ゆのきちです。

 

ネットショップには大きく分けて、

 

・国内向けネットショップ

・海外向けネットショップ

 

この2種類があります。

 

要するに、国内の日本人に向けて商品を販売するのか、海外の外国人に向けて商品を販売するのか、という2種類ですね。

 

当然ですが、国内向けネットショップであれば、主に「日本語」でショップを運営し、海外向けネットショップであれば、英語もしくはその国の外国語でショップを運営する事になります。

 

そこで本日は、これからネットショップを開業しようという場合に、

 

国内向けネットショップと海外向けネットショップ、どちらを選べばいいのか?

 

という内容でお話を進めていきたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

 

国内向けネットショップか、海外向けネットショップか。

 

これに関する結論ですが、英語やその外国語がネイティブレベルでは「ない」限りは、

 

国内向けネットショップを選ぶべき

 

という結論になります。

 

その理由はもうお分かりかもしれませんが、そこには

 

言葉の壁が存在している

 

からであり、日本語と同じレベルで英語やその外国語を使いこなせるようじゃないと、海外向けネットショップはかなり難易度が高いと言えます。

 

というのも、特にネットショップの経験がない人ほど、そのショップの「構築」にも時間を要する傾向にあります。

 

つまり、ただでさえ最初のうちはネットショップ自体の構築に時間がかかるのに、その構築に加えて、

 

「翻訳」という作業も必須になる海外向けネットショップだと、そのネットショップを完成させる事自体がかなり難しいはず

 

と言えるからです。

 

また、ネットショップというのは、アマゾンやヤフオクと違い、販売に関するルールを基本的には自分で決めていく事になります。

 

ですので、海外向けネットショップだと、その販売ルールやショップの規約等も日本語ではなく、外国語で明記していく必要が出てくるわけです。

 

そうなると、中途半端な語学力ではその細かいニュアンスを伝えづらく、予期せぬトラブルに発展する可能性も十分に考えられます。

 

そのような理由からも、海外向けネットショップはかなり難易度が高いものとなっており、

 

英語やその外国語がネイティブレベルではない限りは、国内向けネットショップを選ぶべき

 

という事が言えるわけです。

 

では、海外向けネットショップは、英語やその外国語がネイティブレベルじゃないなら、開業したら駄目なのか?

 

いえ、語学がネイティブレベルじゃないからといって、開業が駄目という事はありません。

 

むしろ、国内向けのネットショップよりも海外向けのネットショップの方がマーケットが広いため、海外向けネットショップを開業する価値は十分にある、という事が言えます。

 

ただし、英語や外国語がネイティブレベルではない限り、

 

言葉の壁に苦労したり、開業により多くの労力がかかる

 

という事は避けては通れないと思います。

 

その為、自分自身がその語学力に自信がないのであれば、語学力の高い人を雇ったり、パートナーにしたりするのがおすすめです。

 

ただし、まだ売れるかも分からないその海外向けネットショップに、最初からそのように人を雇ったりするのはリスクがあると思います。

 

ですので、どうしても海外向けネットショップを開きたいのであれば、

 

まず最初に国内向けネットショップを開業して収入の基盤を作り、海外向けネットショップに挑戦できるだけの余裕を作った上で、それに挑戦していく

 

という方法が理想的だと思います。

 

そうする事で、仮に海外向けのネットショップに手こずったとしても、国内向けネットショップからの収入はあるのでそれほど困りませんし、もし海外向けネットショップが成功したら、その分収入も増える事になります。

 

今までの流れをまとめると、ネットショップをこれから開業するならば、

 

英語やその外国語がネイティブレベル→国内向け・海外向け、どちらでもいい

それ以外の場合→国内向けを選ぶべき

 

という事が言えます。

 

語学力に自信がなければ、国内向けネットショップの仕入先も「海外」は避けるべきか?

 

この疑問に関しては、

 

「語学力に自信がなくても、仕入先は「海外」で問題ない」

 

という事が言えます。

 

むしろ、国内向けネットショップで扱う商品は、すべて輸入商品にすべきです。

 

その理由は、以下の記事で解説していますが、

 

こちらの記事で解説→ネットショップの商材は、どこから仕入れるべきか。

 

やはり、輸入商品のネットショップの方が儲かるからですね。

 

そして、なぜ語学力に自信がなくても、仕入れは「海外」で問題ないのかというと、

 

海外から「仕入れる」場合は、こちら側(私たち)がお客さんの立場になるため、多少間違った英語でも必死に意味を理解しようとしてくれるから

 

というのがその理由です。

 

要するに、あちら側(海外の仕入先)は、その商品を「売りたい」わけです。

 

その為、こちらが多少くずれた英語や、文法的に間違った英語を送っても、必死に理解しようと努めてくれるんですね。

 

ですので、語学力に自信がなくても、「Google自動翻訳」で翻訳したような英語で十分に仕入れが可能という事です。

 

こちらが「販売」という立場を取るなら、それなりの語学力が必要になりますが、こちらが「仕入れ」という立場を取るなら、語学力はほとんど必要ないわけです。

 

ちなみに、海外向けネットショップを運営するなら、その販売先によっては英語以外の外国語を使う必要も出てきますが、単に海外を「仕入先」とするだけならば、ほぼ全ての国が「英語」でやり取り可能です。

 

ですから、英語以外の言葉を使う機会もほぼありません。

 

そのような事もあり、国内向けネットショップを開業・運営するのであれば、

 

たとえ語学力に自信がなくても、仕入先は「海外」で問題ない

 

と言えるわけで、むしろ海外仕入れの方が儲かるわけですから、

 

販売先は国内でも、仕入先は積極的に「海外」にすべき

 

という事が言えます。

 

 

以上、ここまでが、

 

国内向けネットショップと海外向けネットショップ、どちらを選べばいいのか?

 

という内容のお話になります。

 

これからネットショップの開業をお考えでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。