ゆのきちです。

こんな不満を抱えて、「脱サラ」という選択に興味をお持ちになっている方も少なくないと思います。

  • 『もう、あんな上司とは仕事したくない』
  • 『朝から晩までこき使われて、この安月給かよ・・』
  • 『もっと時間とお金が欲しい』

ただ、そうは言っても、「どうやって脱サラしていいか分からない」なんて人もまた少なくないはずです。

人によっては「〜〜な事をしたい!」という夢や希望があって脱サラを望む方もいらっしゃるので、そういった方はそれをやって脱サラすればいいのですが、先ほどのように、

「とにかく現状に不満で、そこから抜け出すために脱サラしたい人」

にとっては、「どんな方法(ビジネス)で脱サラするか?」というのは非常に悩みどころだと思います。

なぜなら、脱サラといってもその手段は無数に存在するからです。

ただ、これは結論から言いますと、

「ネットビジネス」

で稼いで脱サラするのが最善であり、一番おすすめな方法だったりします。

そこでこの記事では、その理由を説明するとともに、ネットビジネスで脱サラする為に「具体的にやるべき事」も解説していこうと思います。

脱サラを強くお望みであれば、ぜひ最後まで読んでみてください。きっとあなたの力になれるはずです。

それでは早速いってみましょう。

脱サラする最善の方法はネットビジネス。

最善の方法とは言うものの、私としてはネットビジネス以外での脱サラはハッキリ言っておすすめでき「ない」ので、ネットビジネスは最善の方法でもありますが、「唯一」の方法であるとも捉えています。

というのは、ネットビジネスはあらゆるビジネスの中で最もリスクが低いからです。

例えばですが、

「私はどうしてもラーメン屋がやりたいんです!」

「昔からカフェをやるのが夢だったんです!」

というように明確な夢や目標があるのであれば、その方法で脱サラする事は一向に構わないのですが、そういった明確なものがなく、

「脱サラする事自体が目的」

というような場合には、もう間違いなくネットビジネスをやるべきだと思います。

先ほども申し上げたように、ネットビジネスが最もリスクの低いビジネスだからです。

例えばカフェやラーメンなどのお店を開く形で脱サラする場合、まず金銭的なリスクがとても大きくなります。

そういったお店をやるには、初期投資で最低でも「500万円程度」は必要と言われていますから、その金額を投資するというリスクがあるわけです。

さらにそこから毎月の「賃料」と、スタッフを雇えば毎月の「人件費」もかかります。

しかも、お店を開いたからといって必ずしも成功するわけではないので、そのような金額も確実に回収できる見込みなんてないのです。(90%以上のお店は失敗すると言われています。)

このように実店舗を開くような形での脱サラは、大きなリスクを伴うという事です。

その逆にネットビジネスの場合、そういった「リアルビジネス」に比べて驚くほど少ない費用で開業する事ができます。

ネットビジネスといっても種類は様々ですが、アフィリエイトブログで稼ぐにしろ、オークション販売やネットショップで稼ぐにしろ、その「お店」をオープンするのは「インターネット上」なので必要な費用はほとんどありません。

ブログをオープンするにも、ネットショップをオープンするにも、1万円もあればお釣りが来るくらいです。金銭的なリスクなんてあってないようなものだと言えます。

だからこそ、脱サラするならネットビジネスがおすすめなのです。

ただ、ネットビジネスが脱サラの方法としておすすめなのには、実はもう一つ理由があります。

ネットビジネスであれば、副業からスタートできるため、最適なタイミングで脱サラが可能。

ネットビジネスは会社勤めの方でも、空いた時間で副業として取り組めます。

そのため、会社をいきなり辞める必要はなく、副業で様子を見ながら十分に稼げるようになった後で脱サラする事が可能です。

そうやって「すでに売上が立っている状態」で脱サラすれば、大きな失敗をする事もまずないでしょう。

ネットビジネスで脱サラを目指していくには、そういったメリットもあるわけです。

ちなみに、副業のネットビジネスで毎月30万円~50万円程度稼げるようになってから脱サラされる方が多いみたいです。

そのくらいの金額を「副業だけで」稼げているのであれば、本業である会社勤めを辞めて全ての時間をネットビジネスに注ぎ込めば、副業の時よりもネットビジネスの収入がさらに上がる可能性は極めて高いですからね。

逆に実店舗を開くような「リアルビジネス」の場合、副業から開始するのは中々難しいと思うので、ある意味「一発勝負」になります。

「食えるか食えないかは、脱サラしてみないと分からない」

という状態なわけです。

もちろん、そのお店がうまく当たればいいですが、その保証なんてどこにもないと思います。

資金が潤沢であれば、当分の間は上手くいかなくても何とか耐える事もできますが、そのくらいの資金を用意できる見込みもないですからね。

それに比べてネットビジネスなら副業から開始する事もできますから、「上手くいかなくても本業で生活費を稼ぎながらビジネスを修正していく」という事ができます。

要は、ビジネスが上手くいくようになるまで本業からの給料というバックボーンを活用しつつ、「稼げるようになってから」そこで初めて脱サラすればいいのです。

それが出来るのがネットビジネスの強みでもあるので、そう考えたら、脱サラの方法としてネットビジネス以外を選ぶ意味はないと思います。

あなたがもし脱サラを考えていて、特に「これをやりたい!」というものがなければ、まずはネットビジネスを副業から始めてみてはいかがでしょうか。

それが最善の方法になってくるはずです。

じゃあ、ネットビジネスで脱サラするために何から始めるべきか?

ここまでの説明で、いかにネットビジネスが脱サラに最適かを説明してきましたが、

「でも何から始めればいいの?」

という事が知りたい人も多いと思います。

ネットビジネスと言っても、色んな種類がありますからね。

ただ、私が個人的におすすめしたいのが「転売」というネットビジネスです。

転売は、「安く仕入れて高く売る」というだけの非常にシンプルなネットビジネスであり、正しいやり方さえ学んでしまえば、初心者の方でも月収3万円とか月収5万円程度ならすぐに稼げるようになります。

逆に、アフィリエイトはやめた方がいいです。

アフィリエイトはライバルがかなり増えてきていて、しかも手強いライバルばかりだからです。

今からアフィリエイトを始めて稼ごうと思っても、月収10万円程度を稼げるようになるまでに2年くらいはかかると思います。。。

大抵の人は、それまでにモチベーションが続かずに諦めてしまいますし、そもそも2年もかけて月収10万円稼げるようになったところで、あまり旨味は無いと思うんですよね。

それなら、転売を始めた方が、よっぽど手堅く稼げます。

転売と一言で言っても、色んなやり方がありますが、在庫をもたずに「無在庫」で販売するやり方もあるので、それを選べば金銭的リスクもなし。

その上、早い人は初月から5万円とか、運が良ければ10万円という数字も夢ではありません。

実際、私の友人なんかは、完全にゼロから転売を始めて、初月で月収10万円を達成してしまいました。

友人がBUYMAで初月から10万円も稼いでしまった話。バイマでの稼ぎ方について。

 

まあ、この友人の場合は運が良かったこともあるかもしれませんが、いずれにしても手早く結果を出していきたいなら、転売に限ると私は思っています。

ちなみに、転売をやるなら、国内サイトから仕入れるやり方よりも、海外サイトから仕入れるやり方を私は推奨しています。

俗に言う「輸入転売」というやつですね。

今は、インターネットとパソコンがあれば、誰でも海外サイトから商品を購入できる時代ですし、英語ができなくても、無料翻訳サイトなどを使えば、問題なく海外サイトから商品が購入できます。

私自身、輸入転売で毎月数百万円単位の利益を出していますが、未だに英語は全然ダメです(笑)。

なぜ輸入転売がおすすめかと言うと、国内サイトから仕入れる転売は、今はライバルが多すぎて全然稼げないからです。

ですので、転売をやるなら、海外サイトから購入して販売する、輸入転売を個人的におすすめします。

なお、輸入転売で稼ぐために必要な情報などは、全てこのブログにまとめていますので、よろしければ併せて参考にしてみてください。

それでは以上になります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


輸入転売ビジネスを無料で学べるコンテンツを用意しています


輸入転売で稼ぎたいと考えるあなたのために、ノウハウを学べるコンテンツを一覧にして用意しています。
全て無料で学べます。好きなだけ存分に学び、あなたの糧にしてもられば嬉しいです。
コンテンツ一覧は下記よりどうぞ↓↓

>輸入転売ビジネスを学ぶコンテンツ一覧へ


資金ゼロ貯金ゼロでも限界なしに月収を伸ばせる転売手法を解説するメール講座のご案内

「資金が無ければ稼げない」という転売の常識を否定し、手持ちの資金量に一切左右されることなく、資金ゼロ貯金ゼロでも限界なしに月収を伸ばしていける転売手法を無料メール講座で解説することに決めました。この手法は大企業なども積極的に実践し莫大な利益を上げているようなビジネスモデルですが、残念ながら、その手法をインターネットの転売ビジネスに落とし込んで実践している人は皆無に感じます。そんな現状を受け、その手法(稼ぎ方)の正体と実践方法を余すことなく解説していくことにしました。興味があれば無料メール講座の方でその手法を学んでみてください。

>無料メール講座の詳細はこちら