ゆのきちです。

 

前回の記事では、ネットショップにおける「カゴ落ち」を防ぐ事の重要性と、その対策を解説しました。

 

前回の記事はこちら→「ネットショップのカゴ落ちを防いで、売上アップ!」

 

そこで今日は、カラーミーショップでネットショップを運営しているならば、簡単に実践可能で、なおかつ効果の高い、

 

「カラーミーショップで簡単に実践可能なカゴ落ち対策」

 

をご紹介していきたいと思います。

 

それでは早速行ってみましょう。

 

カラーミーショップで、簡単で効果の高いカゴ落ち対策!

 

この対策がどういうものかというと、前回の記事:「ネットショップのカゴ落ちを防いで、売上アップ!」で解説した、

 

「ショッピングカートの不必要な入力項目を減らす」

 

という方法にて実践するカゴ落ち対策になります。

 

実は、カラーミーショップは、初期設定の状態だと、ショッピングカートの入力項目が以下のようになっています。

 

 

このままですと、赤枠の「フリガナ」や「FAX番号」という、買い物には必須じゃないと思われる入力項目まで表示されています。

 

これらの項目は、ハッキリ言って買い物する際は「なくてもよいもの」だと思います。

 

それらの情報がなくても、問題なく商品をお客さんに届ける事ができるからです。

 

「え、でもFAX番号は不要なのは分かるけど、フリガナって必要じゃないの?」

 

もしかしたら、そんな風に思われるかもしれませんが、少なくともゆのきちとしては「フリガナ」の入力も不要だと思います。

 

基本的にこちらからお客さんに電話をかけない限りは、その名前の読み方が分からなくても、何一つとして支障はないからです。

 

メールで連絡をする際、そこにお客さんの名前を記載する必要がある場合、たとえその読み方が分からなくても、お客さんの名前をコピペすればいいだけですよね。

 

また、もし万が一こちらからお客さんに電話をかける場合でも、苗字であれば、ネットで検索すると読み方はいくらでも分かるはずです。

 

実際に、ゆのきちが運営するショップでも、「フリガナ」の入力項目は省いていますが、何か不都合を感じた事は一度もありません。

 

むしろ、フリガナの入力項目を減らさないほうが、お客さんにとっても手間を感じてしまいますし、その入力項目が逆に不都合になる場合の方が多いと思います。

 

ですので、そういった「なくてもよい」ような入力項目は減らした方が、お客さんの手間も少なくなるので、カゴ落ちの防止に繋がる事になります。

 

それでは早速、それらの入力項目を減らしてみましょう。

 

カラーミーショップでショッピングカート内の入力項目を減らす

 

そのためには、カラーミーショップの管理画面から、「顧客項目表示設定」という箇所を変更します。

 

まずは、以下のように、管理画面の左上の「商品管理」にマウスをあて、そこから「顧客管理」を選択します。

 

 

上記のように「顧客管理」を選択したら、画面右側の「顧客表示項目設定」をクリックしてください。

 

 

そうすると、以下のような画面になるので、あとは「フリガナ」と「FAX番号」の項目を「未使用」に変更し、画面下部の「更新」ボタンを押します。

 

 

そうすると、「フリガナ」と「FAX番号」の入力項目がなくなり、ショッピングカートは以下のようになります。

 

 

これで、ショッピングカートの入力項目が初期設定に比べて、スッキリしましたね。

 

一見、今回の作業は地味に見えるかもしれませんが、カゴ落ちを防ぐのに有効なのは間違いないはずです。

 

そのため、ネットショップ運営を長い目で見た場合、このカゴ落ち対策の効果は、より大きなものになっていくはずです。

 

もし、あなたがカラーミーショップを運営していて、入力項目を初期設定のままにしているなら、カゴ落ちを防ぐためにも、ぜひ今回の方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found