ゆのきちです。

 

以前の記事:「輸入転売ビジネスを始める為には、まず何を用意すればいいか?」では、輸入転売ビジネスを「始める」為に必要なものについてお話ししました。

 

それを揃えておかないと、そもそも輸入転売を始められないというようなものでしたね。

 

そして今回の記事でお伝えしていくのは、「ネットバンキング」の用意の必要性です。

 

ネットバンキングとは、インターネット上で入金の確認や振込が行えるサービスの事。

 

このネットバンキングは、用意こそしておかなくても、輸入転売を始める事や行う事は可能です。

 

ただし、そこに一言付け加えるとするならば、

 

輸入転売で「稼ぐ」為には、ネットバンキングの用意は必須

 

と言っても過言ではないという事。

 

今日はその辺りについてお伝えしていくと共に、この記事の後半で、ネットバンキングをお持ちでない方のために、ネットバンキングの用意の方法についても触れていきます。

 

それでは早速いってみましょう。

 

輸入転売ビジネスで稼ぐなら、ネットバンキングは必須

 

なぜ、輸入ビジネスで稼ぐ為にネットバンキングが必須と言えるのかというと、

 

ネットバンキングを利用しないと、入金確認の効率が非常に悪い

 

という理由があるからです。

 

これは輸入転売ビジネスで商品を販売する販路(売り場)にもよりますが、特に「ヤフオク」や「ネットショップ」で商品を販売した場合、お客さんから直接あなたの口座に商品代金を振り込むケースが多いです。

 

そんな時にネットバンキングを利用していないと、いちいち銀行に通帳を持っていって、口座の取引明細を確認する必要が出てくるわけです。

 

商品の販売数が増えるほど、それに伴って入金確認の頻度も増えるわけですから、下手をすると入金確認だけで一日の大半が過ぎてしまう可能性さえあります。

 

それでは、いくらなんでも効率が悪すぎますよね。

 

本来であれば、輸入転売は「稼げる商品」を探すリサーチ作業に時間を費やしてこそ、さらに稼げるようになるものです。

 

稼げる商品を見つける作業こそが、利益に直結するからです。

 

その本来時間をかけるべき作業が、入金確認の為に時間を取られ、おろそかになってしまうと、稼げるものも稼げませんね。

 

そしてその入金確認の時間を短縮するために、ネットバンキングが必要になってくるわけです。

 

ネットバンキングを利用すれば、ネット上で瞬時に口座の取引明細を確認できます。

 

パソコンだろうがスマホだろうが、インターネットに繋がる環境であれば利用できるので、入金確認の為に何度も銀行に行く必要がなくなります。

 

入金確認がスムーズに行えるので、その浮いた時間を「稼げる商品」を探す作業に充てる事で、さらなる収入アップに繋がっていくわけですね。

 

だからこそ、

 

輸入転売で「稼ぐ」為には、ネットバンキングの用意は必須

 

という事が言えるんです。

 

ちなみに、アマゾン等のプラットフォーム(販路)で商品を販売する場合、売れた商品の商品代金は、一旦プラットフォーム側に蓄積されます。

 

その商品代金が、そのプラットフォームの定めたタイミングで、そのプラットフォームからあなたの口座に振り込まれる事になります。
(アマゾンであれば、およそ2週間に1度の振込)

 

そのため、商品を販売するプラットフォームによっては、入金確認を頻繁に行う必要はありません。

 

ただし、きちんとお金が振り込まれているかは都度確認した方がいいはずなので、やはりネットバンキングを用意しておいて損はないです。

 

では、そのネットバンキングを用意するには?

 

ネットバンキングを用意するには、

 

・ネット銀行(ネットバンク)の口座を開設する

・各銀行のネットバンキングサービスに申し込む

 

この2つのどちらかの方法で用意できます。

 

少し掘り下げていきます。

 

ネット銀行(ネットバンク)の口座を開設する

 

ネットバンクとは、実際の銀行の店舗を持っていないネット専用の銀行の事で、有名どころとしては、

 

「楽天銀行」

「ジャパンネット銀行」

「住信SBIネット銀行」

 

などが挙げられます。

 

ネットバンクは実際に店舗を持っていないため、口座を開設すると、その銀行の利用自体がインターネットを介したネットバンキングでの利用になります。

 

ですので、ネットバンクの銀行口座を開設するだけで、そのままネットバンキングが利用できるようになるわけです。

 

各銀行のネットバンキングサービスに申し込む

 

最近では、ほとんどの銀行がネットバンキングのサービスを用意している傾向にあるので、そのサービスに申し込みをするだけです。

 

例えば、ゆうちょ銀行ならば「ゆうちょダイレクト」、三菱東京UFJ銀行ならば「三菱東京UFJダイレクト」といったサービスが、それにあたります。

 

ですので、もしお持ちの銀行口座で、ネットバンキングのサービスに申し込んでいないのであれば、申し込みをしておきましょう。

 

詳しい方法は、各銀行に問い合わせをすればすぐに分かるはずです。

 

特に新しく口座を開設するわけではないので、この方法の方が手軽と言えば手軽ですね。

 

ただし、輸入転売ビジネスで本気で稼いでいこうと思うならば、俗に「メガバンク」と呼ばれている、

 

・三菱東京UFJ銀行

・三井住友銀行

・みずほ銀行

 

これらの銀行をそれぞれ開設し、それぞれのネットバンキングサービスも申し込む事をおすすめします。

 

どうしてメガバンクの口座を用意した方が良いのかという理由は、以前の記事:「落札代金を受取可能な銀行を複数用意しよう。」でも説明しています。

 

なお、すでにメガバンクの口座を持っていても、「ネットバンキングがまだ」というようであれば、ネットバンキングの方の用意も済ませておきましょう。

 

とりあえずは、

 

メガバンク3銀行の口座 + それらのネットバンキング

 

この環境を最低でもそろえておく事ですね。

 

それだけで輸入転売ビジネスの効率は良くなるはずです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

以上、ここまでの内容が、輸入転売ビジネスにおける「ネットバンキング」の用意に関するお話になります。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。