ヤフオクで商品をMAXまで高く売る7つの方法とは?

ゆのきちです。

ヤフオクで商品を販売するなら、高く売るに越した事はないと思います。その方が利益が大きくなるからです。

そこで本日は、「ヤフオクで商品をMAXまで高く売る方法」についてお話ししていきたいと思います。

ヤフオクで稼ぎたいなら必見の内容ですので、ぜひご覧になってみてください。

それでは早速いってみましょう。

ヤフオクで商品をMAXまで高く売る7つの方法について

ヤフオクで商品を高く売るというのは、要するに「落札価格を高める」ということなわけですが、そのために有効なのが、以下の7つの方法です。

  • 商品画像をできる限り綺麗に撮影、加工する
  • 商品画像の枚数はできる限り増やす
  • 出品テンプレートを使って出品する
  • 商品説明文はできる限り詳細に書く
  • 「注目のオークション」のオプションを利用する
  • 商品タイトルにできる限りこだわる
  • 1円スタートを活用する

一見すると、ありきたりな方法に思えるかもしれませんが、どれもしっかりと取り組めば、落札価格アップに非常に効果があります。(実証済み)

なお、この方法は7つ全ての取り組む必要はありません。取り組めるものから取り組むといった形でも、ヤフオクで商品を高く売る上では十分に有効です。

もちろん、全て取り組むに越したことはないのですが、いきなり全てやるのは大変だと思いますので、取り組めそうなものからトライしてみましょう。

という事で、これらの計7つの方法を一つずつ解説していきたいと思います。

その1:商品画像をできる限り綺麗に撮影・加工する

商品画像が綺麗なのは、商品を高く売る上で優位に働きます。

写真が汚ければ汚いほどユーザーの購買意欲は下がっていくものだからです。したがって、落札価格を高めるためには綺麗な写真が必要不可欠なのは間違いありません。

商品画像を綺麗にする為のポイントとしては、

  • ブレずに
  • 明るく

この2点を押さえるようにしてください。ブレブレで暗い写真は、確実に購買意欲を損ねる要因になります。

ブレないように撮影する為には、撮影に使うカメラは「デジカメ」でも「スマホ」でもどちらでも構いませんが、大切なのは「三脚」は利用することです。三脚を使えばカメラを固定して撮影ができますので、ブレを抑えることができます。

三脚とは、ちょうど以下のようなものです。

三脚にはデジカメ用・スマホ用とあるので、利用するカメラによって使い分けましょう。

そんな三脚ですが、それこそ「ヤフオク」を探せばいくらでも出品されていますし、安いものだと1000円程度で入手可能。お持ちでなければ、ぜひ入手される事をおすすめします。

また、三脚を使って撮影する際には「明るさ」にも注意してください。先ほど説明したように、暗い写真では購買意欲が下がってしまうからです。

暗い部屋や暗い場所で撮影すると、写真も自ずと暗くなってしまうので、明るい所での撮影を心がけましょう。

なお、どうしても暗い写真しか撮影できない場合、写真撮影後に「画像加工ソフト」で写真を明るく加工するという方法もあります。自然の状態で明るく撮れたらベストですが、そうもいかない場合には画像加工ソフトを利用してみてください。

画像加工ソフトですが、お使いのパソコンがWindowsであれば「JTrim」、Macであれば「GIMP」あたりが使いやすくておすすめです。

本当は「JTrim」が一番使いやすいのですが、「JTrim」はMacには対応していないので、Macの方は「GIMP」を利用するのがいいと思います。

参考にしてみてください。

その2:商品画像の枚数をできる限り増やす

商品画像の枚数が多いほど、落札価格が高くなるというデータがあります。

画像が多い方が様々な角度から商品を確認できるので、その方が商品の良さも伝えやすいですし、何より買う側も安心して買い物することができます。それこそが、商品画像の枚数を増やすことが、落札価格を高める事につながる理由です。

したがって、商品画像は一枚でも多く掲載する努力をするべきです。

特に中古品の場合は、それなりの枚数の商品画像を用意しないと商品コンディションを細かく伝える事ができません。商品コンディションを伝えることができなければ、お客さんの不安を取り除くことができないため、落札価格をアップさせるのも難しいです。

可能な範囲で商品画像の枚数を増やして商品コンディションを細かく伝え、お客さんの安心へと繋げていきましょう。それが落札価格を高くする事に繋がっていきます。

ちなみにヤフオクの商品画像は最大で10枚まで掲載可能。

ただ、必ずしも10枚フルで掲載する必要はありません。商品画像を増やすことに時間を取られ過ぎてしまい、肝心な出品に時間がかかってしまっては、ヤフオクで稼ぐ上で本末転倒だからです。

私の場合、その商品の種類や出品価格にもよりますが、5〜7枚ほどの掲載枚数になることが多いです。それ以上の画像を掲載することも可能ですが、画像を増やす事に時間をかけたくないため、5〜7枚ほどの掲載枚数に落ち着くことが大半といった感じになります。

