ゆのきちです。

 

以前の記事で、ゆのきちが借金まみれの状態から月収200万円を”たった1年”で達成した際に、必ず心がけていた”3つのマインドセット”の一つ目をお話ししました。

 

以前の記事はこちら:輸入ビジネスで稼ぐためのマインドセット~其の一

 

今回お話ししていくのは、その3つのマインドセットの二つ目です。

 

それではいきます。

 

マインドセット其の二:「上手くいかなくても全て”自分のせい”と考える」

 

この考え方はビジネスで成功していく為に非常に重要です。

 

たくさんのビジネスマンやコンサル生さんを見てきていますが、”結果が出ない人”は例外なく共通して、結果が出ない理由や上手くいかない理由を”他人のせい”にしています。

 

給料が低いのは会社のせい(サラリーマンの場合)

稼げないのはノウハウが悪いせい

頭が悪いのは(自分を産んだ)親のせい

 

などなど。。

 

挙げければキリがないですが、このような考え方をしている内はいつまでたっても結果は出ませんし、ビジネスで成功する事もありません。

 

あなたが輸入転売ビジネスに限らずビジネスで成功したいなら、”物事が上手くいかなくても全て自分のせい”と考えましょう。

 

少し言い方は厳しいですが、

 

給料が低いのは、紛れもなく自分のせいです

→給料が低いと嘆いているのに”その会社に居続ける”という選択を、他の誰でもなく”自分自身が決めている”からです。

法律で転職が禁止されているわけでもないのに、転職という道を選ばない自分や、そのための努力をしていない自分のせいなのです。

 

稼げないのは、紛れもなく自分のせいです

→稼げないのはノウハウのせいではありません。確かに稼げないノウハウは山ほど存在しますが、その稼げないノウハウを選んでしまった自分のせいです。

そもそもビジネスで成功するために必要な要素として、「正しい情報を取捨選択する」というものがあります。

ただしいノウハウを選ぶことができなかったのですから、ノウハウのせいにする時間があるなら、”正しい情報を取捨選択できる自分になる努力”をしましょう。

もしくは、そのノウハウは正しいにも関わらず、自分のやり方が間違っているから稼げないだけです。

いずれにしろ、稼げていないのは自分のせいとなります。

 

(今現在で)頭が悪いのは、紛れもなく自分のせいです

→確かに生まれつきの頭の良し悪しは多少あります。

ただし、努力次第で頭はいくらでも良くなります。今現在の時点で頭が悪いと感じているようであれば、自分自身の努力が足りないだけです。つまり”努力しないという選択を選んだ自分のせい”なのです。

 

成功者と呼ばれる方や、ビジネスを始めてすぐに結果を出す事ができた優秀なビジネスマンともたくさんお会いしていますが、そのような人々は共通して、”上手くいかなくても全て自分のせい”という考え方を徹底しています。

 

つまり、上手くいかなくてもそれを全て自分のせいにすることが出来たなら、あなたは間違いなく成功できます。

 

ではどうしてそのような考えが成功につながるのでしょうか?

 

それを解説していきます。

 

上手くいかないことを自分のせいにすることで成功につながる理由

 

一言で言うと、「主体的な行動を取れるようになる」からです。

 

主体的な行動を取れるということは、自分の人生を全て自分自身の意志で主体的に決めていくことができます。

 

つまり、”上手くいかないことも自分で決めたこと”(自分のせい)と受け入れて行動することで、”上手くいくことも自分で決められる”ということです。

 

普段から上手くいかないことを他人のせいにしていたら、「何でも他人のせいにしてしまう癖」がつきます。

 

そうすると、”上手くいくことも他人次第”の人生が待ち受けています。

 

これは主体的ではなく、他人に依存している(全てが他人次第)という人生です。

 

成功すら他人に依存する(成功は他人のさじ加減次第)という恐ろしい人生ですね。

 

あなたがビジネスで成功したいなら、「上手くいってないのは自分のせいなんだ」と、これからの人生全てで正直に受け入れて行動するべきです。

 

そうすることで人生の全ての行動の選択権は自分になるわけですから、成功も自分自身で選択できるようになっていきます。

 

自分を変えられるのは、自分だけです。

 

他人を変えることは実は想像以上に難しいです。

 

ですから、まず変えるべきは自分自身であり、自分自身が変われば他の環境も必ず変わってきます。

 

