ゆのきちです。

 

転売する為に仕入れた商品が中々売れず、在庫として残ってしまう事って時々ありませんか?

 

それこそ在庫の保管を自宅でされている方なんかは、保管スペースにも限りがあると思うので、結構困りどころだと思います。

 

そんな時はその在庫とどう向き合っていくべきなのか?

 

本日はそんなお話をしていきます。

 

とはいえ、ここで考えらえるその対処方法としては、

 

・その在庫が売れるまでひたすら待つ

・値段を下げてでもその在庫を売り切る

 

結局はこのどちらかになってくるとは思います。

 

そこで、その2つの方法のどちらを選んだ方がいいのか、また、なぜその方法を選ぶべきなのか。

 

そういった切り口で進めていきます。

 

それでは早速いってみましょう。

転売のために仕入れた在庫が中々売れない時の対処方法。

まずそもそも、仕入れた在庫が中々売れない原因ですが、

 

・商品リサーチのミス

・その商品の需要がなくなってきた

 

このどちらかが主なものになります。

 

まあ、商品の需要がなくなってきたという原因も結局はリサーチのミスに起因してくるのですが、在庫が中々売れない原因はその二つに集約されてくるはずです。

 

リサーチさえしっかり出来て、需要があるものを仕入れる事が出来たら、その商品は自ずと売れていくのが普通だからです。

 

その商品が売れないという事は、そういったリサーチのミスか、イレギュラー的にその商品の需要がなくなってしまったかのどちらかというわけです。

 

で、そんな原因を踏まえた上で、仕入れた在庫が売れない時にどうすればいいかというと、

 

値段を下げてでもその在庫を売り切る

 

というのが合理的な選択になってくると思います。

 

値段を下げてでもというのは、「万が一赤字になってでも」という意味も含まれます。

 

ではそれがなぜかと言うと、

 

在庫をまずは現金に換える事

 

が何よりも重要になってくるからです。

 

というのも、そういった不良在庫(売れない在庫)をいつまでも抱えていると、その在庫を抱えている間はその資金が眠ってしまっている状態になります。

 

投資の世界で「塩漬け」と呼ばれるような状態ですね。

 

資金が塩漬けになってしまうと、他の商品の仕入れにその資金を回す事が出来ない為、新たな儲けのチャンスをみすみす逃してしまう事になります。

 

そうなってしまうよりかは、仮に赤字になってでもその商品を売り切り、それで得た資金で次の商品を仕入れていった方が最終的には得をする場合が多いわけです。

 

中々売れない在庫なわけですから、いつ売れるかも分からずに資金を塩漬けにしておくよりは、新しい商品を積極的に仕入れて転売した方が効率がいいという事ですね。

 

このような方法を投資の世界では損切り(ロスカット)と言い、売れないものには早々に見切りをつけて、たとえ赤字になってでも損切りをし、その資金で新たに投資をして運用していくのは、その道のベテランでも当たり前の事だったりします。

 

そしてこれは投資だけではなく、転売でも同じ事が言えると思います。

 

極端な話、転売も投資も扱う対象が「モノ」なのか「株」なのかが違うだけで、結局は仕入れた金額よりも高く売れればそこで利益が確定するわけですから、その戦略は同じと言えるはずです。

 

まあ、値段を下げなくてもその商品を売り切る事が出来るならそれに越した事はないですし、赤字にならずに商品を売り切るのがベターですが、とにかく在庫を現金に換える事が重要なので、それが出来るなら値段を下げてでも、たとえ赤字になってでもそうすべき(損切り)という理屈になります。

 

ここまでは宜しいでしょうか?

 

で、次にお話しするのが、

 

「その商品を売り切る(損切り)タイミングは、どのくらいの期間その商品が売れなかった時にすべきか?」

 

というものです。

商品の損切りのタイミングについて

実はこれには明確な答えというのはありません。

 

というのも、その人の資金力等によってその基準は変わってくるものだからです。

 

ただし、私の感覚というか主観では、

 

出品を開始してから1ヶ月以上経っても買い手が付かないような時

 

というのがその適切なタイミングだと思います。

 

私も実際にそのタイミングでの損切りを心がけていますし、転売ビジネスを教えているコンサル生さんにもそう指示しています。

 

そもそも1ヶ月以上も買い手が付かないとあれば、明らかにリサーチミスか、その商品の需要がなくなっている可能性が高いので、それ以上待ってもいつ売れるかはハッキリ言って分かりません。

 

もちろん、1ヶ月を過ぎてからすぐに売れる可能性もありますが、1年経っても売れない可能性だって否定できません。

 

そうなるよりだったら、すぐにその在庫を現金に換えてしまって次の仕入れにその資金を充てた方が合理的だと思いますし、その方が最終的には稼げると思っています。

 

まあ、その商品を損切りして赤字になってしまった場合、その1商品だけを見ればマイナス収支なのですが、転売した商品トータルで考えた時にプラス収支になっていればいいわけです。

 

むしろ、転売はそのようにトータルの収支で考えるべきビジネスですし、どんな転売のプロでも1ヶ月の間に転売した商品の中で「赤字の商品がなかった」というのはまず「ない」というのが現実だったりします。

 

どんな転売のプロでも1商品だけでみたら赤字という事は往々にしてあるわけなんですね。

 

ですから、中々売れない在庫を売れるまでひたすら待つよりも、赤字になってでも損切りをして売り切ってしまう方が合理的な選択だと思います。

 

ただ、本当に資金が豊富な人であれば、1ヶ月どころか2ヶ月でも3ヶ月でも待って、売りたい価格で売れるまで待つという戦略もありだとは思いますが、よほどの資金力がない限り、損切りしながら資金をどんどん回転させていくべきだと思います。

 

そうした方が資金繰り的にもいいですし、何より新しい商品を転売するという「経験」をたくさんする事が出来ます。

 

やはり長い目で見ると、たくさんの経験を積むという事も稼ぐ上で非常に重要だと思いますので。

 

そのあたりを踏まえて転売ビジネスに取り組んで頂ければと思います。

 

以上、ここまでが、

 

転売のために仕入れた在庫が中々売れない時の対処方法。

 

というテーマでのお話でした。

 

あなたのビジネス成功のきっかけになれれば幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found