BUYMA(バイマ)の仕入れ先をいとも簡単に見つける方法。

ゆのきちです。

BUYMA(バイマ)でビジネスをする際、

「出品する商品は決まったけど、一体どこから仕入れたらいいの?」

という疑問をお持ちの方がどうやら多かったみたいですので、本日はその辺りのお話を。

ちなみに「どの商品を出品すればいいのかも分からない!」という場合は、下記の記事にてバイマで稼げる商品をリサーチする方法を解説していますので、その場合はまずはそちらをご覧ください。

では早速、本題に移っていきましょう。

BUYMA(バイマ)の仕入れ先をいとも簡単に見つける方法。

基本的にバイマの仕入れ先として対象となってくるのは、

「海外ネットショップ」

になります。

なぜなら、バイマの規約で「国内ECサイト(通販サイト)からの仕入れ」が禁止されているからです。具体的な仕入れ禁止のサイトは以下のURLからご確認ください。

・出品を禁止されている買い付け先について
http://qa.buyma.com/sell/4007.html

このようなこともあって、バイマの仕入れ先は基本的に海外ネットショップから絞り込んでいく必要があります。

では、実際にその海外のネットショップからどうやって仕入れ先を見つけていくかというと、その方法はいくつかありますが、一番簡単なのは、

「Google画像検索を使う」

という方法です。

これは一発でその商品の仕入れ先を見つけられる可能性が高いので、まず最初にやるべきは「Google画像検索」を使って仕入れ先を見つける事です。

ではその方法を解説していきますね。

Google画像検索を使ってバイマの仕入れ先を見つける

これは非常に簡単な方法で、1分ほどで完了します。

まず、仕入れ先を見つけたい商品のBUYMAの商品ページを表示します。

今回は以下の商品を例に挙げますね。

 

次に、Google画像検索をする際に必要となる、『画像アドレス』をコピーします。

対象となる商品画像にマウスを合わせて右クリックをし、「画像アドレスをコピー」をクリックしてください。

 

画像アドレスのコピーが終わったら、あとはGoogleの画像検索サービスにそのアドレスを貼り付けるだけです。

・Google画像検索
https://www.google.co.jp/imghp

 

↓↓

 

 

↓↓

 

 

これにて、仕入れ先サイト一覧が表示されました。

あとはこの中から価格等の条件を考慮し、最適な仕入れ先を絞り込んでいくだけです。

ここまでご説明すればお分かりかもしれませんが、「Google画像検索」とは、その画像情報をもとに検索するサービスであり、その画像と一致している画像や類似の画像が使われているページを一瞬で表示させてくれるんですね。

バイマの出品者のほとんどが、商品を出品する際、その商品の仕入れ先の画像をそのまま使用している傾向にあるため、そこを逆手にとってその仕入れ先を暴いていくという方法になります。

ちなみにですが、もしあなたのお使いのWEBブラウザが「Google Chrome」の場合、実はもっと簡単に画像検索する事が可能でして、

 

上記の『Googleで画像を検索』をクリックするだけで、そのまま画像検索の検索結果が表示されます。

「Google Chrome」をWEBブラウザとしてお使いの場合、その方が便利ですのでぜひそうして頂ければと思います。

以上、ここまでが「Google画像検索を使ってバイマの仕入れ先を見つける」という方法です。

ただし、この画像検索を使っても仕入れ先を見つける事が「出来ない場合」も実はあるんですよね。

というのも、その検索対象となる画像に何らかの加工がされていたりと、仕入れ先を特定させないための小細工を画像に施しているBUYMAの出品者も存在するからです。

そのように画像検索を使っても仕入れ先を見つける事が出来ない場合、これから挙げる方法を試してみてください。

海外のGoogleを用いて、「ブランド名 + 特定キーワード」で検索する

これは、いつも利用している日本のGoogleではなく、海外のGoogleを利用してキーワード検索する方法です。

先ほどのGoogle画像検索の方法でも取り上げた「Sixth June」というブランドの商品を、今回は画像検索ではなく、海外のGoogleを利用したキーワード検索をして仕入れ先を探していこうと思います。

「Sixth June」はフランスのブランドなので、フランスのGoogleを利用します。

 

↓↓

 

 

↓↓

 

 

↓↓

 

 

これにて、フランスのGoogleで検索できる状態になりました。

あとは、検索したい商品の「ブランド名」と「特定のキーワード」を入力し、検索するだけです。

特定のキーワードとは、その商品の販売ショップを検索できるようなキーワードの事です。

たとえば、

「sale」

「online」

「for sale」

「buy」

「shopping」

などなどがそれに当たります。

今回は、それらのキーワードの中でも一番ポピュラーな「sale」のキーワードで検索していきます。

 

↓↓

 

 

これにて海外ショップが検索結果に表示されましたので、あとはその中から価格等を考慮しながら仕入れ先を見つけていくだけです。

そこまで難しくないはずです。

なお、強いて言うならば海外のGoogleではなく、日本のGoogleで「ブランド名 + sale」などと検索してもそのブランドを扱う海外ショップは検索可能ですが、海外ショップによっては検索結果に表示されない場合もあるので、その国のGoogleを利用して検索するのが一番確実です。

ぜひ、参考にしてみてください。

という事で、以上ここまでが、

「BUYMA(バイマ)の仕入れ先をいとも簡単に見つける方法」

というテーマでの講義となります。

なお、今回説明したこの仕入れ先の見つけ方は、BUYMAに限らず、ネットショップを運営する際や、その他のプラットフォームで商品を転売する際の仕入れ先の見つけ方としても利用できる方法です。

慣れてくればサクサクと仕入れ先ショップを見つけていく事ができるようになるので、頑張ってみてください。

では、以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


無料メール講座で私のノウハウを学んでみませんか?

私が借金300万円を抱え、人生が詰みかけていた状態から、わずか1年ほどで月収200万円を達成してV字復活したストーリーとノウハウの全てをメルマガで無料でお伝えすることにしました。

今このメルマガに登録いただくと、『輸入転売の教科書』と『稼げるブランドリスト100』を無料プレゼント中です。

このプレゼントは予告なく配布終了になる可能性がありますので、ぜひ今すぐ登録して全てを無料でゲットしてください。

>>無料メルマガの登録はこちら


【PR】コアなノウハウを有料Noteにて公開しています。

このブログやメルマガで公開しているノウハウとは別に、さらに踏み込んだコアなノウハウを、Noteというサービスで有料記事として公開中です。

パソコン1台で自由を掴むためのきっかけとなる有益なノウハウだと自負しています。

ですが、このノウハウを購入するのは『本気で稼ぎたい!』と思う人だけにしてください。

なぜなら、中途半端な気持ちで購入されても、作業が続かなければ、結果的に購入費用が無駄になる可能性があるからです。

なので、本気で稼ぎたい人だけが購入されるよう、お願いいたします。

>> ebay仕入れ→ヤフオク販売で儲かる商品を探すリサーチ動画【6980円】

>> 1年で月収200万円を達成したマインドセットの音声講義【5980円】

>> 5万~10万円分もの儲かる商品データを毎月お届けするサービス【月額980円】

その他コンテンツ一覧

BUYMA(バイマ)の仕入れ先をいとも簡単に見つける方法。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 中津 より:

    バイマは儲からないから止めようかと思いましたが講義を受けるにつれwebビジネスの理屈はフィールドは違えど本質的にはどれも同じなんだなと感じました。なのでバイマやってみます!

  2. 吉田 より:

    割と有名な方法ですが、細かいノウハウがあるんですね。
    勉強になります。

  3. ななみ より:

    非常に勉強になりました!バイマやってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください