Amazon(アマゾン)転売。小口出品と大口出品どっちにすべき?

ゆのきちです。

アマゾンで商品を販売する際、その出品方法として、

  • 小口出品
  • 大口出品

この2つの出品方法(プラン)があり、それによって「費用」や「機能」が違ってくるため、

『Amazon転売やるなら、小口出品と大口出品のどっちを選べばいいでしょうか?』

というご質問を割と頂く事があります。

そのため、今回の記事ではそのあたりについて解説していきたいと思いますので、もし同様の悩みを抱えていたのであれば、ぜひ最後まで読んでみてください。

では、早速いってみましょう。

Amazon(アマゾン)転売。小口出品と大口出品どっちにすべき?

これは結論から言うと、

「場合によるため、どちらが良いかは一概には言えない。そのため、それぞれの場合に適した出品方法を選択すべき。」

というのが答えになってきます。

その出品方法の”使い分け”の基準みたいなものは、これからしっかり説明してきますが、あえてここに一言付け加えるとするなら、

「ビジネス目的でアマゾンに取り組む場合、迷っている暇があるなら、とりあえず大口出品にすべき」

というのが私の意見なので、そのあたりの理由も併せて説明していきます。

Amazon(アマゾン)における小口出品と大口出品の使い分けの基準について。

どういった場合に「小口出品」を選び、どういった場合に「大口出品」を選ぶのかを説明するために、まずはこれらの出品方法の「違い」についてお話しします。

小口出品と大口出品では費用は機能にハッキリと違いがありまして、ちょうど以下のような感じになります。

 

(※アマゾン公式HPより引用)

ちょっと項目が多すぎて分かりづらいかもしれませんので、特に重要になってくる「違い」を下記にまとめました。

・月額料金
大口出品→4,900円
小口出品→0円

・成約手数料
大口出品→カテゴリ手数料のみ
小口出品→カテゴリ手数料 + 1件成約毎に100円

・決済方法
大口出品→「コンビニ決済」・「代金引換」・「Edy払い」が可能
小口出品→「コンビニ決済」・「代金引換」・「Edy払い」が不可能

・オリジナル商品の出品可否
大口出品→可能
小口出品→不可能

・出品可能なカテゴリ
大口出品→アマゾンで販売可能なカテゴリ全てが出品可能
小口出品→一部のカテゴリが出品不可能

これをご覧になればお分かりかと思いますが、まず費用的な部分で言うと、小口出品は1件毎に100円の成約手数料が発生するため、

「月間に50件以上の販売数があれば、大口出品(月額4,900円)の方が安上がり」

という事が言えます。

ですので、まず出品方法を選ぶために着目すべきが月間の販売数です。

一ヶ月に50件以上販売数があれば「大口出品」、49件以下であれば「小口出品」というのが一つの目安ですね。

ただ、一ヶ月に50件も販売できないからといって、必ずしも大口出品の方が良いのかというと、実はそうでもなかったりします。

小口出品は色々と制約が多いため、売上を伸ばしていく上では大口出品よりも不利。

まず、小口出品は出品できるカテゴリが限られています。

大口出品を選ばないと、そもそも出品が不可能なカテゴリがあるという事です。

具体的には、

「時計」「ドラッグストア」「アパレル」「シューズ」「バッグ」「コスメ」「ジュエリー」「食品&飲料」「ペット用品」

といったカテゴリでして、これらのカテゴリは大口出品じゃないと出品できません。

ですので、仮に月間の販売数が50件に達していなくても、こういったカテゴリに出品する事で、そのカテゴリからの利益が「4,900円(大口出品の月額料金)以上」を見込めるのであれば、4,900円を毎月支払ってでも、大口出品を選んだ方が儲けは大きくなるわけです。

しかも、こういったカテゴリって結構儲かりやすかったりするので、毎月の4,900円をケチったが為に、みすみすそのチャンスを逃すのは、逆にもったいないのかなと私は思いますね。

また、「オリジナル商品」といって、アマゾンのカタログに登録されていないオリジナルの商品が出品可能なのも、「大口出品」の強みです。

アマゾンって基本的に既存の商品カタログを、それぞれ各セラーで共有して販売していくスタイルなので、どうしても熾烈な価格競争だったり、カートの取り合い合戦になっていきます。

