている理由その2:無在庫販売ができるため、リスクなく取り組んでいける

 

バイマは無在庫販売ができる、ほぼ唯一のプラットフォームです。

 

他のプラットフォームでは基本的に無在庫は出来ません。

 

ちなみに無在庫販売というのは、在庫を持たずに商品を出品し、注文が入ってからその商品を仕入れるビジネスモデル。

 

ですので、基本的にリスクなく販売していけるんですよね。

 

で、特に副業で転売に取り組むとなると、時間が限られているので、「いかに短い時間の中で出品数を増やしていけるか?」が一つのポイントになってきますが、もし普通の転売で「在庫リスク」と隣り合わせのようでは、そのリスクがブレーキとなり、なかなか出品数を増やしていけないという事が往々にして起こりうるもの。

 

逆に、もしそれが無在庫販売であれば、在庫リスクなど気にもかけずに、ひたすら商品数を増やしていく事が可能なわけです。

 

やはり、商品の出品数が増えれば増えるほど売れる確率が上がり、それによって稼ぎも大きくなっていきますからね。

 

ですから、副業で取り組むのであれば、その短い時間の中で「在庫リスク」がブレーキになって出品数を増やせない事が「ない」ようなBUYMA(バイマ)が副業に向いているという事です。

BUYMAが副業に向いている理由その3:成果が出るのが早いため、モチベーションを維持しやすい

 

副業で何らかのビジネスに取り組むならば、やはり「モチベーションの維持」が重要になります。

 

本業に追われて忙しい状態で副業に取り組むわけですから、その副業にモチベーションが湧かなければ、そもそも続けていく事が困難だと思うからです。

 

で、そのモチベーション維持の源泉となるのは、やはり「収入」だと思います。

 

多少、大変だと感じても、しっかりと「収入」という成果が出ていれば、何だかんだでその副業も続けていける傾向にあるはずです。

 

ただ、その収入という成果が出るのが遅ければ、モチベーションが維持できず、その副業を諦めてしまう可能性もあるわけで、つまるところ、

 

「どれだけ早く成果を出せるか?」

 

という事が非常に大切になってきます。

 

そしてBUYMA(バイマ)は、その成果の出る早さという面でも優れているわけです。

 

BUYMA自体が非常に強力な集客力を持っており、ブランド品を求めるお客さんがゴロゴロと存在するプラットフォームなので、需要のある商品を適正な価格で出品する事ができれば、その日のうちから売上が確定する事も普通にあります。

 

これがもし、アフィリエイトなどであれば、ゼロから自分で集客をしていく必要があるので、成果が出るのが半年先とか1年先とかも有り得ますから、モチベーションも維持しにくいですよね。

 

その成果の出る遅さから、アフィリエイトは初収入を得る前に諦めてしまう人が大半なので、そういった意味でも、すぐに成果を出していけるBUYMAは副業に向いているわけです。

 

まあ、BUYMA以外で言えば、ヤフオクやアマゾンもその集客力の高さから成果が出るのも早いです。

 

しかしながら、「ヤフオク/アマゾン」は無在庫販売が不可能なので、それを踏まえると、BUYMAが他のビジネスに比べても、いかに副業に向いているかがお分かり頂けるかと思います。

 

ちなみに、BUYMA(バイマ)で稼げる商品を見つける方法は、以下の記事にまとめていますので、

 

>BUYMA(バイマ)で稼げる商品のリサーチ方法

 

本日のこの記事をご覧になって、BUYMAに挑戦しようと思われた場合、ぜひそちらを参考にしてみてください。

 

という事で、本日のテーマである、

 

「BUYMA(バイマ)が副業に向いている3つの決定的な理由。」

 

は以上となります。

 

あなたのビジネス成功のきっかけになれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

>BUYMA講座一覧はこちら

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

BUYMA(バイマ)が副業に向いている3つの決定的な理由。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 吉田 より:

    副業であろうが、本業であろうが、物販を行って尚且つ利益が出ている時点で、立派な「起業」ですね。
    あとはどれだけ真剣か、で結果がかわるだけ。
    原因なくして結果はありませんものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です