輸入転売はクレジットカードが必要?クレカが作れない場合は?

 

ゆのきちです。

輸入転売ビジネスは商品を海外から仕入れるビジネスなので、基本的に仕入れ費用を支払う際はクレジットカードを利用する必要があります。

国際送金でも仕入れは可能ですが、送金手数料が割高ですし、手間も時間もかかってしまうので、よっぽど大量に仕入れる場合でない限りおすすめできません。

そうなると、やはりクレジットカードで仕入れるのが通常の流れになってきますが、人によっては、

「諸事情でクレジットカードが作れない」

というケースもあると思います。

そのような場合、「輸入転売を実践するのは無理なのか?」という疑問も生まれてくると思いますが、そんな事は全くありません。

クレジットカードが作れない人でも、国際送金に頼らず、普通に海外から商品を仕入れてビジネスをする事が可能なんです。

実際に私もクレジットカードを作れない側の人間ですが、こうして輸入転売で生計を立てられるほどに利益を出しています。

私がクレカを作れない理由は、プロフィールにも記載してある起業失敗が起因してきますが、ここでは割愛したいと思います。

というわけで、クレカが作れない方でも輸入転売ビジネスを実践する方法について本日はお話をしていきます。

では、さっそくいってみましょう。

輸入転売はクレジットカードが必要?クレカが作れない場合は?

クレジットカードが作れない場合ですが、

こういったものを利用する事で、問題なく海外からの商品仕入れが可能になります。

ここで挙げた「デビットカード」というものは、そのカードと連携している銀行口座の残高の範囲内で決済できるカードの事です。

普通、クレジットカードで決済すると、その翌月や翌々月に口座からその代金が引き落としされるものですが、このVISAデビットカードやJCBデビットカードは決済した瞬間に口座から代金が引き落としされます。

そして、このように自分の預金範囲内でしかカード決済できない仕組みのため、審査不要で作る事が可能なカードなのです。

だからこそ、金融事故等の諸事情でクレジットカードが作れない人でも、このデビットカードであれば普通に作る事ができます。

デビットカードといっても、「VISA」や「JCB」のブランドが付いていることからも分かるように、普通のクレジットカードと全く同じ方法で決済しますので、問題なく海外から商品を仕入れる事が可能です。

VISAデビットカードで有名なものとしては以下の通り。

・楽天銀行デビットカード
http://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/

・JNB Visaデビット
http://www.japannetbank.co.jp/service/payment/cardless/

・りそなVisaデビットカード
http://www.resonabank.co.jp/kojin/visa_debit/

ちなみに私は、一番目に挙げた楽天銀行のデビットカードを利用しています。仕入れの度に楽天のポイントが貯まっていくのでおすすめです。

また、輸入ビジネスを行う際に登録が必要になる海外のサイトやサービスに関しても、このデビットカードがあれば普通に登録できます。

例えば、ebayやPayPalなどですね。

これらのサイトはクレジットカード情報を登録する部分がありますが、そこはデビットカードでいけるので、そのあたりもご安心ください。

そのような事もあり、諸事情でクレジットカードが作れない場合でも、輸入転売を実践していく事は普通に可能なわけです。

ただし、ここからが重要なポイントです。

VISAデビットカードさえあれば輸入転売は実践可能ではあるんですが、どうしてもクレジットカードを使う場合に比べて「不利」なのは否めません。

なぜなら、クレジットカードの場合、「与信枠」というものがあるので、手持ちの資金が少なくてもこの与信枠で商品を仕入れる事が可能だからです。与信枠というのは、そのクレジットカードで一ヶ月に利用できる金額の範囲。

例えば仕入れ資金が10万円しか持っていなくても、そのクレジットカードの与信枠が100万円あれば、100万円分の仕入れができる事になります。10万円分の仕入れしかできないのと、100万円分の仕入れができるのとでは、当然ですがそこから生まれる売上の差はとても大きいものです。

そのため、デビットカードで輸入転売をする場合、仕入れ資金を現金で用意しておかないといけないため、資金がないうちは売上も中々出にくいんです。

何か本業をお持ちで、その本業だけで生活できるならいいのですが、輸入転売を副業で始めようとして、その副業の収入も生活費の足しにしていくような境遇の場合、仕入れ資金は中々増えていきません。

副業のその収入の一部もしくは全部が生活費として出ていくので、そんな状態だと資金も増えませんよね。そしてここが実は落とし穴なのです。

デビットカードで輸入転売を始めたはいいものの、仕入れ資金を増やす事ができず、いつまでたっても生活状況が良くならない・・・私も最初はそうでしたし、クレカを持たずに輸入転売をされている方は、結構陥りがちなケースなんですね。

売上を増やす事が出来れば利益も増え、結果的に資金は増えていくのですが、そもそもその売上を増やすための資金が増えないわけです。

じゃあ、そのような場合、どのようにすれば良いのか?

実は、その解決策を私の無料メルマガで全て公開していたりします。

>無料メルマガ講座はこちら

冒頭でも申し上げたとおり、私はクレジットカードが作れない状態で、しかも手持ち資金もゼロの状態で輸入転売を始めましたが、今ではこうして月収200万円という収入を稼ぎ出すことができています。

これは私が「とある輸入ビジネスの手法」を用いてビジネスを進めてきたからなんですが、その手法をメルマガ講座で全て公開しています。

もし、資金がなくて中々ビジネスの収入が伸びていかなかったり、もっともっと大きな収入を手にしたいと思っているようであれば、必ずやあなたに役立つ講座になっていると思います。

登録も購読も完全に無料ですので、少しでも気になるようでしたらぜひメルマガに登録してみてくださいね。

あなたのビジネスに良い影響をもたらす事と確信しています。

という事で、本日の内容は以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

Follow me!

輸入転売はクレジットカードが必要?クレカが作れない場合は?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 西田 より:

    お世話になります。いつもメールありがとうございます。
    ご質問ですが、例えば儲かる商品とか、売れてる商品を出品して、実際すぐ売れますか。みんながそれを集中して、出品すれば、飽和状態になってしまって、結局いつ売れるか、わからなくなるんじゃ、ないですかね。出品してすぐ売る方法は、有りますか。

    追伸    カード件ですが、デビットカードで 出来ることが わかりました。ありがとうございました。

  2. ジュニー より:

    初めまして、ジュニーです。早速コメント書かせていただきます。諸事情ありクレカが持てませんが、どうしても今の状況から脱したいと思って、副業を探していました。副業なので、輸入転売のお仕事はしやすいと思っていますが、クレカを持てないことがかなりマイナス要素だと思い副業をスタートすることに二の足を踏んでいました。でも、ゆのきちさんのこの記事を読んでまずはスタートしてみようと思いました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です