ゆのきちです。

 

最近では、ネットショップを開業する為のASPと呼ばれるサービスがとても充実してきています。

 

そのおかげで、誰でも簡単に、そして非常に少ない資金でネットショップを開業できるようになりました。

 

ちなみにその、ネットショップの開業に必要な資金については、以下の記事にまとめています。

 

以前の記事→ネットショップを開業するのに資金はどのくらい用意すればいい?

 

気になる方は、ぜひご覧になってみてください。

 

そして、そのネットショップをこれから開業するのであれば、

 

ネットショップは無在庫販売という販売方法にて開業すべき

 

という事が言えます。

 

では、どうして無在庫販売という方法にてネットショップを開業すべきなのか?

 

その理由は3つあります。

 

本日はその、ネットショップを無在庫販売という方法で開業すべき3つの理由に関してお話をしていきたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

 

ネットショップは無在庫販売で開業すべき3つの理由

 

まずそもそも、無在庫販売というのは、「受注販売」の形態の事です。

 

要するに、「お客さんからの注文を受けてから、初めてそこで商品を仕入れる」というビジネスモデルなわけです。

 

そしてそのような販売形態のネットショップこそが、いわゆる「無在庫ネットショップ」と呼ばれているものになります。

 

それを踏まえた上で、ネットショップを無在庫販売にて開業すべき3つの理由というのは、

 

・在庫リスクがない

・仕入れ資金がほとんど不要

・SEOに有利

 

これらが挙げられます。

 

それらを一つずつ掘り下げていきたいと思います。

 

ネットショップは無在庫販売で開業すべき理由その1→在庫リスクがない

 

この在庫リスクがないというのは、要するに、

 

売れるかも分からない在庫を抱えるリスクおよび、その必要がない

 

という事です。

 

考えてみれば当たり前かもしれませんが、無在庫販売というのは、お客さんの注文があってからそこで初めて仕入れをするわけです。

 

つまり、「仕入れをする前にすでに売れている」という事です。

 

そのため、売れるかも分からない在庫を仕入れて、それが売れずにその在庫を抱えたままになる可能性もありませんし、そもそもそんな在庫を仕入れる必要すらないんです。

 

ネットショップに限らず、何かしらのビジネスを始めてみようというのであれば、当然ですがリスクは低い方がいいはずです。

 

だからこそネットショップを開く上で、在庫リスクのない無在庫販売という選択ができる以上は、その無在庫販売にて開業すべきという事です。

 

ネットショップは無在庫販売で開業すべき理由その2→仕入れ資金がほとんど不要

 

無在庫ネットショップというのは、仕入れ資金がほとんど不要の状態で開業する事ができます。

 

なぜなら、開業にするにあたって「あらかじめ在庫を仕入れた状態にしておく」という必要が「ない」からです。

 

もちろん、注文が入ってから仕入れをする際は、仕入れ費用というのは払う必要があります。

 

ただし、お客さんが先に商品代金を支払ってもらってから仕入れる事で、極端な話、自分自身で資金を用意する必要はないわけです。

 

銀行振込の決済方法をネットショップに用意しておき、

 

「ご入金確認後に、お取り寄せをさせていただきます」

 

というような文言を記載しておけば、先にお客さんから代金をいただいた上で、それを仕入れ資金に充てる事ができるわけです。

 

「え、先にお金をもらってから仕入れるなんて、そんなのアリなんですか?」

 

という風に思われる人もいるかもしれませんが、そもそも無在庫ネットショップでは、お客さんの入金を確認してから仕入れるというショップは多いですし、それを理解した上で購入されるお客さんも多いです。

 

それでもきちんと商品をお届けできれば、お客さんとしても全く問題ないわけです。

 

ただ、代金引換で商品を発送する場合、お客さんが商品を受け取ってから、そこで初めて商品代金がショップ側に入るわけですから、その際は「仕入れ資金を建て替える」という必要も出てきます。

 

そのため、もし代金引換をショップの決済方法として用意するなら、2~3商品分程度の仕入れ資金は余裕を持って用意した方がいいかもしれません。

 

そのような可能性も想定し、仕入れ資金は「ほとんど」不要としたわけです。

 

ただし、クレジットカードを使って仕入れができるのならば、そのクレジットカードの引き落とし日よりも早く商品代金を回収できるように代金引換で発送すれば、仕入れ資金の「用意」というのは限りなく不要と言えます。

 

ネットショップは無在庫販売で開業すべき理由その3→SEOに有利

 

SEOというのは、「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化の事です。

 

要するに、Google等の検索エンジンで上位表示させるための対策をSEOと呼ぶわけです。

 

そして無在庫ネットショップは、

 

SEOに有利 = 検索エンジンで上位に表示させやすい

 

というメリットがあるんです。

 

つまり、集客という面でも、在庫型のネットショップに比べて、無在庫型のネットショップの方が優れているというわけです。

 

では、なぜ無在庫ネットショップがSEOに有利かというと、

 

ネットショップの登録商品数を増やしやすい

 

というものがその理由として挙げられます。

 

そして、その商品登録数の増やしやすさがどうしてSEOに関係してくるのかと言うと、そもそもサイトを上位表示させるために、「そのサイトの規模の大きさ」というのがその一つの基準になっていると言われています。

 

要するに、ショップの商品数が多ければ多いほど、そのサイトの規模が大きいと判断されやすくなり、それが結果的にショップの上位表示に繋がってくるわけです。

 

では、どうして無在庫ネットショップの方が登録商品を増やしやすいのか?

 

もうお分かりかもしれませんが、無在庫ネットショップは在庫を仕入れる必要がない為、基本的に登録する商品数が増やし放題だからです。

 

在庫型ネットショップの場合、登録できる商品数は、基本的にはその仕入れた在庫の数だけになります。

 

そうなると、よほどの仕入れの資金力がない限り、登録商品数は増やしにくいわけです。

 

ただし無在庫ネットショップの場合は、そもそも仕入れをしておく必要がないので、資金力に関係なく、登録商品数を増やす事ができますよね。

 

また、登録商品数を増やす事のメリットは、サイトの規模が大きいと判断されて上位表示されやすくなるだけではありません。

 

商品数を増やす事で、ネットショップの「入口」というものも相対的に多くなるわけですから、その分ショップにアクセスしてくる人数も多くなるというメリットがあるんです。

 

要するに、ネットショップの登録商品数を増やすという事は、

 

・検索エンジン上位表示によるアクセス数アップ

・ショップの入口が増える事によるアクセス数アップ

 

というように、集客面で2つのメリットがあるわけです。

 

そのような理由からも、ネットショップを開業するならば無在庫で開業すべきという事ですね。

 

《最後に》じゃあ、そもそもネットショップで在庫を持つのはバカなのか?

 

いえ、そんな事は一切ありません。

 

確かにここまでのお話では「無在庫」のメリットばかりだったので、もしかしたらそう思われているかもしれません。

 

ただし、在庫を持ってはいけないという事もありませんし、その選択が間違っているわけでもありません。

 

なぜなら、全く同じ商品を販売する場合、

 

「無在庫販売」よりも「在庫販売」の方が売れやすい

 

からです。

 

その理由は単純で、お取り寄せに時間のかかるイメージのある「無在庫販売」よりも、すぐに発送してくれる在庫販売の方を、普通であれば購入したくなるはずだからです。

 

そのため、最初は無在庫でネットショップを開業し、その中でも安定して売れている商品があれば、その商品に関しては在庫を持って販売していく。

 

そのような方法が、売上アップの点から考えるとおすすめです。

 

ぜひ参考にしてみください、

 

以上、ここまでが、

 

ネットショップは無在庫販売で開業すべき3つの理由

 

という内容でのお話となります。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

>輸入ビジネス講座一覧へ

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます