あなたが輸入転売で結果を出すためには、”正しい”マインドセットが必要不可欠だという事を前回の記事で説明しました。

 

前回の記事はこちら→輸入ビジネスとマインドセットの深い関係

 

では、輸入ビジネスで稼いでいく場合、具体的にどのようなマインドセットをすれば良いのか?

 

実はゆのきちが輸入ビジネスで借金まみれの状態から月収200万円を達成するまでに、絶対に心がけていたマインドセットが3つあります。

 

そしてその3つのマインドセットこそが、数ある正しいマインドセットの中でも、特に重要なマインドセットになってくるわけです。

 

ですので本日はその3つのマインドセットのうち、最初の1つ目を話します。

 

マインドセット其の一:「行動する」

 

はい、行動することがとても重要です。

 

「え?当たり前過ぎませんか?」

 

確かに当たり前なのですが、実はこれが出来てない人がほとんどだったりします。

 

そして、いくら輸入ビジネスで成功したいと思っていても、”行動しない人”は絶対に稼げません。

 

ここでいう「行動しない人」というのは、「怖くて一歩目すら踏み出せない」という人ではありません。

 

「考えすぎて結局行動しない人」のことです。

 

「怖くて一歩目すら踏み出せない」という人がどのように行動するかは、今後説明しますので今回は省略します。

 

そして輸入ビジネスに限らず、「考えすぎて結局行動しない人」は共通して稼げていません。

 

考えすぎてしまう原因として、インターネットが発達し”世の中に様々な情報が溢れかえってしまっている”という事が第一に挙げられます。

 

つまり、色々な情報に踊らされ考えすぎてしまうことで、結局のところ行動できなくなってしまうというわけです。

 

行動できないのですから、当然ですが稼げないということです。

 

少し掘り下げて説明すると、下記のような流れになっています。

 

稼ぎたい!

でもどうしたら稼げるんだろう?

よし、よく分からないからネットで検索だ!

ネガティブな情報を見つけてしまう(リスクがあるだとか、失敗するとこうなるとか)

不安な気持ちを解消するため、さらにネットを深堀り

ネガティブな情報も、真偽の不明な情報もたくさん知りすぎる

何が正しい答えか分からず、行動しなくなる

↓

行動しないから、当然稼ぐこともできない

 

 

人間の脳は現状の変化を拒むようにできていますから、何か行動を開始するといつも以上にネガティブな言葉に反応してしまいます。

 

そして考えすぎて行き詰まり、行動しなくなる。

 

本当かどうかさえ分からない情報に操られているのです。

 

確かに、行動する前は色々と調べたくなる気持ちは良く分かります。

 

私も以前はそうでした。

 

ただし調べすぎた結果行動できなくなってしまったら、稼ぐことは当然ながら出来ません。

 

では、そのような場合はどう解決したらいいのでしょうか?

 

そのような場合は、「動きながら考える」ことを意識する事が有効です。

 

例を交えて説明していきますね。

 

例えばあなたが輸入ビジネスで商品をリサーチしているときに、「A」という儲かりそうな商品を見つけたとします。

 

「どうしよう。Aを仕入れるべきか?Aを仕入れないべきか?」

 

当然そう迷うと思います。

 

過去の自分の経験や、リサーチ結果に当てはめて、それを仕入れるべきか考えているはずです。

 

これで儲かる見込み0%と分かったら、「A」は仕入れるべきではありません。

 

では儲かる確率が50%だった場合どうするか?

 

この場合は仕入れてみる(行動する)べきなんです。
(あくまで儲かる確率が50%はあると判断した場合です。0%で仕入れるのは行動ではなく、ギャンブルと呼びます)

 

ではなぜこの時点で”仕入れという行動”を起こすべきなのでしょうか?

 

それをご説明します。

 

まず、ここで仕入れた商品で利益が出た場合です。

 

利益が出ているわけですから、それは当然成功です。

 

利益も手に入りますし、儲かる商品リストに加えることだってできます。

 

では、仕入れた商品が”赤字”もしくは”利益がプラスマイナスゼロ”だった場合です。

 

これは失敗と呼べるのでしょうか?

 

いえ、失敗ではありません。

 

むしろ、「上手くいかない方法を実体験で知ること」に成功しています。

 

つまり、仮に利益が出なかった場合でも、”利益が出なかった原因を考えること”により、”うまくいかない方法を知ることができているのです。

 

”結果がどっちに転ぼうが、行動した時点で勝ち”というわけです。

 

行動したら”勝ち”です。

 

赤字でも”勝ち”です。

 

”上手くいかない方法を知ることができた”わけですから。

 

もしここで行動(仕入れ)をしていなかったとしたら、それは何も生み出していないので”負け”だと思ってください。

 

考えることに費やした時間がそのままマイナスになるからです。

 

またそれだけでなく、考えすぎて何もしないのは、「上手いく方法」も「上手くいかない方法」も”どちらも知ることができない”ので、行動しないのは非常に損なのです。

 

なぜならビジネスにおいて、「上手くいく方法を知る」ことも勿論大切ですが、「上手くいかない方法を知る」ことも同じくらい大切だからです。

 

「上手くいかない方法を知る」ということは、”上手くいく方法に巡り合う可能性が上がる”という事につながります。

 

輸入ビジネスもそうなのですが、”上手くいくこと”より”上手くいかないこと”のほうがビジネスでは圧倒的に多いです。

 

そして最初から上手くいく方法を知ろうとしても、一回目で上手くいく方法を知れる可能性は極めて低いわけです。

 

ただし行動を重ね、”上手くいかない方法”を一つずつ知ることを積み重ねていったら?

 

行動すればするほど、”上手くいく方法”しか残らなくなっていきます。

 

つまり「上手くいかない方法を知る」ことを繰り返すことで、上手くいく方法しか残らなくなるので、上手くいく方法に巡り合う可能性が上がるというわけです。

 

別の言い方で例えるなら、

 

行動する事によって、”上手くいかない方法”をひとつずつ消去法で消していく

 

ということです。

 

「”上手くいかない方法一覧”に、順番にレ点をつけてそれを消していくんだ」とイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

”上手くいかない方法”に全部レ点を付けてしまったら、嫌でも”上手くいく方法”にレ点を付けるしかありません。

 

つまり行動した分だけ、輸入転売で上手くいく方法にめぐりあうスピードが早くなるわけです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

ピンときていない可能性もあると思いますので、くじ引きを例に出してご説明します。

 

10個のうちに1つだけ当たりが入っているくじ引きがあるとします。

 

あなたは10回引くことができます。

 

そのような場面なら、あなたは考えることなく手当たり次第にくじを引いていくと思います。

 

ビジネスも全く同じなのです。

 

”くじを引けば引くだけ(行動すればするだけ)”、”当たり(上手くいく方法)”を引くスピードが早くなります。

 

人が5回もくじを引いてるときに、考えすぎて1回しかくじを引かない場合を比べた時に、どちらが当たりを引く可能性は高いでしょうか?

 

考えればお分かりいただけると思います。

 

でも安心してください。

 

ビジネスではずれを引いた(上手くいかなかった)からといって、死ぬわけではありませんから(笑)

 

これは仕入れだけじゃなく、輸入ビジネス全般に言えることです。

 

気になる輸入のセミナーや輸入転売の情報商材があった場合。

 

当然、セミナーや情報商材は無料ではないので、購入すべきか迷いますよね。

 

こんな時もとりあえず行動してみるべきです。

 

もしその輸入ノウハウで上手くいったとしたら、利益も出ているので文句なしに大成功です。

 

ではその輸入ノウハウで結果が出なかった場合。

 

この場合でも、輸入セミナーや輸入の教材に払った金額は決して無駄にはなりません。

 

むしろ、「そのノウハウは上手くいかない」という事実を知ることがでるわけです。

 

そんな時は、上手くいかない方法一覧に、レ点のチェックを入れてしまいしょう(笑)

 

これでまた一つ、”輸入ビジネスで上手くいく方法”にレ点をチェックできる可能性が上がりましたね。

 

迷ったらGO。

 

まずは行動してから考える。

 

行動しながら考えていく。

 

動きながら考えるというのはそういうことです。

 

ぜひあなたの輸入ビジネスの参考にしてみてください。

 

次回は、ゆのきちが月収200万円を達成した際に必ず心がけていたマインドセットの残りを話していきます。

 

どうぞお楽しみに。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found