とはいえ、商品画像が少なすぎるのも問題なので、最低でも5枚程度は掲載しておきたいところ。

そのあたり、参考にしながら商品画像を掲載していってみてください。掲載枚数が多いほど落札価格がアップするのが事実なのは、データからも間違いなさそうです。

その3:出品テンプレートを使って出品する

出品テンプレートというのは、

「商品説明文を見やすく綺麗に作成する事のできるツール」

のようなものとお考えください。

出品テンプレートには様々種類がありますが、私が今まで使ってきて一番使いやすくておすすめしているのが、「オークションプレートメーカー2」という出品テンプレートです。

こういった出品テンプレートを利用して出品するだけで、商品ページの見栄えが綺麗になったり、商品説明文がより見やすくなります。

それによってお客さんにより多くの情報を分かりやすく伝える事が可能になるので、その分、落札価格も高くなるという理屈なわけです。

ヤフオクでは出品テンプレートを使わずに出品してしまうと、ただの「白背景」と「黒文字」の無機質な印象の商品ページになってしまいます。それを見やすくするためには、「HTML」を駆使して加工するという手段もあるのですが、「HTML」の知識が必要だったり、何より手間がかかります。

それなら最初から出品テンプレートを使って見やすいページを作ってしまった方が明らかに効率が良いのが実際のところです。

という事で、効率よく落札価格を高くしていくためにも、できる限り出品テンプレートを活用して出品するようにしましょう。

その4:商品説明文はできる限り詳細に書く

商品の説明文をできる限り詳細に書いた方が、商品の落札価格は高くなる傾向にあります。

高く売る方法の2つ目である「商品画像の枚数をできる限り増やす」の理由と重なる部分もありますが、商品説明文が詳細であるほど、商品の魅力を伝えられたり、お客さんに安心感を与えることができるからです。

したがって、商品説明文はできる限り詳細に書く事をおすすめします。

詳細に書くというのは、以下のような情報を商品説明文の中に盛り込んでいくという事です。

  • 製品名(iPhoneであれば、iPhone6PlusやiPhone8などが製品名に該当)
  • メーカー名
  • コンディション(新品か中古か。中古であれば、中古の程度も記載)
  • サイズ
  • 素材
  • 重さ

もしその商品がメーカー品じゃない場合は、「メーカー名」の記載は必要はありませんが、

「その商品をどこで、どうやって手に入れたのか」

という事くらいは書いておくようにしましょう。その方が、商品の事をお客さんにより伝えられるからです。

ただ、商品説明文にこだわり過ぎるあまり、そこに時間がかかり過ぎて作業が進まないのも本末転倒。したがって、商品説明文にこだわりを持ちすぎる必要はありませんが、「必要な情報は最低限全て書く」というくらいの気概は大切です。

それがヤフオクで高く売るためのポイントになってきますので、ぜひそのあたりを意識しながら出品してみてください。

その5:「注目のオークション」のオプションを利用する

「注目のオークション」とは、出品した商品をより目立たせる為の出品オプション。ちょうど以下の部分がそれにあたります。

上記の部分に1日あたりに支払うオプション料金を設定する事で、ヤフオク内でその商品を目立たせる事ができます。

具体的には、設定したオプション料金が高い順から、ヤフオクの検索結果でその商品が上位に表示される事になるんです。上位に表示されるほど、より多くのお客さんの目に止まりやすくなるので、落札価格も必然と高くなっていきます。

個人的には、ヤフオクで稼ぐならこの「注目のオークション」の利用は必須だと思っています。

私自身、ヤフオクで商品を出品する際は毎回このオプションを利用していますし、その方がやはり高く売れる傾向にあるからです。

『でも、オプション料金はいくらに設定すればいいの?』

なんて思う人もいるかもしれませんが、ここに明確な答えはありません。

というのも、その商品の需要や、その商品を販売した時の利益によって設定するオプション料金は異なってくるからです。あまりにも利益が薄い商品にオプション料金を高く設定しても、利益が縮小するだけですからね。

その為、もうこれは「感覚で」としか言いようがないのですが、あえてコツというか「目安」を挙げるとするならば、

  • 入札合戦になるような人気商品→利益が取れる範囲内で最大値に設定
  • 上記以外の商品→21円に設定

こんな感じになってくるかと思います。

後者の方を21円に設定したのは、「注目のオークション」の設定金額の最低価格が20円からであり、そこに1円を上乗せする事で、他の商品とのちょっとした差別化を図りたいからです。

なるべくコストは抑えわけですが、最低価格である20円にオプション料金を設定するとその他大勢の商品と重なってしまうため、そこから1歩前に出るために21円に設定するというわけです。

人気商品であれば、オプション料金を高く設定しても、その分入札合戦で価格が競り上がってそれ以上のリターンが得られる事が多いのですが、それ以外の商品は無難に「21円」に設定して、コストを抑えた方が「費用対効果」は良いと感じています。

