まだ在庫リスクのある転売で消耗しますか?
令和以降も着実に結果を出せる
無在庫販売ノウハウを
あなたにしっかりと身につけてもらおうと思ったので...

「無在庫販売」で稼ぐための本質とノウハウを、「合計286ページ」のテキスト教材と2本の動画教材、さらには「3ヶ月間」の直接的なメール&通話サポートで学べる「オンライン講座」をご用意しました。

そんな環境を、高額塾の10分の1以下の値段で手に入れたいあなたへ・・・。

【注意】このページは無在庫販売のオンライン講座をご紹介するページです。
自己投資する意欲のない方、0円で全てを学ぼうと思う方にはお役に立つことができませんので、そういう方は今すぐこのページを閉じてください。

こんにちは、ゆのきちです。

このページを読んでくださっているということは、私のことをすでにご存知かもしれません。

ただ、全くの初めてだって人もいらっしゃるかもしれないので、簡単に自己紹介させていただきます。

私が名乗っている「ゆのきち」という名前は、ブログを運営する際のペンネームです。

私は現在、「輸入転売の参考書」という、輸入転売の情報に特化したブログを運営し、輸入転売のノウハウや本質などを発信する活動をしています。

おかげさまで輸入転売ビジネスの方は好調で、サラリーマンの方の年収レベルの金額を1ヶ月で得ることも珍しくなくなりました。

それどころか月収が「8桁」を超えることさえもありました。

その本業(輸入転売)の合間で、ビジネスのコンサルをさせてもらったりと、色々と楽しくやらせてもらっております。

ですが、最近かなり切実に思っているのが、

「コンサルやっても割に合わないなー」

ということです。

もちろん、コンサルをやるからには費用もいただきますので、利益が出るには出ます。

私はそれなりのコンサル費用をいただかないとコンサルはしないので、そんじょそこらのネットビジネスのコンサルタントよりも、随分と高いコンサルフィーをチャージしていると思っています。

ですが、それでもコンサルをやる時間とエネルギーがあったら、本業の輸入転売にそれを費やした方が「儲け」は大きくなるというのが実際のところなのです。

結局、人に稼ぎ方を教える時間があったら、その時間で自分で稼いでしまった方がもっと稼げますからね。

そういう側面から、コンサルは「割に合わないかも」と思い始めたわけなのです。

とはいえ、この世の中には、ネットビジネスの正しい稼ぎ方を知らずに苦労している人や、夢や目標があって頑張ってるけど思うように稼げていない人など、まだまだ私の力を必要とする方々がいらっしゃるのも事実です。

なので、そういう方に力をお貸しできればという思いから、「プレイヤー」と「指導者」という二足のわらじで何とか頑張っている最中です。

ただ、やっぱり私も人間なので、私個人の利益を考えると、「指導者」よりも「プレイヤー」としての活動に傾倒した方が得られる利益も大きくなるだろうなあと、つくづく感じることはあります。

そんな中で今回、こうして無在庫販売のオンライン講座を公開しようと思い立ったわけですが、なぜ私が、プレイヤーとしての活動に力を入れていきたいという葛藤がある中で、あえて時間を費やしてまで教材を作り、オンライン講座として公開する事にしたのか。

それには、ある「理由」があるんです。

なぜ、わざわざこのオンライン講座を公開するのか?

なぜ、葛藤がある中で、このオンライン講座を公開しようと思ったのか。

その理由は、

「無在庫販売の正しい稼ぎ方を知らない人が、あまりにも多すぎる」

という「悲しい現実」を知ったからです。

私の運営するブログの方では、日々、たくさんの読者さんからメッセージをいただきますが、その中でも無在庫販売に関する質問をしてくる方の大半は、残念ながら、そもそものやり方がズレていると感じます。

『思うように利益が出ないのですが、なにか問題ありますか?私のアカウントはこちらです。』

というメッセージをいただいて、その読者さんが無在庫販売をしているアカウントを実際に見てみると、

『なんじゃこれ・・・』

と、失礼ながら言葉に詰まってしまうことがあります。

本質から大きく外れたやり方で無在庫販売をしているからです。

『それじゃー稼げないよね。』

と・・・。

それで、私が

『この無在庫販売のやり方、どうやって学ばれましたか?』

と読者さんへ聞くと、

『◯◯さんのブログで学びました』

という回答だったので、試しにそのブログを見てみたわけですが、そりゃー稼げなくても当然だなと率直に思いました。

そのブログに限らずですが、巷の無在庫販売を指南するブログのほとんどが、本質から外れたノウハウを提唱しているからです。

しかも、そういったブログで指南されている方法の大半が、メルカリやらヤフオクやらアマゾンやらを使った無在庫販売なわけですが、そもそもそれ、「ルール違反ですよ・・・」と。

基本的に、どのプラットフォームも無在庫販売が禁止されているので、実践者にはもれなく「アカウント凍結」のリスクがつきまとうわけです。

そんなグレーな稼ぎ方を平然と提唱しているブログ発信者にもびっくりですが、何よりびっくりしたのが、そんなグレーな情報を発信しておきながら、

「本質から外れた稼げないノウハウを指南している」

ということです。

グレーな情報を発信するくらいなら、せめて普通よりも稼げる方法くらいは示せそうよ、と。笑

実践者はアカウント凍結のリスクを背負ってるわけですから、それ以上に稼げるノウハウでなければ割に合いませんからね。

グレーでも稼げるならまだしも、グレーなのに稼げないノウハウだからタチが悪いなと思うわけです。(苦笑)

と、そんな話はさておき、そういう悲しい現実を知った以上、正しい無在庫販売のノウハウを広めていく必要があると感じました。

間違ったノウハウでいくら頑張っても稼げるわけがないからです。

そんな経緯があり、無在庫販売のオンライン講座の公開を決断したわけですね。

とはいえ、前述したように私は本業である物販の方も忙しいので、当初は「教材だけ」をパパッと提供してしまって、

『あとはこの教材通りに実践してみてください』

というスタンスでの公開を想定していました。

その方が個人的には楽だからです。

でも、一つ思ったのが、それだと教材を買っても行動せず、結果が出ない人も出てしまうのでは、ということです。

教材の購入者さんが行動しなくても私自身は全く困りませんが、購入者さんにとっては、行動せずに結果が出ないのは困ることだと思うからです。

なので、教材を買ったからにはしっかりと結果を出して欲しいので、教材提供だけで終わりにするのではなく、「私からの直接サポート」もつけて、オンライン講座という形で公開する事にしました。

そもそも教材だけ買って成功できるなら、誰も苦労しませんからね。

成功するためにはノウハウだけでなく、そのノウハウを正しい方向で実践できているか、ということをフィードバック(添削)してくれる存在が必要です。

だからこそ今回、3ヶ月間の回数無制限メールサポートと、計2回の通話サポートを付けるという形でオンライン講座として公開する事に踏み切ったわけです。

そんな環境を、今回、巷の高額塾の10分の1以下の価格で手に入られるようになっているのですが、その詳細は後ほどしっかりと説明するとして、まずは念の為、「無在庫販売ってなんぞや?」というところから説明したいと思います。

もしかすると、このページを読んでくださっているあなたは、無在庫販売というビジネスを理解し、すでにこのビジネスに魅力を感じてらっしゃるかもしれませんが、そうでない方もこのページをお読みなっている可能性もあるので、無在庫販売の「可能性」を再確認する意味でも、聞いておいてもらえたらと思います。

無在庫販売は転売とアフィリエイトの「いいとこ取り」のビジネスである

ネットビジネスには様々な稼ぎ方がありますが、無在庫販売ほどバランスの取れた稼ぎ方を、私は他に知りません。

様々ある稼ぎ方の中でも、

・転売
・アフィリエイト

この2つはネットビジネスの代表格とも言えるべき存在ですが、無在庫販売はこの2つのメリットを、まさに「良いとこ取り」しているのです。

まず、転売のメリットと言えば、何と言っても「稼ぎやすさ」にあります。

転売は安く仕入れて高く売るだけのシンプルなビジネスなので、特別なスキルも必要なければ、文章力も不要で稼ぐことのできる、非常に稼ぎやすいビジネスです。

ただ、一般的な転売の場合、どうしても在庫リスクがつきまといますが、無在庫販売であれば、転売の「稼ぎやすさ」はそのままに、在庫リスクを無くすことができます。

その点で言えば、アフィリエイトも「在庫リスクなし」という点で、無在庫販売と同じメリットがありますが、アフィリエイトの場合は稼ぐためのハードルが高く、文章力が無ければ稼ぐことができません。

