ゆのきちです。

この記事では、PayPalに登録してある「クレジットカード」もしくは「デビットカード」の、『本人確認』の方法を解説していきます。

この『本人確認』を終えて初めて、PayPalに登録したカードを利用して決済する事ができるようになります。

なお、まだPayPalアカウントをお持ちでなければ、

【参考記事】PayPal(ペイパル)のアカウント作成方法

上記を参照し、PayPalアカウントを作成するようにしましょう。

それでは早速、いってみましょう。

PayPalに登録してあるクレジットカードもしくはデビットカードの本人確認の方法

まず、PayPalのアカウントにログインし、『カードおよび銀行口座』をクリックします。

以下の画面にて、本人確認の対象となるカードを選択します。

続いて、『OK』のボタンをクリックします。

この時点で、そのクレジットカードもしくはデビットカードに『200円』の請求が、PayPalから発生する事になります。

その2〜3日後、この請求で作成された4ケタの【確認コード】が、カード明細に記載される事になります。

ちょうど以下のような感じです。

この4ケタの確認コードをPayPalに入力し、本人確認をする流れになります。

なお、この200円の請求は、カードの本人確認が完了すると払い戻しされますのでご安心ください。

カード明細にて4ケタの確認コードが確認できたら、再度PayPalにログインし、『カードおよび銀行口座』をクリックします。

以下の画面にて、対象のカードを選択します。

続いて、『クレジットカードを確認』をクリックしてください。

4ケタの確認コードを入力し、『確認』ボタンをクリック。

 

↓↓

 

これにて、PayPalに登録したカードの本人確認が完了となり、PayPalを利用した決済が可能になります。

以上、参考にしてみてください。

それでは今回の内容は以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 



輸入転売ビジネスを無料で学べるコンテンツを用意しています


輸入転売で稼ぎたいと考えるあなたのために、ノウハウを学べるコンテンツを一覧にして用意しています。
全て無料で学べます。好きなだけ存分に学び、あなたの糧にしてもられば嬉しいです。
コンテンツ一覧は下記よりどうぞ↓↓

>輸入転売ビジネスを学ぶコンテンツ一覧へ


自分のネットショップで稼ぐための無料メール講座のご案内

BUYMAやアマゾン、メルカリ、ヤフオク等のいわゆる”プラットフォーム”を使用した転売ビジネスは、結果こそ出しやすいですが、それゆえにライバルも年々増加しており、価格競争も激しく、”ジリ貧”になりやすいビジネスです。
それだけでなく、アカウントBAN(アカウント停止)のリスクも常に付きまとうため、”収入源がプラットフォーム転売だけ”というのは、決して無視できないリスクだと言えます。
そのような現状を受け、「自分のネットショップ」で商品を販売することで、「プラットフォームに頼ることのない確固たる収入源」を作っていくための方法とノウハウを、無料のメール講座で配信していくことにしました。
「プラットフォーム転売から抜け出したい」「自分のネットショップで稼ぎたい」とお考えの転売プレイヤーさんは、宜しければこの無料メール講座で学ばれてみてください。

>自分のネットショップで商品を販売しプラットフォームに頼らない収入源を手に入れるための無料メール講座はこちら