なお、このオプション料金はあくまで私の経験からの主観ですので、これが正解とは限りません。ただし、いくらにオプション料金を設定していいのか検討も付かないという状況であれば、参考になる情報だと思います。

いずれにしろ、商品を高く売るためには「注目のオークション」の利用は必須だということは覚えておいてください。

しかしながら、いくら高く売ったとしても、その分オプション料金が圧迫しているようでは意味がなありませんので、そこはバランスが大切ですね。そのあたりはぜひご自身で調整しながら取り組んでもらえればと思います。

その6:商品タイトルにできる限りこだわる

商品タイトルというのは、ヤフオクで商品を高く販売する上で非常に重要な要素です。

そのタイトル次第で、その商品へのアクセス数が変わって、ひいてはそこからの落札価格も変わってくるものだからです。

そんな商品タイトルですが、どんな風に設定すればいいのかは、以下の記事にまとめています。

上記の記事では、「売れる商品タイトル」という視点で解説していますが、この「売れる商品タイトル」というのは、商品を高く売る方法にも直結しています。

というのも、上の記事で解説している「売れる商品タイトルの付け方」というのは、より多くのアクセスを集め、より多くのお客さんから欲しいと思ってもらえる商品タイトルを付ける方法だからです。

という事で、ぜひ先ほどの記事を参考にして商品タイトルを付けて頂ければと思います。

商品タイトルの付け方も慣れないうちは苦労するかもしれませんが、慣れてくるとサクサクっと売れる商品タイトルを付けれるようになりますので頑張ってみてください。

その7:1円スタートを活用する

1円スタートとはその名の通り、「商品価格を1円からスタートさせる出品方法」のことです。

この方法を活用することで、入札合戦につながりやすくなり、結果的に落札価格を高めることが可能になります。

ただ、これは全ての商品に有効な方法ではなく、商品によっては1円スタートが意味をなさないどころか、下手をすると赤字になってしまう可能性もあります。したがって、正しい1円スタートの方法を以下の記事で学んだ上で、状況に応じて活用するようにしてみてください。

この出品方法を正しく活用できれば、商品をかなり高く売ることができるので、参考にしてもらえたら幸いです。

まとめ

以上、ここまでの説明で「ヤフオクで商品をMAXまで高く売る方法の7つを説明してきました。

念の為のおさらいですが、以下の7つがその方法に当たります。

  • 商品画像をできる限り綺麗に撮影、加工する
  • 商品画像の枚数はできる限り増やす
  • 出品テンプレートを使って出品する
  • 商品説明文はできる限り詳細に書く
  • 「注目のオークション」のオプションを利用する
  • 商品タイトルにできる限りこだわる
  • 1円スタートを活用する

冒頭でもお伝えしましたが、この7つの方法は必ずしも全てに取り組む必要はなく、どれか1つだけでもその効果を得ることができます。7つできれば理想的ですが、そこに時間をかけ過ぎてしまい、肝心の出品作業が進まないと本末転倒ですので、状況に応じて取り組んでみてください。

ヤフオクで稼ぐなら、商品を高く売ることは非常に重要になってきます。落札価格を高めることができれば、その積み重ねが大きな利益の差になっていくからです。

今回の記事を参考にしながら、ぜひあなたのヤフオクビジネスに活かしてみてください。

ということで、以上ここまでが今回のテーマである、

「ヤフオクで商品をMAXまで高く売る7つの方法とは?」

でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

>ヤフオク転売講座一覧へ


無料メール講座で私のノウハウを学んでみませんか?

私が借金300万円を抱え、人生が詰みかけていた状態から、わずか1年ほどで月収200万円を達成してV字復活したストーリーとノウハウの全てをメルマガで無料でお伝えすることにしました。

今このメルマガに登録いただくと、『輸入転売の教科書』と『稼げるブランドリスト100』を無料プレゼント中です。

このプレゼントは予告なく配布終了になる可能性がありますので、ぜひ今すぐ登録して全てを無料でゲットしてください。

>>無料メルマガの登録はこちら


【PR】コアなノウハウを有料Noteにて公開しています。

このブログやメルマガで公開しているノウハウとは別に、さらに踏み込んだコアなノウハウを、Noteというサービスで有料記事として公開中です。

パソコン1台で自由を掴むためのきっかけとなる有益なノウハウだと自負しています。

ですが、このノウハウを購入するのは『本気で稼ぎたい!』と思う人だけにしてください。

なぜなら、中途半端な気持ちで購入されても、作業が続かなければ、結果的に購入費用が無駄になる可能性があるからです。

なので、本気で稼ぎたい人だけが購入されるよう、お願いいたします。

>> ebay仕入れ→ヤフオク販売で儲かる商品を探すリサーチ動画【6980円】

>> 1年で月収200万円を達成したマインドセットの音声講義【5980円】

>> 5万~10万円分もの儲かる商品データを毎月お届けするサービス【月額980円】

その他コンテンツ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください