ゆのきちです。

 

このブログでバイマの情報を発信しているためか、このブログの読者の方からバイマに関する質問を頂く時があります。

 

その中でも割と多いと感じた質問が、

 

『BUYMAで月に30万円稼ぐにはどうしたらいいか?』

 

というものでした。

 

月に30万円というと、独立が見えてくるラインですが、どうやらその30万円というラインを一つの目安にしてBUYMAに取り組んでいる方が多いみたいなんですね。

 

まあ、バイマは月に30万円どころか、100万円といった大きな金額も狙えるので、目の付け所は凄く良いと思いました。

 

ただ、まず30万円を稼ぐ事を目標にするにしても、どうせなら最短でそこに到達して欲しいと思います。

 

というのも、実はバイマで月収30万円を1日でも早く、そして確実に達成できるようにするためには、

 

特に意識すべき2つのポイント

 

というものがありまして、その2点にフォーカスしないと達成のスピードも遅くなってしまうんですよね。

 

本日はその部分をあなたにお伝えしたいと思い、こうして記事を書いている次第です。

 

という事で本日のお題はズバリ、

 

BUYMA(バイマ)で月収30万円。意識すべきたった2つの点とは?

 

です。

 

それでは早速いってみましょう。

 

BUYMA(バイマ)で月収30万円。意識すべきたった2つの点とは?

 

これはもう、本当にシンプルです。

 

兎にも角にも、BUYMA(バイマ)で月収30万円を稼ぎたいと思うなら、

 

1、お問い合わせを受け付けやすい環境にし、お客さんとどんどんコミュニケーションを取っていく

2、できる限り多くの商品を登録する

 

この2点を常に意識してください。

 

以前の記事:「BUYMA(バイマ)転売で稼ぐなら絶対に守るべき3つのポイント」では、バイマで稼ぐために守って欲しい3つのポイントを別に掲げていますが、そちらはあくまで「バイマで稼ぐ」という抽象的なものに対して、今回の2つの点は

 

「バイマで月収30万円稼ぐなら」

 

というように、具体的に金額にフォーカスして考えたときに、とりわけ意識して欲しいポイントになっています。

 

なぜなら、BUYMAで月収30万円というと、BUYMAの一般的な取引単価から見れば、

 

「月に30個〜40個の商品を販売するだけ」

 

であり、たかだかその程度の販売量であれば、やるべき事も、そう多くはないからです。

 

だからこそ、まずは、

 

1、お問い合わせを受け付けやすい環境にし、お客さんとどんどんコミュニケーションを取っていく

2、できる限り多くの商品を登録する

 

この2点にフォーカスして欲しいわけですね。

 

とはいえ、これだけではピンと来ないかもしれませんので、一つずつ補足していきます。

1、お問い合わせを受け付けやすい環境にし、お客さんとどんどんコミュニケーションを取っていく

お客さんからの質問やお問い合わせは歓迎すべきです。

 

そうやってコミュニケーションを積極的に取る事で、あなたに信頼が生まれ、商品を買ってもらいやすくなります。

 

「返報性の原理」といって、私たち人間は恩義を受けるとそれに報いようとする性質がありますから、頂いた問い合わせに丁寧に対応すると、お客さんはあなたに恩義を感じ、

 

『せっかく対応してくれたから、この人から購入しないと』

 

という心理状況になりやすくなり、必然と商品が売れやすくなるのです。

 

なお、お客さんからの質問やお問い合わせを迅速・丁寧に返信する事は当然の事で、まずやって欲しい事は、

 

「質問・問い合わせは大歓迎です。どんな事でも気軽にお問い合わせください」

 

という、ウェルカムな雰囲気を、商品ページやプロフィールで全面に押し出していく事です。

 

そうする事で、お客さんは問い合わせをしやすくなるので、必然的にお客さんとのコミュニケーションが増えていきます。

 

一見すると少し手間のように見えますが、他のライバルは問い合わせなどを面倒臭がって、適当な対応をしているケースが多いからこそ、しっかり対応する事で差別化になり、より稼げるようになるのです。

 

