ゆのきちです。

 

本日お話ししていく内容は、

 

「転売ビジネスで失敗した時の、気持ちの上手な切り替え方」

 

についてです。

 

転売ビジネスは、基本的にはしっかりとリサーチをし、「この商品なら儲かるだろう」という確証があって仕入れに踏み切るものですが、ビジネスである以上、やはり失敗してしまう時もあるわけです。

 

ここでいう、転売における失敗というのは、

 

「仕入れた商品が赤字になってしまう」

 

という事なのですが、失敗して赤字を出してしまうと、モチベーションが下がってしまったり、ネガティブな気分になってしまう事もあると思います。

 

ただ、いつまでもその失敗を引きずってしまっていては、ビジネスにも影響が出てしまうため、そんな時の「気持ちの上手な切り替え方」というのをお話ししていこうと思います。

転売ビジネスで失敗した時の、気持ちの上手な切り替え方。

 

これはあくまで「気持ちの切り替え方」になるので、それこそ、その方法というのは人それぞれのはずです。

 

しかし、私がコンサル生さんを指導してきた経験や、私の実際のビジネス経験を踏まえた上でお話しすると、

 

1、失敗した時は、”上手くいかない方法”を知る事ができたと考える

2、どんなベテランでも、百発百中はあり得ないという事実を認識する

 

この2つの方法が、失敗から気持ちを切り替えるには特に有効だと感じています。

 

そのため、この2つの方法を、私の考える「転売で失敗した時の、気持ちの上手な切り替え方」としてご紹介させて頂くと共に、これら2つを補足していきたいと思います。

1、失敗した時は、”上手くいかない方法”を知る事ができたと考える

 

転売で赤字を出してしまうと、

 

「失敗してしまった・・・」

 

という風に、ネガティブな感情になりがちだと思いますが、失敗ってその捉え方によっては、ポジティブに考える事もできるわけです。

 

つまり、

 

「失敗=上手くいかない方法を知る事ができた」

 

という事ですね。

 

転売で赤字を出してしまったという事は、

 

「その商品は赤字になる」

 

という事実を知る事ができたという事になるわけですから、更にそれを深く掘り下げて分析していくと、

 

「どういうリサーチをして、どういう商品を仕入れると失敗してしまうのか」

 

という事を知る事ができます。

 

そういった「上手くいかない方法」を知っている事という事は、裏を返すと、「上手くいく方法」を知っているという事でもあるんです。

 

”上手くいかない方法”の逆の事をすれば、それが”上手くいく方法”なわけですからね。

 

このように、「上手くいかない方法」の引き出しが多ければ多いほど、成功確率が上がりますから、失敗したのなら、それはそれでプラスに捉えるべきだと思います。

 

失敗からはたくさんの事を学べますからね。

 

そのため、転売で赤字を出したからといって、いつまでも落ち込んでいるんじゃなく、

 

「上手くいかない方法を知る事ができた」

 

と考えるようにしましょう。

 

それだけで、気持ち的にもかなり楽になってくるはずですよ。

 

なお、失敗した時は、その原因をしっかりと分析するようにしてください。

 

失敗の原因をしっかりと分析すれば、その「上手くいかない方法」について、より明確に知る事ができますので、より次に活きるようになるからです。

 

では次に映ります。

2、どんなベテランでも、百発百中はあり得ないという事実を認識する

 

転売ビジネスって、どんなに経験を積んだベテランの人でも、百発百中って事はまずあり得ません。

 

どんなに念密にリサーチをして、細心の注意を払って仕入れをしたとしても、その商品が100個中100個、その全てで黒字を出せるかというと、まず無理というのが現実です。

 

だからこそ、特にまだ転売経験の浅い人なんかは、仕入れた商品が赤字になったからといって、いちいちヘコむ必要なんて、全くないわけです。

 

ベテランの人ですら、時には赤字が避けられないわけですから、経験が浅い人であればあるほど、赤字なんてしょっちゅう起こり得る事ですからね。

 

結局、仕入れた商品が”トータル”で黒字になっているのであれば、それはビジネスとしては”成功”なんです。

 

ですから、失敗(赤字を出した)としても、それをいちいち気にせず、

 

「どんなベテランでも赤字を出す事はあるんだから、ある意味こうなるのも当然だ。他の商品でこの赤字分を挽回しよう。」

 

と考える事ができれば、気持ちはかなり楽になってくると思います。

 

私もこうして転売ビジネスを教える立場なのにも関わらず、仕入れた商品が赤字になる事だって、時にはありますからね。

 

そういうわけで、あなたがもし転売で失敗してしまい、それでモチベーションが下がっていたり、ネガティブな気分になっていたとしても、そんなの気にする必要はありません。

 

あなたがどんなにレベルを上げていったとしても、転売をやっていく以上、失敗とは付き合い続けていく必要があるわけなので、転売はそういうものだと割り切ってしまう事です。

 

失敗した事に落ち込む時間があるくらいなら、その時間を次の行動に充てた方が、よっぽど建設的ですからね。

 

以上、ぜひ参考にしてみてください。

 

という事で、ここまでが、

 

「転売ビジネスで失敗した時の、気持ちの上手な切り替え方」

 

に関するお話になります。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found