ゆのきちです。

 

メルマガの読者さんや、輸入ビジネスを教えている私のコンサル生さんから、

 

「輸入転売ビジネスでは、コピーライティングは重要ですか?」

 

という質問を、比較的よく頂いています。

 

輸入転売ビジネスは、すでに価格がほとんど決まってしまっているものを転売するわけですが、それでも「コピーライティング」の能力次第で「その売上は変わるものなのか」という内容の質問です。

 

なお、この「輸入転売とコピーライティング」については、

 

「輸入転売 コピーライティング」

 

などのキーワードでネット検索をしても、出てくる情報が「アフィリエイトに対するコピーライティング」の情報ばかりだと思います。

 

ゆえに、この「輸入転売ビジネスとコピーライティング」についての情報を求めている人も多いのではないでしょうか。

 

ですので本日は、この「輸入転売ビジネスでコピーライティングは重要か」という内容でお話ししていきたいと思います。

 

輸入転売ビジネスで、コピーライティングは重要なのか?

 

結論からいきます。

 

輸入転売においてコピーライティングは『重要では』ありません。

 

『重要では』ないということです。

 

意外な結論でしたでしょうか?(笑)

 

ただし、そのような事を話すと、

 

「コピーライティングが重要じゃないなら、それは勉強せずに、転売のリサーチにだけ集中していけばいいのでしょうか?」

 

というツッコミが来る気がします(笑)

 

ですが、少し待ってください。

 

今から大切なことを話します。

 

準備はよろしいでしょうか?

 

 

、、、、

 

 

、、、、

 

それではいきます。

 

輸入ビジネスにて、コピーライティングは”重要”ではありません。

 

重要ではなく、”非常に重要”

 

なんです。

 

少し回答までにひねりすぎてしまいましたね(笑)

 

重要どころか、非常に重要というのが結論です。

 

では、なぜコピーライティングが輸入ビジネスにおいて「非常に重要」なのでしょうか?

 

その理由としては、

 

”コピーライティングがあなたの輸入ビジネスの「売上」をアップさせてくれるから”

 

という点に尽きると思います。

 

要するに、輸入転売ビジネスにおいても、「コピーライティングの能力」次第で、売上が変わってくるという事です。

 

そもそもコピーライティングとは、簡単に説明すると「言葉の力」です。

 

そしてその「言葉の力」で、どれだけの人に商品を買ってもらうことができるかを決めるのが「コピーライティング能力」ですね。

 

なお、一般的にはネットビジネスの中では、「コピーライティング能力が必要なのはアフィリエイト」という認識が強いと思います。

 

というよりも、グーグルなどで検索しても、「輸入転売におけるコピーライティング」の情報がほぼ皆無のため、そのように認識されてしまっているのだと思います。

 

しかし、上記でもお伝えしたように、コピーライティング能力が必要なのはアフィリエイトだけではありません。

 

輸入ビジネスにおいても、コピーライティング能力は必要です。

 

なぜなら輸入ビジネスも、結局は「商品を売る」ビジネスなので、コピーライティング能力が高ければ、より多くの人に商品を買ってもらうことができるからです。

 

また、より多くの人に商品を買ってもらえるだけでなく、コピーライティング能力を高めることで、より高い金額であなたの商品を買ってもらうことも可能です。

 

要するに、コピーライティング能力が高ければ高いほど、「より多くの人に、より高い金額」で商品を売る事が可能になるわけです。

 

そもそもモノの値段というものは、需要(欲しい人)と供給(売る人)のバランスで決まります。

 

供給(売る人)に対して、需要(欲しい人)が増えるほどモノの価格は上がっていきます。

 

そして、コピーライティング能力を高めると、その商品を「欲しい人(需要)」が増えることになります。

 

そのような事もあり、コピーライティング能力を高めることで、より高い金額で商品を買ってもらえるという事ですね。

 

したがって、輸入ビジネスで売上および利益をアップさせるためには、コピーライティングの能力は非常に重要な要素となります。

 

なお、輸入ビジネスでそのコピーライティングを活かすとすれば、「商品説明文」がその主なものとなってきます。

 

ヤフオクやネットショップ、アマゾンで輸入転売ビジネスをするにしても、「商品説明文次第」で落札率や落札価格、さらには成約率が大きく変わってきます。

 

ただし、そうは言ってもピンとこないかもしれません。

 

ですので、以下に実例を示していきます。

 

 

上記の画像はヤフオクでの落札の例です。

 

1000円~2000円くらいで買えそうなペンケースが、なんと約35000円で落札されています。

 

どうしてこの商品は、ここまで値段が吊りあがり、高い価格で売れたのでしょうか?

 

それは、

 

商品説明文にコピーライティングを活かした

 

というのが、その理由です。

 

下記が実際に商品説明文に記載されていた文章です。

 

2年前交際していた女性へのプレゼント用に購入したものです。
当時彼女は事あるごとに「学園祭の実行委員だから忙しい」と言っていたため、学園祭が終わって会えたときに渡そうと考え、9月頃に購入しておきました。
それから1月も経たないうちに彼女は学園祭実行委員で仲良くなった他の男と浮気をし、自分にはメールにてその旨の報告がありました。

当時の私は荒れに荒れ、その勢いで近所のキックボクシングジムに入会しました。
失恋によるあまりの辛さに一時は自殺も考えましたが、2年間猛練習を積みながら研究室での研究にも死に物狂いで取り組み、まさに必死に生きてきました。
そして先日、この「必死に生きてきた経験」を面接で赤裸々に語ることで、以前の自分自身では考えられないような大企業に就職が内定しました。
年末には自身の人生初となるキックボクシングの試合が控えています。

学生生活最後の年ということで、2年間トラウマとなっていた彼女の思い出を振り切り、自分自身の新時代の幕開けの第一歩とするべく、今回出品を決断しました。

この商品には私が必死に生きてきた「意志力」、そして「憎悪や悲しみを優しさに変える力」が宿っています。
我が家で飼っていたハムスターも、商品の外箱に触れただけで充電したてのヒゲ剃りのように元気になっていました。

人生に悩んでいる。許せない人がいる。過去にとらわれている。そんな方々が前に踏み出す決断をするための助けとなれば幸いです。

外見上は本革の赤いペンケースです。一切開封していませんでしたので外見は非常に綺麗ですが、数多の戦場をくぐり抜けてきたベテラン海兵隊員のような頼もしさを感じます。これが「生きる力」なのでしょうか。

-引用-

 

実はこの上記の説明文には、コピーライティングにおいて重要な要素である「ストーリー」が盛り込まれています。

 

特に輸入ビジネスにおけるコピーライティングで重要な要素は、下記の3種類です。

 

・ストーリー(なぜその商品を販売しようと思ったのか)

・ペルソナ(誰に向けて売るのか)

・ベネフィット(その商品を使うことで、どんなハッピーが得られるか)

 

この上記の3要素を適切に満たした説明文を書けるかどうか。

 

それによって、「より多くの人により高い金額で買ってもらえるかどうか」が決まるわけです。

 

今回の商品は、そのコピーライティングにおいて重要な要素である「ストーリー」をうまく利用したおかげで、ここまで入札が入り、高い価格で販売することができたんです。
(ストーリーが重要だからといって、そのストーリーに嘘をつくのはダメですよ 笑)

 

「ペルソナ」および「ベネフィット」に関しては、別の記事で解説していきます。

 

いずれにせよ、商品説明文(コピーライティング)次第でここまで販売価格が変わってくるというのは、隠しようのない事実なわけです。

 

実例で示したペンケースも、コピーライティングを生かさずに普通の説明文で出品していたら、ここまで価格は高くならなかったはずだからです。

 

ですので、あなたが輸入転売ビジネスでより多くの金額を稼ぎたいと考えているなら、コピーライティングは「超重要」であり、「必要不可欠」な存在です。

 

そして、ゆのきちの無料メルマガでは、輸入ビジネスにより特化したそのコピーライティングのスキルを、具体的に分かりやすく解説していきます。

 

あなたがもし輸入ビジネスにコピーライティングを活用して売上をアップさせたいなら、ぜひ無料で学んでみてください。

ゆのきち無料メールマガジン講座の登録はこちら

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found