ゆのきちです。

 

輸入転売のスタートアップ講座の第2章です。

 

第1章:「輸入転売とは、どんなビジネスか?」  では、輸入転売ビジネスはどんなビジネスかというテーマで講義をしました。

 

そして、今回の第2章の講義としては、

 

輸入転売ビジネスの流れ

 

というテーマとなります。

 

「輸入転売ビジネスの利益があなたの口座に入金されるまでの一連の流れ」の事ですね。

 

この記事をお読み頂く事で、輸入転売の全体像を掴む事ができますので、まだ輸入転売でお金を稼ぐ事自体にピンと来てないような人は、ぜひ読んでみてください。

 

お金を稼ぐ感覚が分かってくると思いますので。

 

それでは早速いってみましょう。

輸入転売ビジネスの流れを解説

輸入転売の流れと言っても、非常にシンプルなものでして、一般的には以下のようなステップでビジネスが進んでいきます。

 

1、商品リサーチ

2、仕入れ

3、販売(出品)

4、入金

 

では、これらを掘り下げて説明していきますね。

 

1、商品リサーチ

この商品リサーチとは、輸入転売で稼げる商品(利益が出る商品)を探す事を指します。

 

要するに、海外と日本で価格差のある商品を探す作業の事ですね。

 

商品リサーチの方法は、取り組む輸入ビジネスの手法によっても変わってきますし、どのリサーチ方法が正解とかはありませんが、一応私が推奨しているのは以下のリサーチ方法になります。

 

「海外ネットショップ仕入れ→BUYMA販売」のリサーチ方法はこちら

「ebay仕入れ→ヤフオク販売」のリサーチ方法はこちら

「海外アマゾン仕入れ→日本アマゾン販売」のリサーチ方法はこちら

 

これらの方法で稼げる商品を見つける事ができれば、第一ステップである「商品リサーチ」はクリアです。

 

2、仕入れ

第一ステップの「商品リサーチ」で稼げる商品を見つけたら、次はその商品を仕入れる必要があります。

 

基本的にはオンライン上(インターネット上)での仕入れになるので、仕入れるとは言っても難しい事は一切なく、その海外のサイトでその商品を「購入する」というだけの話です。

 

対象の仕入れ先のサイトにアクセスしたら、欲しい商品の購入手続きを進めて、発送先の住所を正しく入力して購入手続きを完了させましょう。

 

海外からですと、およそ1週間から2週間前後で商品が届きますので、その後は、次のステップである「販売」に移ります。

 

3、販売(出品)

海外から仕入れた商品が届いたら、いよいよ「販売(出品)」をする事になります。

 

前回の記事でも説明していますが、主な販路(売り場)としては、

 

・BUYMA(バイマ)
http://www.buyma.com/

・ヤフオク
http://auctions.yahoo.co.jp/

・Amazon(アマゾン)
https://www.amazon.co.jp

・メルカリ
https://www.mercari.com/jp/

・楽天市場
http://www.rakuten.co.jp/

・独自ネットショップ

 

などが挙げられます。

 

商品を販売(出品)する方法も、販路ごとに違ってきますが、どこも慣れればカンタンに販売できるようになりますので、ぜひ頑張って取り組んでください。

 

最初は面倒に感じるかもしれませんが、「これが売れたらお金が入るんだ!」と自分に言い聞かせて作業すれば、難なく取り組めるのではないでしょうか。

 

あとはその販売(出品)した商品が無事に売れれば、このステップは完了となります。

 

4、入金

第三ステップで販売した商品が売れた後は、その売上金があなたの口座に入金されます。

 

入金されるタイミングやその方法は、販路によって変わりますが、ヤフオクであれば、商品が売れてから翌日~5日程度で入金されるのが一般的です。

 

こうしてあなたの口座に売上が入金されれば、輸入転売の一連の流れが完結する形になります。

 

売上金が自分の口座に振り込まれて口座残高が増えた時の快感は、何にも代えがたいものです。

 

ぜひ輸入転売で結果を出して、毎日のようにそんな快感を味わっていただければと思います。(笑)

 

という事で、以上ここまでが、輸入転売スタートアップ講座の第2章となります。

 

 

これにて輸入転売の全体像は何となくお分かり頂けたかと思うので、次回の「第3章」では「ビジネスを始める為に必ず用意すべきもの」について解説していきます。

 

第3章:輸入転売ビジネスを始める為に必ず用意すべきもの

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます