ゆのきちです。

 

ネットショップで商品を売るために、私たちがするべき事(施策)には、様々な種類があります。

 

例えば、パッと思い浮かぶだけでも、

 

「検索エンジンで上位に表示されるようにする」

「売れやすい商品ページを作る」

「メールマガジンでお客さんにアプローチする」

「ショップブログを運営する」

「売れる商品を選ぶ」

etc…

 

このような施策があるわけで、その他にも数多くの「売るための施策」というものが存在します。

 

そのように、一見するとその施策の数は多く存在しているわけですが、それらの全ての施策は、

 

3大施策

 

というものに含まれる事になります。

 

ですので、この「ネットショップで商品を売るための3大施策」というものを理解しておく事で、数多くのすべき事(施策)がまとまり、頭もすっきりしてくるはずですし、ショップの方向性というのも明確になってくると思います。

 

そこで今日は、ネットショップを運営するならばぜひ覚えていただきたい、

 

ネットショップで商品を売るための3大施策とは

 

というテーマでお話を進めていきたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

 

ネットショップで商品を売るための「3大施策」を覚えておこう

 

まず、この3大施策というものは、

 

「集客(しゅうきゃく)」

「接客(せっきゃく)」

「追客(ついきゃく)」

 

この3つの事になります。

 

ネットショップで商品を売るためにすべき施策は、この3つのどれかに必ず含まれる事になります。

 

というのも、お客さんに商品を売るためには、何も難しい事を考える必要はなく、

 

まずショップにお客さんを集め(集客)

集まったお客さんに、商品が売れるように接客し(接客)

さらにリピート促進をする(追客)

 

という事をすればいいだけです。

 

だからこそ、一見すべき事が多く見えてしまう「施策」というのも、結局はこの3つのどれかに当てはめて考える事ができるからです。

 

そのため、まずは、

 

「商品を売るためのあらゆる施策」というのは、この「集客・接客・追客」のいずれかに含まれている(分類されている)

 

という事を、理解しておきましょう。

 

それを踏まえていただいた上で、その3大施策の一つ一つを補足していきたいと思います。

 

3大施策その一:集客

 

この集客というのは、お店の「お客」さんを「集」める事ですね。

 

ネットショップで商品を売るためには、この集客ができない事には、商品は一つも売る事ができません。

 

なぜなら、どんなに良い商品を扱っていても、そのショップに誰一人としてお客さんが来ないのであれば、当然売れるわけもないからです。

 

そしてそのネットショップの集客という「施策」をさらに細かく分類すると、その代表的なものには、

 

・SEO対策

・ショップブログの運営、そこからの誘導

・メールマガジンの発行、そこからの誘導

・リスティング広告

 

などの施策が挙げられます。

 

特に、ネットショップの来店数が落ち込んでいたり、もっと来店数を増やしたい場合は、この「集客」という施策に力を入れるべきなのは、お分かりになると思います。

 

そしてその時の状況に応じて、その集客の中でもどの施策に取り組むかを判断していきましょう。

 

3大施策その二:接客

 

この接客というのは、お客さんが商品を買ってくれるようにするための施策になります。

 

集客をしてお客さんが来店した後は、そのお客さんに商品を買ってもらうために「接客」という施策が必要になってきます。

 

要するに、

 

お客さんにその商品を、買いたいと思わせる

 

という事が、その接客の目的となるわけです。

 

では、その接客という施策は、さらに細かく分類するとどんな施策になるかというと、

 

・魅力的な、商品説明文や商品写真の掲載

・キャンペーン

・売れ筋の商品を扱う

・魅力的なショップデザイン

 

といったものが挙げられます。

 

この「接客」という施策は、お客さんの来店が多いのにも関わらず中々商品が売れない時などに、特に力を入れるべきです。

 

集客をしてお客さんの来店が増えたとしても、この接客に問題があると、商品は売れづらいものになってしまいます。

 

特に、広告費をかけて集客をしたお客さんが多ければ多いほど、その広告費が無駄になってしまう可能性が高いので、来店数の割に商品が売れにくいと感じた時は、特にこの「接客」に力を入れて取り組みましょう。

 

3大施策その三:追客

 

この追客(ついきゃく)というのは、一度商品を購入してもらったお客さんに対して、リピートを促進していく施策の事になります。

 

要するに、

 

新規顧客ではなく、既存顧客にアプローチしていく

 

という施策になります。

 

この「既存客にアプローチしていく」という施策およびそのマーケティングの手法を、CRM(Customer Relationship Management)と呼び、日本語にすると「顧客関係管理」と呼びます。

 

いわば、「CRM」とは顧客との関係を管理して売上に繋げていく手法のことです。

 

そして、このネットショップにおける「追客」という施策こそが、その「CRM」というマーケティング手法と重なってくるわけですね。

 

少し小難しい話になってしまいましたが、それがネットショップにおけるどんな施策になるかというと、

 

・購入者へ割引クーポンの配布

・メールマガジンの発行、それによるアプローチ

・DMやチラシの配送、それによるアプローチ

 

というようなものが挙げられます。

 

何も難しく考えることはなく、

 

一度買ってもらってお客さんから、もう一度買ってもらおう

 

というだけの事です。

 

ただ、新規顧客に売るよりも、既存顧客に売る方が、商品は基本的に売れやすいとされています。

 

過去に一度購入してもらったわけですから、ある程度の信用というものがあるからですね。

 

だからこそ、「追客」という施策は、上手く実施できれば、商品を売るために非常に有効な施策になってきます。

 

その「追客」という施策の効果を理解した上で、それに取り組んでもらえたらと思います。

 

最後になりますが、ここまでをまとめると、ネットショップで商品を売るための様々な施策というのは、その全てが、

 

「集客」

「接客」

「追客」

 

この3大施策のいずれかに含まれるものであり、

 

《集客》
→来店数が少ない時や増やしたい時に、特に力を入れて取り組む

《接客》
→来店数の割に商品が売れにくい時に、特に力を入れて取り組む

《追客》
→特にどのタイミングで取り組むというものはないが、商品を売るために有効な施策になるので、定期的に取り組んでいく

 

という感じで使い分けていくと、商品を売るために、無駄のない施策ができるはずです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます