ゆのきちです。

 

ネットビジネスだけでなく、何かの分野で成功したいなら

 

「努力」

 

というものが必要不可欠という事は、ご理解頂けると思います。

 

努力もせずに成功できるのは、100万人に1人くらいのレベルの天才だけだと思うので、大半の人は努力する事が成功の為に絶対に必要なんですね。

 

しかし、ここで注意しておきたいのが、ただ闇雲に「努力」するだけではなく、

 

”正しい努力”をする事

 

が非常に重要になってくるという事です。

 

”間違った努力”をしていても、決して結果に結びつきませんし、努力に費やした時間が無駄になり兼ねません。

 

という事で、本日は「ネットビジネス成功における正しい努力」についてお話を進めていきます。

 

ネットビジネス成功の為の正しい努力とは?間違った努力は裏切る。

 

まずそもそもの話で、

 

”正しい努力”と”間違った努力”はどう違うのか?

 

という事を、この段階で疑問に思われているかもしれませんが、ちょうどそれを説明するのに最適な言葉がありましたので、ご紹介します。

 

あの野球のメジャーリーグで活躍している「ダルビッシュ有投手」がツイッターでツイートした言葉なのですが、

 

練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ。

 

というものです。

 

ダルビッシュ有投手は「練習」と表現していますが、これを「努力」と置き換えてみると、正しい努力と間違った努力の違いがお分かりになるのではないでしょうか。

 

要するに、

 

正しい努力=頭を使って努力の仕方を考え、「ベクトル(方向性)」の合っている努力をする

間違った努力=頭を使わず、努力の仕方を考える事もなく、ただひたすら闇雲に努力する

 

という事が、私がここで言う「正しい努力」「間違った努力」の違いになってきます。

 

ただ何となくで努力して、「努力した気」になっても、実際は意味がないという事です。

 

間違った努力をしていても、その努力は普通に嘘をつく(裏切る)わけですね。

 

厳しいようですが、紛れもなくそれは事実だと思います。

 

ですから、ネットビジネスで成功したいのであれば、「やり方の合っている最適な努力(=正しい努力)」をしっかりと積み重ねていかなければなりません。

 

努力のやり方が違っていると、ベクトル自体がズレているわけですから、ズレたベクトルでいくら最短で突き進んでも、望んだ結果にはたどり着きませんよね?

 

むしろ、間違った努力では、努力すればするほど「勢いよく」、望んだ結果とは「逆方向」に進んでいく事になってしまいます。

 

何とも恐ろしい事です。

 

で、このネットビジネスの業界を見ていると、その間違った努力をしている人が非常に多いように見受けられます。

 

「ネットビジネスで月に5000円以上稼げているのは、全体のわずか5%」

 

というデータが出ているのも普通に頷けます。

 

やはり、正しい努力をしなければ結果に結びつかないという事です。

ネットビジネスで成功するためにはどんな努力をすればいいのか?

 

ネットビジネスで成功するためには正しい努力が必要不可欠だとお伝えしていますが、

 

「具体的にどんな努力をすればいいのか?」

 

という事が気になっていると思います。

 

で、この答えはシンプルで、

 

・正しいノウハウを学び、そのノウハウ通りに続ける(自己流でやらない)

・「もうダメだ」からが本当の努力と自覚し、少しずつ無理を重ねていく

 

この2つですね。

 

ちょっとこれらを補足していきます。

正しいノウハウを学び、そのノウハウ通りに続ける(自己流でやらない)

 

当然ですが取り組むノウハウが間違っていれば、いくら本気で努力しても、まず結果が出る事はありません。

 

むしろその努力が本気であればあるほど、間違った方向により早く進んでしまう事になってしまうのです。

 

特に「自己流」でネットビジネスをされている方は要注意ですね。

 

というよりも、自己流だけでネットビジネスをして成功している人を見かけた事がありません。

 

なかなか結果の出ない人というのは、今までやってきた方法がズレているからこそ、そういう結果が生まれているのです。

 

したがって、その結果の出ない頭でひねり出した「自己流」のやり方というのは、やはり結果の生まれないものになるのは、火を見るよりも明らかでしょう。

 

だからこそ、「正しいノウハウ」を学ぶ事が大切なわけです。

 

じゃあ、その正しいノウハウをどうやって学ぶかというと、やはりその道で結果を出している人のブログやメルマガを購読したり、その人が推奨している教材を読み込む事です。

 

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

そうやって正しいノウハウを学ぶ事ができれば、「ベクトル」は成功の方に向くわけですから、あとは一心不乱に努力を重ねていくだけですね。

 

方向性(ベクトル)は合っているので、努力をすればするだけ成功に近づきますから、正しいノウハウを学ぶという事は、精神的にもだいぶ楽ですよね。

 

これがもし、自己流で取り組む場合、ベクトルがズレている事がほとんどですし、仮にそれが合っていたとしても、

 

「この方法で進めていっても成功できるのだろうか?」

 

という、ある種の迷いは常に付きまとうわけですから、いずれにしろ効率は歩いです。

 

そのため、やはりメルマガやブログ、教材などでしっかりと正しいノウハウを学び、ベクトルを合わせた上でビジネスに取り組むようにしましょう。

「もうダメだ」からが本当の努力と自覚し、少しずつ無理を重ねていく

 

これは少し、「根性論」と感じるかもしれませんが、努力していく上でぜひ心掛けて欲しい事になります。

 

例えば「筋トレ」でもそうなんですが、筋肉も自分の限界を少し超えた負荷をかけてあげる事で筋繊維が傷つき、その筋繊維が成長ホルモンの分泌によって修復される事で、以前よりも少しだけ太く再生されるものなんです。

 

ビジネスもそれと全く同じで、自分が「もうダメだ」と思うところから、ほんの少しだけでもいいので、さらに一歩努力する事で、以前よりも能力がアップするわけです。

 

転売ビジネスであれば、商品リサーチに取り組むのが2時間が限界であれば、もう10分だけ伸ばして、無理して2時間10分リサーチしてみる。

 

アフィリエイトであれば、1日2記事で限界だったところを、無視して3記事書くようにしてみる。

 

こういった感じですね。

 

ほんの少しでいいので、限界に達したところでさらに「プラスオン」してみてください。

 

そのような積み重ねが、どんどん自分を成長させていきます。

 

要するに、「基準値」を上げましょうという事なんですね。

 

「もうダメだ」と感じたところから、少し無理をして一歩努力する事で、次回からはもう、そのラインが「無理ではなくなる」わけですよ。

 

人間の体はその負荷に「慣れる」ように出来ていますから、最初は無理と感じても、少しだけ限界をはみ出した負荷をかけていく事で、その負荷に慣れ、

 

「無理じゃないラインの基準値」

 

が、どんどん上がっていく事になります。

 

まあ、ここまでこんな話をすると、

 

「思いっきり根性論じゃねえかよ」

 

なんて思われるかもしれませんが、この努力の方法が正しい事は、心理学の教授による研究でも証明されています。

 

フロリダ州立大学の心理学教授である「アンダース・エリクソン」の研究によると、音楽やスポーツなどの各分野で突出した成功を収めている人々の共通点を探ったところ、

 

「練習時に、自分の限界を少しだけはみ出す負荷をかける」

 

という事を、長年続けてきたという結果が出てきたそうです。

 

エリクソン教授は、それを「限界的練習(deliberate practice)」と名付けたのですが、この限界的練習こそが、成功するための「正しい努力」だったわけです。

 

以上のような事から、やはり「もうダメだ」となってから、いかに努力を重ねる事ができるかが、非常に重要になってきます。

 

この努力の方法はビジネスにも共通してくるものなので、ぜひ参考にしてみて欲しいと思います。

 

成功したいなら、多少歯を食いしばる場面は絶対に必要なわけですね。

 

という事で、以上が本日の内容になります。

 

日々のビジネスに活かしてみてください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found