ゆのきちです。

 

ネットショップの売り上げアップのために有効な方法の一つとして、

 

決済方法を増やす

 

という方法が挙げられます。

 

要するに、お客さんがネットショッピングをする際に利用できるお支払いの手段を増やすという事ですね。

 

そのネットショップの決済方法には様々な種類があり、

 

・銀行振込

・クレジットカード決済

・代金引換

・コンビニ払い

・後払い決済

・電子マネー

 

などなど、複数の種類があります。

 

そしてそのネットショップの決済方法の用意が多ければ多いほど、

 

ネットショップの売上アップに効果的

 

と言う事ができます。

 

ただ、さすがにその全ての決済方法を導入するのは、手間や労力から考えても現実的ではないというのが正直なところではないかと思います。

 

それに、決済方法によってはキャッシュフローが遅いものもあるので、よほど資金力に自身がない限り、やみくもに決済方法を増やすのはおすすめできません。

 

ですので、それを踏まえた上で、本日は、

 

・どうしてネットショップの決済方法を増やすと売上アップにつながるのか

・売上アップのために、最低限用意しておきたい決済方法

 

という内容でお話を進めていきたいと思います。

 

それでは早速はじめましょう。

 

どうしてネットショップの決済方法を増やすと売上アップにつながるのか

 

これはもう、本当に簡単な理由で、

 

様々な決済方法を用意する事で、「希望の決済方法がない事が理由で買わないお客さん」というのを減らす事ができる

 

というのが、その理由になります。

 

意外かもしれませんが、

 

どんなに欲しい商品でも、希望の決済方法がなければ、その商品を買わない

 

というお客さんも少なからず存在するわけです。

 

現に、ゆのきちの運営しているネットショップでも、そのようなお客さんはいらっしゃいます。

 

例えば、

 

「○○の商品がどうしても欲しいんですけど、代引きで購入できませんか?それが無理なら買うの諦めます」

 

っていう問い合わせを頂いたこともあります。

 

その時は、事情があって代引き決済を休止していて、当分は代引き決済を復活させる予定はなかったのですが、一時的に代引き決済に対応する事で購入してもらえました。

 

その商品は、日本ではゆのきちのネットショップしか扱っていなかったので、代引き決済の対応をこちらが行うまでお客さんは待って下さいました。

 

ただし、もしその商品が他のお店でも売っていた場合、おそらくお客さんは代引き決済可能な他のお店で、その商品を購入されていたと思います。

 

要するに、

 

十分な決済方法を用意していないというだけで、他店にお客さんを奪われてしまう可能性すらある

 

というわけです。

 

そのような事もあり、

 

ネットショップの決済方法を増やす事で、売上アップにつながる

 

という事が言えるわけです。

 

売上アップのために、最低限用意しておきたい決済方法とは?

 

これに対する答えですが、

 

・銀行振込

・クレジットカード決済

・代金引換

 

この3つは、ネットショップの売上アップの為に、必ず用意しておくべきです。

 

そして、その上で余裕があれば、

 

・コンビニ決済

 

この決済方法も用意するのがベターです。

 

これがなぜかというと、まずは以下の図をご覧ください。

 

 

この図は、ECサイト(ネットショップ)の購入者が利用している決済方法の構成比です。

 

ご覧頂くとお分かりになると思いますが、

 

・銀行振込

・クレジットカード決済

・代金引換

 

この3つが大半を占めています。

 

それらの決済方法は、導入が簡単な上に、決済方法としてのシェアが大きいので、

 

ネットショップの決済方法として必ず用意しておくべき

 

と言えるわけです。

 

コンビニ決済も、それなりに決済方法としてのシェアがあるのですが、導入に審査が必要だったり、キャッシュフローがやや遅かったりします。

 

そのため必須ではありませんが、運転資金等に余裕があるのであれば、コンビニ決済も用意した方が売上アップのためにはベターです。

 

なお、最後にこれら4つの決済方法に関して補足をしていきたいと思います。

 

