ゆのきちです。

 

あなたは輸入転売ビジネスをしていて、こんな経験をした事はありませんか?

 

「転売して稼げる商品見つけたけど、日本まで送ってくれないじゃん!」

 

そう、稼げる商品を見つけたからそれを仕入れたいのに、日本まで発送してくれなくて仕入れを諦めてしまったような悲しい経験、一度くらいはあるのではないでしょうか。

 

もしくは、今まさに丁度そんな悩みと戦っていて、藁にもすがる思いでこの記事にたどり着いたのかもしれません。

 

そこで早速、

 

「日本に送ってくれない商品を日本に送ってもらう方法」

 

についてお伝えしたいと思います。

 

今回は「ebay」の画面を用いてその方法を解説していきますが、海外ネットショップや海外アマゾンでも、基本的に今回と同じ方法で対応できます。

 

ですので、それらのようなショップからの輸入をされている方でも、ぜひこのまま読み進めてみて頂ければと思います。

 

日本へ発送不可の商品を輸入する方法

 

そのような商品を日本まで送ってもらう場合、大きく分けて以下の2種類の方法があります。

 

・販売者(出品者)に、日本まで直送してくれるよう交渉する

・転送会社を利用する

 

まずは販売者に日本まで直送するように交渉してみて、「無理だった場合」 or 「送料が高すぎる場合」に転送会社を利用する事にしましょう。

 

転送会社を利用するのは少々手間がかかりますし、直送よりも商品到着までに時間がかかってしまうため、販売者から直送してもらえる事に越したことはないからです。

 

それでは、その二つの方法を掘り下げて説明していきます。

 

販売者(出品者)に、日本まで直送してくれるよう交渉する

 

例えば、以下の商品を日本に直送してくれるように交渉するとします。

 

 

「Shipping」のところが、「May not ship to Japan」となっていて、日本へ発送が不可の状態です。

 

この出品者に交渉するために、まずは出品者にコンタクトする必要があります。

 

商品ページの商品説明文の下あたりの、『Ask a question』のテキストをクリックしてください。

 

 

↓↓

 

 

↓↓

 

 

「Contact the seller」をクリックすると、以下の画面に切り替わります。

 

 

メッセージを入力する欄には、

 

Hello. I am interested in this item. Can you send it to Japan?
If it is possible, how much is the shipping to Japan? Thank you.

(こんにちは。あなたの商品に興味があります。この商品を日本まで発送してもらう事は可能ですか?
もし可能なら、日本までの送料はいくらになりますか?)

 

このように入力しておきましょう。

 

その下の入力スペースには、左側の数字の列を入力します。
(セキュリティの都合)

 

最後に、一番下の『Send』ボタンを押せば、入力したメッセージが出品者に届きます。

 

あとは出品者からの返信を待つだけの形となりますが、ここで考えられるケースとしては、

 

・そもそも返信してくれない

・返信はしてくれたけど、日本への発送には応じてくれない

・日本へ発送してくれるけど、送料が高すぎて利益が出なくなる

 

というケースです。

 

なお、返信も英語で来るので、英語が苦手な方は「Google自動翻訳」や「エキサイト翻訳」等の翻訳サイトで英語を日本語に変換してみてください。

 

そもそも、この直送の交渉は毎回成功するわけではないので、直送が難しいのでれば無理にこれ以上交渉する必要はありません。

 

そんな時の手段として、「転送会社」というものがあるわけですから、それを利用するだけの話だからです。

 

転送会社についての補足は、この後にこの時期で説明していますので、このまま読み進めて頂ければと思います。

 

ちなみに、出品者に交渉した結果、日本まで直送OKで送料も予算内だった場合ですが、以下の手順で商品を購入する流れになります。

 

日本への直送交渉に成功した場合の流れ

 

1、商品ページから通常通り「Buy It Now」ボタンをクリックして支払い手続きに進む。

2、支払い手続きに進むと、以下のような表示になるので、「requesting total」をクリック。

3、以下の画面にて「Sumit request」ボタンをクリックする。

 

こうする事で、日本までの送料を含めた合計金額に訂正してくれるので、出品者側による金額の訂正が終わったら、後は普通に支払いを済ませるだけです。

 

それでは、次に「転送会社」に関して説明していきます。

 

直送の交渉に失敗した場合でも、「転送会社」を利用する事で日本まで送ってもらう事が可能になります。

 

転送会社を利用する

 

転送会社というのは、「転送サービス」とも呼ばれていて、その文字通り、海外の商品を日本まで転送(発送)してくれる会社の事です。

 

例えば、ebayで日本直送不可の商品を輸入しようとした場合、転送会社を利用する事で、

 

「ebayの出品者→転送会社→あなた」

 

という流れで商品を受け取る事が可能になります。

 

転送会社と言っても、そのほとんどが「個人輸入向け」のサービスになっているので、一商品からでも気軽に利用できるところばかりです。

 

この転送サービスを提供している転送会社は、世界各国に存在していますが、

 

その商品の発送元の国にある転送会社を利用する

 

というのが基本的な利用方法になってきます。

 

例えば今回の商品の場合、商品の発送元がアメリカになっているので、このような場合はアメリカの転送会社を利用するといった形ですね。

 

ちなみに、ebay輸入をするのであれば、出品地域がアメリカである事が大半ですので、必然的にほとんどがアメリカの転送会社を使う事になると思います。

 

アメリカの転送会社(転送サービス)として、輸入転売プレイヤーに人気なのは、

 

・My US

・スピアネット

 

この二つが挙げられます。

 

どちらの転送サービスも長年の実績があるので、安心して利用できるはずです。

 

なお、そのどちらを選ぶかは人それぞれですが、状況によって使い分けていくのもありだと思います。

 

というのも、一度に転送する荷物の数が少ない時は「MYUS」の方が安く転送できる傾向にありますが、一度の転送の荷物数が多いと「スピアネット」の方が安上がりな傾向にあるからです。

 

ただし、そこまで費用に大きな差はありません。

 

また、「MYUS」はやり取りの全てが「英語」なのに対し、「スピアネット」は「日本語」でやり取り可能。

 

そういう意味では、特に最初のうちは「スピアネット」が使いやすいかなと思います。

 

ちなみに、ゆのきちが普段利用している転送会社もスピアネットです。

 

参考にしてみてください。

 

なお、転送会社を利用するためには、基本的に利用登録を済ませておく必要がありますが、この記事ではその方法は省略します。

 

転送会社の利用登録をすると、「その国の住所」があなたに付与される事になります。

 

「MYUS」や「スピアネット」の場合は、アメリカの住所が手に入るという事です。
(アメリカの住所を持ってるって、少しカッコイイですね 笑)

 

あとはその住所をebayの配送先住所に登録して、ebayで通常通り商品を購入するだけです。

 

ebayの出品者は、その登録された「アメリカの住所」に商品を発送するので、一旦はその転送会社がその商品を受け取る形になります。

 

そうしたら、それぞれの転送サービスでそれぞれ必要な手続きをして、日本に発送してもらう事でその商品を輸入する事ができます。

 

転送会社の利用方法は、転送会社ごとに違いますので、詳しくはそれぞれのサイトをご覧になってみてください。

 

 

以上、ここまでが、

 

「日本に送ってくれない商品を日本に送ってもらう方法」

 

というものを解説した記事になります。

 

この方法を利用するだけで、この方法を知らない他のライバルよりも一歩先に出る事が可能です。

 

今回はebayを例に用いて解説しましたが、海外アマゾンや海外ネットショップで直送不可の商品を輸入する際も、方法は基本的に同じです。

 

出品者(販売者)にコンタクトを取る方法こそ違うものの、交渉の流れも一緒ですし、交渉に失敗した場合でも、転送会社から付与された住所を配送先住所にして商品を送ってもらうだけですね。

 

ぜひ挑戦してみてください。

 

あなたのビジネスの成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます