ゆのきちです。

 

輸入ビジネスで仕入れる商品には、様々な種類のものがありますが、あなたはどんな商品を仕入れていますか?

 

やはり転売するのが楽な商品でしょうか?

 

それとも、転売に手間のかかる商品?

 

その答えは、人それぞれ違ってくると思いますが、おそらくは、

 

転売するのが楽、簡単な商品

 

こんな商品を仕入れている人の方が多い傾向にあると思います。

 

具体的には、「小さくて」「軽くて」「壊れにくい」、いわゆる「扱いやすい商品」ですね。

 

確かにそのような商品は転売向きと言われていて、商品を扱うのが楽でトラブルも起こりにくい為、そのような商品を狙って仕入れるのも、当然と言えば当然ですよね。

 

ただし、人より稼ぎたいと思うならば、

 

他の人が嫌がって仕入れない商品

 

そんな商品をあえて狙って仕入れていくのが、実はかなり有効だったりするんです。

 

それに関して、これから詳しくお話ししていきます。

 

という事で、本日のお題としては、

 

稼ぐ為に、他人が嫌がる商品をあえて狙うという戦略

 

こんなテーマでいきたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

 

輸入転売で稼ぐ為に、あえて人が嫌がる商品を狙うという戦略。

 

まず、この「他人が嫌がる」というのは、他人に迷惑がかかるとかそういう意味ではなく、

 

転売が面倒なため、他人(ライバル)が仕入れを嫌がっている

 

という意味です。

 

要するに、ライバルが仕入れを避けているような商品を、あえて狙っていきましょうという事になります。

 

具体的には、

 

「大きい」

「壊れやすい」

「重い」

「専門知識が必要」

「値段が極端に高い」

 

このような特徴を持った、いわゆる「扱いにくい商品」の事ですね。

 

このような扱いにくい商品は転売が面倒なので、どうしても仕入れを敬遠しがちかと思いますが、面倒と感じるのは何も自分だけじゃなく、他の人も同じように面倒と感じているはずです。

 

その為、自然とそのような扱いにくい商品は仕入れが避けられる傾向にあるので、必然的にライバルが少なくなっているんですね。

 

要するに、そういったライバルが少ない商品、市場を狙っていきましょうという事です。

 

それが稼ぐ為に、非常に重要だったりするわけです。

 

ライバルが少ないという事は、競争が少ないという事なので、利益率が高くなる傾向にあります。

 

不毛な価格競争に巻き込まれにくいからですね。

 

だからこそ、そのような「扱いにくい」商品を狙っていく方が実は稼ぎやすかったりするんですよね。

 

「でも、それでも転売が面倒な事には変わりないので、そもそも転売する事自体が大変です!」

 

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、確かにそれも一理あると思います。

 

やはり、面倒なものは面倒ですよね。

 

「大きい」商品は保管が大変ですし、「重い」商品は輸送が大変だと思います。

 

ただし、私から言わせてもらうと、

 

「扱いやすい商品を転売する方が、実はもっと大変だったりしませんか?」

 

という事です。

 

どういう事かというと、扱いやすい商品、いわゆる「小さくて」「軽くて」「壊れにくい」商品は、その分ライバルが多いので、商品リサーチも大変ですし、利益率が低いので大きく稼ぐのも難しいわけです。

 

いわゆる「レッドオーシャン」な状態なんですよね。

 

確かに「転売自体」は楽かもしれませんが、ライバルが多すぎる為、「稼ぐという視点」から見ると、実は大変な部分の方が多いと思うわけです。

 

あくまで、これは私が今まで稼いできた経験からの主張になります。

 

ただし私からしてみると、下手に「扱いやすい商品」を転売するよりも、あえて「扱いにくい商品」を転売した方が、最終的には楽である事の方が圧倒的に多いです。

 

少なくとも、私は扱いにくい商品の方が稼ぎやすいですし、その方が実際に稼げました。

 

そしてこれは、私のコンサル生さんも同様の意見です。

 

ですので、あえて扱いにくい商品を積極的に狙って仕入れていくというのも、稼ぐ上では一つの手ですね。

 

例えば一例を挙げると、「アンティークの掛け時計」あたりは、まさに扱いにくい商品だと思います。

 

大きくて、重くて、壊れやすくて、専門知識も必要な場合もあり、物によっては値段が極端に高い。

 

ですので、普通の人は仕入れるのを避ける傾向にあるのですが、あえて狙っていくわけですね。

 

ちょっと面倒と思われるかもしれませんが、考え方によってはレッドオーシャンで勝負するよりも楽だと思います。

 

そのような商品を扱う「コツ」さえ掴んでしまえば、それほど苦ではないはずですし、何よりライバルが少なくて利益率が高いので儲かりますからね。

 

商品によっては専門知識が必要な場合もありますが、少し勉強すればいいだけの事です。

 

一度知識を身につけてしまえばこっちのものなので、あえてそこを避けずに立ち向かった方が、レッドオーシャンな商品で勝負し続けるよりも最終的には簡単で稼ぎやすいと思います。

 

ちなみに余談ですが、株式投資の世界にはこんな「格言」があります。

 

”人の行く裏に道あり花の山”

 

これは投資の世界では非常に有名な言葉なのですが、要するに、

 

「人と同じ事をしたのでは儲けられない。むしろ他人とは反対のことをやった方が、儲かる場合が多い」

 

というような意味合いです。

 

これは株式投資の世界だけでなく、輸入転売でも全く一緒だと思います。

 

まさにこの言葉の通りです。

 

輸入転売においても、人が転売しないような商品、いわゆる扱いにくい商品を転売した方が結果的には稼げるという事ですね。

 

この考え方は、株式投資や輸入転売どころか、ビジネス全般で成功するための考え方だと思います。

 

そのようなマインドセットを持ってビジネスするだけで、成功に近づけるはずです。

 

以上、ここまでの内容が、

 

「輸入転売で稼ぐ為に、あえて他人が嫌がる商品を狙うという戦略。」

 

というテーマでのお話になります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、参考にしてくだされば幸いです。

 

なお、もしあなたが今回の内容に共感してくださって、「人の行く裏に道あり花の山」という考えで輸入転売に取り組もうとお考えでしたら・・・

 

あなたにとって、これ以上ない輸入転売のノウハウがあるんです。

 

それこそが私が無料メルマガでお伝えしている、たった1年で月収200万円を達成した輸入ノウハウになります。

 

>無料メルマガの登録はこちらから

 

このノウハウは、普通の輸入ビジネスではなく、それこそ「人の行く裏に道あり花の山」という考えに近いビジネスノウハウになるんですね。

 

「人と違う事をした方が稼げる!」

 

こんな考えを本質的に理解されているようであれば、これ以上ないノウハウになっているはずです。

 

登録も購読も無料なので、ぜひメルマガでそのノウハウをゲットしてみてください。

 

>無料メルマガの登録はこちらから

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。