ですから、転売の「稼ぎやすさ」とアフィリエイトの「在庫リスクなし」という両者の「良いとこ取り」をしているのが、まさに無在庫販売というビジネスなんです。

実際、私は今も無在庫販売をやりながらも、他のビジネスもちょくちょく展開したりしていますが、

『もし今の私が全てを失って、ゼロからやり直さなければいけないなら?』

と考えると、真っ先に「無在庫販売」を選びます。

在庫リスクも無ければ稼ぎやすいという、あらゆるネットビジネスの中でも最もバランスの取れた手法だと思うからです。

さて、そんな無在庫販売ですが、一部の方は、

『無在庫販売って違法性とかないんですか?』

という疑問を抱いているようです。

確かに在庫を持たずに販売するわけですから、どこか怪しい臭いを感じてもおかしくないとは思います。笑

ですが、結論から言えば、この点に関しては全く問題ありません。

無在庫販売はどこからどう見ても違法性もなければ、むしろ大手企業さえ取り入れているくらいのビジネスモデルなんです。

無在庫販売に違法性は一切ない

無在庫販売とは要するに、「在庫を持たずに販売すること」ですが、このビジネスに全く違法性はありません。

例えば、車のディーラーなんかもそうですが、ディーラーに車を見に行くと、そこに置いてある車は「試乗車」や「見本」であって、実際の商品(在庫)ではありません。

なので、車を買おうと思ってディーラーで実際に「注文」をしても、届くのは3週間後とか1ヶ月後になったりするわけです。

この時、ディーラーが何をしているかというと、お客さんからの注文を受けた後にメーカーに発注(仕入れ)をしています。

つまり、ディーラーがやっているのも、結局のところ「無在庫販売」だということです。

在庫を持たずに販売して、注文が入ってから仕入れを行なっているわけですから、どこからどう見ても無在庫販売ですよね。

なので、無在庫販売というビジネスモデル自体は、そこらへんの会社も、大手企業も、普通に実践しているビジネスなんです。

そして、それをただ単にインターネット上で行なうのが、ネットビジネスにおける「無在庫販売」と呼ばれる稼ぎ方であり、当然、そこにも違法性があるはずがありません。

したがって、そのあたりが不安だったようであれば、是非ともご安心ください。

無在庫販売には、違法性は一切ありませんので。

それで、話を戻します。

今回、その無在庫販売というビジネスのノウハウを、このオンライン講座を介してあなたに伝授していくという話でしたね。

ただ、もしかしたら、あなたはこの時点で、

『一体どんな詳細になっているの?何を学べるの?

と、思い始めているかもしれません。

ですので、今からそのあたりの説明をさせていただきたいと思います。

このオンライン講座の概要について

まず、講座の名前からお話しします。

講座の名前は「YMC」です。

YMCというのは、

「ゆのきち無在庫販売クラブ(Yunokichi-Muzaikohanbai-Club)」

の略です。

センスねーな、と思ったなら許してください。笑

ネーミングセンスうんぬんよりも、講座のクオリティの方で判断していただけたらと思います。

それで、この「YMC」がどんな講座かというと、率直に言ってしまえば、

「無在庫販売の稼ぎ方が学べるオンライン講座」

です。

とはいえ、このYMCで学べるのは、単なる無在庫販売の稼ぎ方ではありません。

無在庫販売の稼ぎ方の「本質」を学んでいただくことができます。

ここで言う「本質」とは、言わば時代や流行に左右されない、不変的なノウハウのことです。

巷の無在庫販売の情報や教材のほとんどが、メルカリやヤフオクなどのプラットフォームを使ったルール違反のノウハウを教えていますが、このYMCで学んでいただくのは、そんな小手先のノウハウではありません。

第一、今しか通用しないような小手先のノウハウを学んだところで、あなたは満足できるでしょうか?

本当にあなたに必要なのは、決して小手先のノウハウじゃないと思うのです。

なぜなら、今しか通用しないノウハウで一時的に稼げたとしても、そのノウハウが通用しなくなると、また新しいノウハウを求めてはさまよい、結局はお金と時間を無駄にしてしまうだけだからです。

だからこそ、「本質」を学ぶ必要があると私は思っています。

「本質」という言葉を辞書で引いてみると、

『物事の根本的な性質』

とありますが、まさにその稼ぎ方の「根本」を学ぶことが、長期に渡って稼ぎ続けていく秘訣なのです。

結局のところ、小手先にまどわされず、「本質」を学ぶという「王道」こそが、遠回りのように見えて実は一番の「近道」なのです。

つまりネットビジネスで最短で成功したいなら、本質を学ぶことから逃げずに、その本質だけをストレートに吸収していく必要があるということです。

そんな本質を、このオンライン講座を通じてあなたに歩んでいただきたいと思っています。

この教材であなたに継承するのは、
無在庫販売の本質的な稼ぎ方です。

このYMCであなたに継承するのは、本質であり王道の無在庫販売の稼ぎ方です。

決して、ルール変更などに左右されて稼げなくなってしまう可能性のある小手先のノウハウではありません。

では、具体的に、このYMCではどのような稼ぎ方(ノウハウ)を学ぶことができるのか。

その答えを単刀直入にお伝えするならば、

「BUYMA」

を用いた無在庫販売の稼ぎ方を学んでいただきます。

BUYMAとは、唯一、無在庫販売が「公認」されているプラットフォームであり、このBUYMAを使って「正々堂々」と無在庫販売で稼いでもらおうと思っています。

この無在庫販売が「公認」というのがキーポイントで、公認されているからこそ、アカウント凍結に怯える必要もなければ、ルール変更にまどわされることなく稼いでいけるのです。

一応、メルカリやヤフオクなどのプラットフォームも、ルールの抜け道を狙って無在庫販売で稼ぐことは不可能ではありませんが、ルール変更が起こればその方法は使えませんし、何よりアカウントの凍結リスクがあるので、そんな方法で稼いでも良いことなど一つもありません。

抜け穴を突いてビクビクしながら稼ぐよりなら、最初から無在庫販売が公認されているBUYMAで正々堂々と無在庫販売をやった方が、精神的にもずっと楽ですし、何よりその方が稼げると思います。

余計なことに神経を使うよりだったら、稼ぐことに神経を集中させた方が、儲けも大きくなって当然ですからね。

でも、もしかしたらあなたは、こんなことを考えているかもしれません・・・。

『そもそもBUYMAって稼げるのかよ?』

と。

これに関しては『稼げる』どころか『かなり稼げる』が答えなのですが、いくら言葉でそれを伝えても実感は湧きづらいと思いますから、「論より証拠」ということで、まずはこちらをご覧ください。

海外サイトとBUYMAでは
同じ商品なのに大きな価格差があります。

海外サイト販売価格:265ドル(約29,079円)

BUYMA販売価格:44,300円

↑価格差:15,221円

(44,300円 – 29,079円 = 15,221円)

海外サイト販売価格:395ドル(約43,326円)

BUYMA販売価格:70,000円

↑価格差:26,674円

(70,000円 – 43,326円 = 26,674円)

海外サイト販売価格:1,236,000ウォン(約111,090円)

BUYMA販売価格:148,000円

↑価格差:36,910円

(148,000円 – 111,090円 = 36,910円)

海外サイト販売価格:50,265JPY(円)

BUYMA販売価格:69,800円

↑価格差:19,535円

(69,800円 – 50,265円 = 19,535円)

海外サイト販売価格:470ドル(約51,422円)

BUYMA販売価格:71,190円

↑価格差:19,768円

(71,190円 – 51,422円 = 19,768円)

いかがでしょうか?

