ゆのきちです。

海外のサイトから何か商品を買う(仕入れる)際、発送先の住所(あなたの住所)を英語で表記する必要があります。

この記事では、その際に住所を英語で書く方法について解説していきます。

それでは早速いってみましょう。

住所を英語表記するには?英語で住所を書く方法を解説。

まず書き方の結論的なものを述べておくと、

「住所の後ろの方から書く」

というのが、英語で住所を表記する際のスタイルです。

例えば、「〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-1 メゾンゆのきち508号室」という住所があったとして、その住所を英語で書く場合は、

Maison Yunokichi # 508 , 1-1-1 , Shibuya ,  Shibuya-ku , Tokyo , 150-0002 , Japan

というように後ろの方から住所を書いていき、「,」を用いてパートごとに区切っていきます。

以上、たったこれだけです。

部屋番号は「#」の後に続けるのが基本です。

ただ、海外の通販サイトなどで住所を入力する場合だと、先ほどのように1行で表記するのではなく、以下のように項目ごとに分けて表記する形が一般的です。

 

上記のような場合であれば、

Address line 1:丁目、番地、町名を記載(1-1-1 , Shibuya)

Address line 2:部屋番号(Maison Yunokichi # 508)※部屋番号がなければ空欄でよし

City:市区町村(Shibuya-ku)

State / Province / Region:都道府県(Tokyo)

ZIP(※Postal Codeと記載の場合もあり):郵便番号(150-0002)

Phone number:電話番号(+ 81 90-1111-1111)※090-1111-1111 という番号の場合

という感じで記載しましょう。

電話番号に関しては、携帯電話であれば、日本の国番号である「81」を「+」の後ろにつけて、先頭の「0」を外して「90-」というように続けていくのがルールです。

以上、ここまでが「英語で住所を書く方法」の解説となります。

ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【PR】資金力に一切左右されない転売の稼ぎ方を公開中

資金が無ければ稼げないという転売の常識にとらわれることなく、手持ちの資金量に関係なく青天井に利益を伸ばしていける転売手法を無料メルマガの方で特別に公開しています。

もちろんこれは違法性も一切ない稼ぎ方で、大手企業ですら取り入れているビジネスモデルですが、それをインターネットの転売ビジネスに落とし込んでいる人は皆無だと感じています。

そこで、その手法(稼ぎ方)の正体と実践方法の全てを余すことなく公開することにしました。

その稼ぎ方に興味があれば、無料メルマガの方でご確認ください。

>無料メール講座の詳細はこちら