ゆのきちです。

 

カラーミーショップには、「アクセスプラス」という有料のアクセス解析ツールが用意されています。

 

そしてその有料である「アクセスプラス」に対して、

 

Googleアナリティクスという「無料」のアクセス解析ツール

 

も存在しており、そのどちらもカラーミーショップには導入する事が可能です。

 

そこで本日は、

 

・そもそも「アクセス解析ツール」はカラーミーショップに導入すべきなのか?

・「無料」のアクセス解析ツールがあるのに、あえて「有料」のアクセス解析ツールを契約する必要はあるのか?

 

その2点について、ゆのきちの見解をお話ししていきたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

 

そもそも「アクセス解析ツール」はカラーミーショップに導入すべきなのか?

 

これは、カラーミーショップうんぬんの前に、そもそもネットショップを運営しているのであれば、

 

必ずアクセス解析ツールは導入すべき

 

という結論になります。

 

なぜなら、アクセスを解析する事で、

 

ネットショップの売上アップにつなげていく

 

という事が可能だからです。

 

というのも、ネットショップの売上をアップさせるためには、

 

・どんなキーワードでネットショップにアクセスしてきているか

・どんな経路でネットショップにアクセスしていきているか

・どのページがたくさん閲覧されているか

 

というようなものを把握し、それらの問題点を必要に応じて改善していく必要があります。

 

そして、それらを把握するために、

 

アクセス解析ツール

 

というものが必須になってくるからです。

 

要するに、アクセスを解析するツールというのは、

 

ネットショップにおけるレントゲン検査

 

みたいなものであり、その問題点や状況を把握し、売上をアップさせるためには、必要不可欠なものになってくるわけです。

 

ですので、カラーミーショップうんぬんの前に、そもそもネットショップを運営するのであれば、

 

アクセス解析ツールの導入は必須

 

と言えるべきであり、その理由というのが、

 

アクセス解析ツールは、ネットショップの売上アップにつなげることができるから

 

というものになります。

 

「無料」のアクセス解析ツールがあるのに、あえて「有料」のアクセス解析ツールを契約する必要はあるのか?

 

そしてそのアクセス解析ツールをカラーミーショップに導入していく上で、Googleアナリティクスという無料のツールがあるにも関わらず、

 

「有料」であるカラーミーショップ独自の「アクセスプラス」を、あえて契約する必要はあるのか?

 

という事に関してお話ししていきます。

 

これに対する答えは、

 

アクセスプラスは契約すべき

 

という結論を述べた上で、その理由をご説明していきます。

 

なぜ、「有料」であるアクセスプラスをあえて契約すべきかというと、これは「アクセスプラス」が優れているから、という理由では「なく」、

 

どちらかというと、Googleアナリティクスにやや問題があるから

 

という理由が正しいです。

 

それがどのような問題かというと、

 

・管理画面が複雑

・アクセスキーワードの大半が「not provided」になってしまい、確認できない

 

というものです。

 

どうしてそれらが問題なのかを、少し掘り下げていきたいと思います。

 

Googleアナリティクスは管理画面が複雑

 

この管理画面は、特にアクセス解析に慣れていないネットショップ初心者の方には、非常に見づらい仕様になっているんですね。

 

というのも、Googleアナリティクス自体は、アクセス解析の機能として非常に充実しているのですが、その充実しているが上に、機能がたくさんありすぎて、

 

「どの項目を、どうやって解析したらいいか分からない」

 

と多くの人がつまづいてしまう傾向があります。

 

慣れてしまうと、さほどそれは「苦痛」ではないのですが、特にネットショップ初心者の方であれば、

 

Googleアナリティクスに慣れる前に、アクセス解析自体をしなくなってしまう

 

という可能性が高いと思います。

 

そうなると、せっかくの売上アップのための対策もできなくなってしまいますね。

 

それを避けるためにも、

 

たとえ無料でも、そのアクセス解析を使いこなせないのであれば、有料だとしてもあえて「アクセスプラス」を契約して、しっかりアクセスを解析した方がいい

 

という理由から、「有料」のアクセスプラスを契約すべき、という結論を出しているわけなんです。

 

その反面、カラーミーショップのアクセスプラスは、管理画面がとてもシンプルで、非常に使いやすく、ネットショップ初心者の方でも割とスムーズにアクセスの解析ができるものになっていると思います。

 

また、有料といっても、カラーミーショップのアクセスプラスは月額540円程度で契約できてしまうため、ショップの売上アップのためにも、ぜひ契約しておきましょう。

 

なお、仮にGoogleアナリティクスを使いこなせたとしても、それでもアクセスプラスは別途契約しておくべきです。

 

その理由は以下で説明していきます。

 

アクセスキーワードの大半が「not provided」になってしまい、確認できない

 

これはGoogleアナリティクスの仕様になるのですが、

 

ネットショップにアクセスしてきたキーワードの大半が「not provied」という表示になってしまい、どんなキーワードでアクセスしてきたかが結局分からない

 

という問題点があるのです。

 

これはGoogleがユーザーのプライバシー保護の観点から、そのようにしているそうです。

 

ただし、いずれにせよ、どんなキーワードでアクセスしてきたかが分からない以上、それは売上アップのためのアクセス解析としては致命的です。

 

なぜなら、どんなキーワードでネットショップにアクセスしてきてるかを把握する事で、

 

ユーザーには、どんな需要があるのか

 

というのが分かるからです。

 

例えばあなたが、インテリア用品のネットショップを運営していたとして、そのショップへアクセスしてくるキーワードとして、

 

「インテリア ダイニングチェア 通販」

 

というキーワードが多いならば、インテリアの中でも「ダイニングチェア」に需要があるという事が分かりますね。

 

そのようにユーザーの需要が分かれば、「ダイニングチェア」やその関連商品を増やしていく事で、ユーザーの需要を満たしやすくなり、それが売上アップにつながっていくわけです。

 

ただし、Googleアナリティクスの場合は、アクセスキーワードの大半が「not provided」という表記になってしまうので、ユーザーの需要が分かりにくいわけです。

 

それでは、売上アップのための対策もできませんね。

 

その反面、カラーミーショップのアクセス解析である「アクセスプラス」は、ユーザーがショップにアクセスしてきたキーワードが「全て分かる」ので、ユーザーの需要も分かりやすいです。

 

そのような点を考えると、たとえGoogleアナリティクスを問題なく使いこなせたとしても、キーワード解析の観点から、

 

アクセスプラスは契約すべき

 

という事が言えます。

 

では、Googleアナリティクスは不要なのか?

 

それに関する答えですが、

 

不要という事は一切なく、Googleアナリティクスをある程度使いこなせるのならば、むしろ積極的に導入すべき

 

という事が言えます。

 

先ほども申し上げましたが、Googleアナリティクスは管理画面が複雑なため、その複雑さが原因でアクセス解析自体を断念してしまうのであれば、たとえ「有料」でもシンプルなアクセスプラスを利用した方がいいという答えになります。

 

ですが、

 

もしあなたがGoogleアナリティクスを使いこなせるようであれば、アクセスプラスと併用して利用する事で、さらなら売上アップを見込む事ができる

 

というわけなんです。

 

それがなぜかというと、Googleアナリティクスはアクセスキーワードこそ、そのほとんどを確認できないという欠点があったり、管理画面が複雑という欠点がありますが、それ以外の機能の充実度に関しては、アクセスプラスよりも断然上だからです。

 

というのも、Googleアナリティクスでは、アクセスプラスでは解析する事のできない、

 

・直帰率

・滞在時間

・離脱率

・コンバージョン経路

 

などなど、まだ他にもたくさんありますが、そのような「より売上アップにつながる要素」を解析する事ができるからです。

 

そのような事もあり、Googleアナリティクスを使いこなす事ができて、その複雑さが理由でアクセス解析を断念しないような自信があるのであれば(笑)、

 

アクセスプラスとGoogleアナリティクスを併用した方がいい

 

という結論になります。

 

カラーミーショップは、アクセスプラスもGoogleアナリティクスも、どちらも同時に設置してそれぞれ解析する事が可能となっています。

 

ですので、理想としては、

 

アクセスプラス→主にアクセスキーワードをメインに解析

Googleアナリティクス→アクセスプラスでは確認できない部分を解析

 

このように使い分けていくのが、ネットショップの売上アップのためには理想的と言えます。

 

ただし、ネットショップ初心者のうちは、無理にGoogleアナリティクスを導入する必要はなく、ある程度アクセス解析という作業自体に慣れてきたところで、Googleアナリティクスを導入して徐々に挑戦していくという形で問題ありません。

 

しかし、カラーミーショップを運営するのであれば、Googleアナリティクスは導入しないとしても、「アクセスプラス」は必ず契約しておきましょう。

 

アクセス解析を「する」のと「しない」のとでは、そのネットショップの売上が大きく変わってくる可能性があるからですね。

 

ちなみに余談ですが、ゆのきちの運営するカラーミーショップでも、アクセスプラスとGoogleアナリティクスの二つをそれぞれ同じショップに設置し、解析内容によって使い分けています。

 

最初のうちはアクセスプラスだけでしたが、Googleアナリティクスの解析を併用するようになってからは、より詳細なアクセス解析ができるようになり、その売上はさらにアップしたという経験があります。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます