ゆのきちです。

 

このブログを運営していて、比較的よく頂くご質問として、

 

「ヤフオクで何かを転売してお金を稼ぐのって、もしかして違法だったりしますか?」

 

という質問があります。

 

イメージの問題なのか分かりませんが、どうやらヤフオクで「お金儲け」をする事に何らかの「後ろめたさ」みたいなものを感じられている方が一定数いらっしゃるみたいなんですね。

 

ただこれは明らかに単なる思い込みに過ぎません。

 

結論から申し上げますと、ヤフオク転売は全くもって違法ではないんです。

 

「転売」というのは「安く買って高く売る」というビジネスの事ですが、その転売という行為自体にそもそも違法性は一切ありません。

 

ですので「ヤフオク転売」と言っても、結局はその転売を「ヤフオクで行う」というだけのものなので、

 

「転売をしてお金を稼ぐのは違法じゃない = ヤフオクで転売してお金を稼ぐのも違法じゃない」

 

という事が言えるわけです。

 

ただし、ここで注意しておきたいのが、

 

ヤフオクで商品を転売する際、場合によっては違法になる事がある

 

という事です。

 

そのため、本日はヤフオクで転売してお金を稼いでいこうと思っている方や、すでにヤフオク転売を実践している方のためにも、

 

ヤフオク転売で違法にならないためのポイント

 

というのをテーマにお話していこうと思います。

 

それでは早速行ってみましょう。

 

ヤフオク転売で違法にならないためのポイントとは?

 

先ほどもお伝えしましたが、そもそも「ヤフオク転売」と言っても転売というビジネスを「ヤフオクで行う」というだけのものです。

 

ですので結局は、

 

転売での違法行為 ⇒ ヤフオク転売での違法行為

 

という事になりますね。

 

ですから、ヤフオク転売でお金を稼ぐ上で、そのヤフオク転売が違法にならないようにする為には、

 

転売自体でどんな行為が違法になるかを理解し、その違法行為をしない

 

という事を心掛ければいいだけなんです。

 

では、まずどんな行為が「転売」で違法にあたるかというと、以下の3つが主に挙げられます。

 

・古物商許可証を持っていないのに中古品を転売する

・チケット転売等の、いわゆる「ダフ屋」行為

・法律で禁止されている物品の転売

 

普通にヤフオク転売をして利益を上げる分には問題ないのですが、上記の3つのいずれかに該当する場合、その転売自体が違法になるわけですから、当然それをヤフオクで行う場合も違法となってしまうわけです。

 

ですから、その3つに該当しないように転売を行う事が同時に、ヤフオク転売で違法にならないためのポイントになってくるわけですね。

 

では、違法転売の原因となるその3つに関して、掘り下げて説明していきたい思います。

 

古物商許可証を持っていないのに中古品を転売する

 

この古物商許可証というのは、いわば「中古品を販売する為の免許」のようなものです。

 

ですので、その古物商許可証を持たないまま中古品を転売するのは残念ながら違法となってしまいます。

 

これは車の運転免許を持ってないのに車を運転するようなものです。

 

中古品を販売する免許を持っていないわけですから、当然ですがそんな状態で中古品の転売をしても違法になってしまうんです。

 

ただし厄介なのが、この古物商許可証を取得するのは結構面倒だったりするという事。

 

古物商許可証は、取得するのに2万円近い金額がかかりますし、そのために用意する必要書類も多く、申請してから取得完了まで40日~60日前後の日にちを要するのが通常です。

 

とはいえ、古物商許可証の取得が面倒だからといって、古物商許可証「なし」で中古品を転売すると、最悪の場合、

 

『懲役3年または100万円以下の罰金』

 

が課せられる事もあります。

 

これは笑い事では済まされないので絶対に避けておきたいところ。

 

真っ当にビジネスをしているつもりが、古物商許可証の必要性を知らずに転売していたというだけの理由で逮捕されてしまっては、たまったものじゃないですよね。

 

ただしそんな実情をお伝えしても、

 

「古物商許可証を取得するのが面倒です!でも中古品も転売したいんです。」

 

と思われる欲張り?な方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。(笑)

 

まあ確かにその気持ちは分かります。

 

中古品の転売って儲かるイメージがあると思いますし、実際に中古品の転売は儲かる傾向にあるからです。

 

というよりも、新品「しか」転売できないと中々稼ぎづらいという事もありますよね。

 

やはり新品商品「だけ」でなく、中古品商品「も」転売してこそ、より利益を最大化する事ができるわけです。

 

しかしそれを踏まえても、やはり古物商許可証を取得するのは面倒と思われている方も、少なからずいらっしゃるのではないかと思います。

 

では、何か良い方法はないのでしょうか?

 

実はそれがあるんです。

 

というのも、

 

古物商許可証を取得せず、『合法的』に中古品を転売する方法

 

があるわけなんですね。

 

その肝心の方法ですが、この記事の最後の方で説明しますので、まずはこのままこの記事をお読みいただければと思います。

 

その方法こそが今回のお話の「キモ」となる部分でもあるのですが、残り2つの転売での違法行為もしっかりと目を通してほしいので、あえてこの記事の最後でそれを示していきますね。

 

どうぞこのままお付き合いください。

 

【※この件の一応の補足】:せどりや国内転売に「古物商許可証」が必要というのは、果たして本当か?また、その抜け穴とは?

チケット転売等の、いわゆる「ダフ屋」行為

 

このダフ屋行為というのは、チケットを「転売目的」で入手し、そのチケット類を買えなかった人等に対して正規料金よりも高値で売りさばく行為の事ですね。

 

すでに手に入らないチケットなので、正規料金よりも高くてもそれでも欲しいという人は一定数存在します。

 

そのような心理を利用して、チケット類をあらかじめ買い占めて、後々に高値で売りさばいていくのがダフ屋行為になります。

 

そんなダフ屋行為ですが、「迷惑防止条例」という条例で禁止されていますので、それをやると当然の事ながら違法になってしまいます。

 

ダフ屋行為で逮捕された人は過去に何人もいて、ニュースになったりしてますので、そのような行為は絶対にやめましょう。

 

ちなみに、「転売目的」で購入したチケットではなく、自分で利用するつもりで買ったチケットが、たまたま不要になってオークションに出品する分にはダフ屋行為にはあたらないそうです。

 

ただし、転売目的ではないからといってチケットをヤフオクで何枚も処分するのも、あらぬ疑いをかけられる可能性も考えられます。

 

ですので、チケット自体をヤフオクで転売するのはやめたほうがいいかなと思います。

 

法律で禁止されている物品の転売

 

これに関して言えば当然ですが、法律で禁止されている商品の転売は違法ですし、それがヤフオク上であってももちろん転売は違法になります。

 

法律で禁止されている物品とは、例えば、「銃」や「麻薬」、「偽造プリペイドカード」など、「明らか」に販売したら駄目なようなものなので、そのあたりは言うまでもないと思います。

 

そういった商品はどの場所で転売しようと、またそれがヤフオクであっても、例外なく違法になりますので絶対にやめましょう。

 

ただ、ここからが重要なポイントです。

 

たとえ普通に転売する分には法律違反にならなかったとしても、

 

ヤフオクで転売する事が、ヤフオクの規約上で禁止

 

とされているものがあるからなんです。

 

そのようなヤフオク独自で転売を禁止している商品に関しては、たとえ転売しても逮捕される事は基本的にありませんが、「ヤフオク上では」問題があったりします。

 

どんな問題かというと、ヤフオクのアカウントが停止されたりする事があるんですね。

 

「法律ではOKでも、ヤフオクでは出品が禁止されているもの」

 

そのようなものをヤフオクに出品し転売すると、アカウントの停止によってヤフオクでのビジネスが難しくなるので、そのような商品も転売しないように注意しましょう。

 

具体的には、「賞味期限の近い食品」や「不衛生な使用済み商品」など、そういった何かトラブルが発生しうる商品が主にヤフオクでの転売が禁止されています。

 

なお、この他にも転売が禁止されている商品があるので、詳しくは以下のURLから確認できます。

 

・ヤフオクでの出品禁止物について
http://guide.ec.yahoo.co.jp/notice/attention/type/prohibition-goods.html

 

参考にしてみてください。

 

法律的には転売OKだとしても、ヤフオクが転売NGと定めているものを転売してしまうと、ヤフオクアカウント停止の危険性があるので、注意するようにしてください。

 

それでは最後に、先ほどお伝えしていた、

 

古物商許可証を取得せず、『合法的』に中古品を転売する方法

 

これをお伝えして本日のお話は終わりにしたいと思います。

 

最後に:『合法的』に、古物商許可証を持たずに中古品を転売するには?

 

この記事でもすでに述べていますが、中古品を転売する場合、通常であれば「古物商許可証」が必要になります。

 

もしその許可証を持っていなければそれを取得すればいいだけの話なのですが、取得に費用がかかったり、必要書類も多く、色々と面倒というのが正直なところ。

 

とはいえ、新品だけ転売していても中々稼ぎづらいのも事実。

 

中古品の転売市場の規模は大きく、中古品「も」転売してこそ、さらに大きく稼ぐことができるからですね。

 

では、やはり転売で稼いでいくために面倒でも古物商許可証は取得すべきなのか?

 

実は、そんな事はなく、古物商許可証を取得しなくても「合法的」に中古品を転売する方法があるんですね。

 

その方法というのは実に単純なもので、

 

「日本ではなく、海外の中古品を転売する」

 

という方法になります。

 

これはいわゆる、

 

「輸入転売ビジネス」

 

と呼ばれているビジネスですね。

 

実は、中古品を転売する際に「古物商許可証」が必要になる場合というのは、「国内」から中古品を仕入れた場合のみなんです。

 

「海外」から商品を仕入れた場合は、例えそれが中古品であろうと、転売するにあたって古物商許可証は必要「ない」というわけなんですね。

 

ですので、転売ビジネスの仕入れ先を海外に向けてみるだけで、古物商許可証を取得する必要もなく、堂々と中古品を転売できるという事。

 

なお、海外からの輸入仕入れといっても何も難しい事はありません。

 

普通にネットで「買い物」をする感覚で、複雑なやり取りも一切必要なく日本まで商品を輸入する事ができるからです。

 

例えばヤフオクで転売する場合、海外オークションの「ebay(イーベイ)」からの仕入れがオススメなのですが、その場合もただ単純にebayから商品を「落札」してあげるだけで仕入れ可能です。

 

「ebay」は出品されている商品数が非常に豊富で、転売で稼げる商品が多数眠っており、ヤフオク転売で稼ぐための仕入れ先として、非常におすすめな仕入れ先の一つなんですね。

 

海外サイトからの商品仕入れは、当然「英語」を利用する事になりますが、GoogleクロームというWEBブラウザの「自動翻訳機能」を利用すれば、英語ができなくても全く問題ありません。

 

そのような事もあり、海外から商品を輸入して転売する「輸入転売ビジネス」というものは、想像以上に簡単なわけです。

 

ですので、もしあなたが、「新品の”商品”だけでなく”中古品”も転売して更に利益を大きくしたい!」とお考えでしたら、

 

イチから古物商許可証を取得するよりも、海外から中古品を仕入れて転売する方がよっぽど簡単だし楽である

 

という事が言えます。

 

古物商許可証を取得するのに時間をかけるよりなら、今すぐにでも海外から商品を仕入れて販売した方が確実に効率よく稼げる。

 

少なくとも私はそう思います。

 

また、人口の数を考えれば当たり前ですが、国内の中古品市場よりも、海外(世界)の中古品市場の方が規模が断然大きいため、転売で稼ぐための仕入れ先としても海外の方が断然有利です。

 

『でも輸入転売といっても、具体的にどうやって転売して稼いだらいいの?』

 

と思うかもしれませんので、そんなあなたのために「無料メルマガ講座」というものを用意しています。

 

>無料メルマガ講座はこちらから

 

この無料メルマガ講座では、輸入転売で具体的に稼いでいくための手順や、輸入転売で儲かるお宝商品情報などを分かりやすくお伝えしています。

 

すでに輸入転売をされている方にとっても収入アップのヒントになるはずですし、輸入転売をまだ始めていない方にとっては、その教科書となるようなメルマガです。

 

輸入転売ビジネス未経験の方が最短で月収10万円を獲得するノウハウから、最終的には月収100万円を目指してもらうノウハウまで、具体的に解説をしていくメルマガ講座になります。

 

メルマガの登録や購読はもちろん無料。

 

この機会にぜひ無料で学んでみてください。

 

>無料メルマガ講座はこちらから

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

【関連記事】:せどりや国内転売に「古物商許可証」が必要というのは、果たして本当か?また、その抜け穴とは?

 

>>ヤフオク転売講座一覧へ

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます