ゆのきちです。

 

ビジネスで稼ぐ為のノウハウや情報をブログやメルマガから学んでいると、必ずと言っていいほど目にする言葉が、

 

『成功したいなら自己投資をしましょう』

 

というものではないでしょうか?

 

自己投資というのは、自分自身に投資するという事で、例えば書籍を買ったりセミナーに出席したりと、要するに自分のスキルを伸ばすためにお金を使う事ですね。

 

私自身、他の方のブログやメルマガを読んでいても、しょっちゅうこの言葉を目にします。

 

まあ、これは複数の成功者が共通して口にしている言葉ですし、それくらい大切な事だというのは私も心から思いますが、これには少し「裏」があったりもします。

 

というのは、この「成功する為には自己投資が大切」は紛れもなく真実であり、非常に重要な考え方なのですが、同時に「洗脳」的な要素もあったりするんですよね。

 

本日はそのあたりについて、嘘偽りなくその全てを赤裸々にお話ししていきます。

「成功には自己投資が大切」は洗脳でもあり、真実でもある件。

まず、一言に洗脳と言っても、この洗脳に関しては悪いものではありませんので、そのあたりはご安心ください。

 

むしろ、受け手からすると成功のために「必須」な洗脳と言ってもいいかもしれません。

 

で、どうしてそれが成功のために必須な洗脳なのかは、これからお話をしていくとして、そもそもなぜ「成功には自己投資が大切」という言葉に洗脳的な要素があるかというと、

 

そのような主張をして、人を一種の洗脳状態にしておき、その人に教材やコンサルティングを売り込みやすい状態にする

 

という「狙い」を持って、その言葉を発している人達がいるからなんです。

 

というのは、まずここで考えて欲しいのですが、

 

『成功のためには自己投資をしましょう。それができる人が成功しています。私も自己投資は欠かさずにやってきました』

 

という類の言葉を目にする時って、どういう時でしょうか?

 

おそらく、何かしらのブログやメルマガで目にする事も多いと思うのですが、そういう言葉を発している人に限って、何かしらの「教材」や「コンサルティング」を用意していたりしませんか?

 

そうなんです。

 

つまり、そういった言葉を発している人たちは、自分が用意している教材やコンサルティングを紹介してそれを買ってもらいやすくするために、「自己投資は大切」という言葉を発していたりするわけなんですよね。

 

これはアフィリエイト等のビジネスでは「教育」と呼ばれる過程なのですが、そういった教育をあらかじめしておく事で、後々になって売り込みたい教材等を紹介した時にそれを買ってくれる確率が高くなるわけです。

 

これはもう、ある種お決まりのパターンでして、稼げる情報を発信している人のメルマガを購読してみると、ほぼこのパターンです。笑

 

そういった自己投資の重要性を説き、その後の売り込みに有利になるように繋げていくわけですね。

 

稼いでいる人が「自己投資は大切。自分もやってきた」なんて事を言っているのを目にしたら、

 

『なるほど自己投資が大切なのか。それなら自分も教材を買って自己投資をしないと』

 

という気持ちになる人も少なくはないでしょう。

 

人間って稼いでいる人(稼いでいる風な人)の意見は信じやすいですし、そもそも実際に「稼ぎたい!」と思ってそういった情報を掴みにいってるわけですから、そういった言葉を信じて行動する人が存在するのもうなずける事かと思います。

 

だからこそ、自己投資は大切という言葉には、そのような洗脳(教育)的な要素も含まれているわけなんですね。

とはいえ、自己投資が大切なのは紛れもなく事実でもある

ここまで、ちょっと裏側の部分の話をしてきましたが、「自己投資は大切」という言葉には確かにそういった都合の良い教育的な側面がある一方、成功するために本当に重要である事も事実なんです。

 

私自身、それは実感していますし、すぐに結果を出すコンサル生さんを見てきても間違いないと言えます。
(※これは教育とかそういう狙いではなくて、あくまで本音です。笑)

 

そして何より、過去の偉人もこの「自己投資」の重要性を説いているんです。

 

その偉人の一人が「ベンジャミン・フランクリン」。

 

彼は「アメリカ合衆国建国の父」とも呼ばれており、私が尊敬する偉人の一人です。

 

ただ、彼の名を口にすると、

 

『ベンジャミンフランクリン?え?それ誰ですか?』

 

という反応と、

 

『あ~、知ってる知ってる』

 

という反応に、見事に真っ二つに分かれるのですが(苦笑)、彼は本国アメリカでは知らない人は居ない程の偉人。

 

そのベンジャミンフランクリンの「偉業」は素晴らしいもので、

 

・避雷針の発明

・遠近両用メガネの発明

・ロッキングチェアーの発明

・グラスハーモニカの発明

・アメリカ初の公共図書館の設立

・アメリカ独立宣言の中心人物

・ペンシルバニア大学の創立

・印刷業での成功

・ベストセラーの著述

 

という感じで、「政治家・実業家・発明家・作家」といった数々の分野で成功を収めてきた人物です。

 

普通、彼の成し遂げた偉業の「たった一つ」でも一生涯で成し遂げる事ができれば、十分に「偉人」として語り継がれるくらいなのですが、彼はそのレベルの偉業を一生涯に何個も成し遂げてきたのです。

 

半端ない成功者ですよね。

 

そしてそんな彼が語った「自己投資」の重要性を説いた言葉は、もしかすると聞いた事があるかもしれません。

 

 

「知識に対する投資は、常に一番の利益を生み出す」

 

 

という言葉ですね。

 

この言葉はまさに「自己投資」の重要性を説いている言葉だと思います。

 

普通では考えられないくらいの成功を収めた彼が言うんですから、自己投資がどれだけ成功のために大切かという事は、もはや言うまでもないでしょう。

 

非常に説得力があるかと思います。

 

つまり、「成功のためには自己投資が大切」という言葉は紛れもなく事実と言えるわけです。

で、結局何が言いたいのか?

ここまでこの記事をお読みになると、おそらく、

 

『「自己投資が大切」というのは洗脳って言ったり真実って言ったり、結局どっちなの?何が言いたいの?』

 

と思われるかもしれませんが(苦笑)、私があなたにお伝えしたかったのは、

 

『自己投資は成功のために重要な考え方なので、むしろ洗脳されてみてください』

 

という事です。笑

 

つまり、騙されたつもりで自己投資をしてみて欲しいのです。

 

私だけでなく、他の情報発信者も「自己投資をしましょうね。」という言葉を発する事を今後も目にするかと思いますが、その発信者の狙いがなんであれ、それは事実は事実なのでそこはぜひ信じて欲しいなと思います。

 

自己投資をする事によって、その投資した以上の見返りがあるのは間違いないはずなので。

 

むしろ、自己投資というのは、そういう見返りがあるものを自らで見極めて投資していく事こそが本当の自己投資です。

 

で、そういったものを見極めるためにも、色々な情報に触れ、インプットしたらアウトプット(行動)する事が重要です。

 

そうしていく事で、自ずと正しい情報を取捨選択できるようなスキルが付いていくものなので。

 

という事で、少し長くなってしまいましたが、最終的な結論としては、

 

成功したいならどんどん自己投資しましょう

 

という事になります。

 

その言葉を発信している人の狙いがなんであれば、自己投資をして、自分のスキルを高めるためにお金を使う事は、成功するために非常に重要な事ですからね。

 

それは、かの大成功者「ベンジャミンフランクリン」もハッキリと説いている事なので、やはり成功のために自己投資が重要なのは紛れもなく真実です。

 

以上、参考にしてみてください。

 

本日の内容はここまでとなります。

 

あなたのビジネス成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。