ゆのきちです。

 

私が輸入ビジネスを教えているコンサル生さんから頂く質問の中でも、比較的多いのが、

 

「どのくらいの利益率を目安に転売したらいいですか?」

 

という類の質問です。

 

どうやら商品を仕入れる際に、この「利益率」を基準にして、仕入れるかどうかの判断をしている方が多いみたいなんですね。

 

まあ、そのように利益率を基準にして仕入れの判断をする事は、転売ビジネスにおいて確かに重要な事だと思いますので、そういった質問をされる方に対しては、「イイ線行っているな」と感じていますね。

 

と、少し話は逸れてしまいましたが、本日はその目安となる利益率に関してお話をしていきたいと思います。

 

題して、

 

「輸入転売で狙うべき「利益率」の目安とは?」

 

です。

 

それでは早速いってみましょう。

 

輸入転売で狙うべき「利益率」の目安とは?

 

これに関しては、結論から申し上げると、

 

最低でも30%以上、理想としては50%以上の利益率を目安にする

 

というのが私なりの結論です。

 

利益率というのは、売上に対する利益の割合の事ですね。

 

ですから、利益率30%となると、イメージとしては、

 

2万円で仕入れた商品が3万円で売れる

(10,000円(利益)÷ 30,000円(売上) = 0.3333・・・(利益率))

 

このくらいの感覚ですね。

 

では、なぜ最低でも利益率30%以上の商品を目安にして転売していくかというと、率直な意見として、利益率が30%以上ないと稼ぎにくいからです。

 

もちろん利益率10%や20%でも、利益が出る以上は稼げる計算になりますが、それだとどうしても「稼ぎにくい」というのが私の見解です。

 

やはり同じく転売するのであれば、一回の労力で得られる利益率をできるだけ大きくした方が、楽に稼いでいけるわけですね。

 

それに利益率が高い商品を転売した方が、資金も増えていきやすいので、利益率が高い事に越した事はありません。

 

そのための利益率の目安として、最低でも30%以上としているわけです。

 

ちなみに、利益率が高い商品を仕入れる、転売するコツとしては、他の人があまり扱っていない商品を狙うことです。

 

以下の記事でも解説していますが、要するに「扱いにくい商品」ですね。

 

以前の記事:輸入転売で稼ぐ為に、あえて他人が嫌がる商品を狙うという戦略。

 

「扱いにくい商品」というのは、「大きい」「重い」「壊れやすい」等々、転売するのに多少手間がかかるような商品の事です。

 

そういった商品は、他の人も仕入れを避ける傾向にあるので、そういう商品を狙った方が自ずと利益率は高くなってくるものです。

 

あとは他に利益率の高い商品を転売するコツとしては、王道と言えば王道ですが、

 

「まとめ買いをして、商品一つあたりの仕入れ値を下げる」

 

という感じですね。

 

まとめ買いを条件に価格交渉をして、仕入れ値を下げる事ができれば、転売した時の利益率は高くなります。

 

ただそれには、ある程度の資金が必要ですので、毎回できるかとったらそうでもないと思います。

 

その辺りはご自身の資金量と相談しながら、臨機応変に判断していきましょう。

 

ただ、そのように扱いにくい商品を狙ったり、まとめ買いをしなくても、そもそも利益率を高い商品を見つけるリサーチ力さえあれば、そんな方法を取らずとも問題ないわけです。

 

それこそ、リサーチ方法さえ間違っていなければ、利益率30%以上の商品なんてゴロゴロありますからね。

 

欲を言えば利益率50%以上の商品を目安にして転売していきたいところですが、そうなってくると、そういう商品を見つけるのも簡単ではなかったりするので、無理に50%以上の利益率を狙う必要はありません。

 

その辺りを踏まえて、輸入ビジネスに取り組んでいただければと思います。

 

しかし、あえて最後に一言付け加えるとするならば、利益率にこだわらない方がいい場合もあります。

 

最後にそのあたりに触れておきたいと思います。

 

どんな場合、利益率にこだわらない方がいいのか?

 

これはズバリ、「輸入転売の初心者の方がリサーチする場合」です。

 

なぜなら、利益率ばかり気にしすぎると、そもそも仕入れる商品が見つからないという事が往々にして起こり得るからです。

 

特に輸入ビジネス始めたての時こそ、商品リサーチにも慣れていなければ、利益率の高い商品の情報や知識も少ないもの。

 

そんな状態では、利益率30%以上の商品を見つける事自体が難しい傾向にあると思います。

 

それこそ、1日中リサーチしてもそのような商品が見つからない時もあるかもしれません。

 

だからこそ最初のうちは、利益率が10%でもあるなら、あれこれ悩むよりもまずは仕入れていった方がいいんです。

 

もちろん、利益率30%以上の商品を見つける事ができたなら、その商品を仕入れる事に越したことはありませんが、そのような商品が見つからず、延々とリサーチをし続けるよりかは、利益率が低くてもどんどん仕入れるべきなんですね。

 

そうする事によって、どんどんビジネスの経験値が上がっていくので、自分のスキルがアップしてきたところで、あとあと利益率の高い商品を狙っていけばいいわけです。

 

ですから、もし輸入ビジネス初心者の方がこの記事を見てくださっているなら、

 

あくまでも理想としては利益率30%以上の商品を目安にしてリサーチはするものの、それが見つからないようなら、利益率は妥協して経験を積む事を優先すべき

 

という事をお伝えしておきたいと思います。

 

また、一度目の仕入れは利益率が5%とか10%だったとしても、次に仕入れる時にその仕入先と交渉すれば、仕入れ値を下げてくれるかもしれませんしね。

 

さすがに一度も取引した事のないバイヤーに割引してくれる仕入先は少ないですが、一度でも仕入れの実績があれば、交渉次第では値下げしてもらう事も十分に可能です。

 

ぜひ、そのあたりを意識しながら輸入ビジネスに取り組んでみてください。

 

以上、ここまでが、

 

輸入転売で狙うべき「利益率」の目安とは?

 

というテーマでのお話でした。

 

あなたのビジネス成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found