ゆのきちです。

 

ネットショップを開業するならば、「商品」というものを必ず用意する必要があります。

 

要するに、「何を売るか」を決めた上で、それを用意して初めて、ネットショップとして利益を出せる体制になるわけです。

 

そのように、ネットショップには必ず「商品」が必要になってくるわけですが、いざネットショップを開業しようとなった場合、

 

そもそも商品はどこから仕入れたらいいの?

 

という疑問をお持ちの方も、少なからずいらっしゃると思います。

 

現に、私がビジネスを教えているコンサル生さんからも、同様の質問を比較的多く頂くからです。

 

そこで今日は、これからネットショップの開業をするにあたり、

 

ネットショップの商品の仕入れ先はどこにしたらいいのか

 

というテーマでお話を進めていきたいと思います。

 

ネットショップの商品は、どこから仕入れるべきか。

 

まず、この「どこから」という表現が抽象的なものになるので、その捉え方によっては、

 

・メーカーから仕入れるか、問屋から仕入れるか

・ネット上で仕入れるか、実店舗で仕入れるか

 

などの、色々な捉え方ができてしまいますが、そもそもの大前提として、

 

・国内から仕入れる

・海外から仕入れる

 

この2種類のどちらの選択をするかが、一番最初の選択肢になってきます。

 

なぜなら、国内で仕入れるか、海外で仕入れるかを決定した上で初めて、それをメーカーから仕入れるか、問屋から仕入れるか、という判断をしていくはずだからです。

 

そして、ネットショップを開業するなら、そのどちらから商品を仕入れるかという事に対して、

 

海外から仕入れるべき(輸入するべき)

 

という結論を述べた上で、その根拠を示していきたいと思います。

 

なぜ、ネットショップの商品は、海外から仕入れるべきなのか?

 

これは、「ゆのきちが輸入ビジネスを教える仕事をしているから」という理由では決して「なく」、(笑)

 

海外仕入れ(輸入商材)の方が難易度が低く、稼ぎやすいから

 

というのがその理由になります。

 

特にネットショップ初心者の方や、よほどの資金力がない場合、海外仕入れの商品でネットショップを開業した方が簡単ですし、その方が儲かります。

 

ただしそれを言うならば、どちらかというと、

 

国内仕入れの方が難易度が高く、稼ぎにくい

 

と言う表現の方が正しいのかもしれません。

 

まずそもそもですが、私たちが国内で商品を手に入れるまでには、

 

「メーカー」→「問屋」→「小売店」→「消費者」

 

という流れで、商品が流通していくのが一般的です。

 

この「小売店」というのが、私たちがネットビジネスで商品を販売する際の立ち位置となります。

 

ネットビジネスの世界でなければ、それこそ近所のスーパーやデパート、スポーツ用品店や洋服店などの、いわゆる「お店」と言われているものが、その「小売店」にあたります。

 

それを踏まえて考えると、商品(商材)を「仕入れ」るのであれば、「メーカー」か「問屋」から仕入れる事になるのはお分かりになると思います。

 

「小売店」から仕入れるようでは、当たり前ですが価格差がないため、利益が出ないからですね。

 

ただ、実はここに、その国内仕入れが難易度が高い理由が隠されているのです。

 

というのも、

 

メーカーから直接仕入れる事がそもそも難しい

 

というのが現実だからです。

 

もちろん、メーカーから直接仕入れる事は不可能ではありませんが、こちらが法人である事が必須であったり、ある程度の他の商材の販売実績が必要であったり、大量仕入れが前提だったり。

 

そのような、いわゆる「敷居」が存在するんです。

 

ですので、ネットショップ初心者の方や、私たちのようなビジネスの規模では、中々それが難しいというわけですね。

 

ただし、それを言うと、

 

「じゃあ、問屋から仕入れればいいのでは?」

 

そんなお声が聞こえてきそうです。

 

確かに「問屋」から仕入れる事自体は、そこまで難しい事ではなく、私たち個人のようなビジネス規模でも十分に可能です。

 

しかし、問屋から仕入れた商品では、ネットショップで利益を出すのが「難しい」のです。

 