このように、BUYMAと海外オンラインサイトでは、同じ商品でも大きな価格差があり、それこそ1万円や2万円程度の価格差のある商品であれば、ここで挙げた以外にも数え切れないほど存在します。

もちろん、先ほどの価格差の例では、海外サイトから商品を仕入れる際の「国際送料」は含めておりませんので、ここから国際送料を差し引いた価格が本当の「価格差」ですが、この程度のアパレル商品であれば、国際送料なんてかかって3000円~4000円程度のものです。

したがって、国際送料を加味しても、余裕で1万円以上の利益はゲットできるというわけですね。

BUYMAで稼ぐにも、こういった価格差のある商品をBUYMAに出品していき、売れたら海外オンラインサイトから仕入れてお客さんに届けるということをするだけでOKです。

売れてから仕入れるので、在庫リスクもなければ、一切難しいことなんてありませんよね。

それで、まずはこういった1万円以上の価格差のある商品を、100個でもBUYMAに出品してみてください。

100個出品したうちの、たった10%(10商品)でも売れれば、それだけで「月収10万円以上」です。

しかも、これはあくまで出品した商品の10%が売れた場合の話であって、このYMCで指南していくノウハウなどを駆使しながら無在庫販売をしていけば、それこそもっと多くの割合の商品を成約させることもできるはずです。

100個の商品のうち、20%である20個が売れれば、それでも月収20万円以上を得られることになりますし、その成約率のままで200個の商品を出品できれば月収は40万円です。

なので、収入をアップさせたければ、その分だけ出品商品を増やしたり、YMCで指南するノウハウで成約率を高めたりなど、単純に作業を重ねていけば良いだけの話になります。

ちなみにBUYMAは最大で「5000商品」まで出品することができます。

さすがに5000商品を出品して1商品も売れないなんてことはまずあり得ませんし、たった「1%」の商品が売れるだけでも、「50個」の商品が売れる計算になります。

それこそ1商品あたり1万円の利益を得れる商品をメインに出品していれば、それだけで月収50万円を稼げるという計算です。

ただ、実際には「出品した商品の1%しか売れない」なんてのは、「最低レベルの話」だと思ってください。

例えば、これは実際の話ですが、BUYMA自体が完全に未経験という方が、YMCの手順に沿ってBUYMAに商品を出品してみたところ、開始わずか1週間ほどで、まだ20個しか出品していないにも関わらず、1件の受注(注文)が入ったというご報告のメールも最近いただいています。

この方のように、全くの未経験者の状態ですら、とりあえず20個の商品を出品しただけで1個の注文、つまり出品した商品の「5%」は売れているわけで、基本さえしっかり押さえておけば、これくらい誰だって実現可能な数字だと思います。

むしろ、この方はまだBUYMAを始めて1週間という段階ですから、努力を重ねていけば、この数字がもっともっと伸びるのは間違いありません。

要するに、しっかりと基礎を学んだ上で出品していけば、出品した商品の5%〜10%程度は、どう考えたって売れるという事です。
(※逆に、そのくらいの商品も売れないというのであれば、根本的にやり方がズレているということなので、今一度YMCの教材をしっかりと読み込んだり、私のサポートなどを活用して、方向性を修正するようにしてください。そのためにこのYMCが存在しているわけですから。)

なので、努力次第では月収100万円どころか、200万円でも300万円でも稼げる可能性があるのがBUYMAの無在庫販売なわけですね。

実際、私の知り合いなんかでは、BUYMAで毎月500万円ほどの収入を得ていたりするので、可能性という点で言っても、相当魅力のあるビジネスだと思います。

さて、そんなBUYMAの無在庫販売で稼ぐための本質的なノウハウを、このYMCを通じてあなたに伝授していくわけですが、どこまでいってもこれは「本質」に基づいた稼ぎ方なので、BUYMAのみならず、実はネットショップなどで無在庫販売をする場合にも応用できるようになっています。

一応、このYMCは、BUYMAで稼ぐことを前提に作っているものの、

『時代や環境が変わっても無在庫販売というビジネスモデルで稼げる不変的なノウハウを学ぶことができる』

という講座でもあるということです。

それでは、具体的にこのYMCに参加する事で、あなたが得られるものをご紹介していこうと思います。

まず、このYMCであなたがゲットできる教材に関しては、計2本のリサーチ動画教材と、全6章のテキスト教材という構成になっています。

動画教材1:
2020年以降の最新リサーチ方法

(動画:42分27秒)

2020年以降も成功しているBUYMA出品者が実践する「最新の儲かる商品リサーチ」の方法を動画で解説しました。

このリサーチ方法は、ファッション雑誌をもとに儲かる商品を見つけていく方法ですので、たとえ時代が変わっても、その時代に販売されているファッション雑誌さえ用意すれば、儲かる商品を着実に見つけ出すことができます。

つまり2030年になろうと、2040年になろうと、その時代のファッション雑誌があれば通用するリサーチの方法ですので、一生涯に渡って活用することのできる「一生モノ」のリサーチ方法だということです。

そんなリサーチ方法を、私のパソコン画面を映し出し、実際にリサーチしている様子を見せながら解説していく動画教材になっています。

まずはこの動画を何度も観ていただき、不変的な儲かる商品リサーチの方法を徹底的に学んでください。

あなたにはこの動画教材を通じて、一時的にしか使えない小手先の商品リサーチからは卒業し、一生涯に渡って利益を獲得できるリサーチスキルを身につけてもらいます。

ちなみに、先ほど価格差の例として挙げた、1万円以上の価格差のある5つの商品ですが、どれも全てこの動画のリサーチ方法で見つけた商品になります。

このリサーチをしっかりと使いこなせば、1万円以上の価格差のある商品を次から次へと見つけられるようになるはずです。

ぜひご活用ください。

動画教材2:
ブルーオーシャン商品を見つけるリサーチ方法

(動画:14分45秒)

こちらの動画教材は、ブルーオーシャン商品を見つけるリサーチの考え方と、その実際の方法を解説したものです。

ブルーオーシャン商品とは、「ライバル不在の商品」のことで、まだ誰もBUYMAで扱っていない商品のことを指します。

そのようなブルーオーシャン商品を見つけ、成約させることができれば、利益を独り占めすることが可能になります。

まだ誰も扱っていない商品なので、その商品が売れるということは、あなたが全ての利益をゲットできるということだからです。

そんなブルーオーシャン商品を、どのように見つけ出していくのか、それを私のパソコン画面を映してその方法を実際にお見せしていきます。

ぜひこの動画教材を参考にしながらブルーオーシャン商品をリサーチし、収入アップに役立ててください。

コンテンツ第1章:
成功のためのマインドセット編

(PDF:全50P 19217文字)

無在庫販売での成功はもちろん、「ビジネスでの成功」を志すのであれば、マインドセットを学ぶことは必要不可欠です。

マインドセットというのは、いわゆる「心構え(考え方)」の事です。

そしてこのマインドセットを正しいものにしないと、どんなに素晴らしいノウハウを実践しても結果が出る事はありません。

なぜなら、私たち人間は「考え方が行動を支配する」ものなので、この考え方(マインドセット)がズレていると、どんなに良いノウハウを学んでも、成功につながるような正しい行動をとる事ができないからです。

なので、成功するためには、ノウハウうんぬんよりも、まずマインドセットをしっかりと学ぶ事が重要になってきます。

そしてそのマインドセットを養うためのマニュアルコンテンツを今回ご用意しました。

では、早速その中身を紹介していくと、

 

やる気のない時でも、あっという間にモチベーションを上げ、嫌でも仕事にのめり込んでしまうほど効果のある、モチベーションアップ方法とは?(この方法を実践することで、モチベーションが上がらずに作業できないなんて事がまずなくなるはずです。私もやっているその”方法”を伝授。)
なぜ、いつまでも悪い習慣を止める事ができないのか?また、絶対にやめたい悪習慣をキッパリと止める方法とは?(頭ではわかっていても、中々やめる事ができない悪習慣や依存症。その悪習慣や依存症をキッパリとやめる方法をお伝えします。その悪習慣を断つ事ができれば、その時間やお金をビジネスに使う事であなたの成功スピードは加速していくはずです。)
成功するために絶対欠かせない○○の習慣とは?(世の中の成功者がひた隠しにしている○○の”秘密の習慣”を伝授。)
世界中の大富豪が、貧乏時代からこぞって実践してきた○○とは?(多くの大富豪は、貧乏だった時から○○を実践してきたからこそ、富を引き寄せる事ができました。その○○とは?)
なぜ、成功者の言う事を鵜呑みする人ほど成功できないのか?(実は、成功者の言う事を真面目に聞いている人ほど、いつまでたっても成功できない傾向にあります。その理由と、成功するためには何を聞くべきかをお教えします。)
仕事を面倒くさがらずに”すぐやる人”と、何もかも”後回しにする人”の、決定的な違いは○○○にあった。その○○○とは?(”すぐやる人”と”後回しにする人”の違いは、実は後天的なものでした。そしてそれこそが、○○○の違いにあるのです。その○○○を変え、誰でも”すぐやる人”になるための方法を伝授。)
なぜ、ネットビジネスでお金を稼ぎたいなら、お金を目標にしてはいけないのか?(実は、お金を目標にしてビジネスをしている人ほど、成功できない傾向にあります。大切なのはお金ではなく、○○○○を目標にする事なのです。その○○○○を伝授。)
ズバ抜けた結果を出してきたネット起業家が、ほぼ例外なく実践している「時間管理」の秘訣とは?(ズバ抜けた結果を出すためには、1日の時間をどう使うかが非常に重要です。なぜなら、1日24時間という時間は、唯一どんな人にも平等に与えられているものだからです。そのために重要となってくる時間管理の秘訣を特別にご紹介。)