上手くいかないことを何でも他人のせいにしようとするのは、「自分を変えようとする意志がない」という考えの裏返しでもあります。

 

一つ例をあげてみます。

 

例えば、「将来お金持ちになりたい」と考えている人が2人いるとします。

 

そしてその人たちがそれぞれ、身動きも取れないほどの満員電車に乗り込んでしまったとします。

 

将来お金持ちになれない人(成功できない人)はこう考えます。

「どいつもこいつも邪魔だなあ。誰か早く降りてくれないかな。こいつらのせいで俺のカバンが潰れてしまう。」

 

それに対して、将来お金持ちになれる人(成功できる人)はこう考えます。

「すごい満員だなあ。カバンもつぶれそう。でも、そもそも満員電車に乗らないといけない自分が悪いんだよな。俺がお金持ちだったら満員電車なんか乗らないで、運転手付きの高級車に乗っているわけだし。それならお金持ちになればいいだけか。よし頑張ろう♪」

 

成功できる人と成功できない人では、考え方が違うのです。

 

そしてこの考えが、天と地ほど違うというのはご理解いただけますか?

 

成功できない人は目の前の不都合も「他人のせい」にしているので、自分は一切変わろうとしません。

 

満員電車の人数(他人)なんか変えられるわけがないのに、です。

 

それに対して成功できる人は、考えが主体的です。

 

満員電車に乗り込んでカバンもつぶされそうになっている状況も全て「自分のせい」と考えることができています。

 

それによって主体的な行動(お金持ちになるための努力)を取ろうとしており、自分自身が変わるための努力をしています。

 

物事を「他人のせい」と「自分のせい」にするのでは、そこから発生する行動に天と地ほどの差があるのです。

 

一つの出来事ですら考え方の違いで天と地ほどの行動の違いが生まれてくるのですから、これを5年や10年という長い目で捉えた場合、その差はものすごいことになります。

 

上手くいかないことを自分のせいにするだけで、全ての行動が「自分が変わろう」という主体的で前向きなものになっていくので、その行動の積み重ねが結果的に成功につながるのです。

 

ゆのきちも以前までは、「他人のせい」にばかりしていました。

 

だから1回目の起業で失敗(プロフィールにも記載)したんだなと、今になって振り返るとそう感じています。

 

ゆのきちはとあるメンターに「上手くいかないことは全て自分のせいにしなさい」という教えを授かり、それを忠実に守り始めた時から人生が大きく好転しました。

 

ただし最初からその考えに忠実だったわけではありません。

 

なぜなら、「上手くいかないことは全て自分のせい」という考え方自体が、ビジネスを教える側を擁護するためだけのマインドセットじゃないかという疑いを持っていたからです。

 

どういう事かと言うと、

 

「ビジネスを教える側(コンサルタント)の人からしたら、その考えをコンサル生が忠実に守ってくれるように教育(洗脳)さえしておけば、仮にコンサルタント側の教材や指導に問題があったとしても、非難を受けないようにできる」

 

そうやって自分たちを守るために、「全て自分のせいにしなさい」といかにも「それっぽく」マインドセットを教えていたんじゃないかと疑っていたんです。

 

でも、実際にそのマインドセットを守り、見える世界や結果が見違えるように変わっていたのをきっかけに、本当に正しいマインドセットなんだなと確信するようになりました。

 

具体的な結果としては、輸入転売ビジネスを開始して”たった1年”で月収200万円を達成し、今ではお金だけでなく時間の自由も手に入れることができています。

 

これはゆのきちが編み出した輸入転売ビジネスのノウハウのおかげもあるかもしれませんが、このマインドセットを守ったからこその結果でもあると思っています。

 

ビジネスの結果は、やり方(ノウハウ) × あり方(マインドセット)で決まります。

 

ノウハウだけでなく、マインドセットも意識していくことで、あなたの輸入ビジネスの結果は大きく変わってくるでしょう。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

ビジネスで成功するためのマインドセット其の二
→上手くいかないことは全て自分のせいにする

 

《理由》

→全てを自分のせいにすることで、主体的な行動を取れるようになる

→主体的な行動を取ることで、成功自体(その為の行動)を主体的に選択していくことができる

→すべてを他人のせいにしている人は、他人に依存している状態のため、成功すら他人次第(他人のさじ加減)の人任せの人生になる

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found