ゆのきちです。

 

前回の記事「成功の為の秘訣はズバリ、「代価の支払い」である。」では、成功するために代価を支払う事が重要だと解説しました。

 

で、ちょうど先日の事なのですが、その「代価の支払い」と非常に関連の深い成功哲学を、あの歌手のGACKT(ガクト)さんがとあるテレビ番組でお話しされていました。

 

私はそのテレビを観て、

 

『ガクトさん、やっぱり凄いな』

 

と感じたと同時に、やはり成功のためには「代価の支払い」が重要だと再認識しましたので、本日はその辺りの話をしていきます。

あのGACKT(ガクト)さんから学ぶ、ビジネスの成功哲学

 

GACKTさんが出演されていたテレビ番組というのが、「TOKIOカケル」という番組だったのですが、その番組内で、あの人気グループ「TOKIO」のメンバーからGACKTさんが様々な質問を受け、それに対してGACKTさんがトークを繰り広げていくというものでした。

 

で、その番組内でのGACKTさんが発したトークの中に、まさに彼の成功哲学が隠れていたのです。

 

それがどういうものだったかというと、彼はこう言いました。

 

『僕、米を食べてないんですよ。もう17年、18年くらい食べてないんですよ。死ぬほど好きなんですよ、米が』

 

実はGACKTさん、お米を17~18年ほど断(た)っていたとの事。

 

そしてその理由こそが、ビジネスにも当てはまる成功哲学だったのです。

 

というのは、お米を食べていない理由を彼は、

 

『音楽の世界で成功するのってそんなに簡単な事じゃないと思ったので、好きなものを置いていかないと成功なんて手に入らないと思ったんです』

 

このような事を語っています。

 

これって、まさに前回の記事「成功の為の秘訣はズバリ、「代価の支払い」である。」でお伝えしていた「代価の支払い」そのままですね。

 

ビジネスで成功するためには代価を支払う(何かを犠牲にする)事が重要だと解説しましたが、まさにこれと同じ事をGACKTさんは地で行っているわけです。

 

GACKTさんは成功のための代価として「お米」を捧げたんですね。

 

彼はとにかくお米が大好きだったそうですから、それは相当大きな代価を支払った事になると思いますが、それが成功のために大切だという事を直感というか本能で理解していたのではないでしょうか。

 

そのくらいの代価を差し出せるのも凄いですし、何よりそのような行為が成功に繋がっていくと本能的に理解されていた事に対して凄いなと思いました。

 

実際、音楽業界でGACKTさんが成功を掴んでいるのは、誰もが認める事だと思いますし。

 

ただ、彼自身はその番組の中で、

 

『いや、まだ自分は成功していないです』

 

というような事を話していましたが、その謙虚なところもまた素晴らしいですよね。

 

謙虚である事も成功するために大切な事の一つだと実感しました。

 

という事で、最終的に私がこの記事で何が言いたいかというと、

 

「やはり成功したいなら何らかの代価を支払うべき」

 

という事です。

 

この成功哲学は私のメンターも言っていた事ですし、音楽業界で成功されているGACKTさんも実際にそうしていますからね。

 

という事で、本日の内容は以上となります。

 

あなたのビジネス成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。