 

このような構成になっています。

今の私がいるのは、こういったマインドセットを心がけてきたからだと思っています。

このマインドセットが、あなたの成功のきっかけの一助にでもなれば幸いです。

コンテンツ第2章:
BUYMA基礎知識編

(PDF:全88P 30820文字)

このマニュアルでは、無在庫販売のメイン販路となる「BUYMA」を使って稼いでいく上で覚えておきたい基礎知識をまとめています。

アカウント登録の方法から出品方法、儲かる商品のリサーチ方法を詰め込んでいますので、BUYMAのバの字も知らないような初心者の方でも、すぐさまBUYMAで利益を上げていく事も可能です。

内容の一部を紹介すると・・・

 

BUYMAに出品するためのアカウント作成方法を解説。(初心者でも分かりやすいよう、画像付きで解説しています。)
実際にBUYMAに商品を出品するための手順を解説。(未経験者でも、迷う事なくスムーズに出品する事ができるようになります。)
あなたのファンをググっと増やすために、絶対に守っておきたいプロフィール作成のポイントとは?(あなたのファンが増えれば増えるほど、あなたから買いたいと思う人が増えるため、価格競争などお構いなく稼げるようになります。そのためのプロフィール作成のポイントがあるんです。)
BUYMAで儲かる商品を探すための3つのリサーチ方法について。(知っているリサーチ方法が1つだけなのと、複数知っているのとでは、得られる結果には天と地ほどの差がついてきます。1つのリサーチ方法か知らない場合、その方法が上手くいかない時にリサーチそのものが止まってしまうからです。というわけで、数あるリサーチ方法の中でも、最も効果的なリサーチ方法の3つを紹介します。)
BUYMAで参考にすべき出品者と、参考にすべきでない出品者の明確な線引きについて。(うまくいっている人の真似をするのが成功の近道なのは、BUYMAにおいて同様です。そこで、BUYMAで稼ぐために参考にすべき出品者の見極め方を伝授します。また、参考にすべきでない出品者を真似するのは成功が遠ざかってしまう可能性があるため、そこについてもしっかりと解説。)
商品の仕入れ先をいとも簡単に探していく方法とは?(BUYMAで儲かる商品を仕入れるための”仕入先探し”の全てをあなたに伝授します。実際の探し方から、仕入先として”あり”かどうかの見極め方など、仕入に関する知識やノウハウを全て学ぶことができます。)
商品を仕入れる際、偽物を仕入れてしまわないために、必ず押さえておきたい8つのポイントとは?(偽物を仕入れて販売してしまうと、BUYMAの規約違反なのはもちろん、最悪の場合、犯罪とみなされる事もあります。それを防いでいくために、偽物を仕入れないための仕入先の見極め方を伝授。)
商品を出品する際の最適な価格設定の方法とは?(価格設定は非常に重要なポイントになります。なぜなら、価格設定次第でビジネスの利益が決まってくるからです。高すぎると売れず、安すぎると利益が出ない。そんなジレンマを解消するための価格設定の方法を解説します。)
なぜ、最安値で商品を出品していく必要性はゼロなのか?(最安値で出品しないと売れない(稼げない)なんてのは、ただの思い込みです。その根拠と、たとえ最安値で出品できないような状態でも、価格競争に巻き込まれずに勝ち上がるための戦略を伝授。)
BUYMAで末長く稼いでいくために、受注後に実施しておきたい3つのステップとは?(BUYMAで稼ぎ続けるためには、リピーターを獲得することが重要になってきます。リピーターがいればいるほど、売上が安定してくるからです。そしてそのリピーターを獲得するためにやっておきたい3つのステップを解説します。)

 

※上記は一部です。

このような構成になっています。

「BUYMAでの稼ぎ方マニュアル」的な位置づけのコンテンツとお考えいただければと思います。

ぜひ活用してみてください。

コンテンツ第3章:
無在庫販売の極意編

(PDF:全51P 20884文字)

このマニュアルは、無在庫販売そのもので勝ち抜いていくための極意をまとめています。

BUYMAで無在庫販売をする際にも役立つマニュアルであるのはもちろん、今後、また別の路線であなたが無在庫販売をしていく上でも非常に重宝するものになっているはずです。

なぜなら、無在庫販売には無在庫販売なりの「利益を最大化させるための考え方」があり、その考え方は、BUYMA以外での無在庫販売(ネットショップなど)にも共通してくるものだからです。

このマニュアルの内容の一部を紹介すると・・・

 

無在庫販売で利益を上げるために、売れ筋商品よりも重視するべき、○○○商品とは?(実は、売れ筋商品を扱う人ほど、上手く稼げない傾向にあったりします。その理由と、本当に扱うべき○○○商品について解説。)
資金繰りを1ミリも気にする事のない、完全無欠な無在庫販売ビジネスの構築方法とは?(一般的な無在庫販売だと、売上金が入金する前に仕入れがあるので、資金繰りという概念から逃れる事はできません。ただ、唯一、資金繰りを全く気にする事なく、天井なしで売上を拡大していけるビジネスがあるんです。そのビジネスの構築方法を伝授。)
注文からお届けまで時間の空いてしまう無在庫販売ビジネスでも、お客さんの満足度を低下させないための秘訣とは?(注文からお届けまでの期間が長い無在庫販売はお客さんの満足度を下げてしまう傾向にあります。そんな無在庫販売で、お客さんの満足度低下を防いでリピーターに繋げていくために有効な二つの秘訣をお伝えします。)
手元にもなくて、知識も全くない商品に関する質問をお客さんから頂いた時のベストな対応方法とは?(無在庫販売をしていて戸惑うのが、お客さんから商品に関する質問をもらった時です。このコンテンツで解説する対応方法を知っておけば、突然の質問にも適切に対応する事ができ、お客さんの信頼を掴んで行く事ができるようになります。)
無在庫販売に、あえて”有在庫販売”を組み合わせ、売上を爆発させるためのハイブリット転売戦略とは?(有在庫販売を組み合わせたハイブリット転売戦略を用いる事で、売上が爆発する可能性を秘めています。その理由と、この戦略を用いる時に必ず気をつけなければならない点を解説します。)
注文が入った後にその商品の仕入れが不可能だった場合、その状況を切り抜けるために効果的な4つの対策とは?(無在庫で商品を販売する以上、注文が入ったのに、仕入先の都合で仕入れができないという事態は避けては通れないものです。そんな時、この4つの対策を知っておく事で、クレームを防ぎ、さらにその状況から売上を立てていく事もできます。)
お客さんの不安を取り除く事で、大きな売上アップに結びつける事のできる○○○○○○○○の戦略とは?(この戦略を取り入れると、売上自体を底上げしていく事もできます。その理由と、この戦略を取り入れる為の具体的な方法を解説。)
発送対応が遅い仕入先に対して、迅速な発送を促す効果的な方法とは?(海外と日本の商習慣には大きな違いがあり、仕入先によっては、注文してもすぐに商品を発送してくれない事があります。そんな仕入先に対して迅速な発送をしてもらう為に必須な解決方法を伝授。)
○○○商品でアクセスを集めて、○○○商品で大きな利益を取る。そんな、無在庫販売の王道とも言える、多くの人がおざなりにしてしまっている効率的な稼ぎ方とは?(集客商品と利益を取る商品を分けて考える事で、より効率的に利益を出す事ができます。そんな王道とも言える稼ぎ方を、この章でしっかりとあなたに落とし込みます。)
ビジネスの飽和を避け、無在庫販売で末長く稼いでいく為に重要な考え方と、そのための具体的な方法とは?(どんなビジネスであろうと、ライバルが増える余地がある以上、少なからず飽和する可能性を秘めています。ただ、それを避ける事を学べば、無在庫販売で末長く稼ぎ続けていく事ができます。)

 

※上記は一部です。

このような構成になっています。

ぜひ、無在庫販売で勝ち抜くための極意を、このコンテンツから学んでみてください。

コンテンツ第4章:
利益率を高めるための販売戦略編

(PDF:全44P 18538文字)