というのも、一昔前までは問屋は小売店への「卸売り」をするという、本来あるべき販売形態で販売するのが普通でしたが、インターネットの発達により、

 

インターネットで小売りをする「問屋」

 

というのも、一部ですが現れ始めたからです。

 

「問屋」はメーカーから仕入れをしているわけですから、その商品をその問屋から仕入れている私たちのような「小売店」では、絶対に価格競争では勝てません。

 

もちろん、問屋が小売りをしている事を公表してしまっては、仕入れをしてくれる小売店がいなくなってしまうので、「いち小売店」を装って、本来の卸売り業とは別に小売業をしているケースがほとんどですが。

 

いずれにせよ、そのような問屋が実際に存在する以上、問屋から仕入れをするような国内仕入れのネットショップでは、稼ぐのも難しいわけです。

 

そのような理由から、ネットショップで国内仕入れで稼ぐのは難易度が高いという事ですね。

 

では、やはり海外仕入れの商品の方が、ネットショップでは稼ぎやすいのか?

 

これに対しては、「その通り」というのがその回答になります。

 

というのも、海外で販売されている商品も、その海外で、

 

「メーカー」→「問屋」→「小売店」→「消費者」

 

という流れで販売されている点は、日本と変わらないのですが、

 

海外の商品は、その海外の小売店から仕入れをしても利益が出る

 

という点が大きな違いになってきます。

 

そもそも、「ebay」や「海外ネットショップ」、「海外Amazon」等で仕入れをして国内で販売をして利益を得る方法は、輸入ビジネスの稼ぎ方の定番の一つになっていますが、それも海外の小売店から仕入れている事になります。

 

そのような、「海外小売店から仕入れて国内で販売する」という方法でも、利益率が30%前後あるのが普通だったりするので、

 

普通に仕入れて、普通に販売するだけで利益が出る

 

という商品が、海外には普通に存在しているわけです。

 

つまり、仕入先の選択は多数ある事になりますし、小売店から仕入れるだけなので、面倒な契約や条件は不要という点から考えても、

 

海外仕入れの方が難易度が低く、稼ぎやすい

 

という結論に至ると思います。

 

さらにここからが、海外仕入れの稼ぎやすい「決定的な理由」になるのですが、

 

海外は国内に比べて、メーカーや問屋からの「仕入れ」をするための敷居が低い

 

というメリットがあります。

 

要するに、国内(日本)では、直接メーカーから仕入れるのが難しかったり、一部の問屋は仕入れの取引をするのが難しかったりするわけですが、

 

海外の場合は個人レベルでもメーカーや問屋から仕入れをする事が比較的簡単

 

というわけです。

 

もちろん、その中には取引の条件が厳しかったりするメーカーや問屋は存在しますが、それでも国内と比べると、それが比較的簡単な傾向にあります。

 

これは、海外と日本の「商習慣の違い」が関係してくるのかもしれませんが、いずれにせよ、いわゆる「上流からの仕入れ」は簡単である事は事実だと思います。

 

海外の小売店から仕入れても利益率が30%前後あったりするわけですから、それをメーカーや問屋等の上流から仕入れをする事ができれば、もっと利益率は高くなるわけです。

 

そのような理由から、やはり海外仕入れの方が難易度が低く、稼ぎやすいため、

 

ネットショップを開業するならば、その商品は海外から仕入れるべき

 

という結論になるという事ですね。

 

まとめ

 

ネットショップの「商材」をどこから仕入れるかというのには、

・国内仕入れ

・海外仕入れ

という、大前提となる2つの仕入れ方法が存在する。

 

「海外仕入れ」は難易度が低く、稼ぎやすい
→小売店(海外)から仕入れても、十分に利益が出せる。

さらに国内に比べて、メーカーや問屋と仕入れ取引をするのが比較的簡単。

 

「国内仕入れ」は難易度が高く、稼ぎにくい
→メーカーから直接仕入れが難しい。

問屋から仕入れたとしても、その問屋がインターネットで「小売」をしている可能性もあり、そのような問屋から仕入れたとしても、価格競争では絶対に勝てないから。

 

結論:ネットショップを開業するなら、その商品は海外から仕入れるべき

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます