ゆのきちです。

ちょっと刺激的なタイトルですが、今日の記事では

「貯金3000万円以下の人がFXや株に投資するのはアホすぎる」

という話をしていきます。

「FX」やら「株」やら、そういう金融商品にお金を投資して、お小遣いを稼ごうとしたり、ひと財産を築こうと考える人も多いと思います。

でも、批判を恐れずに言いますが、僕からすれば「アホちゃう?」としか思えないんですよね。

いや、厳密に言えば、アホじゃない場合もありますよ。

貯金が3000万円以上あれば・・・の話ですが。

つまり、貯金が3000万円以上ある人であれば、株やFXに投資するのは全然アリなのですが、もし貯金がそれ以下なのに株やFXにお金をつぎ込んでいるなら、どこからどう見ても「アホ」だと私は言いたいのです。

この事について批判覚悟で、言いたい事を、言いたいだけ話していきます。

貯金3000万円以下の人がFXや株に投資するのはアホすぎる。

なぜ、貯金3000万円以下の人が、FXや株にお金を投資するのはアホすぎるのか。

その理由を簡潔に述べると、

「FXや株の年利なんて、せいぜい5%〜10%だから」

これに尽きます。

まあ、この「年利5%〜10%」という数字にも、色々と意見はあるんでしょうけど、よっぽどの事がない限りは、そのくらいの年利に落ち着くものです。

私だけでなく、多くの専門家も「年利5%〜10%」という見解を示しています。

年利10%は理想的な目標ですが、投資を始めたばかりの方が簡単に達成できる数値ではありません。まず目指すべき目標は、年利5%~9%が現実的といえるでしょう。
年利5%~9%は株式投資やインデックスタイプの投資信託の市場平均と同程度で、個人投資家の目標として現実的な数値です。

引用:ネイチャー国際資産税 代表 芦田 敏之氏のコラム

5%や10%の年利ならば、よほどまとまった資金がない限り、大したリターンも期待できないです。

例えば「100万円」の資金を年利10%で運用したとしましょう。

得られるリターンはいくらかというと、「10万円」です。

つまり、1年間に渡ってお金を運用した結果が10万円なのです。

もっと分かりやすく言いましょう。

「年収10万円」です。

100万円という大金を投資しても、年収は「10万円」なんです。

年収10万円って、嬉しいんですかね?

私なら、ちっとも嬉しくないですけどね・・・(笑)。

それを考えると、たかだか数十万円や数百万円の資金しか無いのに、年利がせいぜい5%〜10%程度でしかない「株」や「FX」にお金を投資している時点でアホすぎると思ってしまいます。

その程度のタネ銭じゃ、投資してもほとんど意味ないでしょ・・・と。

ま、もちろん、これにも反対意見はあると思います。

「僕は年利200%を超える案件を知ってます!」
「私ならもっと大きな年利を達成できると思います!」

などなど、そもそもこの「年利5%〜10%」という数字自体に懐疑的な見方をしている人もいると思うんです。

それこそ、インターネットで投資の情報を収集していると、

「年利300%超えのツールが完成しました!」
「確実に年利500%が得られる禁断のマル秘案件とは?」

みたいな、それはそれは魅力的な触れ込みを目にする機会もあると思います。

私からすれば、「胡散臭い」の一言なんですが、そういう触れ込みを信じてしまう人も少なくないようです。

こういうものって、冷静に考えれば分かると思うんですが、本当にそんなに儲かる投資案件なら、誰にも紹介せず、その人たちが自分で投資して、自分で儲けておけば良いだけの話です。

それを、不特定多数の人たちに紹介している時点で、「何か裏がある」と思わなくてはなりません。

実際に、そういう案件やツールって、ほぼ確実に裏があります。

というか、詐欺まがいのものがほとんどですね。

実際、投資の世界では、そういう案件やツールを紹介してお金をだまし取る手口の詐欺も横行していて、逮捕される業者も後を絶ちません。

しょせん、株やFXなどの金融商品への投資というのは、年利で5%〜10%程度が良いところなんです。

ですから、年利300%とか500%とか、そういうあり得ない案件は、本当に「あり得ない」ので、注意するようにしましょう。

そもそも、世界一の投資家として名高い、あの「ウォーレンバフェット」でさえ、年利は「20%ほど」だと言われています。

世界一の投資家の年利が20%なんですから、私たち個人の投資家が100%や200%の年利を達成できるわけもないんです。

したがって、やはり株やFXに投資したところで、せいぜい「年利5%〜10%」が妥当なラインなのです。

そしてその年利を考慮すると、よほど潤沢な資金を持っている場合を除いて、株やFXに投資する時点で「アホすぎる」と思いますね。

それこそ、3000万円くらいの資金がないと、話にならないです。

3000万円を10%で運用すれば、1年間で300万円のリターンを得る事ができます。

つまり、3000万円の資金があれば、株やFXで年収300万円を達成できるわけです。

年収300万円なら、一人暮らしで生活コストを切り詰めれば、生活できない事もないと思います。

まあ、300万円で暮らすとなると、贅沢も出来ないでしょうし、結構ギリギリな生活になると思うので、病気や怪我などで大きな出費が発生すると厳しいとは思います。

それを考えると、3000万円という資金はあくまで「最低ライン」ですね。

欲を言えば、1億円くらいの資金は用意しておきたいところです。

1億円なら、年利10%で運用すると年収1000万円を達成できますから、余裕のある生活もできるはずです。

したがって、株やFXに投資をするなら、そのくらいの資金があって、初めて意味があると私は思っています。

正直、100万円や200万円程度の貯金(資金)では、お話にならないです・・・。

まあ、もちろん、この記事を読んでいる人の中には、

『株やFXのリターンだけで生活しようとは思ってないので、会社員としての給料プラスアルファで稼げるなら、株やFXをやる意味はあると思っています』

という人もいらっしゃることでしょう。

たとえ貯金が300万円だとして、それを10%で運用できれば、年間のリターンは30万円なわけですから、もちろんそれだけでは生活できないけど、「副収入を得る」という意味では、株やFXをやる価値もあるんじゃないかという考えですね。

まあ確かに、その考えも分かりますし、言ってる事は理にかなっているとは思います。

やらないよりは、やった方が「稼げる」のは間違い無いですからね。

ただ、それを加味しても私は、

「貯金3000万円以下の人がFXや株に投資するのはアホすぎる」

という意見を変える気は、断固としてありません。

というのも、資金が3000万円以下なら、株やFXにお金を投資するよりも、遥かに「有意義」で「リターンの大きい」お金の投資の仕方があるからです。

それが何かと言うと、

  • 自分自身へ投資する
  • 自分のビジネスへ投資する

この2つですね。

もしあなたの資金が3000万円以下だとすれば、株やFXに投資する事を今すぐやめて、自分自身へ投資するか、自分のビジネスに投資してあげてください。

その方が、絶対にリターンは大きいです。

これについて具体的に説明をしていきます。

自分自身へ投資する

自分自身への投資というのは、最強だと思います。

俗に言う「自己投資」というやつですね。

ただ、これを言うと、

『自己投資しましょうとか、今さらそんな話?』

と思ってしまう人もいるかもしれませんね。

まあ、まさにその「自己投資の話」なんですが、そう思ってしまうのは恐らく、多くのブロガーやらYouTuberやらの情報発信者が「自己投資をしましょう」と説いている為、自己投資というワードを耳にタコが出来るくらい聞いているからこそだと思います。

ですが、「またその話?」と思ってしまうくらい「自己投資」というワードを聞いているという事は、それだけ自己投資が重要だという裏付けでもあるのです。

さて、この自己投資に関して、私の具体的な実例を挙げましょう。

「1万5000円」ほどの投資が、「800万円」ほどのリターンを生み出した実際の話です。

わずか1万5000円が、800万円以上に化けたのです。

では、私は一体、何に投資したかというと、答えは「ジョギング用シューズ」です。

これは4年ほど前の話なんですが、当時の私はどうしたら「ジョギング」を習慣化できるか悩んでいました。

とある尊敬する経営者の方から、「成功したいならジョギングを習慣にしなさい。脳の血流が良くなって、普段出ないようなアイデアが必ず出るようになるから」とアドバイスをもらっていたからです。

ですが、そのアドバイス通りにジョギングを始めても、3日坊主で終わってしまう自分に嫌気がさしていました。

でも、尊敬する経営者から頂いたアドバイスなので、何がなんでもジョギングを習慣にしてみせようと決意したのです。

そして、その時に私が取った行動が、「環境を変える」という事でした。

具体的には、「走るのが楽しくなるようなお気に入りのジョギングシューズを買う」という事をしました。

環境(道具)を変える事ができれば、行動も変わると思ったからです。

そして、選びに選んで、1万5000円でジョギング用シューズを新調しました。

今思えば、それまでの私は、ジョギングをしようと思っても、自宅にあった適当なシューズで走りに出かけていたのです。

だからジョギングも続かなかったのだと思いました。

ところが、お気に入りのジョギング用シューズを買ってからというもの、走りに出かけるのが楽しみになりました。

その結果として、ジョギングがどんどん習慣化していくようになります。

そして、ジョギングが無事に習慣化し、体力もついてきて、走りながらビジネスの事を考える余裕が生まれてきた時、ジョギング中にとある事業のアイデアが浮かんできました。

「このビジネス、イケっるっしょ!」と思った私は、そのアイデアをすぐに実行に移しました。

その結果として、年間200万円ほどの収益が安定して入ってくるビジネスを構築する事ができたんです。

そのビジネス自体は、かなりニッチなスモールビジネスなので、年間の収益は200万円ほどにしかなりませんが、それでもここ4年間、200万円の収益が安定して生み出されています。

しかも、完全に自動化できているので、何もしなくても200万円が毎年入ってくるようなイメージですね。

そのビジネスで、4年間のトータルで800万円ほどのリターンが生まれているわけですけど、このビジネスの「原資」は、たったの1万5000円です。

1万5000円でジョギング用シューズを買い、ジョギングを習慣化するという「自己投資」をしたからこそ、その800万円は生まれました。

このビジネスのアイデア自体、ジョギング中に浮かんできたものですし、ちょっと特殊なビジネスなので、普段の生活ではまずこのアイデアは浮かんでこなかったと思います。

そう考えると、ジョギングを習慣化したからこそ生まれた成果であり、ジョギングを習慣化できたのは、ジョギング用シューズを1万5千円で買うという、「自己投資」をしたからです。

しかもこの年間200万円のビジネスは、これからもまだまだ利益を生んでくれそうなので、生涯のリターンで言えば、ウン千万円のレベルになる可能性もあります。

このように、たった1万5000円が、ウン千万円にも化ける可能性がある事を考えると、やっぱり自分自身への投資(自己投資)は最強だと思います。

1万5000円を株やFXに投資していたら、リターンは1000円とか、そんなものだったでしょうからね(笑)。

「1000円」のリターンなのか、「ウン千万円」のリターンなのか、どっちが良いのかは言うまでもありません。

そういう意味で、資金が少ないうちはFXや株に投資するなんて「アホ」だと私は思ってるんです。

数万円や数十万円程度なら、自分自身に投資した方が何十倍も、何百倍もリターンは大きくなりますから。

まあ、今回のジョギング用シューズへの自己投資のケースは特殊かもしれないですけど、これと似たような自己投資の成功事例は、私の周りにもまだまだ沢山あります。

例えば、1500円で買ったビジネス書から得たアイデアを元に、リユース関連のビジネスを立ち上げ、年収1000万円を達成した高校時代の友人がいます。

彼の場合は、1500円という自己投資が、年収1000万円というリターンを生み出したわけです。

この場合のリターンも半端ないですよね。

1500円が何千倍にもなっているわけですからね。

彼がもし1500円を株やFXに突っ込んでいたら、10%のリターンを実現できていたとしても、150円にしかなっていません(笑)。

また、この他にも、テキストが入ります。

  • 3000円のセミナーで得た情報で5万円の利益を出せた
  • 1万円で買ったネットビジネスの教材で月収10万円を達成できた

など、自己投資がリターンを生んでいる事例は数えたらキリがありません。

リターンの金額がどれくらいになるかはさておき、少なくとも、株やFXに投資するよりは、自分自身に投資した方が遥かに大きいリターンをゲットできるのは間違いないんです。

ですから、資金が潤沢でない限りは、FXや株に投資するのではなくて、それを自分自身に投資すべきです。

FXや株に投資するのは、タネ銭が3000万円とか1億円とか、そういう金額になってからで遅くないですし、そのくらいのタネ銭がなければ、そもそも投資する意味もないですね。

というよりも、株やFXで稼ぐためのタネ銭を作る意味でも、資金が少ないうちは積極的に自己投資すべきだと思います。

自己投資をして得たリターンを資金として貯めていけば、タネ銭も増えていきますからね。

資金が少ないうちは、FXや株にお金を投資して増やそうと思っても大して増えませんから、もっと「利回り」の良い「自分自身」に投資してお金を増やしていく道を模索する事をおすすめします。

その方が確実にスピードは早いですので。

というわけで、自己投資に関する説明は以上ですが、この自己投資と同じくらいおすすめの「投資先」として、「自分のビジネスへ投資する」という方法がありますので、こちらも説明したいと思います。

自分のビジネスへ投資する

自分自身への投資が大きなリターンを生む事になるのは前述した通りですが、それと同じくらい大きな可能性を秘めているのが、「自分のビジネスへの投資」です。

自分で何かビジネスをしている人なら、そのビジネスに投資するというのも非常におすすめです。

「ビジネス」と言っても、別に難しく考える必要はありません。

例えば、このブログをご覧くださっている人の中には、「転売」や「せどり」というネットビジネスを実践されている人も多いと思いますが、それも立派な「ビジネス」です。

転売や、せどりを行なっている人、または少しでも行なった経験がある人であれば、株やFXなんかに投資するお金があったら、それを転売・せどりに投資した方がリターンは間違いなく大きくなります。

転売・せどりのビジネスだと、利益率20%や30%なんて当たり前の数字ですからね。

それこそ、「1万円」で仕入れた商品が「1万3000円」で売れるなんてケースは無限にあります。

この場合、「1万円」を投資して、「3000円」のリターンを得た計算になりますが、これだけ見ても、株やFXに投資するより圧倒的に利回りが良いのはお分かりいただけるはずです。

株やFXにお金を投じて、年利10%を達成したとしても、1万円で得られるリターンはわずか「1000円」です。

しかもこれ、「年利」と書いてあるように、「1年間」運用した結果ですからね。

株やFXの場合、1万円を1年間運用してリターンは1000円です。

かたや、転売・せどりであれば、1万円で商品を仕入れて1万3000円で販売したなら、3000円のリターンを「すぐに」得る事ができます。

「1年間」と言わず、「数日」でそのくらいのリターンを得られるんです。

これを考えても、いかに株やFXにお金を投資するのが軽率な行動なのかが分かると思います。

まあ、今回は転売・せどりというビジネスを例に持ち出しましたけど、別に転売・せどり以外でのビジネスでも同様です。

どんなビジネスにしても、株やFXに投資するより、よっぽど大きなリターンが得られるのはまず間違い無いと思ってください。

例えば、私が数年前に暇つぶしでやっていた「PPCアフィリエイト」というビジネスを例に出しますが、これもかなり良い投資先だったなと思ってます。

PPCアフィリエイトとは、検索エンジンにPPC広告を出す事で、検索エンジンの上位表示をお金で買い、それによってアクセスを集めて、アフィリエイト報酬を成約させていくようなビジネスです。

今は色々あって、PPCアフィリエイトはやっていませんが、当時は5万円くらいの広告費をPPCアフィリエイトというビジネスに投資して、50万円の利益が出るなんてのもザラにありました。

5万円の投資が、10倍になって返ってくるわけですね。

利回りで言えば「1000%」です。

しかも、5万円を投資して50万円のリターンというのが毎月続いていましたから、「月利1000%」という事になります。

株やFXの「年利10%」とは次元が違い過ぎますよね。

また、この他のケースとしては、以下の記事でも話しているように、10万円ほどを自分のビジネスに投資して、その10万円が何倍にも何十倍にもなって返ってくるような投資の仕方もあったりします。

上記の記事では、私が運営しているネットショップに掲載する商品写真を、プロの業者に任せて撮影してもらった話をしていますが、10万円ほどで撮影してもらった商品写真を利用して販売したところ、売上が倍近くに伸びました。

商品写真のクオリティが上がった事で、お客さんの購買意欲をより刺激できた結果だと思いますが、たかだか10万円程度の投資が、100万円にも200万円にも化ける事になったのです。

しかも商品写真なんて、一生涯に渡って使い回せるものなので、将来的に得られる利益を考えれば、10万の投資は何十倍にもなって返ってくるわけです。

これは、利回り的にも最高の投資だったなと思います。

あとは、私が運営しているネットショップのデザインをプロに依頼して、全体的にリニューアルしてもらったケースでも、「利回り」としては、えげつなかったです。

20万円でリニューアルしてもらったのですが、翌月から売上が2倍近くになって、それこそリニューアルをしたか、していないかで、トータルで「数千万円レベル」の利益の差が生まれています。

このようなケースは挙げたらキリがないので、このくらいにしておきますが、自分のビジネスへ上手く投資できれば、株やFXではあり得ないくらいのリターンを得る事ができるようになります。

もちろん、どんなビジネスに投資するかによってもリターンは変わりますが、自分のビジネスを持っているなら、株やFXなんて、ただの1円すら投資する価値は無いと考えるべきです。

株やFXに投資するお金があったら、自分のビジネスに投資した方が儲かるのは間違いありませんからね。

というわけで、自分のビジネスを持っている人は、迷わず自分のビジネスにお金を投じるようにしましょうという話でした。

何だかんだで、ビジネスを続けていると”飽き”が生じるので、他の稼ぎ方に手をつけてみたくなる気持ちも分かるんです。

その時には、お金にも少し余裕が出てきていて、「株やFXならもっと楽に稼げるんではないか?」という考えで、余ったお金を株やFXに投資しようと考える人も少なく無いですが、これは本当にヤメた方がいいです。

というか、そういう投資の仕方はアホ過ぎますよ、本当に・・・。

何度も言いますが、株やFXなんて年利10%が良いところですから・・・。

そんなどうしようもない投資先にお金を投じるよりも、まずはしっかりと地に足をつけて、自分のやっているビジネスにお金を投じるようにしてください。

それが仕入れ費用としての投資なのか、広告費としての投資なのか、はたまた新しいノウハウを学ぶためのコンサルティングを受ける事への投資なのか、用途は色々ありますが、ただ一つ言える事は、自分のビジネスに投資した方がよっぽど有意義ですし、リターンは大きくなるという事です。

株やFXに投資する資格のある人は、タネ銭が3000万円以上あるような人だけです。

それ以下の資金しかないのであれば、株やFXにお金を投じるのはやめて、

  • 自分自身へ投資する
  • 自分のビジネスへ投資する

このどちらか、もしくは両方に投資する事をおすすめします。

以上、私が言いたい事を、言いたいだけ述べてみました。

最後に

自己投資するか、自分のビジネスに投資する。

リターンの大きさを考えれば、結局これが最強の投資の仕方だと思いますね。

ただ、そうは言っても、この記事を読んでいる人の中には、

「何に自己投資して良いかも分からなければ、ビジネスも特に本格的にやっていない」

という人もいらっしゃると思います。

そしてそういう人ほど、株やFXに手を出しがちな傾向にあるとも思います。

ですが、やはり利回りを考えると、タネ銭が3000万円以下であれば、いかなる理由があっても株やFXに投資する事だけは避けた方がいいです。

したがって、もしあなたが

「何に自己投資して良いかも分からなければ、ビジネスも特に本格的にやっていない」

という状況であれば、私から提案させて欲しいのが、

「転売ビジネスに取り組んでみる」

という選択です。

転売ビジネスは、インターネットで仕入れて、インターネットで販売する事が可能なビジネスなので、家から一歩も出ずに実践できますから、こういうコロナ禍においても支障なくお金を稼ぐ事が可能です。

インターネットを利用したビジネス(ネットビジネス)には様々な種類がありますが、最も難易度が低く、初心者の方にも稼ぎやすいのが転売というビジネスなので、そういう意味でも非常におすすめできます。

それこそ転売ビジネスですと「利益率20%〜30%」なんてのが普通なので、FXや株の「年利5%〜10%」とは雲泥の差です。

転売なら、1万円の資金を投じて利益率30%を得られればリターンは3000円です。

しかも、それは「1度の売買」でのリターンですから、FXや株の「1万円を”1年間”運用して1000円の利益」とは訳が違うんです。

何度も言いますが、FXや株は”年利”が10%です。

1年間運用した結果の10%のリターンと、1度の売買で30%のリターンがあるのでは運営の差があるという事です。

そういうわけで、もしまだ本格的にビジネスをやっていないのであれば、転売というビジネスに取り組み、そこにお金を投じてリターンを得ていくという手段を私は提案いたします。

なお、転売で稼ぐためには、「儲かる商品」を見つける必要があります。

利益率30%を得たいのであれば、例えば1万円で仕入れて1万3000円で売れるような商品を見つける必要があるわけですね。

ただ、そういう商品を見つけるにも、ノウハウはすでに確立されていますから、そういうノウハウを学んで実践すればOKです。

そういう意味では、以下の記事で解説しているノウハウなんかが、「儲かる商品」を見つける上で役に立つと思います。

上記の記事で解説しているノウハウで商品を探せば、儲かる商品を見つけていけるようになるはずです。

ですが、そうは言っても、上記のノウハウで取り組む場合は、どうしても「在庫リスク」が伴うのも事実です。

在庫リスクとは、仕入れた商品が売れ残ってしまうリスクの事ですが、「在庫リスク=赤字」です。

仕入れた商品が売れないわけですから、仕入れ費用がそのまま赤字になってしまうわけですね。

ある程度、商品を探すスキルが付いてくると、この在庫リスクも抑えられるようにはなりますが、それでも完全にゼロにする事は不可能ですし、特に初心者のスキルが乏しいうちは、それこそ在庫リスクが高まってしまいます。

したがって、もし在庫リスクが気になるなら、「無在庫販売」という手法で転売に取り組む事をおすすめします。

無在庫販売とは、「商品が売れてから仕入れる」という手法であり、在庫を事前に仕入れておく必要が一切ありません。

そういう理由から、昨今、無在庫販売は人気が高まってきている稼ぎ方であり、「無在庫」での販売ですから、当然ながら在庫リスクも完全にゼロです。

ですから、在庫リスクを気にする人は、同じ転売でも「無在庫販売」という手法を実践すれば良いと思います。

ただ、無在庫販売といっても、色々と守らなければいけないノウハウ、知っておくべき知識などありますので、自己流で始めるのは効率が良くないですね。

そういう意味では、もしあなたが無在庫販売に興味があって、必要な知識やノウハウを効率よく身につけて稼ぎたいと思うなら、私が主宰している無在庫販売のオンライン講座をご紹介させてください。

ちょうど、以下の講座ですね。

>無在庫販売のオンライン講座「YMC」の詳細はこちら

このオンライン講座では、無在庫販売で稼ぐ為に必要なノウハウや知識を、テキストマニュアルと動画マニュアルで提供しています。

それだけでなく、私による直接的なメールサポートと通話サポートが3ヶ月間ついています。

テキストと動画でノウハウや知識を学んでいただき、分からない部分や上手くいかない部分は私に直接相談いただく形で、着実に稼げる能力を養っていただく。

そんな環境を3ヶ月間フルに活用できて、お値段の方は7000円。

1ヶ月あたり「2333円」で無在庫販売を学び倒す事ができる計算になります。

もちろん、7000円ポッキリで参加できる講座なので、これ以外に追加費用が発生する事は一切ありません。

自分で言うのもおこがましいですが、この環境を1ヶ月あたり2333円で使い倒せる講座は、他には存在しないですね。

相当に自信があるオンライン講座ですので、良かったら一つの「投資先」としても、このオンライン講座を検討していただけると嬉しいです。

それこそ、「自己投資」という意味でノウハウを学ぶためにこの7000円を投資するにしても、その「利回り」で言えば、株やFXなんかとは比べものにならないリターンを生むようになるはずです

例えば、全くの未経験者の方が、この講座に7000円を投資して、それがわずか1週間で、1万円程度の利益(リターン)を得たなんて報告も、数々いただいています。

私のオンライン講座では、1度の販売で1万円程度の利益を得られるような販売方法を指南しているので、1件受注=1万円程度の利益を得たという計算になります。

未経験の状態から、わずか1週間ほどで7000円の投資が1万円程度のリターンを生んでいるわけですから、こういった人たちのスキルが更に向上していき、それを1ヶ月、2ヶ月、はたまた1年と続けていけば、その累計のリターンはウン十万円にも、ウン百万円にも、長い目で見ればウン千万円にもなっていく事は、容易に想像ができるはずです。

これ以上は言いませんが、7000円をこういった自己投資に充ててウン千万円単位のリターンに期待するのか、7000円を株やFXに投資して、年間「70円」のリターンを得る道を選ぶのか。

それを決めるのは、あなた次第です。

そういう目線でも、宜しければこのオンライン講座を検討してみてもらえると、私にとっても、あなたにとってもメリットがあると思います。

>無在庫販売のオンライン講座「YMC」の詳細はこちら

それでは、本日は以上になります。

最後は何やかんやで宣伝になってしまいましたが、こういった自己投資をする、しないはさておき、資金が少ないうちは株やFXにお金を投じる事くらい無駄な事はありませんので、ぜひそこだけは認識していただいた上で、今後の活動方針を考えてもらえたら幸いです。

長くなりましたが、最後までお読みくださり、ありがとうございました。


【PR】資金力に一切左右されない転売の稼ぎ方を公開中

資金が無ければ稼げないという転売の常識にとらわれることなく、手持ちの資金量に関係なく青天井に利益を伸ばしていける転売手法を無料メルマガの方で特別に公開しています。

もちろんこれは違法性も一切ない稼ぎ方で、大手企業ですら取り入れているビジネスモデルですが、それをインターネットの転売ビジネスに落とし込んでいる人は皆無だと感じています。

そこで、その手法(稼ぎ方)の正体と実践方法の全てを余すことなく公開することにしました。

その稼ぎ方に興味があれば、無料メルマガの方でご確認ください。

>無料メール講座の詳細はこちら