無在庫販売においては、販売の”戦略”次第で、利益率を劇的に高める事ができます。

利益率というのは、売上に対してどれくらい利益が出たかの割合のことですが、利益率20%でビジネスをするよりも、利益率40%でビジネスをした方が、あなたの「手取り」の収入額が大きくなるのはご理解いただけると思います。

そしてその利益率を高めるために、具体的にすべき販売の戦略をあなたに伝授していきます。

内容の一部を紹介すると・・・

 

利益率を高める為に絶対に覚えておきたい基礎知識について。(ただ漠然と、利益率を高めたいと考えるよりも、その為の基礎を押さえた上で取り組んだ方が、より効率の良いアプローチが可能になります。その基礎知識を徹底解説。)
仕入値を下げるために効果絶大な価格交渉の方法と、その際に必ず守るべき2つのポイントとは?(仕入れ値を下げるためには価格交渉が王道であり、なおかつ効果も大きい方法です。交渉次第では大幅な値下げも可能だからです。その交渉の成功率を高める為に必ず守っておきたい2つのポイントを伝授。)
販売価格を極限まで高めるための、○○○戦略とは?(販売価格を高くする事ができれば、おのずと利益率も上がります。その販売価格を高めるにはいくつかの方法がありますが、その中でも非常に取り組みやすく、上がり幅の大きい方法をご紹介。)
利益率を高めるために有効な方法にも関わらず、意外に見落としがちな○○○の削減とは?(この○○○は見落としがちですが、きちんと削減できれば、利益率アップに永続的に効果を発揮します。その○○○について解説します。)
なぜ、あの出品者は他のお店よりも価格が高いのに、お客さんは他の安いお店を素通りして、価格が高いあの出品者からわざわざ買うのか?(同じ商品でも、他のお店より高く売れる理由を知る事ができれば、あなたも他店より高く売る事ができ、さらにどんなビジネスにも応用して利益を生み出していく事ができます。その理由を徹底解説。)
手っ取り早く利益率を高めるために、カスタマイズしておきたい○○○○とは?(○○○○をカスタマイズする事で、利益率アップに大きな効果があります。その理由と、その○○○○について解説。)
多くの価格交渉を成功させてきた、とっておきの交渉文(英語)を特別公開(この交渉文は、実際に私が仕入先に対して送ってきた文章になります。ネイティブレベルのビジネス通訳者に翻訳してもらった英文であり、価格交渉に大きな効力を発揮してくれます。その交渉分を特別に公開。)
海外からの国際送料を、大幅に値下げできる方法とは?(この方法を利用する事で、商品一つあたりにかかる国際送料を大きく値下げしていく事ができます。簡単に実践可能なのにも関わらず、つい見落としがちなこの方法をあなたに伝授。)
○○を早める事で、付加価値が生まれ、販売価格を高める事ができる。その○○とは?(利益率を高めるためには、商品に付加価値をつけ、販売価格を高めるのが一つの有効な方法です。その付加価値の付け方の一つとして効果の高い○○について解説。この○○を早める事で付加価値が生まれ、差別化になっていきます。)
日本ではあまり知られていない、海外ではもはや常識とも言える○○○○を利用した仕入れの値引き方法とは?(この○○○○を利用する事で、仕入値を簡単に下げる事ができます。海外では常識なのに、日本人が見落としているこの○○○○について解説。)

 

※上記は一部です。

このような構成になっています。

この販売戦略を手に入れる事ができるのは、もちろんこの教材を手にしたあなただけです。

なので、あなたがこの販売戦略を盾にBUYMAで戦っていけば、一般のBUYMAの出品者とは比にならないくらい、有利な状況で「勝ち」を納める事もできます。

ぜひご活用ください。

コンテンツ第5章:
出品作業を最速で済ませる時短戦略編

(PDF:全28P 12901文字)

BUYMAは在庫を抱えずに商品を出品できるため、そのメリットを活かして、いかに多くの商品を出品できるかが収入を大きく分けることになります。

やはり、出品数の多さに、売れる確率は比例するからです。

で、本気で稼ぎたいなら、BUYMAの商品登録数の上限である5000商品まで、まるまる登録して欲しいのですが、5000商品を一つずつ律儀に出品していったとすると、相当果てしない時間を要します。

1商品に平均して10分の時間を使ったとすると、50000分かかるので、約833時間。

これを日にちに換算すると、約35日間です。

そのくらいの時間をかけて、ようやく5000商品を出品できるわけですが、出品作業ばかりに時間を使っていては、肝心のリサーチ作業がおろそかになってしまいます。

商品リサーチなどのコアな作業こそが、利益につながる作業になるので、最短で成功を目指すなら、兎にも角にもコア作業の時間を増やす事が先決です。

そこで、この出品登録作業を時短するのに有効なのが、

「外注さんに登録作業をしてもらう」

という方法です。

外注さんに出品登録をやってもらえれば、自分が出品登録にかける時間を極限まで削減できるため、自分は商品リサーチに専念する事ができます。

という事で、その際に必要になってくる、外注さんに登録作業を任せていく為のノウハウや知識を解説していきます。

具体的には・・・

 

外注さんを募集する際の募集文のテンプレート。(コピペ利用OKなので、どうぞご自由にご活用ください。)
外注さんを探す上で、もっとも注意すべきポイントとは?(このポイントに注意して外注さんを探していかないと、外注さんを採用した後で後悔する可能性が高いです。その理由と、そのポイントを解説。)
もっとも効率が良くて安全な、外注さんの募集方法とは?(外注さんを募集する方法は様々ありますが、効率と安全を求めるなら、間違いなくこの募集方法がおすすめです。その募集方法をご紹介。)
ほぼタダ働きにも関わらず、外注さんが自ら率先して登録作業をしてくれるような、非常識な外注の依頼方法とは?(この依頼方法はある意味、非常識なものですが、これを用いれば、自分が何も指示をしなくても、外注さんがどんどん商品を登録していってくれるような関係を築く事もできます。しかも”無給”で。その依頼方法を特別に伝授します。)
効率よく外注さんとコニュニケーションを取る為に利用したい、3種の神器とは?(この3種の神器を利用するかどうかで、コミュニケーションのスピードが変わり、それに伴って質も変わってきます。つまり、それ次第でビジネスの結果が大きく変わってくるという事です。ここで紹介する3種の神器を使いこなし、最高の結果を手に入れてください。)
外注さんの話を真に受けてはいけない、本当の理由とは?(外注さんの話は、全て話半分で聞いてください。そうしなければ、不適切な相手をパートナーとして選定してしまう可能性があります。あまり知られていないその事実と、その理由を解説します。)
募集して集まった外注さんを選定していく際に、必ずやっておきたい○○○○とは?(その○○○○をやらないと、驚くほどにハズレの外注さんを引いてしまう危険性があるのです。)
外注さんを選ぶなら、経験値やスキル以上に重要視すべき、○○○○○○とは?(実はスキルや経験値などは、外注さん選びにおいては二の次なのです。本当に重要視すべき○○○○○○についてお話します。)
ぜひ知っておきたい、外注費用の相場について。(費用の相場を知っておく事で、スムーズに外注さんを募集できるだけでなく、無駄に高い費用を支払う事を防ぐ事ができます。)
マッチングサイトを利用して外注さんを募集する際、利用しておきたい3サイトと、それぞれのサイトで最も外注さんが集まりやすい募集カテゴリとは?(外注さんを募集するマッチングサイトは数多く存在しますが、その中でも利用しておきたい3つのサイトをご紹介。また、どのカテゴリで外注さんを募集するかでも応募数が大きく変わってくる為、各サイトごとに、外注さんが一番集まりやすい募集カテゴリも解説。)

 

※上記は一部です。

外注さんに商品登録を任せることができれば、あなたは一切登録作業には手をつけず、リサーチ作業などのよりお金を生む作業に時間を投資できる事になっていきます。

外注さんに登録作業をお願いする場合、50円程度から依頼していく事もできるため、仮に1000商品を登録するなら、費用も5万円程度で済んだりします。

考え方にもよりますが、1000商品の登録にかかる時間を、たった5万円で買う事ができるのは、費用対効果からしたらありえないくらいに良いのではないでしょうか。

ですが、もちろん、外注さんにお願いせずに自分で登録しても大丈夫です。

ただ、もし外注さんに登録していく場合、慣れない外注選定などをしていくのもまた一苦労だと思うので、そういった場合にその苦労を最大限取り除くためにも、このようなコンテンツを用意しました。

直近では外注する予定がなくて、将来的にもっと利益が出てから外注するという場合でも、その時に効率よく外注化していくために、まずはこのコンテンツを手にとって頂ければと思います。

コンテンツ第6章:
商品発送作業の自動化戦略編

(PDF:全25P 9447文字)

売上が上がれば上がるほど、それに伴って増えてくるのが商品発送作業です。

ただ、この商品発送作業をすべて自分でこなしているようでは、大きく稼ぐのは中々難しいのが現状です。

というのも、商品の発送自体は利益につながる作業ではなく、すでに商品が売れて利益が確定した後の作業ですから、ハッキリ言って”無給”の仕事だからです。

本来であれば、商品リサーチをしたり、売上をアップさせるための施策に取り組んでいる仕事こそが利益につながる作業であり、商品の売れた後の発送作業はいくら頑張っても利益につながることはありません。

なので、売上が上がって商品発送の量が増え、1日の時間の大部分をこの商品発送に費やす状態になってくると、売上増加も先細りになってしまいます。

利益につながるリサーチやマーケティング施策などに、時間を充てることが出来なくなるからですね。

じゃあ、それをどうやって切り抜ければ良いかというと、ズバリ、

「商品発送の自動化(外注化)」

がその答えになってきます。

商品の発送を外注さんにお願いして、自分が発送作業に関わらなくてもいいようにすれば、商品リサーチやマーケティングに時間をかけることができるので、売上アップに専念することが可能となります。

そしてそのための商品発送の自動化戦略を、このコンテンツであなたに伝授していこうと思うのです。

まあ、外注さんにお願いするといっても、しっかりとその外注費用を払った上で利益を出せる自動化の仕方を伝授するので、そのあたりはご安心ください。

内容の一部を紹介すると・・・

 

商品発送の自動化の定義を解説。(この自動化の定義をしっかりと理解しておかないと、本当の意味での自動化を図っていく事ができません。まずはこのコンテンツでその定義を学んでください。)
商品発送を自動化すべき、本当の理由とは?(なぜ商品発送を自動化すべきなのか、本当の理由を知っておく事で、より自動化に向けて意欲も湧いてきますし、行動する理由がより腑に落ちると思います。それを理解することこそが、自動化への第一歩なのです。)
商品発送を外注化する時だけは、いわゆる○○○○には絶対に外注してはいけない。その○○○○とは?(○○○○に商品発送を外注してしまうと、大きなトラブルに発展してしまう可能性が高いですし、何より効率よく外注化する事ができません。○○○○には外注しないようにしましょう。)
商品発送の外注先の探し方について解説。(どのようにして商品発送の外注先を探せばいいのか、私が実際にやってきた探し方を伝授します。これを知っておけば、外注先探しに無駄な時間やリスクを取る必要はありません。)
外注先を探す際に必ず利用しておきたい、私も使っている”とあるサイト”とは?(外注先探しは必ずこのサイトを利用して欲しいと思います。私もこのサイトを利用して、最高の外注先を探す事ができましたし、私のビジネス仲間もこのサイトで最高の外注先を見つけています。)
外注先を決定する際、必ず考慮しておきたい3つのポイントとは?(この3つのポイントを考慮して外注先を決定しないと、外注先選びに失敗してしまう可能性が高いです。その理由と、3つのポイントを解説。)
なぜ、外注先を「コストの安さ」で選んではいけないのか?その理由を解説。(ほとんどの人は、外注先にコストが安いところを選ぶ傾向にありますが、この商品発送作業に関していえば、コストの安さで選ぶのは絶対にNGです。)
商品発送を外注すべきか否かの、一ヶ月の発送量を基にした明確な判断基準とは?(商品発送個数によっては、無理に外注せずに、とにかく売上アップに専念した方が結果的に早く稼げるようになる傾向があります。それを判断するための、商品発送料を元にした明確は基準を解説。)
外注先の選定段階で、見積もりを出してきた相手に必ずしておきたい質問とは?(この質問に対する返答が、その外注先に任せていいかどうかを判断できる一つの基準になってきます。この質問は必ずして欲しいので、ぜひチェックしてください。)
発送を任せている商品を持ち逃げされる事を防ぐため、外注先にすべきは○○○○○○。その○○○○○○とは?(発送を任せている商品が持ち逃げされるなんて、もってのほかです。そんな最悪の事態を回避するため、外注先にすべきなのは絶対に○○○○○○なんです。)

 

※上記は一部です。

このような構成になっています。

要するに、商品発送を外注化(自動化)しようとなった場合、業者にお願いをしていくわけですが、この選定をすべて自己流でやっていこうとすると、とてつもない手間と労力がかかります。

このような外注化という試みが初めてであれば、それこそ、先の見えない暗闇を手探りで進むような感覚さえ覚えることもあると思います。

それを避けるために、私がこれまで培ってきた自動化の戦略をすべてお伝えしますので、あなたは安心してその通りに自動化を進めていってください。

なお、この自動化戦略はBUYMA販売だけでなく、様々なネット転売の手法にも応用していけますので、この機会にそのあたりのノウハウを存分にあなたのものにして頂ければと思います。

以上、ここまでが、このYMCであなたがゲットできる教材の中身のご紹介でした。

それでは次に、このYMCに付いている直接サポートの詳細についても説明していこうと思います。

あなたに用意されている、
3ヶ月間のサポート体制について

YMCの教材を読み、それをそのまま実践していくだけでも存分に稼いでいくことはできると思います。

ですが、中には教材だけ渡しても行動できない人もいらっしゃると思うので、私の方で「3ヶ月間の直接サポート」をご用意しました。

では、どんなサポート体制になっているのか、その詳細について説明します。

サポート体制1:あなたのビジネスの添削(期間中計1回)

あなたがBUYMAを利用して無在庫販売に取り組んでいくにあたり、あなたの出品ページや出品状況を私が”直”に確認し、改善策などをアドバイスしていきます。

自分一人でビジネスしていては決して気づく事のできないポイントなども、客観的な視点で私がアドバイスできますので、売上アップに役立つ事は間違いないと思います。

なお、添削は期間中に計1回までになっています。

Zoomアプリであなたと私をつなぎ、Zoomの画面共有などの機能を通じて改善点などを直接添削していきますので、ぜひリアルタイムで私のアドバイスを受け取ってください。

サポート体制2:Zoom通話サポート(期間中計2回)

先ほど説明した添削サポートが「深く、狭く」というアドバイスだったのに対して、このZoomアプリを使って行なう通話サポートは「浅く、広く」という趣旨のものだとお考えください。

添削では、BUYMA販売における出品状況の改善点を指摘していくものでしたが、この通話サポートは、どちらかというとビジネス全般に関してのアドバイスをしていく事ができます。

通話サポート回数は計2回で、時間は30分~1時間程度を予定していますが、「お金を稼ぐ」というテーマに基づいたものであれば、なんでも相談してください。

「今後の最適なビジネスの進め方や方向性」
「利益率を上げるための戦略」
「あなたの今のビジネスの見直し」
etc…

このように、BUYMA販売だけじゃなく、ビジネスそのものにお役立てください。

ただ、「輸出ビジネス」だけは経験がないため、輸出ビジネスに関する相談は対応できない事をご了承ください。

輸出ビジネス以外の転売に関する事なら、基本的に何でも相談できます。

ぜひご活用ください。

サポート体制3:回数無制限メールサポート(90日間)

YMCの参加日から90日間(3ヶ月間)、あなたは何度でも気がすむまで私にメールで質問することができます。

分からないこと、相談したいことなどあれば遠慮なく聞いてきてください。

基本的に頂いた質問は24時間以内に返信しますが、飛行機のフライトなどと重ねると、少し返信が遅れる可能性もあります。

ただ、必ずメールは返しますので、そこはご安心ください。

このYMC、一体いくらだと思いますか?

さて、ここまで説明してきたような教材と3ヶ月間の直接サポートをセットにしたYMC、あなたはいくらだと思いますか?

ハッキリ言いますが、提供するコンテンツの量や質、そしてサポートの手厚さなどは、そんじょそこらの30万円はする高額塾やスクールなどに負けていないと自負しています。

むしろ、その辺の中途半端な高額塾やスクールより、遥かに上を行くレベルだと私は本気で思っています。

なので、YMCの購入費用としては、最低でも30万円は頂いても問題ないだろうと考えました。

ただ、そんな私の主観だけで値段を決めてしまっても、購入できる人が少なければ意味がないとも思いました。

なぜなら、もともとこのオンライン講座のリリースに踏み切った理由は、前述した通り、

『無在庫販売の正しい稼ぎ方を知らない人が、あまりにも多すぎる』

という悲しい現実を知ったからでした。

なので、少しでも多くの人に無在庫販売の正しいノウハウを広めていくことを考えた場合、高い値段は、それを阻む壁でしかありません。

なので、大金を頂くつもりもありません。

そこで決めた値段ですが、

「7,000円」

これでいきたいと思います。

「7”万”円」ではありません。

「7”千”円」で、YMCの教材と3ヶ月間の直接サポートという環境を手に入れることができるのです。

一応、最大3分割まで対応していますので、分割なら1ヶ月あたり「2333円」で利用できることになります。

つまり、「月謝2333円」で無在庫販売のノウハウを学び尽くし、メールサポートや通話サポートまで使い倒せるという事です。

この月謝2333円という金額は、あらゆる「習い事」や「講座」、「塾」などと比較しても、かなり良心的な価格であるのは間違い無いと思います。

しかも、そういった習い事、講座、塾などは、講師による「マンツーマンサポート」までは付いていないのが大半です。

それに対して、このYMCでは、講師である私のマンツーマンサポートを「回数無制限」で付けているわけですから、ある意味、「非常識」な価格設定だとさえ思っています。

それでも私は、これ以上のお金は一切頂きませんし、今後、私からあなたに余計な金額を請求するつもりも一切ありません。

文字通り、「7,000円」であなたはこのYMCに参加し、教材を全て手にした上で、3ヶ月間の直接サポートを受けていただくことができるということです。

月謝2333円という非常識な価格設定にした本当の理由。

このYMCは、月謝に換算すると「2333円」で利用できるわけですが、これは自分で言うのもアレですが、「安すぎる」と思っています。

そしてそう思っているのは、どうやら私だけじゃ無いみたいで、私のメルマガ読者さんなどからも、たまにこんな問い合わせをいただきます。

『その値段でオンライン講座をやったところで、ゆのきちさんの割に合わないのではないでしょうか?とすれば、何か裏があるのですか?』

と。

ですが、これに関して、率直に言ってしまえば、裏は一切ないです。

それだけでなく、「割に合わない」のも事実です。笑

じゃあ、なぜ割に合わないことを、わざわざやっているのかというと、それにはある「理由」が絡んできます。

このページの前半の方で、私がこのオンライン講座を公開したのは、

「無在庫販売の正しい稼ぎ方を知らない人があまりにも多すぎるという現実を知ったから」

と話しましたが、正直、これはあくまで表面上(キレイゴト)の世界の話です。

もちろん、そういう気持ちがあるのは間違いありませんし、一人でも多くの人に無在庫販売の正しい稼ぎ方を広めていきたいのは紛れもなく事実であり、私の夢でもあります。

でも、そうは言ってもボランティアまでするほど、私は心の広い人間じゃありませんし、聖者でもなければ神様でもありません。

なので、ここまで安い価格でYMCを提供しているのにも、私なりの「狙い」があります。

その「狙い」とは何かというと、

「あなたが稼げるようになることが、最終的には私の”利”につながる」

というものです。

つまり、あなたが稼げるようになると、回り回って私が儲かることになるということです。

それ以上でも、それ以下でもありません。

そして、まずはあなたに稼いでもらうためにも、YMCの購入費用は安いに越したことはないと思っています。

安ければ安いほど、参加しやすくて当然だからです。

それを加味して、「3ヶ月間で7000円」という非常識な価格設定にしているわけですね。

では、これがどういう事なのかを説明していきますが、まず前提として、このオンライン講座の提供は、私としては「ビジネス」として取り組んでいます。

ビジネスとして取り組む以上、私自身もしっかりと儲かることを前提に考えてやっているという事です。

しかしながら、その私の「儲け」というのは、決してこのYMCを売る事で得られる利益のことを言っているわけではありません。

「もっとその先にある利益」です。

これに関しては後ほど説明するとして、そもそもの話になりますが、YMCを販売してたかだか7000円の利益を得たところで私にとってはどうしようもないんです。

というのも、すでに述べましたが、私は本業の輸入転売の方で月収が「8桁」を超えることすらあるくらいで、ちょっとイヤらしい話で申し訳ないのですが、私自身の「時給」を計算すると、平気で4万円〜5万円にはなるんじゃないかと思います。

最近は、働いても1ヶ月に100時間程度なので。

つまり、その自分の「時給」を考慮すると、3ヶ月間サポートした上で7000円の利益とあらば、どこからどう見ても割に合わないわけです。

仮に通話サポートに1回対応しただけでも、普通に「小1時間」はかかりますからね。

ただ、このYMCには通話サポートを計2回つけていますし、メールサポートも回数無制限でつけているので、お一人あたりのサポートに割くトータルの時間は、まず確実に1時間じゃ足りません。

おそらく期間中、お一人あたり最低でも、10時間以上はサポートに時間を使うことになると思いますし、積極的に質問してきてくださる方であれば、10時間どころじゃないと思います。

となると、その時間を本業である輸入転売に費した方が、YMCを売るよりも何倍も儲かるのは間違いないのです。

つまり、その表面的な事実だけを見れば、YMCを売れば売るほど、私が「損」をすることになります。笑

では何故、そんな「損」な価格設定でYMCをやっているのか?

それは先ほど申し上げたように、

「あなたが稼げるようになることが、最終的には私の”利”につながる」

という明確な狙いがあるからです。

そして、あなたが稼ぐというスタートを切るためのハードルを下げるためにも、参加費用そのものを極限まで下げ、門戸を広くしているわけです。

これが、どういうことかというと、例えばYMCを通じてあなたが稼げるようになったとします。

そうなると、当然ですが、あなたから私への「信頼」は、より揺るぎないものになっていくのではないでしょうか。

『ゆのきちさんの販売する教材なら間違いない』
『ゆのきちさんの情報は、払った以上の利益をもたらしてくれる』

こう思ってもらえるようになるわけですね。

そして、こう思ってもらえるようになれば、ある意味「こっちのもの」なんです(笑)。

今後、私が紹介していく可能性のある、サービスや教材も購入してくれるようになると思うからです。

もちろん、継続して私のサービスや教材を買っていただくには、私に対する確固たる信頼が必要不可欠だと思います。

ただ、YMCなどの教材を通じて、

「ゆのきちさんの教材を買えば、必ずそれ以上のリターンがある」

という揺るぎない信頼関係を築くことができれば、その人は私の教材やサービスを今後も買ってくださるので、最終的には私自身がより大きな「利益」を得ることができます。

つまり、私はYMCで参加者さんを稼がせた「その先」に待っている、より大きな利益を視野に入れて、こういう活動をしているというわけです。

参加者さんがYMCなどを通じて稼げるようになれば、当然、私への信頼も確固たるものになっていきますし、以前よりも大きなお金を掴んでいるはずなので、今後、私が紹介していく教材やサービスをさらに買ってくれる可能性がありますからね。(笑)

私もさすがにボランティアで活動しているわけではないので、私自身にもしっかりと「利」がある形でなければ意味がないということです。

極端な話ですが、

『ゆのきちさんの教材なら、必ず払った以上の金額を稼げる』

という信頼が生まれていれば、100万円だろうと、1000万円だろうと、どんな価格を提示しても買ってくれる関係を作れると思っています。

たとえ1000万円を払おうとも、それが2000万円にも3000万円にも化けるのであれば、支払って当然だと考える人はたくさんいるはずだからです。

なので、私自身が儲かるためにも、まずはあなたを稼がせることが第一なのです。

そして、そういう「狙い」で私も活動する以上は、リリースする教材やサービスは、必ず払った値段以上のリターンを生むものではなくてはいけませんし、その「きっかけ」となる最初の教材やサービスは、可能な限り安価である必要があると思っています。

最初のきっかけとなる教材の値段が安価だからこそ、多くの人が参加してくれますし、その教材が値段以上のリターンを生むからこそ、私への信頼が揺るぎないものになるからです。

なので、一見すると非常識な価格設定とも取れるYMCも、長期的に見れば、私自身もしっかりと得をする形になっています。

私はビジネスを常に長期的な視点で考えていますので、一時的に損をしたとしても、長期で見て得であれば何の問題もありません。

短期的な目先の利益だけを求めるならば、そもそもYMCをこんな割に合わない価格で公開することもありませんので。笑

本業の輸入転売に時間を費やした方が、YMCを販売するよりも何倍も儲かりますからね。

でも、YMCなどの教材を通じて信頼関係を長期に渡って構築していけば、回り回って最後にはしっかりと私自身が得をするようになっているんです。

決してボランティアでビジネスの指導をしているわけではないので、一応、そういう「狙い」もしっかりとあるという話でした。笑

ただ、こういう狙いをお話しすると、

『だったらYMCをタダで販売して、タダで指導して稼がせた方が良いんじゃないの?』

とツッコミを入れてくる方もいらっしゃいます。

7000円なんて値段を取らずに、タダでオンライン講座を提供して、より多くの人を稼がせた方が、もっと私が儲かるようになるのでは?というツッコミですね。

でも、YMCをタダで提供する事は絶対にありません。

そしてタダでYMCを提供しないのには、明確な理由があります。

というのも、「身銭」を切らないうちは本気にならないからです。

つまり、身銭を切ってお金を支払ってもらうからこそ、本気で稼ぐという気持ちになってくれて、それがその人自身にとってもプラスになるからです。

これは少し乱暴な例えになりますが、

  • 100円の牛乳
  • 5000円の牛乳

をそれぞれ買ってきたとして、あなたは、どちらの牛乳をより味わって飲もうとしますか?

間違いなく、5000円の牛乳の方だと思うんです。

なぜなら、5000円という代価を支払っているからです。

それこそ100円の牛乳であれば「いつもの牛乳じゃん」という感じで、お風呂上がりにでもグビッと飲み干して終わりだと思います。笑

でも5000円の牛乳であれば、

  • どんな味わいなのか
  • 普通の牛乳とどう違うのか

など、全神経を集中させてその牛乳を味わおうとするのではないでしょうか。

これも全ては、5000円という代価を支払っているからであり、私たち人間は、支払った代価に応じて、その見返りを求めようとします。

そしてこの心理は、ビジネスの教材を買うような場合においても全く同じことなんです。

どんなに優れた教材でも、それが「タダ」であれば、

「無料で手に入れた教材だし、時間があるときにでもやろうか」

と考えて、「いつかやろう」になってしまい、本気で学ぶということをしなくなります。

だからこそ、ある程度の金銭的な「痛み(代価)」を支払ってもらってこそ、その参加者さんのタメにもなるのです。

私としても、前述した「狙い」があってビジネスの指導をしていく以上、参加者さんに結果を出してもらわないことには、どうしようもないので、そういう観点からも、タダでオンライン講座を提供するという事はしていません。

とは言っても、その支払う代価が余りにも高額になってしまうと、そもそも参加できる人数も限られてきてしまいます。

そうなると、私が狙いとしている、「まずはあなたに稼げるようになってもらう」という活動の「母数」が減ってしまうことになるので、

  • ある程度の金銭的な代価が発生する(本気になれる価格)
  • 誰でも頑張れば手の届く価格

この2点を考慮した時に、折り合いが付く価格だと思ったのが、「7000円」という金額だったわけですね。

そのような背景から、「YMC」をこの価格で提供しているということです。

・・・というわけで。

結局のところ、私が何を言いたいのかというと…

このYMCを、ぜひとも買ってください。(笑)

そして、ガンガン私のサポートを使い倒して、ガンガン稼いでください。

というか、あなたに稼いでもらわないと私が困るので、そのために私も全力でサポートします。

あなたが稼げば稼ぐほど、回り回って得をするのは他でもなく私自身でもあるので。(笑)

※VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースの各種クレジットカードに対応しています。
※新型コロナウイルスの影響を考慮し、在宅ワークの支援活動の一貫として通常価格14800円のところを7000円で提供中です。

返金保証について

それと、このYMCには「返金保証」を付けています。

万が一、このYMCで結果が出なければ、7,000円を全額ご返金させていただきます。

具体的には、YMCのサポート期間である3ヶ月を終了した時点で、YMCの参加費用の7,000円さえ稼ぎ出せていなければ返金の対象となります。

返金後も、すでに手に入れているYMCの教材一式は返却する必要もありませんので、そのまま取っておいてください。

ただ、作業してないのに稼げないのは当たり前なので、実際にBUYMAでの出品履歴と、BUYMAの売上画面のキャプチャだけお送りください。

きちんと商品を出品しているのにも関わらず、参加費用すら稼げていないという場合、問答無用で参加費用を全額お返しします。

もちろん、仮に3ヶ月間も丸々サポートした上で返金となれば、私にとっては損でしかありません。

それでも返金保障を付けているのは、このYMCにそれだけの自信があるからです。

逆に言えば、稼げなかった人からはお金をいただく必要はないと思っているからであり、返金保証を付けているのも、ただそれだけのことです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

巷の、ルール違反を前提とするような無在庫販売の教材とは、次元の違う講座になっているということを実感いただける自信がありますので、興味があればぜひお手にとって確かめてみてください。

後悔させない自信がありますので。

よくある質問をまとめました。

Q.参加費用である7000円以外にも、何か費用を請求されることはありますか?

A.YMC参加後に、私から何か別途費用を請求することなどは一切ありません。

文字通り、7000円ポッキリでYMCの全てを手に入れていただくことができます。

そのあたりはどうぞご安心ください。

Q.YMCのサポート期間的なものはどうなっていますか?

A.あなたに対するメールサポートを90日間ご用意していますので、90日間がサポート期間とお考えください。

90日間という日程の中で、

  • 通話サポート×2
  • 添削指導×1
  • メールサポート回数無制限

という形で私がサポートしていきます。

これまでの経験から、このくらいのサポート体制を敷けば、ほとんどの方が”独り立ち”できるようになっていますので、その独り立ちまで見守るという意味でも、90日間とさせていただきました。

Q.転売初心者でも大丈夫ですか?

A.はい、大丈夫です。

最初は誰でも初心者ですし、もちろん私にも初心者の時期がありました。

初心者でもしっかりと学ぶべき事を学び、それを実践に移していく事ができれば、着実に結果を出していけるのがこのビジネスの特徴です。

ただ、例えば野球などのスポーツにおいてもそうですが、間違ったフォームで練習すると、どんどん悪い方向に向かってしまうもので、これはビジネスでも全く同じ事です。

なので、初心者こそ正しい型(正しいフォーム)でビジネスをすべきだと思いますので、そういった意味ではむしろ初心者の人や未経験者の人ほど、この教材でしっかりと正しい型を学んで欲しいと思います。

Q.参加すれば確実に稼げますか?

A.もしあなたが、

「ゆのきちさん、あんたが私の事を稼がせてくれるんだよね??」

という、私に依存しきった考えであれば稼ぐ事も難しいと思いますし、私は依存思考の人が苦手なので、そういった人はむしろ購入しないで欲しいです。

ですが、

「確実に稼ぎたいので、それに見合った環境になっていますか?」

という風に考えてくれているのであれば、答えは「YES」だと自信を持って言えます。

ぜひこの環境を使い倒して稼いでください。

Q.返金保障は本当ですか?

A.はい、本当です。

ただ、もし最初から返金を目当てにして申し込むようであれば、そんなつもりで参加しても稼ぐのは難しいと思います。

なので、返金目当てでの参加はお断りしていますが、あなたが本気で稼ぐつもりで参加して、万が一結果が得られないなら、返金を申し出てください。

返金条件である、「3ヶ月間で参加費用を稼げていない」という事が分かるキャプチャなどお送りいただければ、14800円を耳を揃えてお返しします。

稼いでいない人からお金を頂くほど私は困っていませんし、何より稼がせてもいないのにお金だけ頂くのは、個人的にみっともないと思っているからです。

お客様の声

一部、個人情報などを伏せながら、実際に頂いたお声をそのまま掲載します。

-追伸-

無在庫販売という、確固たる稼ぎ方の「本質」を学び、稼ぐべくしてお金を稼げるようなスキルを身に付けるのか、それとも、これまでと変わりない生活を送るか。

その選択は、すべてあなた次第になると思います。

ただ、もしあなたが勇気を出してこのYMCへの参加を決めたなら、あなたの人生を変えるくらいインパクトのある環境を提供できる自信があります。

これ以上、多くを語るつもりもありませんが、興味があるのであれば、ぜひ参加されてみてください。

それではサポートの方であなたをお待ちしています。

※VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースの各種クレジットカードに対応しています。
※新型コロナウイルスの影響を考慮し、在宅ワークの支援活動の一貫として通常価格14800円のところを7000円で提供中です。

 

運営者情報