ゆのきちです。

 

突然ですが、あなたは輸入ビジネスをする際、「直接取引」はされていますか?

 

ここでいう「直接取引」とは、ebay(イーベイ)や海外アマゾンの出品者から仕入れをする際、ebayやアマゾンを通さずに、出品者から直接仕入れを行う方法です。

 

そしてその直接取引のメリットは、

 

価格交渉次第では非常に安く仕入れができる

 

ということです。

 

それがなぜかというと、そもそもebayやAmazonは商品が売れると、手数料(10%前後)をそれぞれebayやAmazonに出品者が負担する必要があります。

 

ですが、あなたがもしebay(イーベイ)やAmazon(アマゾン)を通さずに出品者から直接仕入れることができれば、出品者側の手数料負担がなくなります。

 

つまり、その手数料負担がなくなった分、安くしてくれる可能性が高いからです。

 

また、海外では日本以上に「まとめ買いによる割引」に応じてくれるケースが多いので、「直接取引」でまとめ買いの交渉をする事で、非常に安く仕入れる事も可能なんです。

 

そうして直接取引をしていくと、あなたの輸入ビジネスのライバルよりも安く仕入れることができるので、有利にビジネスを進めることができます。

 

安く仕入れる事が出来れば、ライバルより安く出品しても利益がきちんと取れるからです。

 

では、どうやって出品者と直接取引をすればいいのか?

 

今日はebay(イーベイ)での直接取引の方法を解説していきます。

 

ただ、ここで注意があります。

 

ebayは規約上、直接取引を禁止しています。

 

ebay(イーベイ)内でメッセージをやり取りして直接取引をしようとすると、ebayは常にメッセージを監視していますので、見つかってしまう可能性が高いです。

 

ebayに直接取引が見つかってしまうと、最悪はアカウント停止になってしまう場合もあります。

 

ですので、ebayのメッセージを使わずに出品者にコンタクトを取る必要があるのです。

 

それを踏まえて解説していきます。

 

※今から解説する方法を使うと、ebayに見つかる可能性はまず考えられませんが、あくまで自己責任でお願いします。
なお、輸入ビジネスで大きな金額を稼いでいる上級者は、ほぼ全員が下記の方法で直接取引をしながら輸入ビジネスを進めています。(ゆのきちも同様)

 

eBay(イーベイ)の出品者と直接取引に持ち込む

上記でも書きましたが、ebay(イーベイ)内のメッセージボックスは利用できませんので、相手に直接Eメールを送る必要があります。

 

そのためには相手のメールアドレスを知る必要があります。

 

まずは以下の方法で、メールアドレスを入手してください。

 

なお、直接取引に持ち込む前提として、最低でも1度はebay上で出品者から通常通り仕入れをしてください。

 

これは、相手の信頼を得ることが目的なのと、直接取引したい相手のアドレスを知るために、一度PayPalで決済をしておく必要があるからです。

 

以下の方法は、ebayで相手から商品を購入し、PayPalで決済をすでに済ませている前提でお話しします。

 

1、ペイパルにログインし、赤枠の「取引を表示」をクリック。

 

 

2、PayPalで取引した一覧が表示されます。

「ebayで購入した商品」に該当する取引の「詳細」ボタンをクリック。

 

 

3、画面の中ほどの、「メールアドレス」の右に表示されているアドレスが相手のEメールアドレスです。

 

 

 

上記の赤枠で囲まれたアドレスに、直接Eメールでコンタクトをしてください。

 

以下にゆのきちが利用している英文を記載しますので、そのまま利用してくださって構いません。

 

Hi.
I once bought your products via ebay, and my ID was ****.

And now I’d like to buy ○○pcs of your products,

but is possible to do business directly (not via ebay)?

If you can accept the direct business with me, then I’m willing to make orders to you continuously.

Thank you for your consideration and looking forward to hearing from you soon.

Best Regards

 

(私は、以前にあなたの商品を、
****のIDにてebayで購入したものです。

あなたの商品が○○個欲しいです。

ebayを通さずに取引可能ですか?

取引可能なら、継続的にあなたから仕入れをしていくつもりです。)

 

上記の英文を送ってあげてください。

 

ここでのポイントは、「取引可能なら、継続的にあなたから仕入れをしていくつもりです。」という言葉を入れてあげることです。

 

「相手にとっての直接取引のメリット」を入れてあげた方が、応じてくれる可能性が高いからです。

 

ただし、それを書いたからといって、必ずしも継続的に仕入れる必要はありませんので安心してください。
(継続的に仕入れをしないからといって問題が発生したことは、一度もありません)

 

あくまで相手に直接取引に応じてもらうためのセールストークです。

 

そのようにメールを送った後、返信があり相手も了承すれば直接取引が成立していく事になります。

 

ただし、相手からメールが返ってこない場合もあります。

 

ですがそのような場合も、落ち込む必要はありません。

 

というよりも、メールが返ってこない場合の方が多いと考えてください。

 

メールを受信した相手からしてみても、やはり一度も会った事のない人となんらかの取引をしていくには、抵抗を感じるのが普通だと思います。

 

ですので、メールが返ってこなくても気にしない事です。

 

ただ、やはり相手からのメールの返信がある事に越した事はないので、その返信がなければ、

 

メールの件名を変えて返信があるまで同じメールを送り続ける

 

というストーカーみたいな手段?(笑)も以外に有効だったりするので、一度は試してみてください。

 

それでも返信がなければ、「自分とは縁のない取引相手だった」と割り切り、他の出品者にアタックしてみてください。

 

このように、ebayで「直接取引」に持ち込むのは簡単ではないかもしれませんが、成功した時の見返りは非常に大きいと思います。

 

上記を踏まえて、ぜひあなたも、輸入転売ビジネスで直接取引に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

なお、ゆのきちの無料メルマガでは、”直接取引の成功率をさらに高める方法”や、有利な条件で取引を進めるための必須の英文テンプレート等を無料で公開しています。

 

あなたの輸入ビジネスの成功に貢献できたら幸いです。

>ゆのきち無料メールマガジン講座の登録はこちら

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。