ゆのきちです。

この記事では、PayPalに登録してある「クレジットカード」もしくは「デビットカード」の、『本人確認』の方法を解説していきます。

この『本人確認』を終えて初めて、PayPalに登録したカードを利用して決済する事ができるようになります。

なお、まだPayPalアカウントをお持ちでなければ、

【参考記事】PayPal(ペイパル)のアカウント作成方法

上記を参照し、PayPalアカウントを作成するようにしましょう。

それでは早速、いってみましょう。

PayPalに登録してあるクレジットカードもしくはデビットカードの本人確認の方法

まず、PayPalのアカウントにログインし、『カードおよび銀行口座』をクリックします。

以下の画面にて、本人確認の対象となるカードを選択します。

続いて、『OK』のボタンをクリックします。

この時点で、そのクレジットカードもしくはデビットカードに『200円』の請求が、PayPalから発生する事になります。

その2〜3日後、この請求で作成された4ケタの【確認コード】が、カード明細に記載される事になります。

ちょうど以下のような感じです。

この4ケタの確認コードをPayPalに入力し、本人確認をする流れになります。

なお、この200円の請求は、カードの本人確認が完了すると払い戻しされますのでご安心ください。

カード明細にて4ケタの確認コードが確認できたら、再度PayPalにログインし、『カードおよび銀行口座』をクリックします。

以下の画面にて、対象のカードを選択します。

続いて、『クレジットカードを確認』をクリックしてください。

4ケタの確認コードを入力し、『確認』ボタンをクリック。

 

↓↓

 

これにて、PayPalに登録したカードの本人確認が完了となり、PayPalを利用した決済が可能になります。

以上、参考にしてみてください。

それでは今回の内容は以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 


【お知らせ】無料メール講座をはじめました。

管理人のゆのきちです。

なぜ、地方の三流高校卒で学歴ゼロ、才能ゼロ、人脈ゼロ、資金ゼロ(むしろマイナス)だったこの私が、1年で経済的な自由と時間的な自由を手に入れる事ができたのか?

そのノウハウと裏話を無料メール講座でこっそりと公開していく事にしました。

いつでもすぐ解除できるメール講座なので、興味があれば、まずは気軽に購読してみてください。

>無料メール講座の詳細はこちら