輸入転売で最初の「月収10万円」を達成する最も確実な方法とは?

ゆのきちです。

輸入転売ビジネスを始めたならば、まず最初に超えて欲しいのが「月収10万円」のラインです。

最初の10万円を超える事さえできれば、あとはトントン拍子で収入が伸びていく傾向にあるからです。

というのも、月収10万円を達成すれば、月に使えるお金が10万円増えるわけですから、その10万円の「プラスα」のお金を輸入転売の仕入れに充てていく事で、

「お金がお金を生む」

というステージに到達することができるわけです。そしてそこから生み出したお金が、また更に大きなお金を生み出していくという、良いスパイラルに入ります。

その良いスパイラルというのが、だいたい月収10万円くらいの収入ラインを突破したあたりから始まる傾向にあると感じています。

2~3万円程度の収入をチマチマと輸入ビジネスに充てても、そこから生まれる金額も大した事ないですからね。したがって、最初の「月収10万円」のラインは必ず超えていって欲しいと思います。

とはいえ、特に輸入転売を始めたばかりだと、月収10万円という金額自体に大きなハードルを感じてしまうかもしれません。

そこで今回の記事では、

『輸入ビジネスで最初の「月収10万円」を達成する最も確実な方法とは?』

というテーマでお話を進めていきたいと思います。

ぜひとも、この記事を「月収10万円越えの教科書」にしてみてください。

では早速いってみましょう。

輸入転売ビジネスで最初の「月収10万円」を達成する最も確実な方法とは?

輸入転売を始めたばかりの状態から「月収10万円」を超えていくために重要になってくるのは、

「一つの手法(稼ぎ方)に的を絞ったら、あとは余計なものに手を付けず、その手法に一点集中する」

という事です。輸入転売には様々な手法があります。

輸入転売と一言でいっても、大きく分けて以下の2種類に大別できますし、

  • 欧米輸入
  • 中国輸入

さらに「欧米輸入」ひとつ取ってみても、

  • ヤフオク転売
  • バイマ転売
  • アマゾン転売
  • メルカリ転売

という感じで複数の手法が存在するわけです。

そんな状況であれもこれもと手を付けてしまっても、パワーが分散してしまうのは目に見えています。

そうなると、特にスキルの低い初心者であれば、いつまで経っても月収10万円を超えられないという事態になってしまう可能性があるわけです。

したがって、まずは一つの手法に的を絞った上で「一点集中」を心がけて欲しいと思います。

まずは、数ある輸入転売ビジネスの手法の中から、一つに的を絞る。 

ここで先にお断りしておきたいのが、

  • 手法を1つに絞る
  • 1つの手法しかやらない

この2つは似て非なるものだという事です。

前項で挙げたように輸入転売には様々な手法があるのですが、それを色々試してみた上で「1つに絞る」のと、適当に手法に手を付けてみて、その「1つの手法しかやらない」のとでは、その意味合いは大きく違ってきます。

というのも、稼ぎ方(手法)には人によって「向き・不向き」がありますので、本当に稼ぎたいのであれば「自分に向いている手法」を見つけた上で、その「1つに絞る」という必要があるからです。

自分に向かない手法に取り組んだところで、得られる結果はたかが知れています。

そのため、理想的なのは、様々な手法を広く浅く試してみて、その中から自分に向いていると感じたものを選び、そこに一点集中していくことです。

例えばですが、あなたが「欧米輸入」「ヤフオク転売」という手法に手を付けてみたとして、

  • しっくりこない
  • 自分に向いていない

などと感じたなら、いつまでもその手法にこだわるのはやめましょう。そうなったら臆せず他の手法にもどんどん挑戦していって欲しいと思います。

ビジネスには「向き・不向き」がありますから、向いていない手法に取り組んだところで、スキルの低い初心者のうちは、まず稼げるようにはなりません。月収10万円のラインを越えようと思ったら、ここは非常に重要なポイントです。

したがって、まずは「自分に向いている手法を見つける」という意味でも、それが”しっくり”くるまで、色々な輸入転売の手法にトライしていってください。そうやって「1つの手法に的を絞る」というのが大事なのです。

ちなみに、自分にその手法が向いているかどうかを判断する目安としては、

  • やっていて楽しい
  • 稼ぎやすいと感じる

こういったものになります。

その手法に取り組んでいて楽しいと感じたり、他の手法よりも稼ぎやすいなと感じたら、その手法が向いているという事が言えます。

そういった輸入転売の手法を見つけたなら、あとはそれに絞り、他の手法に浮気をせず、その手法だけに集中して取り組んでいってください。それが初心者が最初の月収10万円のラインを越えるための最大の秘訣です。

ここであれもこれもと手を付けてしまうからこそ、収入が伸び悩んだりしてしまうわけです。

様々な手法を並行して稼いでいくのは、もっとスキルが付いてからの話。この時点では1つの手法に絞り、その手法で月収10万円を超える事に全てを注いで欲しいと思います。

とはいえ、「最初の取り掛かりをどの手法にするか?」というのも気になってくるポイントだと思うので、それについてお話をします。

輸入転売で最初の月収10万円を稼ぐためには、どの手法が最適なのか?

何度もお話ししている通り、ビジネスには「向き・不向き」があるので、どの手法が最適か?というのは人によって違います。

したがって、まずは一通りトライしてみて自分に最も向いている手法を見つけていって欲しいのですが、何の”アタリ”も付けずにがむしゃらに各手法に手を付けるのも、あまり効率が良いとは言えません。

そのため、私が今まで輸入転売をしてきた経験や、コンサル生さんを指導してきた経験から分かった、「最初の10万円を超えやすい傾向にある手法」をお伝えしたいと思います。

まず「欧米輸入」と「中国輸入」を比較した場合は、

「欧米輸入の方が結果を出しやすい」

という傾向にあるのは事実です。この理由は様々ありますが、欧米輸入の方がライバルが少ないため、その分「稼げる商品」を見つけやすいからです。

そして、その「欧米輸入」の中でも、どの手法が稼ぎやすい傾向にあるかというと、私の肌感覚とコンサル生さんを指導してきた経験から言わせてもらえば、以下の順番に並べる事ができます。

  • 1位:BUYMA(バイマ)転売
  • 2位:アマゾン転売
  • 3位:ヤフオク転売
  • 4位:メルカリ転売

ただ、これはあくまで「傾向」です。人によっては4位の「メルカリ転売」が一番稼ぎやすいという場合も当然考えられます。

そのため、一通り試してみない事には何とも言えないのですが、特にこれといったこだわりがなくて、「月収10万円を稼げるならどの手法でも構わない」というのであれば、

BUYMA(バイマ) → アマゾン → ヤフオク → メルカリ

という順番で試していくのが、一番無難ではあると思いますね。以上参考にしてみてください。

なお、それぞれの手法に関するノウハウは、以下の講座でまとめています。

BUYMA転売の講座一覧

アマゾン転売の講座一覧

ヤフオク転売の講座一覧

上記も参考にしていきながら、ぜひ1つの手法に的を絞り、その手法に集中して取り組んでいってください。

その方法こそが、輸入ビジネスで最初の10万円を稼ぐための最も確実な方法になります。

中途半端に複数の手法に並行して取り組んでも、パワーが分散して、逆にもっと稼げなくなるのは目に見えていますので。

輸入転売の最初の10万円を超えていくためには、

「一つの手法(稼ぎ方)に的を絞ったら、あとは余計なものに手を付けず、その手法に一点集中する」

という事を守って取り組んでいきましょう。それが最短距離です。

というわけで、以上ここまで今回のテーマである、

「輸入転売で最初の「月収10万円」を達成する最も確実な方法とは?」

でした。

本日の内容は以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【PR】コアなノウハウを有料Noteにて公開しています。

このブログやメルマガで公開しているノウハウとは別に、さらに踏み込んだコアなノウハウを、Noteというサービスで有料記事として公開中です。

パソコン1台で自由を掴むためのきっかけとなる有益なノウハウだと自負しています。

ですが、このノウハウを購入するのは『本気で稼ぎたい!』と思う人だけにしてください。

なぜなら、中途半端な気持ちで購入されても、作業が続かなければ、結果的に購入費用が無駄になる可能性があるからです。

なので、本気で稼ぎたい人だけが購入されるよう、お願いいたします。

>>ebay仕入れ→ヤフオク販売で儲かる商品を探すリサーチ動画【6980円】

>>1年で月収200万円を達成したマインドセットの音声講義【5980円】

  

  

その他コンテンツ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください