ゆのきちです。

 

ヤフオクに商品を出品する際には、

 

「オークション形式」

「定額出品」

 

この2つの販売方法のどちらかを選ぶ事になりますが、本日お話ししていくテーマは「オークション形式」に関するもので、その「オークション形式」という方法の中でも、

 

1円スタート出品

 

これに関して掘り下げていきたいと思います。

 

文字通り、「1円」に価格を設定して出品し、入札によって価格を競り上げていくのを目的とした出品方法ですね。

 

巷では、

 

「ヤフオクは1円出品スタートの方が高く売れる」

 

なんて噂もチラホラとありますが、果たしてその真相はどうなのか。

 

本当に高く売れるのか?

 

そのあたりについて詳しく触れていきます。

 

それでは早速いってみましょう。

 

ヤフオクの1円出品って、ぶっちゃけどう?意味ある?稼げる?

 

この1円出品ですが、結論から言ってしまうと、

 

商品次第では、やはり1円出品の方が高く売れる傾向にある

 

という事になってきます。

 

ヤフオクに出品する商品によっては、1円出品の方が落札価格が高くなり、結果的により稼げるわけですね。

 

ですからその使い方によっては非常に意義のある出品方法だという事。

 

ただし、商品によってはその1円出品が仇となり、結果的に赤字になってしまう事も実はあります。

 

思うように価格が競り上がらずに落札されてしまうというケースですね。

 

では、どのような商品が1円出品に向いていて、どのような商品が1円出品に向いていないのか?

 

それをこれからお話ししますが、その前にまず、

 

なぜ商品によっては1円出品の方が高く売れるのか?

 

その理由をお話ししたいと思います。

 

実はその理由を理解する事が、1円出品に向いている商品とそうでない商品を判断する上で重要になってくるからです。

 

商品次第では1円出品スタートをした方が高く売れる理由

 

この理由としてはいくつかありますが、

 

 

・ヤフオクは価格が安いほど商品が上位に表示される仕組みなので、それによってアクセスが集まりやすいから

 

・1円で出品すると「なぜこの価格?」と人に注目されやすくなり、結果的にアクセスが集まりやすいから

 

・入札がたくさん入りやすいため、その入札件数の多さからその商品が目立ちやすくなり、それゆえアクセスが集まりやすいから

 

・一度入札するとその商品を手に出来ない事に損失感情が生まれ、入札合戦に発展しやすく、結果的に価格が予想以上に競り上がる事になるから

 

 

などなどが挙げられます。

 

前半の3つの理由は、「アクセスが集まりやすい」という視点になっていますが、ユーザーが多く集まれば集まるほど、入札が入る確率が高くなりますので、その結果として価格が競り上がりやすくなる可能性が高いのは言うまでもないと思います。

 

要するに、この1円出品スタートとは、

 

入札合戦による価格の競り上がり

 

を目的とした出品方法であり、それが結果として、普通に出品するよりも高い価格で落札される事につながっていくわけです。

 

人間の習性として、一度でも入札という行動を取ってしまうと、「どうしてもこれを手に入れたい」という感情が芽生えるので、それがその人の理性に影響を及ぼし、当初予定していた予算よりも高い価格でも入札して商品を購入してしまう。

 

まさにそこを逆手に取ったとも言える出品戦略なんですね。

 

あなたがもしオークションでお買い物をした事があるとしたら、一度くらいはそういった感情に見舞われた事はあるのではないでしょうか?笑

 

とまあ、そこは置いといて、実際よくあるのが、

 

「今まで3,980円で出品しても全く売れなかった商品が、1円出品にしたら当初の3,980円よりも高い価格まで競り上がって落札された」

 

というようなケースです。

 

こういったケースは実際に結構ありますが、これはまさに1円出品の「恩恵」を受けていると言えます。

 

ただし、このように1円出品が「成功」する商品に共通しているのが、

 

その商品に大きな需要がある

 

という点です。

 

需要があるからこそ、初めてその商品に群がるように入札が入るわけだからです。

 

その逆に、大して需要のない商品はそこまで入札が入る事もなく、1円出品しても価格が競り上がらずに赤字で落札されるという可能性があります。

 

要するに、こういった需要がある商品こそが1円出品に向いている商品という事ができ、需要のない商品は1円出品に向いていないという事が出来るんですね。

 

需要がある商品→1円出品向き

需要がない商品→1円出品向きでない

 

という事になります。

 

とはいえ、ただ単に需要が「ある」か「ない」かだけでは抽象的すぎると思うので、具体的なその需要の判断基準を今からお話ししていきます。

 

1円出品に向いているか向いていないかを見分けるための具体的な判断基準

 

これには「オークファン」を利用して判断する事になります。

 

とはいえ、主にチェックするのは入札履歴のみですので、その方法も非常にシンプルです。

 

具体的には、需要を調べたい商品の落札結果のページから、以下のように「入札履歴」をクリックします。

 

↓↓

 

上記がヤフオクユーザーによる入札履歴になります。

 

ご覧いただければお分かりになると思いますが、10人のヤフオクユーザーから入札が入り、それによって価格が競り上がっています。

 

よって、この商品は商品は需要が大きいと判断できるので、「1円出品に向いている」と言えます。

 

こんな感じで複数のヤフオクユーザーからの入札にて価格が競り上がっているようであれば、それは1円出品向きの商品と考えていいでしょう。

 

ただ、この入札履歴自体がもし2人のユーザーによって競り上げられたものであった場合、それは1円出品は控えた方がいい商品です。

 

つまり1円出品に向いていない商品という事。

 

なぜなら、たった2人だけで入札合戦が行われていたとしても、その商品が本当に需要が大きいかどうかは分からないからです。

 

その2人「だけ」が欲しい商品なのかもしれませんからね。

 

ですから、そのような商品は1円出品しても、思うように価格が競り上がらず、赤字になってしまう可能性も高いと思います。

 

その為、最低でも3人以上のヤフオクユーザーで入札合戦が行われているような商品でなければ、1円出品をする必要はありませんし、むしろ1円出品は避けた方がいいでしょう。

 

例えば以下のような感じですね。

 

 

上記の商品は、入札の「総数」こそ11件と多く感じますが、ふたを開けてみると実際は2人のユーザーによる入札で価格が競り上がっているだけなので、需要としてはイマイチかなと思います。

 

この2ユーザーだけが欲しかった商品である可能性もあるので、次にまた同じようにこの商品を1円出品をしても、ここまで価格が上がるかといえば、そうでないかもしれません。

 

もちろん、他にも欲しいと思うヤフオクユーザーがいるものの「たまたま」この商品の開催期間にこの商品を見ていなかった、という可能性もあるわけですが、念のためということで、このような商品は1円出品ではなく、「定額出品」で販売すべきですね。

 

このようにして、入札履歴を見る事でその商品の需要が把握できますので、それによって1円出品を「する」か「しない」かを決めていけばいいと思います。

 

3人以上のユーザーで競り上がっている商品→1円出品OK

2人以下の入札しかない商品→1円出品NG(どんなに入札総数が多くてもNG)

 

目安としてはこんな感じですかね。

 

私の意見としては、1円出品ができる商品は、どんどん1円出品をしていった方がいいと思っています。

 

その方が高く売れる可能性が高いですし、どんな価格にしろ商品も確実に売り切る事ができるからです。

 

まれに需要のある商品でも1円出品で赤字になる事もありますが、他の商品とのトータルの結果で黒字になっていればビジネスとしては上手くいっているわけですから、恐れずに1円出品を使っていくべきです。

 

その方が資金の回転も早く、商品によっては価格がかなり競り上がるので、仮に赤字の商品が出てきたとしても、それを補って余りあるメリットがあるからです。

 

ぜひ、そのあたりを参考にヤフオクに取り組んでみてください。

 

以上、ここまでが、

 

ヤフオクの1円出品って、ぶっちゃけどう?意味ある?稼げる?

 

というテーマでのお話でした。

 

あなたのビジネス成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

>>ヤフオク転売講座一覧へ

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found