銀行振込

 

銀行振込は、用意する銀行が多ければ多いほど、ネットショップの売上アップのためにはおすすめです。

 

お客さんにとって、選択できる銀行の選択肢が多いほど、お客さんが「振込手数料」を抑えた振込先を選択できる可能性が高くなるからです。

 

3大メガバンクと言われる、

 

「三菱東京UFJ銀行」

「三井住友銀行」

「みずほ銀行」

 

ネット銀行でシェアの大きい、

 

「楽天銀行」

「ジャパンネット銀行」

 

この辺りは、少なくても用意しておきたいところです。

 

クレジットカード決済

 

クレジットカード決済は、ネットショップを運営するならば必須とも言える決済方法です。

 

ほぼ半数近くのお客さんがクレジットカードで決済をしているため、売上アップの為には必須なわけですね。

 

ただし、クレジットカード決済には、様々な種類の決済サービスが存在しますが、キャッシュフローや手数料を考えても、

 

PayPal(ペイパル)

 

の利用をおすすめしています。

 

PayPalアカウントさえ作成すれば、導入は難しくありません。

 

ネットショップの中でも、カラーミーショップへの導入方法は、以下の記事で解説しています。

 

カラーミーショップへのPayPal導入方法はこちら

 

カラーミーショップを利用していて、クレジットカード決済の導入がまだの場合、上記の記事を参考に、クレジットカード決済を導入されることをおすすめします。

 

代金引換

 

代金引換は、基本的に「配送業者」ごとのサービスを利用する事になります。

 

代引きを用意している配送業者で有名なのは、

 

「ヤマト運輸(クロネコヤマト)」

「佐川急便」

「日本郵便(ゆうパック)」

 

この3つが特に有名ですが、この中でも代金引換を一番導入しやすくて、キャッシュフローも早いのが、

 

日本郵便(ゆうパック)

 

になります。

 

「ヤマト運輸」や「佐川急便」で代金引換を利用する場合、審査を伴う契約が必須になってしまいます。

 

その反面、「日本郵便」であれば、ゆうちょ銀行の口座さえ作成しておけば、特別な契約も必要なく、代金引換用の伝票に必要事項を記入して通常通り発送するだけです。

 

しかも、「日本郵便」の代金引換であれば、お客さんが商品受け取り後、早ければ2営業日程度で商品代金が振り込まれるので、キャッシュフローも非常に早いです。

 

「ヤマト運輸」や「佐川急便」の場合、締め日が決まっていたりして、「日本郵便」ほどキャッシュフローは早くありません。

 

そのため、特に配送業者にこだわりがなければ、最初のうちは「日本郵便」の代金引換がおすすめです。

 

コンビニ決済

 

この決済方法は、全国のコンビニエンスストアでネットショップで購入した商品代金を支払うことができる方法になります。

 

お客さんが商品を購入するとメールにてその決済の受付番号が送られます。

 

その番号をファミポートやロッピーなどの店頭端末に入力し、レジ、またはATMにて商品代金を支払ってもらう流れです。

 

決済方法のシェアとしても、10%近い数字になっていますので、導入した方がベターですが、キャッシュフローがやや遅かったりします。

 

ですので、コンビニ決済を導入する事で売上アップにつながるのは確かですが、同時にキャッシュフローも考慮する必要があるので、運転資金等の状況に応じて、導入するかしないかの判断をしましょう。

 

ちなみに、ネットショップにコンビニ決済を導入する場合、

 

「ペイジェント」

「イプシロン」

「イーコンテクスト」

 

この辺りのサービスから選ぶ流れになります。

 

 

 

以上、ここまでが決済方法の補足となります。

 

今回の記事の結論としては、

 

ネットショップの決済方法を増やす事で、売上アップにつながる

 

というものになりますが、決済方法によってはキャッシュフローが遅いものもあるので、その辺りも判断した上で決済方法を増やしていくべきです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。