ゆのきちです。

輸入転売ビジネスでは、海外から商品を輸入する必要がある以上、必ず「英語」を利用する場面が訪れます。

【参考記事】輸入転売ビジネスとは?その種類や稼ぎやすい手法について。

もちろん、英語圏以外(ヨーロッパなど)から仕入れる際には、その国の言葉を利用する事もありますが、たとえ英語圏の仕入先じゃなくても、英語を利用する事が圧倒的に多いです。

そのため、基本的に輸入転売ビジネスでは、英語の利用は必須だと思ってください。

ただ、そのような事情があるからこそ、

『輸入転売ビジネスで稼ぐには、英語力を付けないとダメですか?』
『英語が全然できませんが、それでも輸入転売で稼ぐことは出来るのでしょうか?』

といった疑問を抱える人も多いようです。

そこでこの記事では、

「輸入転売ビジネスに、英語力はどれくらい必要か?」

と題して、輸入転売と英語力の関係性について、私の見解を述べていこうと思います。

それでは早速いってみましょう。

輸入転売ビジネスに、英語力はどれくらい必要か?

結論から言うと、

「中学生で習うレベルの簡単な英語が分かれば、輸入転売で稼ぐ上では十分」

というのが率直な答えになります。

なぜなら、無料の翻訳ツールを使う事で、英語力がなくても普通に稼ぐ事ができるからです。

最近では「Google翻訳」などを始め、無料で利用できる翻訳ツールが非常に充実してきています。

そのため、英語が十分にできなくても、「海外から商品を仕入れる」というのは十分に可能なのです。

というのも、商品を海外から仕入れる(購入する)場合に使う英語は、ある程度、種類が限定されてくるからです。

なので、仕入れ時に使う英語に一通り慣れてしまえば、英語力のない方でも翻訳ツールなしで仕入れる事も可能になってきます。

もちろん、まだまだ翻訳ツールは完全ではありませんので、英語を翻訳しても、完璧な日本語に直してくれない時もありますが、ほとんどの場合、意味は分かります。

また、海外の仕入先にメッセージを送りたい場合、日本語を英語に翻訳する必要があり、その翻訳も完璧とは言えませんが、多少文法が崩れてしまっている英語でも、相手方には十分に伝わります。

なぜなら、商品を仕入れる際というのは、

  • 買う側
  • 売る側

この2つの立場しか存在しないからなんです。

英語で商品を仕入れるにしても、「買う側」か「売る側」の2つの立場しか存在しない

例えば、いきなり道端で出会った外国人と、英語で日常会話をしなさいと言われたら、よほどの英語力がない限りは対応に困ると思います。

しかし、海外から商品を仕入れる際というのは、「商品を売りたい」という売る側(仕入先)と、「商品を買いたい」という買う側(私たち)というように、シチュエーションが限定されています。

シチュエーションが限定されている以上、多少英語の文法が崩れていたところで、「何を伝えたいのか?」というのは相手方に伝わるものなんです。

相手方(仕入先)も商品を「売りたい」わけですから、変な英語を送ってしまったとしても、必死に理解しようとしてくれる傾向にあるからです。

このような事からも、輸入転売で稼ぐ上で必要な「英語力」というのは、本当に中学生レベルのもので十分であり、むしろ中学生レベルの英語が分からなくても、正直問題ありません。

翻訳ツールなどを活用する事で、どうにでもなるからです。

私自身、英語が全くできませんが、それでも翻訳ツールを利用する形で十分に利益を出す事ができています。

もし将来的に、もっと大きな規模で輸入転売に取り組みたいという場合、「海外メーカーとの代理店契約」や「海外の工場へオリジナル商品の発注(OEM)」などに挑戦する機会が訪れるかもしれませんので、その際はしっかりとした英語を使わなければなりませんが、その時は「通訳」に翻訳を依頼すればいいだけの話です。

通訳といっても、英語1ワードあたり10円程度から依頼できますので、大した金額にはなりません。

更に言えば、月間利益100万円や200万円といった金額を輸入転売で稼ぐ程度であれば、そもそも通訳を使う場面もそうそうないと思います。

月間利益1000万円というような、大きな規模で輸入転売に取り組む場合には通訳を介した英語も必要ですが、大半の方はその規模に至っていないはずです。

そのような事も踏まえると、「英語力が全然ない人でも輸入転売で稼ぐのは十分に可能」というのが、私の見解になります。

ぜひ参考にしていただけると幸いです。

まとめ

  • 輸入転売ビジネスに、英語力はどれくらい必要か?
    →中学生で習うレベルの簡単な英語が分かれば、輸入転売で稼ぐ上では十分

《その理由》

  • 無料の翻訳ツールで翻訳した英語で十分に通用するから
    →商品の仕入れで使う英語の種類は限られている
    →「買う側」と「売る側」というシチュエーションが前提のため、多少崩れた英語でも十分に取引が成立する

以上がまとめになります。

何度も言うように、英語力がなくても輸入転売で稼ぐ事は十分に可能なので、その辺は気にせず取り組んでみてください。

なお、輸入転売で稼ぐための具体的な方法を知りたいという場合、私が発行している無料メール講座を受講してみるのも一つの手です。

それでは、今回の記事は以上です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 


【お知らせ】無料メール講座をはじめました。

管理人のゆのきちです。

なぜ、地方の三流高校卒で学歴ゼロ、才能ゼロ、人脈ゼロ、資金ゼロ(むしろマイナス)だったこの私が、1年で経済的な自由と時間的な自由を手に入れる事ができたのか?

そのノウハウと裏話を無料メール講座でこっそりと公開していく事にしました。

いつでもすぐ解除できるメール講座なので、興味があれば、まずは気軽に購読してみてください。

>無料メール講座の詳細はこちら