まあ、そもそも月収30万円程度であれば、先ほども申し上げたように1ヶ月に30個~40個程度の販売量でしかないので、問い合わせに対応していく時間は十分にあると思います。

 

そうやってコミュニケーションを取って、お客さんとの距離が縮まってくると、あなたから何度も買ってくれるリピーターのような人が現れるものです。

 

そうなるとシメたもので、何かある度に、

 

『○○の商品って取り扱ってますか?』

『○○を探しているんですけど、取り寄せ可能ですか?』

 

という、商品のお取り寄せリクエストみたいなものを頂くようになってきます。

 

そうなれば、あとはその商品を海外サイトから探してきて出品するだけで売れるわけですから、かなり楽です。

 

そういったお客さんが増えれば増えるほど、売上も安定してきますからね。

 

という事で、月収30万円を達成するまでは、そうやって「泥臭く地道に」ビジネスをする事も非常に重要になります。

 

もっとスマートにビジネスをしたいなら、まずはバイマで50万円でも100万円でも稼げるようになって、スキルや資金が増えてからそこで初めて、人を雇うなり、自動化するなりして涼しい顔をすればいいわけです。

 

そこに行き着くまでは、お客さん一人一人とコミュニケーションを取りながら、アナログ的な稼ぎ方を意識していきましょう。

 

その方が稼げるようのなるのは早いですからね。

 

では次です。

2、できる限り多くの商品を登録する

これはバイマで稼ぐなら基本中の基本です。

 

登録商品数は多ければ多いほど、売上アップの上では有利になります。

 

登録商品が多いという事は、それだけあなたのショップへの「入口」が増える事になりますし、お客さんの購入の選択肢も増える事になるので、全く同じ人が出品した場合、基本的には商品数が多い方が売上は大きくなるものです。

 

まあ、月収30万円を稼ぐ場合に限らず、そもそもBUYMAで稼ごうと思ったら、商品数を増やしていく事からは目を背ける事は出来ません。

 

しかしながら、これから月収30万円を目指す段階の人は特に、この「できる限り多くの商品を登録する」という事を徹底的に意識して欲しいと思います。

 

なぜなら、少し言い方は悪いですが、月収30万円を稼げていない状態であれば戦略もクソもないからです。

 

それこそ、ある一定の金額を稼げるようになれば、商品数だけでなく、ペルソナ(ターゲットの事)を意識したラインナップにしたり、まとめ買いを狙うなど、そういった戦略も必要になってきます。

 

ただし、少なくとも月収30万円を目指す段階では、

 

『余計な戦略には目も向けず、商品数を増やす事を第一に考える』

 

という事が非常に重要になってくると思います。

 

少なくとも私はそうして結果を出してきましたし、コンサル生さんにもそのように指導をし、実際に短期間で大きな結果を出しています。

 

という事で、バイマで稼ぐなら商品数を増やす事は非常に大事ではありますが、月収30万円を目指す段階では、とりわけそれを意識するようにしてください。

 

ちなみに登録商品数を増やすのであれば、その分の商品リサーチが必要になってきますが、極力そこはツールを利用してリサーチをして欲しいかなと思います。

 

>バイマスターのレビューはこちら

 

上記のツールですね。

 

その方が圧倒的にリサーチ時間の短縮になるので、圧倒的に成功するスピードが上がるからです。

 

予算的にどうしても厳しいのであれば仕方ないですが、むしろツールを使わずに主導でリサーチをするくらいなら、あえてその時間でアルバイトでも不用品販売でもしてお金を作り、その上でツールを購入してBUYMAに取り組んだ方が、絶対に効率は良いです。

 

何時間もかかるような膨大なリサーチを、本当にツール一つで数時間で終わらせる事ができますからね。

 

そのあたりも参考にしつつ、本日お伝えした2つのポイントを意識し、月収30万円を目指して欲しいと思います。

 

BUYMAは今でも非常に稼げる市場であり、正しい努力を積み重ねていけば、大きな金額を稼ぐのは難しい事ではありません。

 

ぜひ、頑張って取り組んでみてください。

 

それでは本日は以上となります。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

>BUYMA講座一覧はこちら

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます