ゆのきちです。

 

およそ3週間ぶりのブログ更新です(汗)

 

新たな企画の立ち上げ準備や、コンサル生さんのサポートに追われる中、タイへの出張(と、タイの水掛け祭りの参戦)という過密スケジュールを送っており、なかなかブログ更新に手が回りませんでした、、。

 

ただ、今はようやく落ち着いてきて、こうしてまたブログを再開できるようになった為、久しぶりにブログを更新してみました。

 

内容としては、先日のタイ出張とタイの水掛け祭りに参加してきた旅行記的なものに加え、

 

「自由な生活を手に入れる為には、やっぱりこれ大切だよな。」

 

と、改めて感じたというか、初心に戻れた部分がありましたので、そのへんも最後の方で触れていきたいと思います。

 

では早速いってみましょう。

タイの水掛け祭り、今年も最高でした。

 

4月11日~4月20日まで、タイに行ってきました。

 

滞在先はタイのバンコクで、目的としては、

 

・契約しているメーカーとの商談

・○○○の東南アジア諸国への輸出事業の視察および交渉(これは新たに始めたビジネスですが、今はまだオフレコという事で。笑)

・ソンクラーン(水掛け祭り)への参戦

 

という感じです。

 

ご存知ない方のために一応ご説明しておきますが、タイでは毎年4月13日~4月15日までが旧正月とされていて、その3日間は街中のいたる所で”水”を掛け合い、新年を祝います。

 

 

文字通り、水を掛け合うわけですが、もう完全に無礼講状態で、外を出歩けばお構いなく水鉄砲で狙撃されます。(笑)

 

こっちが、防水対応してないスマホをいじっていようが、オシャレな服装でキメていようが、そんなの関係なし。

 

容赦なく水を掛けられ、気づけばズブ濡れ状態です。(笑)

 

ちなみにソンクラーン中は、どんなに水を掛けられても怒るのは厳禁で、水を掛けられても笑顔で”いなす”か、もしくはこちらも水を掛けて応戦するっていうスタイルなんですね。

 

まあ、去年も私はこのソンクラーンに参加したわけですが、去年が楽しすぎて今年も参戦しにタイにやってきたわけです。(笑)

 

で、案の定、楽しい。

 

何が楽しいかって、街中の至る所で水を容赦なく掛け合うっていう”非日常感”もたまらないのですが、実は私がそれ以上に楽しいと思っている(というか好き)なのが、

 

「S2O」

 

という、このソンクラーンの時期に開催されるEDMフェスです。

 

・S2O
http://s2ofestival.com/

 

今年で三回目の開催になるらしいですが、第二回開催の去年よりも、今年はさらに参加者が多い印象でした。

 

その証拠に、早いうちからチケットがSOLDOUTになってしまって、

 

「うわ、今年はS2O出れないじゃん?!」

 

と落胆していたのですが、タイのビジネスパートナーが余分にチケットを持っていたので、事なきを得て、今年も参加する事ができました。(超ラッキーです。)

 

ちなみに、そのS2Oはこんな感じのイベント↓↓

 

 

 

世界中の有名DJが生で回してくれるEDMを聞きながら、四方八方に仕掛けられた巨大水鉄砲(というより、水の”砲丸”)に水を掛けられながら踊る爽快感。

 

本当に最高で、間違いなく来年もこのS2Oに参加すると思います。(笑)

 

あなたがもし、こういったアクティブな遊びが嫌いじゃなければ、必ず楽しめるイベントだと思うので、ぜひぜひ参加してみてください。

 

普通に生活していては無縁とも言える、こういう”ぶっ飛んだイベント”に参加する事で、自分の中のストッパーが外れるというか、変な既成概念が壊れて、ビジネスに良い意味で影響をもたらしてくれるはずです。
(私は、かなり自分にとってプラスな体験だと感じました。)

 

なので、余裕があれば一度参加してみる事をおすすめしますが、仮にこういうイベントが好きじゃなかったとしても、タイは旅行先としても楽しめる国なので、普通にタイを旅行するだけでも楽しいと思いますよ。

 

タイは料理が美味しいですし、あの東南アジアの気候の中で飲むビールは本当に最高です。

 

 

 

 

 

タイって、一年中暑いので、ほとんどのレストランにテラス(屋外テーブル)が用意されているのですが、テラスで東南アジアの風を感じながらの食事は、日本では味わえない開放感に浸れます。

 

 

タイで食事をする際は、ロケーションも意識しながらレストランを選ぶと、とても良い時間を過ごせるはずです。

 

私はタイにかれこれ10回以上行ってますから、おすすめのレストラン事情など大体把握してますので、そのあたりが気になる人はメールくだされば色々とアドバイスできますよ。

 

と、まあ、プライベートな的な話は一旦ここまでにして、ここで少しビジネス的な話を。

タイはビジネスの宝庫

 

やっぱりタイはビジネスの宝庫だと私は思います。

 

まあ、一言でビジネスと言っても色々な種類がありますが、ほぼどんなビジネスでも、何かしらの手がかりはある国だと思いますね。

 

というのも、タイはかなりの親日国なので、色々な意味で”日本人ブランド”が有利に働くんですよね。

 

それに、国としてまだまだ中進国的な部分があるので、様々なチャンスが転がっています。

 

なお、私が取り組んでいる転売ビジネスでもそれは同じで、タイからの輸入はもちろん、タイへの輸出という面でもチャンスがたくさん存在するわけです。

 

輸入転売ビジネスひとつ取っても、タイから輸入して販売している人ってまだまだこの業界には少ないですし、ましてやタイへ輸出して稼いでいる人なんて、もっと少ないと思います。

 

もちろん、まだ参入している人が少ない取引国っていうのは、タイの他にもあるんですけどね。

 

ただ、先ほどもお話ししたように、タイでは”日本人ブランド”が有利に働くので、そういう意味ではタイほどチャンスに満ち溢れた国ってないんじゃないかと。

 

まあ、どんな商品を仕入れて、どこで販売しているかっていう具体的な部分は、ここではお話しできませんが、シルバー製品やアジアン雑貨、タイ発のブランドなど、日本で高値で売れるものはたくさんあります。

 

儲かる商品さえ見つけてしまえば、ライバル不在で稼いでいく事もできるのがタイの輸出入ビジネスの魅力でもあるので、ぜひ余裕のある人はタイとの取引も検討してみてください。

 

タイ輸入やタイ輸出の情報に関しては、ブログでこれからも可能な限り発信していきますので、宜しければご覧いただければと思います。
(タイビジネスは秘匿性の高い情報になので、ディープな情報やノウハウはコンサル生さんだけに伝授していますが、一般読者様に向けても、できる限りの情報を提供する努力は続けていきます。)

 

という事で、ここで話は変わりますが、私が今回バンコクを訪問して、

 

「自由な生活を手に入れる為には、やっぱりこれ大切だよな。」

 

と、改めて感じた部分がありましたので、最後にそのあたりを言及して終わりにしたいと思います。

手に入れたいものがあるなら、まずは背伸びしてでも、無理してでもそれを”体感”してみるのが大切。

 

改めて感じたんですけど、何か手に入れたいものや、実現したい生活とかがあったら、

 

「今のうちから背伸びしてでも、それを体感する」

 

というのが凄く大切だと思います。

 

例えばなんですが、あなたが将来、

 

「好きな時に、好きなだけ海外に遊びに行けるようになりたい」

 

という夢や理想があるとします。

 

好きな時に好きなだけ海外に行くという事は、時間的自由や経済的自由を手に入れている必要があるため、その考えでいけば、

 

「まずはビジネスで成功する」

 

という必要があるはずです。

 

なので、そういう夢があるなら、ネットビジネスなり、他のビジネスなりを頑張って、それを叶えるだけの努力をする必要はもちろんあるわけですが、それと同じくらい大切だと思うのが、

 

「今のうちから背伸びしてでも、それを体感する」

 

という事なんですよね。

 

今回の例でいえば、今お金がなくて、時間がない状態だったとしても、なんとかお金と時間を工面して、貧乏旅行でもいいので、海外に定期的に行く癖を、今のうちからつけて欲しいんです。

 

お金がなければ副業でバイトをするなり、時間がなかったとしても弾丸スケジュールで渡航するなり、多少無理をすれば、どんな状況であれ海外旅行に行くのは可能だと思います。

 

じゃあ、なんで無理をしてまで、今のうちからそれをする必要があるかというと、

 

「夢や理想とするものを体験しておく事で、それを叶えるスピードが早くなるから」

 

です。

 

というのは、これは人間の持つ”潜在意識”の働きが関係しているのですが、あなたの夢や理想とするものを”今のうちから”(実現する前から)味わっておく事で、潜在意識は、その”理想”と”今”のギャップを埋めようとします。

 

そうする事で、その実現のための最善の行動を取れるようになるんですね。

 

潜在意識の仕組みの詳しい話は、ここでは省略しますが、潜在意識っていうのは人間の行動の95%以上を左右していると言われていて、目標実現に向けて”舵取り”をしてくれる仕組みになっていると言われています。

 

だからこそ、”今のうちから”それを体感しておく事が重要なんですね。

 

そうする事で、夢や理想の実現のスピードは早くなります。

 

確かにビジネスで成功すれば、いくらでも海外には行けるわけですが、それでも、無理をしてでも今のうちから海外旅行に行くようにして欲しいというのは、そういう事なんです。

 

実際、私はその考え方の重要性を、今回のタイへの渡航で再認識しました。

 

というのも、そういえばの話なのですが、こうして経済的自由や時間的自由を”手に入れる前”から、ちょくちょく海外旅行に行っていた事を思い出したんです。

 

しかも、大好きな東南アジアを中心に。

 

当時は会社員で、お金も時間もなかったのですが、副業でバイトしたり、土日の二日間を利用して、超弾丸で無理やりにでも海外に行っていました。

 

今では絶対に泊まりたくないようなオンボロの安宿を予約したりと、お金がなくても無理して海外旅行をしていたわけですね。

 

その当時は、

 

「いつかは、好きなホテルに泊まって、好きなだけこの国に来てやる」

 

なんて思っていたんですが、今回のタイ出張で、その当時泊まっていたようなオンボロの安宿を目の当たりにした時、

 

「そういえば、あの時の夢、今もう実現できてるじゃん!」

 

という感じで、思い描いていた夢が実現していた事に気付いたわけです。

 

これって、多分あの時に無理やり海外旅行に行っていたからこそ、こうして数年のうちにその夢を実現できたのであって、もしあの時にそういう弾丸旅行を経験していなければ、今このような生活を送る事はできていなかったんじゃないかなと思います。

 

まあ、これは海外旅行に限った事じゃなくて、それこそどんな事にでも共通してくる事なのですが、

 

「今のうちから背伸びしてでも、それを体感する」

 

という事を意識して、それを実行していく事で、あなたの潜在意識がその夢や理想と現在のギャップを埋めようとして、実現に向けて最善の行動をとるようになっていきます。

 

以上、今回のタイ出張で改めて感じた事を、私の経験と照らし合わせてお話しさせていただきました。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは本日は以上となります。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found