ゆのきちです。

 

本日ご紹介していくのは、輸入ビジネスの「仕入先」として利用するサイトの一覧です。

 

輸入転売ビジネス未経験の方にこれを話すと、意外とビックリされるのですが、輸入転売ビジネスは現地に行かなくても、家に居ながらネットだけで商品を仕入れることができるんですよね。

 

という事で、海外からネットで商品を仕入れる時の仕入先サイトをこれからお伝えしていきます。

 

ただし、一言に輸入ビジネスの仕入れ先サイトをお伝えすると言っても、この記事を見てくださっている方はおそらく、

 

「仕入れたい商品は決まっているけど、どの仕入れ先がベストなのか」

「どんな商品を仕入れたらいいか分からないから、まずは仕入れ先を見てヒントを得たい」

 

このどちらかの目的をお持ちになってご訪問してくださった方が多いのではないかと思います。

 

この記事は、そのどちらの方にも役立つ内容にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは早速いってみましょう。

 

輸入転売で「仕入れ」に利用するサイト一覧

 

今回ご紹介する仕入先のサイトですが、ゆのきちが推奨している「欧米輸入」を実践するための仕入先サイトになります。

 

欧米輸入とは、アメリカやヨーロッパから商品を輸入して転売するビジネスの事ですね。

 

その欧米輸入とは別のメジャーなビジネスとして、中国から輸入する「中国輸入」というビジネスもありますが、今回は「欧米輸入」の仕入先サイトにフォーカスしていきたいと思います。

 

では、早速その答えに移っていきますが、輸入ビジネスの仕入先に利用するサイトは主に4種類あります。

 

・ebay

・各国のアマゾン

・Etsy

・海外ネットショップ

 

この4種類なんですね。

 

これから、この4種類の仕入れ先を掘り下げて説明していきたいと思います。

 

ebay

 

言わずと知れた、世界最大のオークションサイトのebay(イーベイ)。

 

・ebay:http://www.ebay.com
・相性のいい販路:ヤフオク

 

ebayは、世界中のありとあらゆる商品が出品されているサイトです。

 

オークションサイトではあるものの、入札して購入する商品だけでなく、決められた価格で普通の買い物のように購入できる商品も出品されています。

 

このebayに出品されている商品を購入する形で、仕入れサイトとして利用するわけです。

 

ヤフオクで販売されている海外のアンティーク商品は、大体このebayで仕入れ可能だったりします。

 

ちなみにebayは規模が非常に大きなオークションサイトで、ヤフオクの10倍以上の流通総額があります。

 

ですから、この先もebayが仕入先として飽和する事は、まず考えられません。

 

腰を据えて付き合っていきたい仕入れサイトです。

 

各国のアマゾン

 

日本でも非常に有名なあのアマゾン(Amazon)ですが、本社があるアメリカやここ日本だけでなく、世界各国にもアマゾンは存在しています。

 

そんな世界各国のアマゾンの中で、欧米圏に存在するアマゾンをそれぞれ仕入れ先のサイトとして利用するわけです。

 

・アメリカアマゾン:http://www.amazon.com
・カナダアマゾン:http://www.amazon.ca
・イタリアアマゾン:http://www.amazon.it
・スペインアマゾン:http://www.amazon.es
・フランスアマゾン:http://www.amazon.fr
・イギリスアマゾン:http://www.amazon.co.uk
・ドイツアマゾン:http://www.amazon.de
・相性のいい販路:日本アマゾン、ヤフオク

 

イタリアアマゾンであればイタリア語、フランスアマゾンであればフランス語と、それぞれの国によってサイトで表示される言語は違います。

 

ただ、GoogleクロームというWEBブラウザの自動翻訳機能を使えば日本語に翻訳可能ですし、商品の購入の仕方は、基本的にアマゾンは世界共通なので、仕入れは全く難しくありません。

 

Amazonは新品商品においては、同じ商品でもebayよりも安く仕入れる事ができるケースも多かったりします。

 

それと、日本Amazonで売られている「輸入商品」は、欧米圏のAmazonをリサーチしていると見つかる事が多いです。

 

ですので、日本Amazonを見ていて、「この商品仕入れたら儲かるかな」と思った時は、そういった海外のAmazonをリサーチしてみると良いでしょう。

 

思わぬ発見があるかもしれません。

 

また、ebayと同様、Amazonは非常に規模が大きいので、仕入れ先のサイトとして今後飽和する事も、まずないはずです。

 

安心して利用してみてください。

 

Etsy

 

このEtsy(エッツィ)は前述したebayやアマゾンとは違い、どちらかというと規模はそこまで大きくないサイトになります。

 

ただし、このEtsyは、「世界中のハンドメイドのアイテムが売買できるマーケット」というコンセプトで、そのユニークさからも急成長しているプラットフォームなんですね。

 

世界中のアーティストの手造りのアイテムやアートが入手可能なサイトです。

 

・Etsy:https://www.etsy.com/
・相性のいい販路:ヤフオク

 

Etsyは、ebayやアマゾンと比べて仕入れ先としてもマイナーな存在なので、実は穴場的なサイトだったりします。

 

それでも、日本で転売して儲かる商品はきちんと存在していて、ヤフオクなんかで転売しているアンティークっぽい商品がebayになかった場合、実はこのEtsyから仕入れ可能だったという事も結構あります。

 

また、こういったライバルの少ない穴場的なサイトほど、利益率が高い商品が眠っていたりするので、要チェックの仕入れ先サイトです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

海外ネットショップ

 

ここでいう海外ネットショップとは、ebayやAmazon等のプラットフォームには所属せず、自前のサイトで商品を販売している海外のネットショップの事です。

 

日本で言えば、楽天市場やヤフーショッピングに出店せずに、自前でサイト構築して販売しているようなネットショップですね。

 

そしてこの海外ネットショップですが、世界中に数え切れないほどの数が存在しています。

 

ですので、「どのネットショップを仕入れ先として利用すべきか」というものは特にありません。

 

それこそ、仕入れたい商品によって、どの海外ネットショップから仕入れるのかを自ら探していく必要があります。

 

一見すると仕入れ先を探すのは大変そうですが、それはあながち間違っていません。(笑)

 

ただし、同じ商品でもebayやAmazonよりも安く仕入れる事ができるショップも結構あったりしますので、それを見つけてしまえばこっちのものといった感じです。

 

ですから、仕入れ先として海外ネットショップを利用する、ひいては優良な海外ネットショップを探していくというのは、労力をかける価値は十分にあると思います。

 

では、どうやってそのような海外ネットショップを見つけていくのかというと、海外のGoogleを利用してネット検索していく流れになります。

 

その具体的な流れの解説は、以下の別記事で解説していますので、気になるようであれば目を通してみてください。

 

別の記事:輸入ビジネスで商品を最安値のショップから仕入れる方法(準備中)

 

以上、ここまでが、

 

輸入転売で「仕入れ」に利用するサイト一覧

 

というテーマでのお話でした。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます