ゆのきちです。

輸入転売のように、海外から商品を輸入して販売するようなビジネスでは、

「為替(かわせ)」

というのが、少なからず気になるところだと思います。

為替が「円高」なのか「円安」なのか。

それによって、商品の仕入れ値にも少なからず影響があるからです。

【参考記事】輸入転売ビジネスとは?

そんな為替ですが、これが変動した時に、この輸入転売の業界でよく話題に挙がるのが、

『円安の時は、やっぱり稼げないのか?』
『円高は有利なのか?』

という事ではないでしょうか。

そこでこの記事では、輸入転売における「円高」と「円安」について、私なりの見解を述べていきたいと思います。

早速いってみましょう。

円高は稼げる?円安は稼げない?輸入転売ビジネスの真相に迫る。

まず、先に結論的なものを述べておくとしたら、

「円高 = 稼げる(儲かる)」

というのは、輸入転売における「事実」だという事です。

「円高」というのは、円の価値が上がって、ドルの価値が下がるという事ですね。

「120円 = 1ドル」だったものが、「90円 = 1ドル」になれば、海外からの商品の仕入れ値が下がる事になりますので、その分だけ、販売した時の利益が大きくなります。

だからこそ、「円高=儲かる」というのは事実だと言えるわけです。

ただ、ここで気になってくるのが、

『では、円安の時は稼げないのか?』

という事ではないでしょうか。

これも結論を述べさせてもらうと、

「円安になるほど、稼ぎにくい(儲かりにくい)」

というのは紛れもない事実だという事です。

円安になるほど商品の仕入れ値が高くなるので、為替が円安に傾いていくほど、当然ですが「利益」は少なくなっていくという事ですね。

とはいえ、ここで認識しておいていただきたいのが、

『円安はあくまで「稼ぎにくい」というだけであって、「稼げない」というわけではない』

という点になります。

円安になっても輸入転売で稼いでいる人はたくさんいますし、円安だからと言って輸入転売を諦める必要もなければ、別のビジネスにシフトする必要もありません。

むしろアウトなのは、

「円高の時は輸入ビジネスをやって、円安になったら”輸出”ビジネスをして、また円高になったら輸入ビジネスを・・・」

という感じで、軸がブレブレになってしまう事です。

中途半端にビジネスをしていても、「どっちつかず」になってしまい、それこそがいつまでたっても稼げない原因になってしまうからです。

輸入転売においての円安は確かに「稼ぎにくく」なりますが、決して「稼げない」わけではありません。

むしろ、円安に傾いた方が「チャンス」だったりする事もあります。

では、なぜ円安がチャンスなのか?

そのあたりについて、説明していきます。

なぜ円安にはチャンスがあるのか?

輸入転売において「円安」が稼ぎにくい理由は、先ほどもお話した通り、

『仕入れ値が上がる事で、その分「利益」が少なくなるから』

というものです。

ただ、この「稼ぎにくい」というのも、実は「一時的なもの」だったりします。

なぜかというと、たとえ為替が円安に傾いても、2~3ヶ月も経てば、

「国内の輸入商品の販売価格(相場)が上がる」

というのが、もうある種の「お決まり」になっているからです。

ですから、円安で商品の仕入れ値が上がったとしても、その商品の国内での販売価格(相場)が上がる事によって、結局は「帳尻り」が合うようになっていくという事が言えます。

というのも、円安によって仕入れ値が上がるのは「自分」だけでなく、「ライバル」にも同様の影響が出ているからです。

ライバルも赤字にならないように商品を売ろうとするわけですから、結果的に国内の販売価格(相場)が上がっていく事になります。

ですから、販売価格が上昇するまでの間は、「一時的に」輸入転売の利益は下がる事はあっても、2~3ヶ月も経つと、また普通に「稼げる」という状況がやってきます。

そのような事もあり、よく巷で言われている、「円安の時は輸入転売は稼げない」という事の真相は、

「急激に円安に傾くと、国内の相場の上昇が追いつかず、その相場が適正価格まで上昇するまでの間において、一時的に稼ぎにくい」

というだけの事だったりするんです。

したがって、一時的に稼ぎにくい、稼げないという事はあっても、やがては普通に稼げるようになっていきます。

円安は、あくまで一時的な影響に過ぎないという事なんです。

むしろ、急に円安になっていく時こそ、実は「チャンス」でもあります。

なぜなら、ライバルが少なくなるからです。

「円安=稼げない」という意識があるせいなのか、円安傾向になると、輸入転売を諦めて他のネットビジネスに取り組んでみたり、”輸出”ビジネスにシフトしていく人が多い傾向にあります。

ですから、円安でもしぶとく輸入転売を続けていると、国内の相場が回復した時に、以前よりライバルが減った事によって、

「以前よりも稼げる!」

なんて実感する事も、少なくありません。

ぜひ、以上の事を頭に入れながら、輸入転売に取り組んでみてください。

では、今回の記事は以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 


【お知らせ】無料メール講座をはじめました。

管理人のゆのきちです。

なぜ、地方の三流高校卒で学歴ゼロ、才能ゼロ、人脈ゼロ、資金ゼロ(むしろマイナス)だったこの私が、1年で経済的な自由と時間的な自由を手に入れる事ができたのか?

そのノウハウと裏話を無料メール講座でこっそりと公開していく事にしました。

いつでもすぐ解除できるメール講座なので、興味があれば、まずは気軽に購読してみてください。

>無料メール講座の詳細はこちら