そんな中で、まだ商品カタログに登録されていないオリジナル商品を出品する事ができれば、うまくいけば、その利益を独り占めできるので、このオリジナル商品を出品できるかどうかって、実は結構大きい差なんですよね。

そういった意味でも、小口出品は「稼ぐ」という観点で考えた場合、やはり大口出品に比べれば不利です。

4,900円をケチって小口出品にしたが為に、大口出品にする事で得られるかもしれなかった、4,900円以上の利益を逃す可能性だって、十分にありえますからね。

大口出品は決済方法も充実している為、大口出品にするだけで、販売個数を伸ばせる可能性は高い。

さらに言えば、小口出品は「決済方法」の面でも大口出品に比べて不利です。

というのも、小口出品は「コンビニ決済」・「代金引換」・「Edy払い」の決済ができないので、そういった支払い方法を希望するユーザーを取りこぼす可能性が高いからです。

代引きだったら買うのに、代引きがないから買わなかった。

そんなのはユーザーからしたら良くある事で、本来得られるはずだった利益を逃すのは、かなりもったいないですよね。

例えば、あなたが月間で40個程度の商品を販売しているとしましょう。

この場合、販売個数で考えると小口出品の方が安いから小口出品を選んでいるものの、大口出品にして決済方法が充実する事で、もしかしたら60個とか70個売れる可能性だってゼロではないはずです。

そうなると、まず販売個数が50個を超えた時点で大口出品の方がコストが安くなるのもそうなんですが、それはもとより、そもそも40個売れるのと70個売れるのでは、売上的にかなりの差になってきますよね?

これは小口出品を選んだ事による「機会損失」なわけで、これが一ヶ月だけならまだしも、半年とか1年とかになると、売上は相当大きな差がついてくる事になります。

そのような意味で、

『販売個数が50件もないんだよなぁ。でもこれから伸びる可能性もあるし、大口にした方がいいのかな?』

なんて迷っている暇があったら、すぐにでも大口出品を選んで欲しいと思っているわけです。

まあ、アマゾン始めたてとかで、売上が立つのかすら分からないような状況であれば、まずは小口出品でスタートしてみれば良いと思いますし、月々の販売個数が10件程度とかでれば、ケースバイケースで判断して欲しいですが、そうでもなければ「大口出品」にすべきだと思います。

しかも、大口出品を選ぶ事で、

「ガンガン取り組んでいかないと、月額費用の4,900円が無駄になってしまう」

という、ある種の適度な自分への追い込み効果も生まれると思うので、アマゾンでガッツリ稼いでいこうと思っているなら、「問答無用で大口出品」くらいの気概でも問題ないかと思います。

小口出品は、本当に趣味の範囲というか、一時的に家の不良品を片付けたかったという人が選ぶ方法で、営利目的で継続的にビジネスを続けていく事を考えているなら、やはり大口出品を選ぶべきですね。

ぜひ参考にしてみてください。

という事で、本日は以上です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


無料メール講座で私のノウハウを学んでみませんか?

私が借金300万円を抱え、人生が詰みかけていた状態から、わずか1年ほどで月収200万円を達成してV字復活したストーリーとノウハウの全てをメルマガで無料でお伝えすることにしました。

今このメルマガに登録いただくと、『輸入転売の教科書』と『稼げるブランドリスト100』を無料プレゼント中です。

このプレゼントは予告なく配布終了になる可能性がありますので、ぜひ今すぐ登録して全てを無料でゲットしてください。

>>無料メルマガの登録はこちら


【PR】コアなノウハウを有料Noteにて公開しています。

このブログやメルマガで公開しているノウハウとは別に、さらに踏み込んだコアなノウハウを、Noteというサービスで有料記事として公開中です。

パソコン1台で自由を掴むためのきっかけとなる有益なノウハウだと自負しています。

ですが、このノウハウを購入するのは『本気で稼ぎたい!』と思う人だけにしてください。

なぜなら、中途半端な気持ちで購入されても、作業が続かなければ、結果的に購入費用が無駄になる可能性があるからです。

なので、本気で稼ぎたい人だけが購入されるよう、お願いいたします。

>> ebay仕入れ→ヤフオク販売で儲かる商品を探すリサーチ動画【6980円】

>> 1年で月収200万円を達成したマインドセットの音声講義【5980円】

>> 5万~10万円分もの儲かる商品データを毎月お届けするサービス【月額980円】

その他コンテンツ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください